フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・2003年から!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

2019年4月20日 (土)

「お夏狂乱」を、やろうと思ったのは……

もう何年も前のこと。

数人で飲んでいて、
初舞台の演目って何?という会話をした際。

「僕は、里の子」という答えを聞いた時
「その答え」に対し、
猛烈な羨ましさに襲われた記憶があります。

 

それから

「気がついたら、靱猿の猿で大劇場に出されてた」

というお話も。
くー!と思います。

 

里の子と靱猿の猿は、
「子供しかできない」お役。

 

子供の頃から踊りをしていない私の、一生消えないコンプレックスを刺激してきます。

そして、今。
子供達に、私の代わりに夢を叶えてもらっている。
ありがたいです。
子供の頃私が、触れることのなかった世界を体験してもらっている。

私が一生言えない、「子供の頃、里の子で、国立に出た」を
この子達は言える。
それが、とても、とても嬉しいのです。

 

……………………… 

「お夏狂乱」

自分の中で、一生縁のない作品に
登録されていました。

そうして私は縁あって、子供達に出会いました。

最初の動機は
この子達に、里の子をやらせてあげたい!
この一心でした。

そして、私のお夏が始まりました。

いろんなお役があるけれど、
「お夏狂乱」の里の子は
「本当の子供」じゃないとできないお役。
どんな小柄でも、大人にはできない。子供しか、できないお役。

この子達の、
短い、「子供である時間」の中で
これをやらせたい、
だから私はお夏をやりたいんだー!!

「子供の頃にね
国立劇場で、お夏狂乱の里の子を
やったの」って、いつか言う日がくるでしょう。
それは子供の頃から日本舞踊をきちんと
とりくんでやってきた証になることでしょう。

大先生、師匠、私
そして子供達が
真剣にお稽古に望んでいる
こんな素晴らしい光景を
味わえる幸せを噛み締め、
お稽古を重ねていきます。

「お夏狂乱」
とてつもない難しい作品。
どこまでいけるか。
戦います!

 

この子達がいなかったら出会わなかったお役。

 

感謝して、精一杯、がんばります。

 

6月15日。土曜日 国立劇場です。よろしくお願い致します。

 

 

※写真は、里の子たちが
大先生にご指導いただいた時のもの。

 

貴重なワンシーンです

1fd54c82a62b48c1b0c7b03393108c82 

 

2019年4月10日 (水)

お知らせ再び~~

自分で描いた記事のリンクを貼ります!

近づいてまいりましたので!

「第60回 銀玲会」


クリックしてご覧くださいませ(^^)

 

※4月17日、下記画像追加掲載~~♪ クリック(タップ)すると大きくなります♪
師匠は「地蔵の道行」にご出演なさいます(^^)

楽しみな演目ばかりです♪

57373015_470311310374811_731517333917610

2019年4月 3日 (水)

【お夏狂乱】里の子、合同お稽古!

某日、里の子合同お稽古。

まずはお稽古の前に
集会室をお借りして、
【歌舞伎のお夏狂乱を見てお勉強しよう!】の会を実施。
みんな一生懸命見ています。55943840_1553904281412929_53153784724308


 
観終わっての感想「おもしろかった~」(^^)
「せりふが・・・」「ここは・・・」など
質問タイムも熱く!
いい勉強会になりました。
(事情があって遅れてきた子は後からノートパソコンで見られました(^^))

ちょっと休憩時間。お絵かきタイム(笑)
(なぜかみんなへのへのもへじを描く・・・笑)




そして広い場所に移動!いよいよ合同お稽古。
なんと、先生方に見て頂くことがかないました。
もう、言葉にできないほどの感謝申し上げております・・・!
みんな緊張の中、一生懸命頑張りました。
56236050_1554253294711361_84183327771658



熱いお稽古をしていただき・・
なんと幸せな子どもたち・・・(付き添いの親御さんが写真を残して下さってました)



本番は6月15日土曜日、国立劇場です。
それまで、更にお稽古を重ね、
観て頂く方々に楽しんでご覧いただけるよう
わたくしも、子どもたちも
精進してまいります。



2019年3月27日 (水)

出来ないことの、言い訳は、しない

わたしの師匠は、
入門当初から
わたしにとても厳しくて、
それはずっと今も変わらないので、
そのことを、とても嬉しく思っている。


そんな風に育てていただき、
心から感謝している。


わたしが
まだ初心者のころ、
師匠に言われて
納得したことの中で、
今も心に刻んでいることがある。


わたしは生まれつき脚が曲がっている。
脚が曲がっているので
男を踊った時に、膝とつま先が
同じ方向を向かなかった。
膝が内側に入ってしまうのだ。


入門2年半で
「供奴」をお稽古していて
膝の向きを注意された時に
思わず
「生まれつき脚が曲がっていて同じ方向を向きません」と弱音というか言い訳を口にした。


その時の師匠の返事。


「あ、そう。
………で?」


で?!


「それを聞いた僕にどうしろと?」


うっ!


「あーそうなの。かわいそうにねえ。じゃああなたは
お膝の向きがおかしくても
いいです、って、僕に言って欲しいの?」


黙る私。


「工夫と努力をしたら、
できると思うんですけどね。
身体の欠点なんて、誰にでもあって
みんな、創意工夫で克服してるんだと、僕は思いますよ」


………穴があったら入りたいとはこのこと。自分が恥ずかしかった!!


