フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

おばかさん(二人)

多智雛:「スカイプしない?」
絢也:「いいねえ」


ひさびさのスカイプ♪~~♪

おばかな二人は・・・

多智雛:「ほら♪花柳の今年の手帳」
絢也:「おっ!これは藤間の手帳だ~
    キティを貼っちゃったけど(笑)」

↓手帳を見せ合い大喜びの二人の図
Photo_3
_2_1


その後は・・・
お互いの師匠の話や・・・
鞨鼓のたたき方の話や・・・

あの踊りのあそこがいいだの・・・

踊りを続ける喜びや苦労を語り合い・・・・・


楽しかった!!!


ネットで出会った、踊るソウルメイトと
ネットのおかげでこうして会える!


面白い世の中♪

ひなちゃん。


浅妻船。


がんばれえっ!

2007年1月29日 (月)

踊り初めのこと

というわけで、
楽しい踊り初めでございました。

※いきなりデジカメの調子が悪くて・・(^^;)
もう6年使ってますから、寿命かもしれません・・・。
急に電源が落ちたり・・・画像もいつもより悪くなってる・・・。

----------------------------------

14時開始です。

私が12時半ごろ到着したら、もう二人、きてました(笑)。
やる気まんまんです(^-^)♪

座布団をどう並べるだの、
ふきんがどうだの、
お菓子がお弁当がグラスの数がなんだの、
Rさんの髪型を作ったり、
まりえちゃんにお化粧したり、
写真を撮ったり、ご挨拶したり、
そんなことをバタバタやってるうちに
あっというまにお稽古場は人でぎっしりです。


K永さんは割烹着姿で
まだ自分で帯が結べない、
若いお弟子さんの着付けに大忙しです
(本当にありがとうございます・・・!)


笑いが絶えない空間。
師匠も、なんだか、ずっと笑顔です(^-^)。


みんなの華やかなお着物姿に幸せな気持ちになります。


Img_0017_1_1_1

一人ずつ、お年賀のおしるしをお渡しして、
新年のご挨拶。


そうして・・・・・。


師匠:「はい、では、最初の方から。」

最初の方=私(T^T)


前の日も、集合時間のことなどでお電話でお話してるし
お稽古場に着いてからもお話してるのに・・・


ホントに直前まで
「私が一番最初」って・・師匠・・おっしゃらなかったんです・・。
ぐすんぐすんぐすん。
久々に味わうものすごいプレッシャーでした。


踊り始めてからはとにかく丁寧を心がけ、
ゆっくり踊ることを考えて踊りました。
ご祝儀なので、緊張しつつも、とにかく、
おめでたい気持ちを胸に抱くことは忘れずに。


いつも間違えるところで間違えなかったとき、
師匠が、こくん、うなづくのが見えました♪
踊りながら一瞬幸せな気持ちに(笑)


今月に入ってからの、「短期集中講座」だった
「菊の栄」。
覚えたてほやほやで、すぐ人前で踊るというのは
ちょっとへこみそうになるほどユウウツでした(^^;)
でも、いざ「本番」を迎えたら、
いい緊張感をもてて、刺激的な経験となりました。


ちょっとだけ写真、載せます。
(ご祝儀舞踊にありがちな、すまし顔です・笑)

Img_0025

Img_0029_1

Img_0030

Img_0032


・・・とここですみません・・・。

なんだか、OCNのブログ・・・すっごい動作が重くて・・・


今日はちょっとこれ以上無理・・・・。


今日はここまでで・・・。

2007年1月28日 (日)

楽しかった!!

あ~~。楽しかった!!

もうその一言に尽きる、踊り初めでございました。

同門の皆様。お疲れ様でした&ありがとうございました。


皆様の美しい(男性は凛々しい!)着物姿。
そして、皆様の踊り。
師匠の踊り。
楽しいお食事&お酒。

言うことなし。
いや~~楽しいったらありゃしない!!


出席したお弟子さん約30名。
んで、踊った演目は・・・
Img_0173

ご覧の通り、師匠をのぞいて17演目。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・


あたくし。


なんと。

トップバッターでした!!!!!!(T^T)!!


直前までしらなんだあああああああああ!!!


まさか一番とは思わなかったので、
最初、この紙を見たときは・・・

「先生。私のが、ないんですけど。」
と言ってしまった私!!

師匠:「あるよ。一番最初。」


げえええええええ!!

