フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

2018年2月12日 (月)

花道のことを思うと(><)

9月2日の
日本橋劇場「達喜会」にむけて
私のお稽古も始まりました。
長唄「五条橋」の弁慶でございます。

なぎなたを、終始持ち続け、ほぼ全編立ち回り。
お稽古はまだ
わーい\(^o^)/楽しい!の段階です。
ただひたすら師匠の動きについていくだけ。
まだ2回目なので……(o^^o)これからです。

わたくしの弁慶、花道から
かっこよく(そうありたい)登場するわけですが、
わたくしのお弟子さんも、
5人、花道から登場です。


本番当日の朝の、いどころ合わせ(舞台調べ)
のことを考えると
今から眠れなくなります。
ほんの20分の間に、
どれだけのことができるか。
花道は、下浚いの音を聞きながら
七三で止まるタイミングや歩く速度を
確認しなくてはなりません。

同門の方々に、できるだけご迷惑かけないよう
少ない時間で効率的に……
それをどうやって……


というところで、
できるだけ、
イメージトレーニングを
早め早めにやっています。

広いお稽古場が取れた時に、
花道を模した設定を作ってできるだけ距離を取り
七三で踊るイメージを作り、
七三で踊る時、どこを見るのか、を伝え
七三から舞台に入るイメージを作る。
5人のうち花道の経験があるのは
たった1人。
4人には、劇場に何かを観に行った際
花道を見ておくよう言っておく……


早めのイメトレ!きっと
効果あるはず!(><)


私の、自分の花道の確認は
一瞬、できる、か?!
いやいや!とにかくにも
お弟子さん優先!!


そんな中、今回の初舞台で
「松の緑」を踊る
男子が、「ネットでお稽古用の袴を買っちゃいました!」

やる気十分!(o^^o)
その気持ちが嬉しい。

とりあえずせっかくだから、
いちどつけてみようか、と
つけてあげたら、
似合う\(^o^)/

今日は体験で、これで踊って見よー!と
お稽古開始。
初めのうち
立ち座りで袴を踏んでしまうことは
よくあること。


私も「連獅子」のお稽古で初めて袴をつけた時
踏みまくって、師匠に
「すごい踏んでしまう!どうしよう!」と動揺したら
その時師匠に
「……ねえ、踏んじゃうことを体験して、
踏まないように踊れるようになるために
稽古で袴つけてんでしょ……?」
とため息混じりに言われ、
動揺した自分を反省。


やはり彼も
「あ、踏んじゃう!」と。
なので、「それを知るためのお稽古だから
今の段階では気にしなくていい。
そのままおどって!」と伝えました。
とても楽しいお稽古になりました。


またふつうの浴衣だけのお稽古に戻して
もう少ししたら
またつけようね、ということで
その日は終了。
男子の袴姿はいいものです(o^^o)


みんながんばってます。
私も負けずにがんばろう弁慶!!



2018年2月 5日 (月)

踊り初めその6

写真がもう少しあるので追加。





踊り初めその5

諸事情あり、今年は
師匠と踊らせていただきました。
「子宝三番叟」から6分間の抜粋。

当日、急遽決まったので
一度も打ち合わせも
リハもなく
本当のぶっつけ本番一発勝負!!

貴重な経験をさせていただきました。





















2018年2月 3日 (土)

たのしい!!!

【た。楽しい!武蔵坊弁慶】
さて、わたくしは
今年の9月2日、日本橋劇場で開かれる
「達喜会」にて、
「五条橋」の武蔵坊弁慶を
させていただきます。

いよいよ、お稽古が始まりました。

私のような女が、
弁慶になれる……
ふふふはははははは!!(≧∀≦)
日本舞踊の醍醐味ー!!

早速
木刀の薙刀(変な表現?!)を使わせて頂いてます。
お、重い。上腕の筋肉が……(≧∀≦)


薙刀に振り回されながらも
武器好きの血が湧き上がり、
もー、最高に楽しい!!
師匠のお手本はカッコいいし、
ううむ。お稽古が、
ウキウキワクワクで
ひたすら楽しい!!って久々かも!?

