フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

2018年11月 7日 (水)

簡単なことほど丁寧に。

2年前のFacebookの日記

にこんなことが。
----------------------------
14963378_889488264521204_2217356199
「簡単なことほど
丁寧に。」

とは、師匠、藤間達也先生の
お言葉。

だからこそ。
今夜はサラダのお野菜を
丁寧に切ってみた。
なんとなく。
気持ちが落ち着く。
踊りも。
料理も。
人生も。

簡単なことほど
丁寧に。


極意だな。
-----------------------------
この言葉が身にしみるこの頃。

踊りで。
物を置く。取る。歩く。

何気ないこういうことを
丁寧にしたいと
心から思う。

お弟子さんにお稽古をつけていて
しみじみ教えられる。
「なんとなく置かないんだよ。
丁寧に、大事そうに置くの」
そうすると、やっぱり
踊りが素敵に見えるのだ。


師匠のおかげで
「丁寧」という言葉が、大好きになりました

2018年11月 4日 (日)

来年の舞台!!

【来年の舞台】
そもそも、なぜこれをやりたいと思ったか。

「わたしのお弟子の、
子供達を、国立の板の上で踊らせてやりたい」

その想いだけ、それだけで
まずは始まりました。

師匠にやりたいと告げたのは、
昨年「京鹿子娘道成寺」の本番が終わった直後。
「今から2年後のことを言われても
、だと、思うのですが」と
俯く私に師匠は
「いや、実は僕も、同じことを考えていたのでね」

そうして、
昨年の春、
もう、これをやることに
ほぼ決まっていたのでした。

子供達の
親御さん方に、想いをお伝えして
「ぜひよろしくお願いします」というお言葉を正式にいただいた時は
本当に安堵いたしました。

いよいよスタートです。

まずは、里の子の振りを
私が覚えねばなりません。
先日より、わたくしの「里の子」のお稽古が
始まりましたが
……なかなか大変!
汗だくです( ̄▽ ̄;)

途中入れ替わったりするので( ̄▽ ̄;)

……とりあえず、私の里の子のお稽古は
お夏が出てきて、
再び後ろから出てきて
踊り出すところまで進みました。

昨日、
たまたま3人がお稽古場に
集まったので
試しに、触りだけ、「こんなことをやるよ」
と、やってみました。
45427197_1437684889701536_604440216
セリフがあることを理解して欲しかったので
「みんなみいみい、いつもの笠の
き○○○が、あれむこうから」「来をるー来をるー」
だけ、大きな声で言ってもらい。

3人の食いつきが想像以上で、
もう、大張り切り!
セリフが楽しいらしく(笑)
普通のお稽古が始まっても後ろで言い続けてるので
流石に「こら!静かに!」と
叱らねばならぬ始末(笑)

叱りながらも嬉しいわたくし……

……自分のお弟子さんに里の子をやってもらうって……

超幸せで、超大変( ̄▽ ̄;)……

子供達にしっかり教えられるよう
私自身、しっかりお稽古します。

先週は大先生の
ビデオも見せていただき……
あまりの素晴らしさに胸がふるえました。
目指したい!!

というわけで。

またまたとんでもない背伸びの、
難しいお役に挑戦する運びとなりました。

来年6月15日(土曜日)
国立劇場「藤曄会」にて
常磐津「お夏狂乱」の
お夏を演じさせていただきます。
里の子は私の可愛い子供のお弟子さんたち
馬子は師匠がお引き受けくださいました。

師匠と、私と、私のお弟子さんで
舞台に立てる日が来るなんて、
夢のようです。

大きな感謝の気持ちに満たされながら
この幸せな試練に向かってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします!!



2018年10月12日 (金)

夢を叶えるお手伝い

Facebookで、
「過去の自分にアドバイスするとしたら
どんなアドバイスをする?」
という質問に回答する、というのがありまして。

で。私の回答は迷わず。

女優さんなんだから、
日本舞踊を勉強しておきなさい!!絶対必要だからね!!


です。

日本舞踊は、
日本人の、役者にとって、
必須の素養であると、
今だから、実感します。

「着物を着るのが
当たり前だった時代に、
生きる人を演じる」機会が、必ずある。

「着物を当たり前に着ている職業のひとを
演じる」機会が、あるかもしれない。

それに備えておくのは
当然。

そしてそれは、
例えば数回のワークショップなどで
身につくものではなく、
年単位での、訓練が必要。

着物を着て踊ることで、
身体が、「着物を着る身体」になっていく。
着て、立っているだけで、
「おさまる」ようになる……

…………ホントに、私は、
後悔しています……(><)……

20代で、着物着るお役は何度かあり。
ああ。勿体ない。
もっと、ちゃんと、やりたかった!!

私の後に続く後輩の皆さんに
この後悔をしてほしくない。
この想いはとても強いです。
なので、このことは、
ホームページにも、書いています。


【男優、女優の必須科目としての日本舞踊】

私のこの情熱が、少しずつ伝わってくれてるのか、
今現在、男優さんひとり、
女優さん(卵も含め)4人が、
私のもとで、日本舞踊を勉強してくれています。

………………………………

最近、こんなことがありました。

………………………………

絢也先生。
先生にお礼を言いたいんですが。

と。女優の卵のお弟子さん。

なに?なになに?(°▽°)?