以降、身体の欠点から発生する
自分の不出来について、
絶対それをできない言い訳にしないと、私は誓った。


何年もかかった。
普通の人が、普通に出来ることなのに
私には、相当な努力が必要だった。
(不貞腐れそうにもなった(笑))
あまりに痛いので諦めそうにもなった。


そうして数年かけて、
いろんな工夫と、痛みを乗り越えて
私の膝は爪先と同じ方向を向くようになった。


当初、この欠陥があるから、
一生、男の踊りを人前で踊ることはないと思っていたけれど
「三社祭」「連獅子」を舞台で踊った。新春舞踊大会で男の踊りで出演もできた。



創意工夫をする前に、
「出来ないことの、言い訳」をしてはいけない。


これは、今も、常に、モットーにしている。


………………………


これを。この大切さを。
自分のお弟子さんたちに
きちんと、
伝えていきたいと、
思っている。


とても厳しいことなので、
伝わるかな。


でも、伝えたい。絶対に伝えていきたい。


54523320_1546776062125751_55883872310824


 

2019年3月24日 (日)

可愛いお弟子さん

師匠の、最年少のお弟子さん

4歳!!^_^

お稽古場に元気に飛び込んできて

元気に踊ります。

お稽古大好き。

達也先生大好き

567da22ccb1c4d20b11e01e240761cca

Ccb1ce1fe58a4dbcb5d24cb6dcb905db

0f84e21312f441ea85aa2da9d32442b3


私はいつも、彼女の折り紙のお相手(笑)

私を見つけると折り紙を持って駆け寄ってきます(笑)

4歳から、こんな素晴らしい先生に

踊りを教わって、幸せだねー!\(^o^)/

これからも

ずっとお稽古を続けてね。


※写真掲載、師匠にご許可いただいてます^_^

2019年3月18日 (月)

新名取さん誕生!

先日のお名取式にて、
新名取さん、「藤間達大」(ふじまたつひろ)さんが
誕生しました!!







師匠と2ショット!


わたしも混ぜていただき!(笑)




お祝いにお名前入りの袱紗をプレゼント^_^






お返しに、
こんなどら焼きをいただきました!
すてき!

しかも美味しかった\(^o^)/


めでたい!


おめでとうございます!!!


これからも末永く宜しくお願いいたしまーす!!

2019年3月11日 (月)

【お知らせ♪】二代目花柳昌太朗追善『第60回記念・銀玲会』

日本舞踊協会東京支部城西ブロックで
大変お世話になっております、花柳せいら先生が
「三代目花柳昌太朗」を襲名され、
二代目花柳昌太朗追善『第60回記念・銀玲会』を
開催なさいます。
私の師匠、藤間達也先生もご出演。
そして、城西ブロックでお世話になっている
舞踊家さん方がご出演なさいます。
ぜひぜひぜひ!
4月20日土曜日、国立劇場大劇場に足をお運びくださいませ!!
-------------------------------------------
二代目花柳昌太朗追善
『第60回記念・銀玲会』
4月20日土曜日
国立劇場大劇場

           53442047_447968009275808_2778299126 53112144_447968035942472_6305816394

チケット等のお問い合わせは下記サイトの
ご連絡先にお願い致します
花柳昌太朗舞踊研究所


※上記のご紹介は花柳せいら先生のご許可を頂いております♪
せいら先生!(^^)ありがとうございます♪

2019年3月 4日 (月)

むむむ。不便な時代に。。?!

むむむ。

10年くらい前は
「洗える振袖」というものが
もっと沢山ネット上にあって・・

7000円くらいで買えたはず・・・。

時々うまいこと見つけられれば5000円台とか・・・

むむむむ。

今2時間以上かけて、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク。。で
探しまくってやっと見つけたのがたった2種類!
8800円!くっ。若干高いけど、しかたないっ

セット販売は沢山あるものの単品販売がほとんどない!!

みつかっただけラッキー!
もう買う。買います。はい、ぽち。はああああ

つ、疲れた・・・・・。

はいお稽古用でございます。
お稽古用振袖は私にとって必須アイテム。
ポリエステルの洗えるのが理想。
だって、汗だくになるから!洗えないと(^^;)

今使っている振袖は2着とも
もうあちこち破れてきていて
・・・もちろん縫って使ってますが、
1枚はかなりヤバイ状態になってきました(^^;)

私がお稽古している「お夏狂乱」のお夏さんは
振り袖を着ております。

お恥ずかしながら、袖の扱いが
あまり上手くないわたくし。
早めに振袖を着て、お稽古を始めました。

これからしばらくヘビロテになります。
新しいのを入手できてよかった・・・。

でも、この先、この調子だと不安。
洗える振袖は必要!
不便な時代になりませんよう。祈ります。

写真は現在使っている「洗える振袖」
52820228_1531730230297001_345120229
6月の本番まで、お世話になりますです!!
新しい振袖でお稽古するのも楽しみ〜♪

でも・・・この振袖、
お夏の風情は、全くないな(笑)

振袖はともかく
私自身が、もっともっと「お夏」になりたい。。。。。


いやはや。。。当たり前のことですが
それにしても

難しい!!!!