強くて太い男を、少しでも表現できるよう、
お稽古を重ねます。

浴衣浚いですが
地方演奏です。みなさま、
応援宜しくお願いいたします!
くがつふつか!!です。(^_^)

…………………………

そしてもうひとつ。

約14年振りに、
「田舎巫女」を、師匠に
自分のお稽古、として、みていただきました。


私が教わった時と、
細かいところが少し変わってますし
私が覚えたのは
初心者丸出しの頃ですので、
「今の私」で、一度しっかり
ご指導いただく必要があるからです。

14年振り。
緊張しました。
余裕ゼロで、
あちこちフラフラしてしまいました。

見るもの、
表現の細かい解釈、
微妙な向き
など、
修正がたくさん!!
特に、
間の取り方の修正は
体が覚えてしまってるので、
なかなか反応してくれない自分に
イライラしました。

でも、久しぶりに、
自分のお稽古として
田舎巫女を本気で踊るのは
これまたかなり楽しいもので!
汗だくになりながらのお稽古になりました(^_^)


S子ちゃんに、
楽しく、舞台でのひのび踊ってもらえるよう。
まずは私が修行です。



師匠のご指導を
私の身体にしっかりなじませて、
そして、それを伝えられるよう。
ますます、
精進いたします。

2018年2月 1日 (木)

踊り初めその4









4歳のAちゃんのお支度!かわええー!\(^o^)/



師匠と2ショット(^。^)

そして爆笑(笑)



男子のお弟子さん方とともに







楽しい時間でした(^○^)

激安足袋情報

激安足袋情報!サイズ展開がはばひろーい。
子供から大人の男の人までいけますね。


メール便だと送料220円。

2足まで。
3足までにしてくれたらもっといいのにな〜〜(^^)

いえいえ贅沢言うまい・・・
消耗品なので、とても助かります・・。


もう一声、安くならないかな・・・
いやいや贅沢言うまい(笑)


ええと。正直言いますが
この足袋
はき心地は決してよくないです。
でもでもでも。それでも!!
このお値段だから買っちゃうのです!!(^0^)
お稽古には十分。
新品のときのはきごこちの悪さも、
一度あらうと馴染みますのでご安心あれ。
ついでに肌襦袢も!これもやすいっ

おおおお。和装ブラも!

2018年1月30日 (火)

踊り初めその3









師匠にお年賀を(^ ^)

そして、お屠蘇。
お屠蘇係は新名取さんが出た年は新名取さんが。
いないときは、名取連中で
交代交代で務めます。
私は4歳ガールのマネージャーだったので
皆様におまかせちゃいました。
みなさまありがとうございました。

ということで、美都也さんからお屠蘇をいただきました(^ ^)






(笑)(笑)

もう少し続きます(^ ^)

2018年1月29日 (月)

踊り初めその2

4歳の同門のお弟子さん。
Aちゃんのマネージャーをつとめました(^ ^)

髪はお母様が可愛く結ってくださり
私が着物を着つけし
「あやさんあやさん」と
その後もずっと側に。
かーわいい!!

「あやさんだいすきー」あああメロメロ(笑)







師匠もメロメロ(笑)



このサイズ感(≧∀≦)

まだまだ続きます(^ ^)

踊り初め、でしたー!

師匠のお稽古場の
踊り初めでした(^ ^)

まずは、美容院へ。
もちろん神楽坂のヒデさんへ…



ほぼすっぴんで向かいます…
いたたまれない時間(笑)



メイクして、さあ逆毛!!



そして完成!