「この間、初めて、お仕事いただいて。
映画の撮影に参加してきたんです」

まあ!素敵!

「とっても、小さな役で…
大正時代の、市民の役で…
で、着物に下駄で、
傘をさして歩くところがあったんですが……」

うんうん

「スタッフの人に、
君、いくつ?24歳?
若いのに、歩き方とか、所作が
綺麗だね、何かやってるでしょ?
て声をかけていただいたんです!
もう嬉しくて嬉しくて!!!\(^o^)/」

まあああああ!
それはいいお話!
わたしも嬉しいわ!!

「もう、先生に、あれだけ厳しく
教えていただいたおかげです!!
もう、本当に感謝してます!!
厳しくしてくださってありがとうございます😊
これからも厳しくしてください!!」


( ̄▽ ̄;)……ははは…厳しく…そうだね…

…………
今だから言えるのですが……

なかなか、歩けなかったのです……!


綺麗に歩ける子になってほしい!
とにかく、なんとかせねばと、
お稽古中に、ひたすら
お稽古場を何周も歩かせたこと、
多々あり、また、
厳しい言葉をかけたことも……
ありました。



根性は、半端なく、ある子なので、
なんとか、舞台に立てるところまで来ました。


厳しくしすぎたかな………
と、不安になると
「先生!これからも必死でついていきます!」
と熱いメールが……
そんな子なのです。

だから、こういうお話は
とても嬉しい!

誰がどこで見てるかわからないから、
これからも小さいお役だとしても頑張って。
お稽古もますます頑張ろうね(^^)
と伝えました。

夢を叶えるお手伝い。

嬉しいなあ。あー!!!

………………………………………

これからも、
この世界の片隅で、
ほんの少しでも、
誰かのお役に立ちたい、
心からそう思います。

大好きな日本舞踊で、
誰かのお役に立てるなんて、
私はなんて幸せなんでしょう(T ^ T)

ますます、
私自身の精進を重ねて、
日本舞踊の素晴らしさ
楽しさ、大切さを
伝えていきたいと心から思います。

夢を叶えるお手伝い。


頑張ります!

2018年10月 8日 (月)

カセットテープの音源を簡単にMP3に!!!


ずばり!!これです!!!

では、以下、この機器を使って、の
わたくしの
初めての「カセットテープからUBSへMP3に変換して録音!!」
を実況します(*^_^*)

===============================

【初挑戦】
師匠から、「助六」のカセットテープをお借りして……
は、初めて!!こ、この機械で
カセットテープからUSBメモリに
MP3形式で録音中!!

説明書に従って…点くべき赤いランプも点いている!!(><)

これが成功すれば手持ちの
カセットテープの音を
簡単にデータにできる!!

さて、成功しているのだろうか……
ドキドキ。

Photo

5000円以下で買った、
こんなシンプルな機械でそんなことが本当にできるんだろうかー!!・・
という不安と戦いつつ、録音完了・・したと思う・・・

Photo_2


す、すごい!
カセットテープを抜いて、USBから再生したみたら!
録音できてる!すごいっ!

これがちゃんとパソコンに入るかどうか!!!


パソコンでUSBの中身を見るとなぜかファイルが3つ・・
????

真ん中のファイルを開いてみたら
音楽が再生されました!!
説明書によると、スイッチを入れた直後の無音、スイッチを切る直前の無音、
のところでファイルが作られるらしい。。。

真ん中のファイルだけデスクトップにドロップして
名前をつけて、
クラウドに保管。そして
添付ファイルで、自分のiphoneに送る。

iphoneで受け取ったファイルを
スマホやタブレットを使ってお稽古する際に
非常に便利な Audipo(オーディポ)というアプリに取り込んで
再生・・・

Photo_3

音もいい・・・!!!!!ヽ(`▽´)/


ということで無事大成功です!!

USBの相性問題がある、という情報がありましたが
USBは、UBSB3.0対応で、16GBなら大丈夫そうです。

説明書を見ると16GB以下が良いみたい。

(説明書を見ないでUSBを買いに行ってしまった!!たまたまセーフ)

ちなみにエレコム製の1200円くらいのやつで、私は相性ばっちりでした。


カセットの音源をデータで保管したいとか
メールで送りたいとか
そういうときに活躍しそうです(^^)

このブログを御覧の皆様に是非ご紹介させていただきたくて
書きました〜〜。

最初に貼ったリンクのお店は私が探した限りで
最安値・・・かな。
楽天以外なら、Yahooショッピングや、アマゾンでも見つかると思います。
ぜひご参考になさってください(^^)


2018年10月 7日 (日)

こういう時期こそ!

9月の、1ヶ月の間に
二度も舞台に立たせていただき
感謝感謝でございます。

ということは、
それらに向けての夏が……
怒涛の日々だったわけで……

ようやく10月は少しだけ、ほっ…

こんな時期だからこそ!

たくさん踊りを覚えようっ!!