本当に難しい・・・・。


里の子の、子どもたちのためにも
もっともっと、お夏にならねば。


がんばりますっ。

2019年2月21日 (木)

素敵な光景

「お夏狂乱」里の子合同お稽古。

広いお部屋に移動する前に
和室でお着替え。

ふと振り返ると、
S子ちゃんが、Yちゃんの帯を結んであげていました。






なんて素敵な光景……


パシャ!思わず撮っちゃいました。

「あ!絢也先生、写真撮ったー!」

ふふふ。ごめんごめん(笑)


自然にお互いお手伝い。
他の子供達も、なにかとお互いなんとなく、
手伝うくせがついてます。

小道具の準備や片付けなどは、
喜んで率先してやってくれるし、
「だれかこれ持ってって」と一声かければ
はーいはーい!!と、我先にと走ってきます。


日本舞踊のお稽古の、
とてもとてもいいところ。

とても、とても素敵なことだと思います^_^


2019年2月16日 (土)

里の子たち!頑張ってます



里の子たち!^_^
私の大事なお弟子さんたち。


本当に可愛いです^_^

みんな仲良しです。
楽しんでお稽古しています。


彼女たちの頑張りに
私も負けられません。
私のお夏は……まだまだ、全然出来ておりません(><)
もっともっと、
頑張らないと!!


6月15日土曜日
国立劇場
「お夏狂乱」

よろしくお願い致します!!

2019年2月 7日 (木)

2月 歌舞伎座へ行きましょうっ!!

【2月大歌舞伎】歌舞伎座

Kabukiza_201902_fff_f330feebf46a183
「初世 尾上辰之助三十三回忌追善狂言の
2演目が秀逸です。
お家元様(尾上松緑 丈)・・・
本当に素晴らしいです・・
先代お家元様の追善ということもありますし
もう、ぜひ、歌舞伎座に足をお運びいただきたい・・・


今月はとっても忙しくて(^^;)
イベントのお仕事で名古屋に行く前に昼の部を見て、
人間ドックでの健診後にそのまま夜の部・・・という
若干、無茶なスケジュールになっちゃいました(でもその日しかなくて(TT))が
そんな無理をしてまで、観て、よかった!!
観なきゃ損です(^^)
昼の部の「すし屋」では
思わず涙が出てしまいました。
夜の部の
「名月八幡祭」については、
とある歌舞伎の専門家の方が
Facebookで素敵な感想を書いておられました。
ご本人の許可をいただき、そのままコピペします。
誰かを特別ひいきするわけでもなく
非常にクールに絶賛されている感想です。
これを読んだら、歌舞伎座に行きたくなるはずっ(^^)
---------------------------------------

「名月八幡祭」

暗くて後味の悪い芝居ですが、
それを踏まえても、
今月の舞台は見ておきたいものです。

松緑さんの持っている不思議な純粋さが
この芝居の新助をよく活かしていること。

また、仁左衛門、玉三郎、歌六という三人の名優の芸が、
この芝居が「江戸と田舎」という
文化圏と土地柄や気風のすれ違いから起きる悲劇だというのがよく通って、
芝居の世界が生き生きと伝わってきます。

刹那的にその日その日を生きる江戸の文化と、
土地に根をはって堅実に生きる田舎の新助。
言い換えれば「消費者と生産者の人生観の違い」とでも言うものが、
この芝居の根幹を成していることが如実に表れていて、
今月は本当に見事です。

特に美代吉の「田舎の人にはうっかりものも言えないねぇ…」という嘆息が、
スバリと芝居の本質を突いてみせるのは
玉三郎さんの驚異的な芸の力だと思います。

仁左衛門さんの三次はロクデナシなのに、
女を惹きつけてやまない愛嬌と男ぶりの良さ。
ヒモのお手本というべき良い男。
美代吉が別れられないのがよくわかります。
こうでなくてはこの芝居は生きてきません。

あくまで「生き方の違い」が主題であって、
悪男悪女が善男を陥れる芝居ではないところに、
この芝居の現代性があるのだと、つくづく思わされました。

松緑さんもそこをしっかりと掴んでいて、
大詰の美代吉殺しが個人間の怨みを超えて
「江戸への怨み」になっている点もたいへん良かったです。

私にとってそれほど思い入れのある芝居ではないのですが、
その私をして、こんなに語らせてしまうくらい、
今月は良いですよ。

(筆者のご許可のもと、お言葉そのまま掲載致しました)

2019年2月 5日 (火)

師匠の踊り、テレビ放映されます!

にっぽんの芸能「江戸のダンディズム~舞踊“山帰り”“供奴”」

2月8日 金曜
NHK Eテレ
23時オンエア

師匠、藤間達也先生の
清元「山帰り」
がオンエアです!!

ぜひぜひ、ご覧くださーい!!\(^o^)/

2019年1月30日 (水)

踊り初めでした^_^

師匠のお稽古場恒例の
踊り初めでした^_^

着物を着て、ヒデ美容室へ!
支度を整えます。



会場はお稽古場すぐそばの
鳥越神社。みんなこの場所が大好きです。
師匠へご挨拶して、お屠蘇。











そして踊りが始まります^_^





最前列は、子供達。おめかしして可愛い!!
8歳、6歳、4歳の面々。


恒例の師匠との記念写真。
……私との写真に笑ってくださらないのも、もはや
恒例!お約束?!(笑)




でも!子供のお弟子さんたちとはこの笑顔^_^




楽しい一日でした。
今年も、皆さま、師匠のもとで、
楽しく踊ってまいりましょうーー!!\(^o^)/

2019年1月23日 (水)

多智雛さんの新春舞踊大会









「鐘の岬」

すてきだったよ!