帯は大切な方からの贈り物。
おニューです。



会場で
みんなでぱち。

まだまだ続きます(^ ^)

何に勝ちたいのか

【自分に勝ちたい】
何に勝ちたいか。

結局。

自分に。今の、自分に勝ちたいのだと。

しかし、そうなると、
「勝った喜び」とは
永遠に無縁になるのでは。
だって、「今の自分」は
常に現在進行形だから。

うーん。しんどいのう。

でも、それしかない。
結局、それしかない気がする。

刺激は大切

【刺激】
昨年12月に入門したばかりの2年生のM子ちゃん。
昨日、四年生二年生の姉妹と初対面。
三人でお名前を言い合って、手をついて
「よろしくお願いします」とお辞儀。
いいねいいね。日本舞踊のお稽古場ならではの光景!!(^0^)

姉妹の反応が、とてもかわいい。
「わたしたちのほうが先輩だから
しっかりしなくちゃ」の
オーラが出ています。

いい。実にいい。
こういう刺激は、悪くないです。

M子ちゃんが見ているお稽古。
二人とも気合い十分。
難しい組みものを踊る二人を見るM子ちゃんの目はきらきら。
わたしもいつかこういうのをやってみたい、
という思いが透けて見えます。

そして、さらに何がいいって、
姉妹も、M子ちゃんのお稽古を
ものすごい強い輝きをもった目で見ていました。
大人のお稽古だとこんなに一生懸命な目になりません。

同年代の、新しい存在に、
おそらく、様々な思いを巡らせていたのでしょう。

競うこと。負けられないと思う気持ち。
新しいお友達に、嬉しいきもち。
人を見て、そして、
自分はどうだろうかと振り返る思い。

いい。とてもとてもいい。
子供でも。
こういう刺激は必ず 人を伸ばす。


とてもとてもさわやかな気持ちになりました

それにしても、みんな可愛いです。
つい、何度も言っちゃいますが
この世に生んで育てて
私の元に預けてくださった
ご両親へ、感謝の気持ちが溢れます。

今現在、門下には
5人の子供たち。
私の、宝物です。

※姉妹のお父様が私に下さったおみやげ。素敵過ぎ(笑)
26731574_1200651070071587_717780162

2018年1月 4日 (木)

HPを更新しました!!

わたくしのHPも開設して15年!!
ふる〜いソフトで作っているので

相変わらずの雰囲気ですが(笑)
これからも、発信を続けてまいります。

初心者の頃にかいたコンテンツもあえて残しております。
初心者の方に結構参考になることもあるらしく・・・。


お稽古場情報、
特に、「趣味・楽しみとしての日本舞踊」
更新しました。

もしよろしければご覧くださいませ(^^)

2018年1月 2日 (火)

素晴らしい言葉

Facebookで
楽しく繋がらせていただいている方から
ご紹介いただいた素晴らしい言葉。

ズキュン!ときました。

皆様にも、お裾分けです。

時代を動かす力をもつ人間の言葉は
国境も人種も超えて
人の心を突き動かしますね。

内なる光は
誰にでもある!!!

…………………………


「我々が最も恐れているもの、
それは自分が無力だということではない。
我々が最も恐れているもの、
それは、自分には計り知れない力がある、ということだ。

我々が最も恐れるもの、
それは我々の光であって、闇ではない。

我々は自分に問いかける。
自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた
素晴らしい人物であろうはずがないではないか?

だがそうあってはなぜいけない?
あなたは神の子である。
あなたが遠慮をしても世界の役には立たない。

周りの人が気後れしないようにと
あなたが身を縮めることは何の美徳でもない。
我々は、自らの内にある神の栄光を現すために生まれてきたのだ。

そしてそれは限られた人々のものではなく、
すべての人の内にある!

我々が自らの内にある光を輝かせるとき、
無意識のうちに他者に対しても同様のことを許している。

我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、
我々の存在は同時に他者も開放する。」

ネルソン・マンデラさんの言葉

2018年1月 1日 (月)

平成30年あけましておめでとうございます

みなさま。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくよろしくお願い致します。

昨年は、
1月に「外記猿」




5月に「京鹿子娘道成寺」



と、二度の国立劇場(小劇場)


そして、9月に城西舞踊会にて「今様 古事記」
で、国立劇場(大劇場)



三度も大きな舞台で踊ることができました。

3つとも、
大きな夢の実現となりました。

今年の目標は
まず!
9月2日(日)「達喜会」(日本橋劇場)!です!


私は、まったくニンではないお役、
「武蔵坊弁慶」に挑戦いたします。
どうなることやら、想像もできませんが、
少しでも太い強さを表現したいと
思っております。
(演目は、橋弁慶か、五条橋。
最終決定は、まもなく!)