ということで、お稽古していただいております(^^)


自分のお弟子さんたちの成長のために
自分をもっと成長させねば……
今までお稽古する機会がなかったものを
思いつくまま、
出来るだけ覚えよう!という算段です(><)
師匠が、そのたびに丁寧に
教えてくださいます。ありがたいことです。ほんとに。



先日まで、「傾城」をお稽古していただいてました。
覚えたら動画に撮って、チェック!

お弟子さんのお稽古の合間に撮影です。
後見さんがいないので(当たり前!ひとりぼっち!(笑))
小道具が、散乱します。
孤独な作業ですが、大事。

そして、現在は、「助六」をお稽古中!\(^o^)/

どんどんいろんなものをお稽古したいなあ。
そして、お弟子さんたちに伝えたい。


11月になれば、おそらく、来年の
国立劇場のお浚い会に向けての
お稽古が始まります。

またまた怒涛の日々だー!!\(^o^)/



2018年10月 1日 (月)

城西舞踊会、終了いたしました!

せっかくの、この
佳き日に、
台風……!!

しかし、たくさんのお客様に
お越しいただきました。
感無量でした。
ありがとうございました。





この日を迎えるまで
ただひたすら、
楽しい日々を過ごさせていただきました。
そして、積み重ねたお稽古の日々で
学んだことはあまりに多くて、
この環境にいられることに
感謝しかありません。
ありがとうございました!!



こんな支度でした(^-^)
色違いで12人!
全員並ぶと綺麗なんです(^-^)
そして、4人の先生方がメインを
踊られググッと場面を引き締めてくださいます!
ついつい、先生方が素敵で見とれてしまい
私、踊りながらニコニコしそうになることが
しばしばありました(^^;)

舞台の上には計16人!
「華やかだったー」と言う感想を
お客様からお聞きできて嬉しいです!!




一番キャリアが浅く、
非力なわたくしを、優しい先輩方が、
本当に優しく丁寧に導いてくださいました。
この写真、宝物です。
この作品に参加させていただいて
本当に幸せです!!


重ね重ね、
全ての皆様にお礼を言わせてください。

ありがとうございました!!!


☆おまけ写真


観に来てくれたお弟子の12歳、S子ちゃん。
師匠の「五人三番叟」から昼の部最後まで
観てくれて、
とっても楽しかったと(^-^)!
また、こういう場所で観てもらえるよう、
精進を重ねていこうと決意しました!!

頑張る!これからも!!!

2018年9月29日 (土)

城西舞踊会、時間が出ました(╹◡╹)

台風のせいで、
お天気が荒れそう……ですが!
どうぞお気をつけて、
お運びくださいませ!!!

よろしくお願い致します!


2018年9月28日 (金)

9月30日は、城西舞踊会です!

本日下浚いでした!


わたくしの装備



いろいろお手伝いで走り回った後なので
ちょっとお太鼓の形が崩れてます( ̄▽ ̄;)

わたくしが出演する
新作、ほか、
昼夜全部見ていただきたいですが!!

私、藤間達也先生の弟子なので、
思い切り叫びます!!

昼の部の序幕の

「五人三番叟」!!!!

めっちゃめちゃ、最高に楽しくて
五人の先生方ちょーーーーかっこいいです!!


見逃したら一生後悔すると思うので
皆さま、9月30日は
練馬文化センターに
お運び下さい!!


これは場当たりの写真!
この五人の先生方が、
踊りまくります!!
超絶賛宣伝しまーーす!!!

※ブログへの写真掲載は、
小さくすればオッケー!ということで、
振付の先生よりご許可いただいてます!(╹◡╹)

2018年9月12日 (水)

9月30日(日)城西舞踊会に出演致します

↓画像をクリックすると大きくなります!!

Photo

 Photo_2
Photo_3
日本舞踊協会東京支部城西ブロック主催
【城西舞踊会】
9月30日(日曜日)
練馬文化センター
昼の部 12時開演
夜の部 16時開演
チケット:昼、夜、それぞれ5,000円
----------------------------------------
師匠、藤間達也先生は
昼の部:義太夫「五人三番叟」
夜の部:新作「輿薨薨(こしこうこう)」
にご出演なさいます!

ワタクシ、藤間絢也は、
昼の部:新作「輿薨薨(こしこうこう)」
に出演いたします。

チケットのご用命ございましたら
amiaya2010-renraku★yahoo.co.jp
(★を@にしてください)
メールをいただければ幸いです(^^)


沢山の皆さまのご来場をお待ちしております!!
よろしくお願いいたします

2018年9月 6日 (木)

可愛い子供達

【可愛い子供たち】
3人とも本番を終えて。

子供達の顔出しは、
控えますが、
すごく笑顔です。めっちゃ可愛い。
うーん、見せたい!!
私もほっとした顔。





この子達が花道を出てくる直前。
緊張で、私が、
死にそうになっていたのを知っているのは
狂言方の小川さんです(笑)


「小川さん、私、死にそう」
「えっ!死なないで!」
生き抜きました(笑)

立派な本番でした。
またお稽古沢山して
次の舞台に向かっていこうね。
おめでとう!