おめでとう!!




感極まって泣くわたくし。
笑う2人。いい写真^_^


2019年1月 6日 (日)

超久しぶりにHPを更新・・(^^;)

えー・・・

半年振りにHPを更新しました・・・。

トップページと、「お稽古場情報」 だけ・・・(^^;)


このHP、2003年製のソフトをず~~~っと使っているため
デザインやページの古さがたまりませんが
いまのところ、とりあえずこんな雰囲気のまま
維持しております・・・。

HPも、そもそも「河合亞美のWEB PAGE」としてつくり、
その後、「日本舞踊大好き人間!」を発信する内容になり、
さらに私が師範試験に合格したところで
自分のお稽古場情報ページになり。。。

河合亞美の内容、
師匠の弟子としての内容(かなり初心者のころに書いたものがそのまんま)
お稽古場を持つ身としての内容
・・・・が混在しており、

これはどうにかせねばならんと
思ってはいるのですが・・・・
一つのHPでまかなえる内容じゃないですよね・・どう見ても・・・

初心者のころに夢中で書いた内容と
私がお弟子さんを持つようになってからの内容は
経験も立場も違いすぎるので、
かけ離れています(^^;)
それに加えて、特撮悪女の姿もあり(^^;)
初めてこのサイトを見た人は「この人、なに?」と混乱してしまうでしょう・・

一度、初心者時代に作ったところを
全部削除しようと思ったのですが、
普通に見て、これはこれで、
書いていることが素朴に「面白い」ので(苦笑)
もったいなくなってしまい・・・。

ううむ。もう一つサイトを作るしかないのか・・・。
しかし、そんな暇もないのが正直なところ・・
誰かに任せたい・・・と思えばそこには費用というものがかかるわけで・・・。

悩ましい~~~~~。


私のお弟子さんの何人かは
「先生のHPが、すごく手作りな感じで、好感度高かった:
「自分で、作ってる雰囲気が満載で、お人柄が感じられた」
・・・という言葉をくれていて(恥ずかしい~~)
その子たちがみ~~んな熱心に
お稽古してくれてる姿を見ると
「ああ・・こんな変なHPだからこそ生まれた素敵な縁なのかも」
などと思ったりもします・・・


ああでも。
あと12ヶ月で、Windows7のサポートが終わるらしいですね
マイクロソフトめ!!!!
たぶん、私の2003年製ホームページ作成ソフトは
Win10では動かないと思うので、
そうなった場合は、HPの大改修が必要なんですよね・・・。


それまでは、この素朴なダサい(笑)不思議な
内容に統一感のないなぞのHPとして
進めておきましょう・・・。

大改修は面倒くさそうだ~~~~~。


1年後1年後。今は考えまい・・・・。

2019年1月 5日 (土)

くじ運。そして。

「くじ運が必要なのか!?Σ(゚д゚lll)」

↑以前の日記。


……で、その後、です。


抽選が、昨日ありまして。
結果がでました。


申し込んだ日にち。

全部見事に、落選!!!!


くー。くじ運……(><)……


今後……このくじ運のなさについては
何か対策が必要かもしれません(><)
→どんな?(°▽°)?


しかし、今回についてのみ、は。


別の方向で運がよかったために


わたくしのお稽古場の
初お浚い会は
実現の方向に進んでおります。


詳しくは、また改めてご報告させてください!!



「お夏狂乱」の
里の子合同お稽古の日程調整、
今月のお弟子さんのお稽古の調整……
いろいろ、今年も始まってきました。
さあ。怒涛の2019年。

行ってきまーす!!

2019年1月 4日 (金)

一流の俳優さんは日本舞踊を勉強するのだ(感動)

【一流の俳優さんは、日本舞踊を勉強するのだ】
私の女優としての日々を思い出す。
お恥ずかしながら、仕事量は決して多くなく、
出演したドラマは数えられる・・・

・・・という中で、レギュラー番組はさておき、
単発で2回以上、共演する機会がある方は、
そんなに沢山はいない。
しかもしっかり芝居が絡む役で。

そして、その中で
今も年賀状のやりとりで縁が切れてない
有名な俳優さんがいる。

S.Tさんだ。

20代のころ、
Tさんと2度共演した際、私が演じた役が
あまりにも強烈だったため(苦笑)
「恐怖女優!」と呼んでいただき、
何度かご飯に連れて行っていただいた。

小学校の頃に
通っていた進学塾(四谷大塚)が同じだったというところから
意気投合したのだった(笑)
そして、最初の共演のとき
プロデューサーが私の伯父だったのだが、
その事を、最後まで口にしなかった私のことを
(誰かがしゃべってばれてしまったが)
「そういう人、僕は好きだなあ」と褒めてくださった。

どういうきっかけで、連絡先を交換したのか
全然覚えていないのだけれど、
年賀状のやりとりは今も続いている。
必ず元旦に届き、
お引越しなさるときも必ずご住所を教えてくださる。。。