そして、この会にて、
「田舎巫女」
「新鹿の子」
「元禄花見踊」
「松の緑」
の4番に、私のお弟子さんの
出演をお許しいただきました。

全員にとって、
楽しい経験になるよう、
そして、
お客様の前で、
自分の踊りを見ていただく素晴らしさ、
拍手をいただくありがたさ、
を、味わってもらえるよう、
師匠としての自分の力を
精一杯注ぐ所存です。


また。

なんとか。

来年。

私のお稽古場の
お弟子さんたちが
お稽古の成果を発表できる、
小さな、勉強会の舞台を、
私の主催で
開きたいと、強く思っております。


その準備期間となる今年。
考えることや、
やらなくてはならないことが
満載です。


私のもとで
「踊りのお稽古が楽しい」
「日本舞踊からパワーをもらう」
と言ってくれる人々に出会った、
幸運と幸福と、そして、「責任」


私自身をもっともっと、
鍛えなければという
情熱に燃えています。


いろんな勉強をして、
いろんな刺激をいただきながら、
突き進んで参ります。


まさかこのような
夢の実現に向かって行動できるようになれるとは
まさに、夢のよう。


そして、とてつもなく
「大変!」なことです。
ぞっとするほど、大変、です。


多くの方の応援と支えが
必要になること、必至です。
どうかどうか、
よろしくお願い致します!!


「早く、自分で、会を開けるようになんなさい。
小さくていいから」
師匠は、この何年か、
何度もおっしゃってくださり
実は、
その度に、「無理です無理です!」と
答えていました。
絶対無理だと思っていました。



無理……なんて
躊躇っていられない!
人生一回きり!
「そこ」に向かって、歩き出そう!
という決意をしました。


いつごろどんな形で
どういう場所で、
開けるか、まだ、具体的なことは
まったく決まっておりませんが、
兎に角、「そこ」に向かって
歩き出そうと思います。


一年の計は元旦にあり!!
言葉にしてしまいました!!


さあ!もう、行くしかない!!


藤間絢也。日本舞踊に人生を捧げ
これからも精進してまいります。


改めて!今年もよろしくお願いいたします。




2017年12月25日 (月)

格安!お子様用浴衣情報

私のお稽古場は現在小学生のお子様が
5人。
お稽古を始める時には、
私の先輩の皆さまのお子様やお孫さんの浴衣を
譲っていただき、
お貸ししたり
ご提供したりしてまいりましたが
なかなか身近にそういう方がいらっしゃらない、
でも子供にお稽古を始めさせたい・・・
そういう方のために、この情報!!

「お稽古に向きません」と書いてありますが
全然大丈夫です。
まったく問題なくお稽古に使えます。
わたくしが保障します(^^)


お子様の成長は早いです。このお値段なら安心ですよね!!

ご参考になさってください(^^)

2017年12月20日 (水)

来年は戌年(いぬどし)

かわいいハンコを見つけちゃいました♪

縁起もの(^^)
来年のお月謝袋に(^^)
24796651_1176422142494480_692341699

・・・・形は・・・・猫・・?(笑)

2017年12月11日 (月)

振り出し笠の、お稽古用小道具もどき。


来年の達喜会で
長唄「新鹿の子」を踊る
小学生姉妹のために!

お稽古用、
「振り出し笠の代わりのもの」を
作りました。





材料は紙皿と縄跳び。
縄は不要です。
持つところが、重要。

とりあえず、笠持ち方だけ
これで練習できます。

100円ショップの縄跳びは、
本物の振り出し笠の持ち手の
形状と、大きさが、微妙に似ていて
メッチャナイス!(≧∇≦)
外して持ち運びできるし。

持ち方が、わかったら、
今度は……と、
少しずつ、進んでいきます。
まずは、ここから。一歩踏み出そう。


あなたたちが、
楽しく舞台の板の上で踊れるよう、
あやせんせいは、なんでもするぞ。

すでに来年のことで頭がいっぱいです。
踊りカレンダー!恐ろしいー!