2018年9月 3日 (月)

達喜会、無事終了致しました

達喜会
無事終了致しました。

師匠、大先生、スタッフの皆様
同門の皆様
私のお弟子さんたち
本当にありがとうございました。

そしてそして
日本橋劇場にお越し下さった
たくさんのお客様

ありがとうございました!!

取り急ぎのお礼でございます。

感謝。感謝です。














2018年9月 1日 (土)

橋弁慶のかかり時間、ちょっと早まりそうです

お知らせ。
橋弁慶のかかり時間、
もう少し早まる可能性があります。

18時20分くらい・・・とご案内していましたが
18時にはお席にお着きいただければ幸いです。
達喜会は、毎回、時間が早まる傾向がございます!!

よろしくお願いいたします!!

2018年8月19日 (日)

達喜会!藤間達也先生、花柳寿太一郎先生の「越後獅子」が観られるんですよおー!!\(^o^)/

9月2日の達喜会は!!

最後の演目で!!

藤間達也先生と花柳寿太一郎先生の
「越後獅子」が観られるんですよおおお!!\(^o^)/

この会は、入場無料なので

つまり!つまりつまりつまり!

た、ただで、観られちゃうんですよおおおお!!

皆さま!

見逃したら後悔しますよおおおお!!

どうぞ、達喜会にお運びくださああああい!

(大宣伝!!)

下浚いの画像をちょこっと。
(師匠よりご許可いただいてます^_^)

ふふふふふ。ふふふふ。ふふふふふふ!!

お楽しみにーー!!!

達喜会 時間が出ました!!

達喜会。

時間が出ました!
あくまで目安のお時間です。
達喜会は、「まく」(早まる)傾向がございます
過去、15分くらいまいたことがあり
皆で、お客様にメールしまくった思い出もございます。

お目当ての演目の20分以上前に到着なさることをおすすめ致します!!
皆様のお越しをお待ちしております(^^)


この画像はクリックすると大きくなります
Dsc_1928_2
Dsc_1930

2018年8月17日 (金)

達喜会、下浚い終了!

無事
おととい、下浚いが終わりました……
師匠、演奏家のみなさま
後見さん、小道具さん
同門のみなさま、
うちのお弟子さん
お弟子さんの親御さん……

みなさま、ありがとうございましたーー!!!

あとは、本番まで走りぬきましょう(^。^)!!



素晴らしい後見の先生方



地方演奏!贅沢!



お揃いの支度(笑)



ロビーでお稽古。小学生姉妹



後見さんと一緒に立ち位置確認!



新鹿の子の出。祈るような私の背中。
勧められるがまま
師匠が座る席に座って、見守りました。



田舎巫女終わって。長唄さんと細かいきっかけの
打ち合わせ。



2人もお手伝いにきてくれて!
下浚いに来た私のお弟子さんたち。
みんな、よくがんばってくれてありがとう!!


まだつづきます。




2018年8月 8日 (水)

達喜会 プログラムができました!(^^)

38454822_1361119674024725_860595750


38405317_1361119654024727_646653315



※クリックすると画像が大きくなります※




9月2日(日)11時開演 
日本橋劇場
「達喜会」 会主:藤間達也

全32番
すべて地方演奏(生演奏~長唄、清元、お囃子)でございます




プログラムは上記ファイルをご参照ください。

わたくしは長唄「橋弁慶」の「弁慶」を演じさせていただきます。

また、達也先生よりお許しいただき、
この会において、わたくしの門弟6名が
「松の緑」
「元禄風花見踊」
にて初舞台を踏ませていただきます。

「新鹿の子」では小学生姉妹の門弟が
3度目の舞台。
「田舎巫女」では、中学一年生の門弟が
これまた3度目の舞台となります。

お時間おありでしたら、ぜひ、応援していただければ幸いです。


入場無料、チケット不要です。
プログラムご希望の方はお送りいたしますので
「達喜会プログラム希望」という件名にて、
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp

まで、メールをいただければ幸いです。
※携帯メールからのメールの場合、こちらからの返信が
届かない場合があります。上記アドレスからの受信を
可能にして置いていただけるとありがたいです!
またはパソコンのアドレスから、メールをいただけると
大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします


藤間達也先生のご指導のもと、門下一同
がんばります!!
わたくしの門弟もがんばります!

たくさんのお客様のお越しをお待ち申し上げております

2018年7月23日 (月)

【怒涛の8月が、始まる】


……と、言うわけで、
日本舞踊協会東京支部城西ブロックの舞踊会
「城西舞踊会」の顔寄せでございました。

わたくし、
昨年に引き続き、
新作の作品に出演させていただきます。
9月30日、練馬文化センターセンターホールです。


今回は、師匠と同じ演目ではないので、
緊張感満載ですが、
昨年、ご一緒させていただいて
仲良くさせていただいている
舞踊家さんと、おしゃべりしてると
ほっとします(^。^)
また、皆さまとお稽古できるかと思うと、
緊張しつつ、
とっても嬉しいです。

とにかく、ご迷惑にならないよう
精一杯がんばります。
ご一緒させていただく
城西ブロックの舞踊家の皆様、
どうぞ、よろしくお願い致します!


9月2日は、日本橋劇場の
「達喜会」……下浚いは8月15日。
お弟子さんも9名出演……
お稽古場のさまざまなとりまとめ、手配…

自分の稽古……

うはー!