彼は大スターにもかかわらず、
いい意味でとても
「普通の感覚」を持っている方で、
それは20年以上、欠かさず毎年届く年賀状に現れていた。


何よりも素敵なのは、
大量の年賀状を出しているに決まっているのに、
必ず、手書きで一言添えられていることだった。

私が30代になり、日本舞踊にのめり込み、
私の年賀状が踊ってる写真になっていき・・・
ある時に、
「僕も日本舞踊をやってます!」という言葉が書かれた。

昨年の年賀状は「いつか一緒に踊りたいです」
むむ。何年も、きちんと勉強を続けていらっしゃるんだ・・
すごいな・・あんな売れっ子が・・・。

で、今年のTさんの年賀状。

「去年はこんな事をしました」の添え書きとともに。

扇子を持ち、紋付で素踊りを踊る姿の年賀状だった。

感動してしまった。
だって、いろんな写真があるだろうに
日本舞踊の舞台に立った写真を年賀状にしたということは
それが本当に「好き」だからだと思うから。
「こんな事をしました」という言葉に親しみが感じられて
余計に嬉しかった。

どういう会で踊られたのか気になって
検索をしてみたら、同じ会にこれまた有名な俳優さんのお名前が!!
は〜〜〜!やっぱり、きちんと時代物を演じられるようになろうと
一流の俳優さんは日本舞踊を勉強するのだ!!
やっぱり。やっぱり。
嬉しくなって、わくわくしてしまう。

・・・自分が職業をきかれた時に、
堂々と「女優です」と
答えていた時代に、
日本舞踊を勉強しなかったことを
いまさら悔やむ(苦笑)
あんなにいろんな人に「日本舞踊やっておきなさいよ」と
言われたのに。
ああん。だってだって、
なんでやっておかなくちゃいけないか、
まで、その頃には詳しく教えてくれなかったんだもん。
うう。くすん。

その分、今、縁あって私のもとで
日本舞踊を勉強している男優、女優たちに
その大切さを、説得力を持って、伝えていこうと思う。
このブログやホームページを通じても、
広く伝えていきたい。

そういうことを、できる、と思えば!!

私と日本舞踊の出会いは、
遅かったけれど、遅すぎなかったのだ。うん。

Tさんの年賀状の写真。
とても素敵なので、
本当はここに載せたいけどもちろん我慢する。

来年も踊りの写真だと嬉しいなあ。

2019年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます

皆さま
あけましておめでとうございます^_^

本年もよろしくお願い致します。


今年は……
初めての挑戦がいくつかあります。


陳腐な表現になりますが「猪突猛進」で
行くしかない!!と
武者震いしております。


しばし、このお正月の短い時間、
しっかり休んで、
これからの一年に備えようと思います\(^o^)/


ますます精進を重ねてまいります。


自作御節料理!美味しくできました\(^o^)/




2018年12月26日 (水)

親友・花柳多智雛さんの舞台のお知らせ

文化庁 日本舞踊協会、主催
平成31年 1月21日 22日 二日間
国立劇場
私も過去6回出演させていただいた
コンクール公演です。
ぜひみなさま、お出かけください(^^)!!
すべての舞踊家の皆さまの
応援、よろしくお願いいたします!!
----------------------------------
そして!!
まずは下記、花柳多智雛さんの
ブログのリンクを・・・。

遠い下関から!
東京の国立劇場へ!
多智雛さん。出演します!!!!


2019年1月21日(月)夜の部 
6番め
荻江「鐘の岬」

ぜひ応援よろしくお願いいたします。
(チケットについてのご相談など
わたくしのほうでも承ります(^^)
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jpへご連絡くださいませ)
------------------------------------

このブログのタイトルは

「下関東京お稽古物語」・・です。

たまに聞かれます
「下関出身じゃないのになぜ?」
あるいは
私は「下関の人」なんだと、思われていたり
(とある舞踊家さんに「ずっとそう思ってました」と言われたことが!笑)


なぜこのタイトルなのかというと・・・

そりゃ、もう、このひとの、存在があるからです。


花柳多智雛。下関生まれ、下関育ち、下関在住。


彼女の存在がなかったら、今の私はないと
はっきり断言できる、私の大事な親友。


このブログはそもそも、彼女とのやりとりのことを
書いていこうと思って始めたのです。
ある時から、ほぼ私の、
「ただのお稽古日記ブログ」になっちゃいましたが
根底にある彼女への友情愛情感謝をこめて
タイトルはそのまんまにしております(^^)


遠い下関から、
東京まで来て予選を受け・・・
予選を通過し・・・
そして本選へ・・・

彼女の努力と根性は「すごい」としか言いようがありません。

心から尊敬しております。

2018年12月25日 (火)

師匠の名言発見

Facebookの
「○年前の今日の出来事」という機能で、
三年前の日記が出てきた。

新春舞踊大会に向けて
「汐汲」をお稽古していた時の
師匠のお言葉。

その時は難しくて、ただ難しくて
「どーすりゃいいんですかー!」と
心で叫んでいたけれど。

しみじみと。

名言だと思う。

「目だけで月を見ない。
あんたの見方は弱い。
足の先から月を見上げなさいよ、
つま先から髪の毛の先まで
全部で月を見るんだよ。」


ううーん!!
惚れ惚れする表現だ。


覚えておきたいので
備忘録。保存。


というわけで、メリークリスマス!!\(^o^)/

2018年12月18日 (火)

くじ運が必要なのか!!Σ(゚д゚lll)