2017年12月10日 (日)

日本国への。


最近の嬉しいこと。

着物の着付けを教えたお弟子さんたちが、
お稽古の際
おうちから、着物で来ることがある。
これが、嬉しい。

1人は、大学3年生のMさん。
おばあちゃまにいただいた、
お揃いの羽織がついた
ウールの絣の着物で登場。
この年齢の子だから似合う。
可愛い!!

何度かお太鼓を教えた後、
できるところまで一人で
頑張ってみて、
わかんなくなったら
呼んで、と、チャレンジさせたとき、
「せんせーい、ここまで、合ってますかー?」と呼ばれ
行ってみたら何もかも間違ってたり。

当初は、崩壊寸前の
スリル満点のお太鼓だった彼女。

そして先日、ましかくの綺麗なお太鼓で登場した時には感動した。
可愛い着物美人になった彼女に
気になる男の子の前に
一度着物で登場してみて、結果を教えて!と言ったら大爆笑。

本日は女優さんのSさん。
赤紫色の鮫小紋に白の帯。
お太鼓、襟の形、ともに
完璧。
きりりとした着物美人。
浴衣の着方から教えて、
2年半で、ここまできた。感慨深い。

二人とも、写真を撮り忘れた!!

嬉しいなあ。

着物美人を増やす。

こんな私でも、できる
日本という国への恩返し。

2017年12月 8日 (金)

必見!蘭平物狂!

12月歌舞伎座!





第2部に行ってまいりました!

【蘭平物狂】、必見です\(^o^)/



感動必至でございます。
観なきゃ損損!!


三階の、一番前の席で、ほくほくでした(^。^)
立ち回りは、上から見る醍醐味があります。
蘭平物狂を拝見するには
最高のお席でした\(^o^)/

2017年12月 7日 (木)

脈々と、続いていくもの

私は日本舞踊にまったく興味がなかった人間なので
なーんにも検索したこともなく、
なーーーんにも知らないまま
師匠のもとに入門しました。

歌舞伎舞踊?流派?なんじゃそりゃ?状態。
「藤間勘右衞門」というお名前も知らず。
屋号が音羽屋だということももちろん知りませんでした。


極端に何も知らない私に
師匠は、さりげなく、
いろんなお話をしてくださり、
私は特に覚えよう!ということでなく、
自然に様々なことを覚えていきました。


そうして、これまた自然に、
所属流派への愛情が生まれていきました。
藤間流勘右衞門派で、日本舞踊を学んでいることが
自分にとってとても大切なことであると
感じるようになっていったのです。


自分が属するものを大切にしたい気持ち
誇りに思う気持ち
そういう気持ちを持てるって
とてもしあわせなことです。


…………………………………

先日のこと。
私のお弟子さん。
入門十一ヶ月に入ったYさんが、
ぼそっと。

「絢也先生が、何気ない瞬間に、
私達藤間流は、とか、あなたたちも
藤間流なわけだから、とか、
おっしゃる時がたまらないねー!って
この間、Tさんとお話ししてたんです(^-^)」

え?なにそれ?

「なんか、ああっ、私達って、言葉!
先生、私も
混ぜてくださってる!!
私も、藤間流なんだーって、なんだか、
嬉しくなっちゃって(≧∇≦)
そしたらTさんもそうそう!って
二人で盛り上がっちゃって!(≧∇≦)」


あはははははは!と、可愛くて笑ってしまいましたが
なんとも感動してしまいました。

いつのまにか、
彼女たちも
流派への愛情と、誇りが芽生えている!!
私が師匠から教わったことが
自然に伝わっている!