新作のお稽古も間も無く開始……


怒涛の8月が、始まります。



※暑さにめげず、
着物を着ました!!はあはあ!
とても尊敬申し上げる、
流派の大先輩にいただいた絽の色無地と、帯。
いただいたお着物を初めて着用した際に、
必ず、ご報告のメールをしております(^。^)
てなわけで、その写真(^。^)






……本日東京は40度超え。
でも、なぜか着物のほうが涼しく感じます。
……ただの気合いかな?(笑)

2018年7月16日 (月)

丁寧なお仕事


伊藤和裁様に洗いに出していた着物、帯などが
返ってきました。

頂き物のお着物の
裄出しも、綺麗にできてます。

紅のシミ抜きをお願いしていた
踊り用の手ぬぐいも返ってきました。

どれもこれも素晴らしい仕上がり……

幸せ。

踊り用のちりめん手ぬぐいは
「藤娘」
「官女」
「菖蒲浴衣」
「汐汲」
「京鹿子娘道成寺」
で舞台を共にした「同士」

藤間の紋に、河合家の「三つ柏」
宝物です。
また、いつか、舞台に立つ日まで、
箱で眠っててね。






伊藤和裁さん。
お仕事が丁寧。これからもお世話になります\(^o^)/

2018年7月 1日 (日)

この幸せに、全て捧げる

【この幸せのためなら。
これからも、なんでもする】
師匠の弟子になれてよかった。
日本舞踊に出会ってよかった。
師範になってよかった。
お弟子さんに恵まれてよかった。

地球上の全てに感謝したい、
そんな気持ちになれる一日でした。

お弟子さんたち、すごく緊張してました。
私も、緊張しました。
………………………………

「達喜会」に出演させていただく私のお弟子さんが
初めて師匠にお稽古をつけていただく日を迎えました。

まずは、みんな、この日を目指して
お稽古を重ねてまいりました。

師匠からいいお稽古をつけていただいて本当によかった……
緊張の中にも笑顔があって……

九人。
芸の上で、正真正銘、全員、私の子供です。

我が子が頑張る姿に胸が熱くなりました。

今回「松の緑」を踊る
出演する私の門下唯一の男子くんは
師匠に袴をつけていただき感無量。



そして、
「普通に生きていて、こんなに緊張することはない。貴重な経験」と言ってくれました。



舞踊歴まだ10ヶ月、
1年にならないチャレンジャー。
お稽古熱心。師匠から沢山のご指導をいただきました。



「元禄花見踊」の5人。
舞踊歴1年半。よく頑張りました。
よく、よく、頑張りました。
(元禄花見踊については
また後ほど別にたっぷり書きます)


「新鹿の子」の
小学生姉妹二人。
鞠を抜いた短縮版ですが
振りは完全に大人が踊るものと同じ。子供用に易しくしたり、振りを少なくしたり、一切してません。

師匠が「ずいぶん沢山お稽古したねえ!」とおっしゃってくださった時には、ぐっときました。
私は涙を堪えるのに必死でした。
(これを書きながら泣きそう)
小さな二人が、緊張に負けず、
しっかり踊り抜いた強さに、大きな光を見ました。


「田舎巫女」S子ちゃん。中学生になって、
慣れない生活、忙しい部活、いろいろ大変な中
クタクタになってもお稽古に来て。
本当に立派!!
そんな彼女に、私はあえて厳しくしてきました。
難しい踊りだからです。
「絢也先生、怖い!」と言いつつ
それでも、ついてきてくれています。
ものすごく強くて、偉い子です。
昨日は師匠から様々なことを教わって、
レベルの高い難しいご指導にも必死に応えていました。その姿に胸が熱くなりました。


可愛いお弟子さん達が
尊敬申し上げる師匠から直接ご指導いただく
この幸せ。


素晴らしい1日でした。
師匠、本当にありがとうございました!!
引き続きよろしくお願い致します!!






私は全然踊ってないのに
………疲労困憊でした(笑)

追記。
師匠が、みんなの前で
わたしのことを「先生」と呼んで下さることに、今更ながら
しびれます。
……なんだかもう。泣けてきそうになります。
いろんなものを沢山捨てて、
削って、苦しんで、
沢山の孤独を味わって、
巡り会った幸せ。……貴重すぎて、プライスレス!!!

2018年6月25日 (月)

師匠の舞台情報♪

珍しく、ブログ、連投(超珍しい!!)

H3008hanagatameisakubuyoomote H3008hanagatameisakubuyoura

師匠の舞台情報です♪
詳しくはココをクリック♪
師匠の「山帰り」が拝見できるなんて~~もう幸せ~♪
皆さまお見逃しなく~~♪♪(^^)

カルメン2018

「カルメン2018」を拝見してまいりました。
2組ダブルキャストの
交互公演。どちらの組も観たかったのですが、
どうにもこうにも、
千秋楽最後の組しか時間が取れず!
(それも開演5分前の駆け込み到着て間に合った…)

美しい舞台でした。

「カルメン」
やっぱり、
音楽がいいです。
なんてドラマチック。
演じておられる方々、
この曲で踊るのは、楽しいだろうなと想像いたしました。

※これを日本舞踊にまったく関わりのない人が見たら
どういう感想になるのか聞いてみたいです。

2018年6月19日 (火)

小さい子供用「藤娘」お稽古小道具

小さい子用、
「藤娘」の藤の枝。

大人用よりかなり小さく……
そして、
枝の、上下がわかるように……

ということで思案して、
とりあえずこんなものを作りました。






昨年、城西舞踊会の時に、
敬愛するM先生からいただいた、
可愛いぶたさんの扇子!