初めて来年、自分のお稽古場の
小さなお浚い会を開こうと決意。

今の所、ほぼ全員が「出たい」と
意欲を見せてくれている。


自前の着物で……小道具だけ本物にして……
テープ演奏の……という、ささやかな会…


問題は「場所」。

長い月日をかけて、
費用や、交通の便、広さ・・もろもろの条件が
今の私に最適な場所を見つけた。


いよいよ今日からその場所の
WEB抽選受付が始まった。


申し込み可能な日にちすべてに申し込み。


うわ・・・。一番取りたい日付は
すでにすごい倍率だ・・・。
今日から年末まで申し込みできるのだけど(抽選結果は年明け)
申込受付初日の本日午前中の段階で
もう倍率11倍だ。この先もっと増えるだろう・・・
うわあ・・・。これは・・・やばい・・


どの人も考えることは同じなのか
同じ日にちに集中している。
様子を見て他の日も
視野に入れたほうがいいのか・・
ううう。ううううう。


この倍率・・・ううーん。全部だめだったら
あああ。その可能性は大いにある……Σ(゚д゚lll)


あー。こりゃ、大変だ。
世の中のお師匠様は
こういう戦いもなさっておられるのか。

私達は、師匠が「来年は何月何日に、
どこそこでお浚い会です」というお知らせを受けて、「来年はその日か〜」と
へらへらしてきたけど、
師匠が、その会場を押さえるために、
国立劇場にしても、日本橋劇場にしても、
区民センターにしても、
この「抽選」を
乗り越えて、場所と日にちを確保してくださって
お浚い会は成立してきたのだ。
くじ運が、
お師匠様には求められるということか。
・・・そうかそうなのか・・。

し、知らなかった……!!
抽選というのは知ってたけど
実感として知らなかった!!


ああ。実感する。ついに、実感する。


取れなかったらどうしようの不安。



「機械抽選ですので・・・」と係の人。
もうあとはまな板の上の鯉だ。
年明けに結果発表があるとのこと。


あああ。当たってくれ。頼む。
場所さえ決まればあとはどうとでもなる。
ああああ。

あたってくれえええええええ。
神さまあああああ。

この際の神頼み!!(>人<;)!!!

2018年12月14日 (金)

頑張る里の子たち!!

「お夏狂乱」

里の子たちも、頑張ってます\(^o^)/

子供たち、それぞれいろんな場所に住んでおり
また、いろいろ忙しいので
現時点は、個々にお稽古を進めてますが
少しでもいっしょになれる日があるときは
ご両親のご協力のもと、
お稽古日や時間を調整しています^_^


先日は
Kちゃんと、Mちゃんが
初対面!


三年生。同じ学年の二人。
お家は全然違う場所だけど、
学校がわりと近いので
学校帰りにお稽古場にきてくれて
初めて一緒にお稽古\(^o^)/




花道を組んで踊ります。
最初は緊張気味でしたが^_^
すぐ仲良くなりました。
ふふふ!可愛い^_^


お稽古終わってそれぞれの
制服に着替えたところで、
「今年もよくお稽古がんばったで賞」を
プレゼント。
ふたりとも大喜び!!





二人とも、すみっコぐらし大好き^_^
でよかった。
里の子全員でお揃いだぞ\(^o^)/


……ふふふふ。私もすみっコぐらしは大好き…
そして、「里の子」を演じる
全員すみっコぐらし好き!!
さすが私のお弟子!!!(笑)\(^o^)/


まだまだお稽古は
始まったばかり。


みんなで頑張ります!


さて、この日は
二人で仲良くランドセルを背負って
駅まで歩いて行きました。
これからも仲良くね!よろしくです^_^





2018年12月12日 (水)

かっこよく着物を着こなす男になりたい方は、日本舞踊を習いましょう(声高に叫ぶ!)

普段着物を着なれてない男性が
突然着物をお召しになると・・・

おや・・?と思うことがあります。

日ごろ、男性舞踊家さんや演奏家さんの
ほれぼれするほど
かっこいい着物姿に見慣れてしまっている私。


女性の着物姿をキメるより、
男性の着物姿をキメるのは
実は大変難しいのだと改めて思います。

髪も結わないし、お化粧もしない男性・・
装飾品がない分、体で着こなさないと
きまらない・・のだと思われます。

「着なれてる」ことが要求される・・・

「着物をかっこよく着こなせる男になりたいんですよ」
と耳にすることがあります。

で、「いい着物を仕立てて、持っているんですけど
なかなか着る機会がなくて・・」

・・もったいないです。


「何年に一度しか着ない」限り
「カッコよく着こなせる男に」なるのは
なかなか難しいかと思われます・・・。


さあ!!
「着物をカッコ良く着こなせる男になりたい」方は
日本舞踊を習いましょう!!!!


100パーセント保証します。
絶対カッコよく着こなせる男になります。


そして、
着なれてる男性が増えてくれたら素敵です!!


さあ。ためらわず、
日本舞踊のお教室の門をたたきましょうっ!
男性の皆さま!!!