藤間流を好きになれ!誇りに思え!なんて
強制したこともないし
無理に洗脳もしてません(笑)


本当に、自然に、そうなってることが
嬉しくて。

そういうことが、脈々と伝わってきているんだなと
そのことに深く感動しました。


子供達も、時々、
「私達は藤間流だから」ということを口にします。
藤の柄のお扇子に、ものすごく食いつきます(笑)
「わああっ綺麗すてきー!」
小学生が、藤の柄にうっとりしている姿は
たまらない可愛さです(^-^)


師匠、師匠のお母様、師匠のおばあさま……
皆さまが、
脈々と伝えてくださっていることの
わずかなことでも、
非力な私であるけれど、
伝えていきたい
伝えられるよう頑張りたい!
そんなエネルギーをもらいました。


…………………
二年生のYちゃんからの
クリスマスプレゼント。
トナカイさん?なのかな?
とにかく可愛いのでリビングに飾りました(^-^)








2017年12月 1日 (金)

12月の歌舞伎座は見逃せません(^^)

Kabukiza_201712fffl_0382af5e8a5e7da

藤間流勘右衞門派の末席に名前を連ねる身として、
この12月の歌舞伎はおやすみできません。
お家元の御舞台、楽しみ〜〜♪♪

自分では・・・買わないけどっ


自分では買わない・・・買わない・・・・
でも・・・。
これは可愛い!!買わないけど!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おりびと 半幅帯 パンダ アニマル 青 紺 グレー 黒
価格:6900円(税込、送料別) (2017/12/1時点)


むむ。このお店・・・いろいろあります。
うわ〜〜
可愛い・・・。しかし年齢的にも自分ではちょっと(苦笑)
見るだけ見るだけっ。

2017年11月26日 (日)

莉利の会を、拝見(^^)

昨日は
お友達の若柳絵莉香さん主催の
「莉利の会」を拝見!
日本橋劇場に駆けつけました!!(^。^)





大盛況!常に満席です(^。^)


頂き物の小紋に初めて袖を通しました。





……あれ。ちょっと目の下にクマさんが(TT)…
アプリで飛ばそうかな……
でもあんまり写真を加工するのも……
このまんま載せよ……



お弟子さんの踊りへの情熱が
ビシビシ伝わり、
また、会主様の踊りも素晴らしく、
感動しました!
絵莉香さん!!おめでとうございました!!!
バンザーイ!!!


日本舞踊協会東京支部城西ブロックの
舞踊家さん方が沢山駆けつけていらっしゃいました。
帰り道がご一緒だった皆様と
ちょっと寄り道!!
楽しいひと時を過ごしました。
莉利の会の大成功を皆様とお祝いし、
大先輩からの貴重な体験談をお聞きし
もう、ビンビン刺激をいただいた夜でした。




皆さまのお話をお聞きしてると……
もっとがんばらなきゃ!って思います。

うおー!!!(叫ぶ)

2017年11月25日 (土)

もー!(笑)(≧∀≦)

四年生と、二年生の姉妹。
今日も元気にお稽古しにきました(^。^)

いろいろあって2週くらい空いてしまったので
「なんか、踊り、わすれちゃったー」
いいのいいの(^^)
ゆっくりやっていきましょ

でも、
ちょっと、進もうね。
「えー。やだー」

傘のところの次も面白いから。
ちょっとだけ、進もう。
ちょっとだけだからさ!

そしたら四年生のKちゃんが。


「絢也先生のちょっと、は、
全然ちょっとじゃないんだよねー!」


その瞬間、
Yちゃんも、
それから着替えていた
大人のお弟子さんも、一斉に爆笑!!(≧∀≦)


ふっ。確かにね…そうね…
……ちょっとだけ進もうね(^^)
って、言って……
「オッケーだね!大丈夫だね!」
「…もうちょっと、進んでもいい?」ってなって、
最終的にぜんぜんちょっとじゃない……
よくあるわね……あるわ……
はははは。はははははは。


大人も笑ったということは
……ははははは。はははは


お腹痛いほど笑いました。


今日はほんとにちょっとだったでしょっ!(๑>◡<๑)

2017年11月23日 (木)

たまには旅日記?!

イベントの司会のお仕事で、
福岡に行きました!