……ありがたく使わせていただいた挙句
壊れてしまったのですが(すみません…)
記念に大事にとってあったのです。

これは有効活用しよう!と出してきて、
このように!
M先生!
ぶたさんは形を変えて命をふきかえしました!


「ぶたさんのお顔が
いつも天井に向くようにもってー」

わかりやすい……(*゚∀゚*)……


ちょっと時間があるとこんなことばっかりしてます(笑)




2018年6月17日 (日)

眠りが、短い日々


前回の日記の内容の補足のような日記……

眠りが浅いと、前回書きましたが
浅くはない。時間が短い!


悩みごと、ではありません。
考え事が多すぎるのだと思います。
私の脳みそのキャパシティが……(>人<;)


まず、浴衣の仕立ての様々なことが
進んでおります。
縁あって出会った
初めてお願いする
仕立て屋さんは、
ものすごい丁寧。
細かい打ち合わせを何度もお電話で繰り返し。
できるだけお安くしていただけるよう
値段交渉なども……
(すごく配慮してくださいました)


浴衣浚いに出るのが、
自分一人の頃を思うと……
ら、楽でした(>人<;)


今回、仕立て注文が、自分を入れて
10人。
10人分の仕立ての打ち合わせです。
「踊りの先生」になる、というのは
こういう作業も増えるのだと
しみじみ実感。


そして、師匠に
出演予定9人(4演目)の
踊りを見ていただく日が迫っており、
皆の緊張感も高まります。
本番は9月2日ですが、
師匠に見ていただく日、下浚い、と
二度、緊張する日があります。
これはみんなにとってとてもよいこと!


し、しかし、私も緊張するわけです。
自分のことより緊張します。
前回もそうでしたが、
祈るような思いで見守ります。
この時には私が
「はい!」と合図出来ない。
この祈りの思いのエネルギーは
全身の細胞に広がる感覚です。


そしてそして。
事情があって、
急遽、とおるお弟子さんのために
師匠にお願いして、
曲の編集、振りつけをしていただき
それを一日で、覚えて(必死!)
今週からお弟子さんにお稽古します。
タイムリミットがあるので、
どういうやり方で進めて行くのが効果的か、
毎日考えております。


自分の弁慶の、不甲斐ない状態からの
脱出が、なかなかできないこと。
これは深い悩み。
とにかく、繰り返し、踊るしかない……
お相手役の方は、
既に可愛らしくて凛々しい牛若丸の雰囲気をつかんでおられます。
私がちゃんとしないと……がんばらないと!!


そんなこんなで
いつも、踊りのことが頭を占めているので、
睡眠時間が異様に短い!!(´;ω;`)
いや、浅い眠りではなく、
睡眠時間が、短い。
四時間すると目が覚めちゃうんです。
寝つきは早くてストンと眠れるし、
ぐっすりなのですが
四時間きっかりでハッと目覚めるのです。
しかも、上記のどれかを考えながら
目覚める。
ううむ。小心者(笑)


自分が、していること、
させていただいていること、に、
大きな感謝をしながら
一つ一つ丁寧に
やってまいります。


長く眠れない日々はしばらく続きますが、
とりあえず風邪もひかず元気なので
走ります\(^o^)/


でも、
もうちょい、眠りたいなあ(´;ω;`)
6時間くらい、眠りたい。

2018年6月12日 (火)

さあ!ここから!

9月2日 日曜日
日本橋劇場
「達喜会」
……にむけて!

……熱いお稽古、そして
様々な準備が進んでいます。

たった今、ひとつ、
大きな準備作業を完了しました。
一人で出演していた頃と違い
お弟子さんのことが増えて
違う緊張感で準備をしております。
あー。この責任重大作業が終わっただけで
少し救われる!\(^o^)/
急に眠くなってきました(笑)

さあ。
今月末には
師匠にお弟子さんの踊りを見ていただくので
一つの節目として、
まずは一度その日を目指してお稽古が熱いです。

そして、次の節目は
下浚い。

そして、本番!!


私の眠りも、浅い日々が続きますが、
頑張ります。
みなさま、本番当日、
ぜひ、おはこびくださいませ(^。^)


わたくしの、弁慶、ですが。

「ニンじゃないものを、よくやるねえ」って
言われることもあります。
そうです。ニンじゃない、です。
だからこその挑戦。
思い切り勉強させていただいております。

苦戦しているのは否めない(>人<;)…
いや、大苦戦。

本番では
皆さまに楽しんでいただけるよう
精進いたします!!


↑自主稽古風景……まだまだこれからです!(>人<;)ひー!