★普段から着なれてる方の、この自然な感じ。
リラックスした雰囲気の中にあって、
かっこいいです(^^)
Img_4998

2018年12月 2日 (日)

毎度おなじみの手作り小道具

「お夏狂乱」の
お夏が、登場シーンで使う
小道具。
お稽古用に、手作りしました。






同門の宮本さんから借りた赤い棒に、
手持ちの物を組み合わせて
(細い棒、手ぬぐい、新聞を捨てる時に使う紐
髪をまとめるUピン二本、黒のビニールテープ)

……費用ゼロで完成ー!!\(^o^)/。

わあい!るるるん🎵(⌒▽⌒)

早速使い始めましたが
いい感じです!

気分上がります。


そして!これは……

分解して持ち運びができるのだ。
はははははー。




2018年11月26日 (月)

お夏・・ああ。お夏

昨日の日曜日。
朝11時から20時半まで
近所の区民館で
お弟子さんのお稽古でした。

お昼ご飯は、メロンパン一個。

20時半過ぎにダッシュで帰宅。
流石にフラフラなので、
帰宅して、レトルトのハヤシと
冷凍ご飯をあっためて
かっこんで。

朝からずーっと着ている稽古着を
着替える暇もなく(TT)
そのまんま、
21時過ぎに
家を飛び出して、自転車爆走し駅へ

浅草橋に向かいました……

そう。師匠にお稽古をつけていただくため!!



22時半までに
お稽古場に着きたい・・・と思ってましたが
それより早く着けました(^^;)



眠かった。へろへろだった。
でも稽古したい。
お夏のお稽古がしたい。その気持ちが抑えられませんでした。

どこでもドアがほしかったあああああ!!

汚い足袋のまんま行っちゃったし!(><)
ちゃはー!!

お夏のお稽古・・・ああお夏。
あああっ。



もう、お夏のお稽古が楽しすぎて……幸せ過ぎて…
お稽古に行ってよかった……幸せ…

2018年11月23日 (金)

これなーんだ?(笑)




これなーんだ?(笑)


「お夏狂乱」で、
里の子たちがお稽古で使う
「からすうりのつる」の代わりです\(^o^)/


夫の、使わなくなったネクタイと、
これまた使わなくなった腰紐で作りました。

いい長さになりました。
なかなかの使い勝手のよさ^_^


今回もまだいろいろ作るものはあります!

頑張ります!!

平成中村座に行ってきました!

親友と二人で
昼の部に行ってきました!





めっちゃいいお席を
取っていただきました\(^o^)/
Kさま!ありがとうございます!









平成中村座。「実盛物語」

最後。
馬に乗った実盛が七三で決まった時。
勘九郎丈が、ものすごくかっこよくて。

既に、その前の場面で、
いろんな、いろんな要素が噛み合って、滂沱の涙が止まらない状態だった私の耳に
これでもか!という強い響きをもった
「中村屋!」の声。
その主は堀越さん。

絶妙のタイミングでした。
本当に、絶妙。
勘九郎丈その瞬間間違いなく、更に輝きを増して。

輝きを増した勘九郎丈に感動が爆発し、もう、オイオイ泣いてしまいました。

大向うで、役者の輝きが増す瞬間を見ました。
いやー、いいものを観たー!という満足感でいっぱいです^_^

「近江のお兼」の時もいいところで
堀越さんの素敵な大向う!
^_^

最後の演目はたくさん笑って、大満足でした。


終わってからお蕎麦でかんぱーい









語り合い、たくさん笑って、
楽しいひと時でした(^^)

2018年11月 7日 (水)

簡単なことほど丁寧に。

2年前のFacebookの日記

にこんなことが。
----------------------------
14963378_889488264521204_2217356199
「簡単なことほど
丁寧に。」

とは、師匠、藤間達也先生の
お言葉。

だからこそ。
今夜はサラダのお野菜を
丁寧に切ってみた。
なんとなく。
気持ちが落ち着く。
踊りも。
料理も。
人生も。

簡単なことほど
丁寧に。


極意だな。
-----------------------------
この言葉が身にしみるこの頃。

踊りで。
物を置く。取る。歩く。

何気ないこういうことを
丁寧にしたいと
心から思う。

お弟子さんにお稽古をつけていて
しみじみ教えられる。
「なんとなく置かないんだよ。
丁寧に、大事そうに置くの」
そうすると、やっぱり
踊りが素敵に見えるのだ。


師匠のおかげで
「丁寧」という言葉が、大好きになりました

2018年11月 4日 (日)

来年の舞台!!

【来年の舞台】
そもそも、なぜこれをやりたいと思ったか。

「わたしのお弟子の、
子供達を、国立の板の上で踊らせてやりたい」

その想いだけ、それだけで
まずは始まりました。

師匠にやりたいと告げたのは、
昨年「京鹿子娘道成寺」の本番が終わった直後。
「今から2年後のことを言われても
、だと、思うのですが」と
俯く私に師匠は
「いや、実は僕も、同じことを考えていたのでね」

そうして、
昨年の春、
もう、これをやることに
ほぼ決まっていたのでした。

子供達の
親御さん方に、想いをお伝えして
「ぜひよろしくお願いします」というお言葉を正式にいただいた時は
本当に安堵いたしました。

いよいよスタートです。

まずは、里の子の振りを
私が覚えねばなりません。
先日より、わたくしの「里の子」のお稽古が
始まりましたが
……なかなか大変!
汗だくです( ̄▽ ̄;)

途中入れ替わったりするので( ̄▽ ̄;)