帰路、太宰府に立ち寄りました(^。^)

旅日記。おすそわけです。
※踊りに関係なくてすみません(笑)
















2017年11月19日 (日)

爆笑とほっこり

今日の、
私のお稽古場は、
朝から爆笑の連続。

テーマは、いろいろ。
おっちょこちょいネタでは、
6年生のSちゃんが、ヨーグルトに塩をいれてしまった話や
私が、髪につけるムースと
泡で出るハンドソープをつけ間違えた話で
笑い※髪に揉み込めば揉み込むほど
泡立つ恐怖!(*≧∀≦*)

そうこうしてるうちに
メールや、ラインなどの
誤爆ネタに。
お弟子さんのkさんが、
私に誤爆した思い出から始まり
Sちゃんのママが、フランス人のAさんに
誤爆した画面はもう、面白すぎ。
また、所化を務めてくれたメンバーで
作ったライングループでの、
「お米5合」誤爆事件?!には、
みんな窒息寸前なほど笑ってしまい。


わたしのお稽古場のお弟子さんたちは
不思議なことに、
よく笑う上に
笑いのツボが、わりと同じで、
もう、毎回、
だいたいみんな、ゲラゲラしております。


年齢も住んでるところも
仕事も、全然違う人々が、
日本舞踊、という共通のキーで、
集い、同じ空間で
笑い転げてるのが
なんとも、幸せな光景です。


楽しいお稽古場。
ありがたいことです。


ほっこり、は、あったかいプレゼントのおはなし。


四年生のお弟子さん
Kちゃんからの
手作りプレゼント。
手編みのマフラー!

AYA というボタンもついています。

うううう。なんだか、
愛がいっぱい。





あったかくて、幸せ。
ありがとうね。

2017年11月 8日 (水)

男の、着姿

男性舞踊家さんの
着物の、着姿って。

なんでこんなに色っぽいの?!
と思います。^_^
かっこいい。

男の着物は、
女性より、ごまかしがきかない。
女性はおはしょりや、小物で
いくらでもごまかせますが
男性の着物は、
着物!帯!だけでバッチリ決めなくてはならないので
実は、着こなすのは
女性より難しいと思います。

女性は、
初心者でも、
着せてもらえば、なんとなく
着られちゃう面がありますが、
男の人は、着慣れてないことが
バレやすい。

私の男性のお弟子さん。

入門二か月のフレッシュくん。役者さん。
最初のうちは、
自分で帯を結べるようになっただけで拍手〜!だったので、
特に細かいことは言いませんでしたが、
先日のお稽古の時は、あまりにも、
Aラインのスカートになっていたので(最初のころは仕方ない!)
着物の着方を再度レクチャー。

「下前も上前も、端をちょっと持ち上げるのよ」
「そうなんですかっ!」

目をキラキラさせながら
聞いてくれて嬉しい^ ^
役者さんなので、
どっかに行った時に、
「着物、似合うね、なんか勉強してる?」って、言われるように
なってほしい!!
そんな思いを込めて
私の言葉も熱くなります(^^)

「かっこよく着られるようになろうね!
うちの先生(達也先生)なんて
本当にかっこいいよ。
このへん(腰)からこのへん(太もも)の
ラインが、ぴしーっと
なってて、
いい筋肉の存在があって、
帯のこのあたりのラインが、それはそれは
色っぽくてねえ。
で、うちの先生はね……」

………気がついたら
自分のお弟子さんに
自分の先生の自慢をしておりました(笑)
……よくやってしまいます……(笑)
ははははは……

かっこいい着物男子。増えてほしいです!!

※お稽古着も袷になりました・・踊るとまだ暑い・・
もう15年くらい着ているお稽古着ですが、
まだまだ元気。全然劣化しません。
すごいな、ポリエステル。
23130512_1154334571369904_300403502

2017年11月 3日 (金)

来年のこと。

鬼が笑う?!(*≧∀≦*)
……ええいかまいません。
来年のお話をします。

らいねん!

平成三十年!!


9月2日!!日曜日!


日本橋劇場。

「達喜会」が開かれます。

おなじみの、長唄連中、清元連中の皆様
お囃子の皆様による、
地方演奏の「ゴージャスな浴衣浚い」です。


私のお弟子さんは……
今六年生のS子ちゃんは長唄「田舎巫女」
今四年生と二年生の姉妹で、長唄「新鹿の子」
そして、20代の、可愛い「フレッシュガールズ5人組」
(勝手に命名)で、長唄「元禄花見踊」
……の皆さんの出演が決定しております。


今回の5人の
「元禄花見踊」は、
師匠、藤間達也先生振付です。
師匠が、いろいろお考えくださり、
素敵な振付にしてくださいました。

とにかく、
楽しい舞台の経験になるよう、
私も頑張ります!!