絢也:「先生っ!聞いてません!」

師匠:「そうだろうねえ(^-^)。だって昨日決めたから♪
    菊の栄だからねえ。しょうがないんだよ。
    菊の栄だから。あはははー。」


せんせい・・・・・(ToT)。


ああ・・・・。


かなり・・・。


プレッシャー・・・・!

でもおかげさまでなんとか、振りも間違えず、
間もほとんどOKで、踊れました・・・。

ほっ・・。(^^;)


なんとかトップバッターの重責は・・・果たせた・・かな・・。
ふひ~~!!


また、ごじつ写真など、UPできるものは致しますが
今日のところは
とても楽しかった、ってことで♪
かなり眠いので寝ます。

※すっごいひっさびさに撮った、
師匠との2ショットでございます。
Img_0171

2007年1月27日 (土)

コメントのお返事が~~!

皆様~~!
新年のご挨拶や鏡獅子の感想や
激安足袋や・・沢山コメントいただいてるの
お返事が追いついてなくてすみません!!!
ご容赦ください!!


ときおり、こういうこともありますが、
どうか懲りずにコメントしてください!!
しっかり嬉しく読ませていただいております!


今後ともよろしくお願いいたします!!

------------------------------------

さあて。

明日は踊り初めです。

最終お稽古で、直しが沢山入りました(^^;)
どこまで、実行できるかな・・・。

鏡の中の私は
相変わらず、「かっこ悪い」のですが、
「かっこ悪い」なりに、
丁寧に踊りたいと想います。


これから、お洗濯してお掃除して
半襟を買いに行って、半襟つけて、
伊達襟もつけて
一回全部着て(初めて着る着物、初めて結ぶ帯の場合には
絶対に練習します)、
踊りの練習もして・・・・・・
・・・・ってやることが満載だ!!


パソコンいじってる場合ではないわ!!

立ち上がるぞ!!

※ちなみに激安足袋の履き心地はそこそこイケてます。
昨日、ためしに履いてお稽古しましたが
何の問題もありませんでした。
一瞬。チープなさわり心地に「むむ?」でしたが
履いちゃえばなんとかなります。
同門の皆様♪ご活用下さいませ♪

2007年1月25日 (木)

まいったなあ~(^^;)

頭で浚うと・・・。
ほぼ・・・ほぼOK・・・だったはずの「菊の栄」


しかし、まだ頭と体で練れてない(当たり前)。


まして、最後の
「チラシ」に当たる部分。
タッパイから最後のポーズまでの
ごくごく短い短いくだりが一番アヤシイ(T^T).


っていうか・・・・。


今まで・・・・
「振りを思い出す必要がない」状態
(音が鳴れば勝手に体が動き出す状態)まで
お稽古したもの以外、人前で踊ったことがない。


初めて、「そうはいかない」という経験をすることになりそうだ・・・・。

「覚えたてホヤホヤで踊る」・・・・・・。

昨日のお稽古。


もう、師匠は「はい引いて、出して」という
「コントロール」をしてくださらなくなった(T-T)。


すると、ところどころ、
振りが飛んだり。
抜けたり。
間がメチャメチャだったり。

げー。だめじゃん。あたし。


そして、せっかく師匠から
ばんばんボールが飛んできてるのに、
キャッチしきれないことも
もどかしい。

「もっとやわらかく・・・優しく踊ってよ・・。」


はい・・・・・。


「なんでだか、ちゃっ!ぱっ!って動いちゃうところがさ。
もう、間に遅れるつもりくらいでいいから
ゆったり踊って。」


はい・・・・・。


「すぐ、『どう?!』って顔で正面を見ない!
そこはどこも見なくていいから。」


はい・・・・。
(どこも見ていないような目をしなくてはいけないときがある)

「目線!こっち!何見てるの!」

はい・・・・・。
(ちゃんと見なくてはいけないものもある)


「あちこち、そんなにいかなくていいから」


はい・・・。
(結構歩くことが多い踊りなのだ・・・)


「なんのアヤ(名前ではありません・笑)もつけなくていいから。
そのまま、何もしないで、まっすぐ!」

はい・・・・
(そうだよな・・・ご祝儀だもの・・。)


「ちゃんと、お首、寝てよ。もっと。」

はい・・・・・
(女の踊りなんだから・・・女らしく踊らないとだよね・・)

もうまったく余裕がない・・・・・。
あああ。


同門の皆様の前とはいえ、
「人前で踊る」というのに・・・・・・・・。

でもとにかく・・・
きちんと踊りたいな・・・
うん・・・・今の私の100%で・・・・。

---------------------------------------------


「春興鏡獅子」。
弥生の踊りをお稽古中の早寿華さんの
後ろに立たせていただいた。


後ろに立たせていただいている時は、
ちょっとだけ、ある意味、「自由」。
自分なりのチャレンジなどできる時間。

先日、歌舞伎座で勘三郎の鏡獅子を見た私。


「勘三郎・・・あそこですっげえ反ってたよな・・。
・・・・・私もいつもより反ってみようかな!♪へへっ(^^)」


気分だけ「勘三郎」(爆笑)。
・・・・・ってところで、ある振りのところで
ぐわ~~っと反ってみた。


その瞬間。


背中の筋がビキビキッ!!!!