……とりあえず、私の里の子のお稽古は
お夏が出てきて、
再び後ろから出てきて
踊り出すところまで進みました。

昨日、
たまたま3人がお稽古場に
集まったので
試しに、触りだけ、「こんなことをやるよ」
と、やってみました。
45427197_1437684889701536_604440216
セリフがあることを理解して欲しかったので
「みんなみいみい、いつもの笠の
き○○○が、あれむこうから」「来をるー来をるー」
だけ、大きな声で言ってもらい。

3人の食いつきが想像以上で、
もう、大張り切り!
セリフが楽しいらしく(笑)
普通のお稽古が始まっても後ろで言い続けてるので
流石に「こら!静かに!」と
叱らねばならぬ始末(笑)

叱りながらも嬉しいわたくし……

……自分のお弟子さんに里の子をやってもらうって……

超幸せで、超大変( ̄▽ ̄;)……

子供達にしっかり教えられるよう
私自身、しっかりお稽古します。

先週は大先生の
ビデオも見せていただき……
あまりの素晴らしさに胸がふるえました。
目指したい!!

というわけで。

またまたとんでもない背伸びの、
難しいお役に挑戦する運びとなりました。

来年6月15日(土曜日)
国立劇場「藤曄会」にて
常磐津「お夏狂乱」の
お夏を演じさせていただきます。
里の子は私の可愛い子供のお弟子さんたち
馬子は師匠がお引き受けくださいました。

師匠と、私と、私のお弟子さんで
舞台に立てる日が来るなんて、
夢のようです。

大きな感謝の気持ちに満たされながら
この幸せな試練に向かってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします!!



2018年10月12日 (金)

夢を叶えるお手伝い

Facebookで、
「過去の自分にアドバイスするとしたら
どんなアドバイスをする?」
という質問に回答する、というのがありまして。

で。私の回答は迷わず。

女優さんなんだから、
日本舞踊を勉強しておきなさい!!絶対必要だからね!!


です。

日本舞踊は、
日本人の、役者にとって、
必須の素養であると、
今だから、実感します。

「着物を着るのが
当たり前だった時代に、
生きる人を演じる」機会が、必ずある。

「着物を当たり前に着ている職業のひとを
演じる」機会が、あるかもしれない。

それに備えておくのは
当然。

そしてそれは、
例えば数回のワークショップなどで
身につくものではなく、
年単位での、訓練が必要。

着物を着て踊ることで、
身体が、「着物を着る身体」になっていく。
着て、立っているだけで、
「おさまる」ようになる……

…………ホントに、私は、
後悔しています……(><)……

20代で、着物着るお役は何度かあり。
ああ。勿体ない。
もっと、ちゃんと、やりたかった!!

私の後に続く後輩の皆さんに
この後悔をしてほしくない。
この想いはとても強いです。
なので、このことは、
ホームページにも、書いています。


【男優、女優の必須科目としての日本舞踊】

私のこの情熱が、少しずつ伝わってくれてるのか、
今現在、男優さんひとり、
女優さん(卵も含め)4人が、
私のもとで、日本舞踊を勉強してくれています。

………………………………

最近、こんなことがありました。

………………………………

絢也先生。
先生にお礼を言いたいんですが。

と。女優の卵のお弟子さん。

なに?なになに?(°▽°)?

「この間、初めて、お仕事いただいて。
映画の撮影に参加してきたんです」

まあ!素敵!

「とっても、小さな役で…
大正時代の、市民の役で…
で、着物に下駄で、
傘をさして歩くところがあったんですが……」

うんうん

「スタッフの人に、
君、いくつ?24歳?
若いのに、歩き方とか、所作が
綺麗だね、何かやってるでしょ?
て声をかけていただいたんです!
もう嬉しくて嬉しくて!!!\(^o^)/」

まあああああ!
それはいいお話!
わたしも嬉しいわ!!

「もう、先生に、あれだけ厳しく
教えていただいたおかげです!!
もう、本当に感謝してます!!
厳しくしてくださってありがとうございます😊
これからも厳しくしてください!!」


( ̄▽ ̄;)……ははは…厳しく…そうだね…

…………
今だから言えるのですが……

なかなか、歩けなかったのです……!


綺麗に歩ける子になってほしい!
とにかく、なんとかせねばと、
お稽古中に、ひたすら
お稽古場を何周も歩かせたこと、
多々あり、また、
厳しい言葉をかけたことも……
ありました。



根性は、半端なく、ある子なので、
なんとか、舞台に立てるところまで来ました。


厳しくしすぎたかな………
と、不安になると
「先生!これからも必死でついていきます!」
と熱いメールが……
そんな子なのです。

だから、こういうお話は
とても嬉しい!

誰がどこで見てるかわからないから、
これからも小さいお役だとしても頑張って。
お稽古もますます頑張ろうね(^^)
と伝えました。

夢を叶えるお手伝い。

嬉しいなあ。あー!!!

………………………………………

これからも、
この世界の片隅で、
ほんの少しでも、
誰かのお役に立ちたい、
心からそう思います。

大好きな日本舞踊で、
誰かのお役に立てるなんて、
私はなんて幸せなんでしょう(T ^ T)

ますます、
私自身の精進を重ねて、
日本舞踊の素晴らしさ
楽しさ、大切さを
伝えていきたいと心から思います。

夢を叶えるお手伝い。


頑張ります!

«カセットテープの音源を簡単にMP3に!!!

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)