私も、もちろん、
出演いたします(^^)

私は。何を踊るかと言いますと。


本日、急に決定しました。


きっと、「ええ?!意外?!」って
言われそう(〃ω〃)です。


長唄「五条橋」の

武蔵坊弁慶をやります!!


袴を着けて、男仕立ての浴衣で
踊る予定です。


私が強く、大きくないと、
牛若丸が、立ちません。
ひょろひょろのへなちょこにならないよう、
太い踊りを目指します。



来年、9月2日。
どうか、今からカレンダーに印をつけていただき
日本橋劇場にお運びくださいませ!!


よろしくお願い致します!


来年の話で失礼しました。
わー。もう。ほんとに
鬼が笑うな(笑)


2017年10月23日 (月)

今日は国立劇場!

台風一過の東京。
久しぶりの青空でした。

今日は、
バイトの後、
国立劇場へ!

城西舞踊会でお世話になった
花柳昌太朗先生と花柳せいら先生の
リサイタルです。
お世話になってる舞踊家さん、お友達の舞踊家さんも
ご出演!



客席はこれまた
城西舞踊会でご一緒だった皆様が
たーくさん!(≧∀≦)
ロビーで
「てるしそん」と笑い転げたり、
楽しいったらありゃしません(≧∀≦)


もう着物でバイトもしてしまいました。
朝からこの格好(╹◡╹)





刺激的な、素敵な時間を
過ごしました。
日本舞踊の可能性って、すごい!!



2017年10月18日 (水)

新鹿の子。

【新鹿の子、始動】
ドキドキしました。
本当に。

7歳と9歳の【新鹿の子】
姉妹で、
来年、日本橋劇場で踊ります。
おなじみの、地方演奏の浴衣浚い。
達喜会
来年の9月2日です。


花道は、とにかく、
振り云々より傘の持ち替えが
非常に難しいので
(わたし自身が苦戦しました……)
「こんな難しいのやだー!」
と拒否反応が出たらどうしようと。
数日前からドキドキしていた
新米せんせいのわたし。


お姉ちゃまは、もう少し、
今お稽古してる「手習子」を頑張るので
先行して、妹ちゃんからお稽古スタート。


まず第一声は
「わあー難しい!」
しかし、満面の笑顔。おお??
なんじゃ。その笑顔。

実に楽しそうで
お稽古が終わった後も、
「難しい難しい」と喜んで
ずっと復習してます。
(こんなことは初めて)

むむ!?ハマったか!?

おねえちゃまも
早くやりたいと、うずうずモード。
こんなのも、初めて。


ふたりとも次のお稽古はいつ?!と
目をキラキラさせながら
帰って行きました。

よかった。本当によかった。
まずは第一歩。
いやー喜んでくれて嬉しいな。

師匠が、「新鹿の子」と仰った時には
目ん玉転げ落ちるかと思うほど驚きました。
そのお言葉を受けて、
始動したわけですが、
私の不安と心配を、全部吹き飛ばす勢いで
子供たちが、食いついてきてくれて
胸がいっぱいです。

私のスイッチも、俄然
フル稼働モードになりました。
この子たちのために、
なんでもしてやりたいと
心底熱くなっております。

本番は来年9月。
ゆっくり
丁寧に、進んでいこうと思います。

きっとこれからいろいろ大変(笑)
でもね。
大丈夫。せんせいは、なにがあっても、
あなたたちに、楽しい舞台経験をさせてやるからねつ!

またきっといっぱい叱るし、
あなたたちも、また泣くでしょう。
でもね。
大丈夫。せんせいは、あなたたちが、
泣いた後にどんどん強くなるのを
もう、2度の舞台で、知ってる。


それを踏まえて、本日の初日は、
まずは喜びたいと思います。
んー。楽しそうで、よかった。


«莉利の会、のお知らせ(^^)