2018年6月 6日 (水)

雨の日の・・・なぎなたの持ち運びは・・

一言。

「ツライ!!」

です(TT)

誰に強制されたわけでもなく
自分で選んで、進んでやってることなので
誰も責められないし、お天道様を恨んでも仕方ない・・・・

それにしてもゴミ袋って便利・・・

34560458_1295824677220892_703280113

傘さして、荷物しょって、これ担いで。
結構大変です・・・
がんばります・・・とほほほほ・・・・。



2018年5月30日 (水)

頑張る子供たち

私のもとには、現在
5人の子供達がお稽古をしています。


子供たちは、みんなそれぞれ
学校の用事、
学童、クラブ活動、塾、
他のお稽古ごと・・・などで
忙しいです。
(考えてみれば私も2つのお稽古ごとと
塾に行っておりました。
おまけに子役の仕事もやってた(^^;)
いつも眠かった記憶・・(^^;))



時間を短くしてあげようか・・
甘やかしてしまおうか・・
・・・明らかに疲れている顔を見た瞬間
いつもぐらりと心が揺れます。


・・・いや。待て。

違う。違うぞ。
彼女が幼い力を振り絞って
頑張って、ここに来た心意気に
私は応えるべき。
私のバレエの先生も劇団の先生も
私たちを甘やかすことは一切なかった・・
何処かが痛いとか、具合が悪くないならば
より丁寧にしっかりお稽古をしよう。


そう思って、お稽古を始めます。


親御さん方によると
全員、
どんなに疲れていても
自分から「お稽古を休みたい」とは
絶対に言わないそうです・・・
偉い。。。偉いなあ。。(TT)
まして、風邪をひいてお休みになった時
「お稽古に行きたいといって泣きました」という
連絡をいただくと
胸がきゅんきゅんします。

どの子も可愛くて仕方ありません(^0^)!!


-----------------------------
さて、先日のこと。


学校の遠足から帰ってきて
お疲れ状態で
お稽古にやってきた小学校3年生。
帯を結んであげる間
どこそこに遠足に行って、
こんなことをしてきた!
という話をしてくれますが
・・・うわ・・大人でもヘロヘロになるわ・・
というハードな一日・・・


そんなお疲れモードの中
彼女は根性をみせてくれました。


なかなかできない難しいところは
できるまで何度も繰り返し。


「今日は疲れているだろうに
よく集中して
とてもよいお稽古になってるね。」と
声をかけたら



「私は、この世で一番
絢也先生に叱られてるから
一番上手くなるのよ
おほほほほほ」と(笑)


もうみんな爆笑です。
爆笑しつつ、感動してしまいました。


そうね、確かにね。
保育園のころからだしね。
あなたはせんせいに
叱られてる回数の
世界チャンピオンだね。


それにしても嬉しい。
そんな風に言ってくれて。
感情ではなく
愛情で叱ってるのが
伝わってる・・。
こんなに小さいのに。


そして間違いなく親御さんも
フォローしてくださってる・・
「絢也先生は、あなたをよくしたいから
叱ってるんだよ」と伝えてくださっている・・
そのことにも感謝があふれます・・・。



そして新しい強さを身につけています(^。^)
素晴らしい!お稽古ごとって、
素晴らしいなあ。


3つの宿題を出して
「次のお稽古日までに、やってきてね」
「はあい!」


・・・そして彼女はその後
爆睡状態になりました(笑)

30265272_1256856137784413_648100912 →ある日お遊びで、「子守」の扮装をしてみたら
とっても可愛くなっちゃいました♪♪

2018年5月28日 (月)

紫紅会!

大先生、そして師匠ご出演!


紫紅会!今年は歌舞伎座(^。^)
すごーい。

大先生、素敵でしたー!
もう、感激(^。^)
嬉しくて、楽屋にお邪魔してしまいました(^。^)






おねだり?!して
2ショットを撮っていただいたのですが、
掲載許可をいただくのを
忘れたので、
取り急ぎ私だけ……


明らかに顔がはしゃいでます(笑)

勘左先生の素敵な「老松」も拝見できて、
師匠の可愛い所化さんも見られて……


楽しい一日でした。


ビールで、〆ます

2018年5月23日 (水)

日本舞踊のお稽古の一環として、 着付けを。

【日本舞踊のお弟子さんに、着付けをお教えします】
・・・と、断言しちゃうことにします・・。
時々、なんですが。
「着付けを教えてください」という
お申し込みをいただくことがあります。
「日本舞踊のお稽古」が大前提なら
喜んでお教えします。
その場合、着付けのお稽古は
日本舞踊のお稽古時間の中に
組み込まれます。
別途、何かいただくことはありません。
「着付けから始まって踊りに興味を持ってもらえたら」
という思いもあるのですが・・・
「着付け教室」と銘打ってお教室にするのは
少々難しいです。
現在、私のお弟子さんは
「日本舞踊が習いたくて」来てくれた方たちです。
そのプラスアルファで
「着物も着られるようになりたい♪」があります。
そこには喜んで「協力」します。
着付けお稽古希望者には時間をとって
お稽古いたします。
つまり「日本舞踊のお弟子さん」には
無料で着付けお稽古をしております(^^)
またそもそも着物が趣味で
「着物を着て習えるお稽古事がしたいので
踊りを習いたい♪」という
ことでお弟子さんになった方もいます。
いずれも
「日本舞踊のお稽古がしたい」が
まずはてっぺんにある方々です。
なので・・・。
当方では
日本舞踊のお稽古の一環として、
着付けを、お教えいたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。
「浴衣着付けと日本舞踊体験」みたいな
ワークショップをしてみたら?と
言われたことがあり、
むむ・・と思ったこともあったのですが
よく考えたら、
私のお教室の「体験お稽古」の内容は
まさにそれでした(笑)

2018年5月21日 (月)

涙は、お湯です

余談(笑)【汗は水で、涙はお湯だった!!】
先日、コクーン歌舞伎「切られの与三」を観て、
大泣きしたと
書きましたが・・・
終演後
マスカラが落ちまくって
目の下がパンダになっていることに気が付かず
タリーズでそのままお茶を飲んでしまい、
鏡を見てうぎゃあああ〜〜という出来事がありました・・。
ウォータプルーフマスカラのはずなのに・・なぜ
こんなに落ちてしまったのか不思議でなりませんでした・・・
数日後、
謎が溶けました。
私のマスカラ。前回買ったときに!!
ウォータープルーフではなく
「汗や水に強い。お湯でオフ!」というのを、
うっかり購入していたのです・・・・
お稽古でうんと汗をかいて、
汗が目に入っても
取れなかったので、気が付きませんでした・・・
今回大泣きして、そのことがわかったのですが。
つまり。
汗はおでこで発生し、暫くその場所に留まり
流れて、眉毛を乗り超え、目に到着する間に
水に変わっていて。
涙は体内から出た直後に目に現れる、つまり
36度のぬるま湯!


そう、涙はお湯!!

「熱い涙」とはよく言ったものです。
涙は、熱い、のです!!!
お湯でオフ♫
まさに・・・それでございました・・・・。
・・・ウォータープルーフ・・・
すぐ買いました・・
もうあのパンダには会いたくありません。。。。
いつまた感動して泣くかもしれないので
万全の準備で暮らします(笑)
みなさまもお気をつけ下さい・・・
「汗や水に強い、お湯でオフ!」のマスカラは
汗も大丈夫、プールで泳いでも大丈夫です。
でもおお泣きしたらアウトです!!
涙は、お湯です!!!(笑)

2018年5月20日 (日)

5月のいろいろ。

【弁慶になるために】
木刀のなぎなた(へんな言い方だな、つまり木で出来たなぎなた)を
お借りして持ち帰ることを師匠に許されました。
これから本番まで
稽古のたびに持ち歩きます。

「持ち慣れてる感じが欲しい。」
と、先日師匠に言われたわけです。

日頃、自分のお弟子にも言っているセリフです。
「苦手な小道具には、
名前でもつけて、仲良しになるといいよ」と。

なぎなたと、仲良しになる作戦です。

「汐汲」の桶と三蓋傘
「道成寺」のあらゆる小道具…
みんな、仲良くなりたくて
祈るような気持ちで持ち歩いていました、
今回もそれと、同じことをすればいい……

もちろん、一番の目的は、
自主稽古を、これでやりたいから。
棒だと刃の向きがつかめない。

雨の日はどうしよう。
自転車が大変!とか
懸念事項は多々あります。
汐汲の桶は折りたたみ式を開発したし(笑)
先輩からお借りした三蓋傘は途中で二つに分解できるタイプでした。

今回はひたすら、重くて、何より、
長い!!

持っている自分の姿がもはや怪しい。







職務質問されないようにしないと……(>人<;)

お扇子だけ持ち歩く日々が終わってしまいました。
あ!バイトもこれ持って行くんだ!
ははは!どこに置こう?!(笑)(≧∀≦)
なんとかなるか!(≧∀≦)

【コクーン歌舞伎 切られの与三】
私の魂が揺さぶられる作品になっていた。




今回、串田和美氏は、脚本に
木ノ下裕一氏を参加させて、
新しい化学反応をさせていた。
串田和美ワールドと、木ノ下歌舞伎の融合に胸が震えた。それは想像を超えた仕上がりになっていた。
すごい。
才能と才能がこういうぶつかり方をして溶け合うとこうなるのかと、
その感動がとまらない。

木ノ下歌舞伎を、観たことがある私でよかった。
観たことがあるからこその
感じ方だったのは事実。


七之助は、新境地。
亡き父
勘三郎の魂が、何度も見えた。
乗り移っているかのような輝き。


いろんな角度からの涙だった。
最後はほとんどしゃくりあげてしまい
拍手もできないくらい打たれてしまった。
強いエネルギーに魂が震えて泣くということがあるのだ。

劇場においてあった
来年の木ノ下歌舞伎のチラシ。





来年必ず見に行く
ああ。芸事の世界は果てしなくて、
あまりにも素敵だ。


【五月の歌舞伎座】


團菊祭🎶

どの演目も満喫しました\(^o^)/
やっぱり歌舞伎はいいなー。

«「橋弁慶」。。が、頑張っております・・

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)