げげっ!!!うおわ!いてええええ!!!


や、ヤバイ!!!


かなりの激痛だったが、
あまりに楽しいので、踊るのをやめることができない

バカ


痛いままそのまま踊り続けてしまった・・・・。


不安な気持ちを抱きつつ、
続いて休みナシで、Nくんの「舌出し三番叟」のお稽古で
千歳のパートを踊らせていただき、


その後も好きな演目が続いたため
なんだか、結構踊ってしまった私・・。

救いのないバカ


ずっと痛かったのに・・(T^T)


・・・・・・でもねでもね・・・・だってね・・・。
なんとなく・・・すぐ治りそうなカンジだったんだもん・・・・。


くすんくすん。


寝る前にしっかり湯船で温めたところ
おかげさまで今朝はもう治ってました♪
よかった~~!!!

膝のストレッチは入念にやるくせに・・
背中を怠っていたな。
これも神様からの軽いお灸ってところかな。


今後は背中も、しっかり、ストレッチしよう!!!!

2007年1月22日 (月)

今日は国立劇場の、歌舞伎。

今日は国立劇場の歌舞伎を見てきました。
菊五郎に、家元もご出演。

私としては、清水の舞台から飛び降りる思いで・・・
・・・・・一等席、自腹で!!(わー!)
着物も着ていきましたとも!

一階の後方のどまんなかという
すばらしい席・・・。


しかし・・・内容は・・・・


ううん。肩のこらない・・気楽に楽しめる内容だったけど
・・・お正月だからこれでいいのかもしれないけど・・・


「私が好きな菊五郎」には、今日、会えませんでした。
残念・・・。


ただ、とにかく、派手で華やかで、
いろんな意味で、「目」は楽しみましたです。

改めて思うのは、時蔵っていいなあ♪ってこと♪♪

---------------------------------------

終わって、メガネをはずして
さて、と、立ち上がろうとしたところで

「あみちゃん、あみちゃん!」


え!?だれ?!


ぼんやり見える笑顔の女性。

しかし・・・

メガネをはずした直後の私の視界は
ぼっけぼけで何も見えてない!!


おもいっきり近づいて、やっと、目が認識!


松本幸龍先生でした!


ロビーまで一緒に出て、
新年のご挨拶(だって今年初めてお会いしたし・・)。


ううむ。私の「近眼」による、
ネタは多い・・・
ひと間違いなんて・・・しょっちゅう・・・・。


コンタクト・・・・・にしようか・・な・・・・
と思い続けて早数年・・・。


コンタクトにかけるお金は
間違いなく、別のものにかけられ、
コンタクトの優先順位はまったく上がることはありません(笑)


着物を着てるときには、観劇、舞踊鑑賞時以外は
メガネははずします。
私の場合、着物にメガネだと
「教育ママさん」みたくなっちゃうので・・・・。


洋服を着てるときには
ほぼ、「メガネちゃん」です♪

2007年1月21日 (日)

激安足袋集団購入!

とりあえず~~。
どこのお店かは・・・・
ここではナイショ(^^;)
(広く知られて売り切れちゃうと困るから・・・
セコくてごめんなさい・・
個人的に知りたいかたはメール下さい)


多智雛さんが教えてくれました!


105円の足袋の存在を!!
とある呉服屋で、新春大売出し中!

はあっ?!ひゃくごえんですとぉ~?!


本体(?)はポリエステルと綿の混紡ですが
足裏は綿100%。
裏さえ綿100%なら、お稽古でもばっちり。


何せ安いから・・・
例えば・・・かなり安っぽい作りであっても
「着物でお出かけした際、
汚れた時のために予備にかばんに忍ばせる用」
「雨用」・・・・
とかいろいろ用途はあります。


んで同門の、同じお稽古場に通う、
メアドを知っている方々にメール一斉送信!

「どんな品質か、不明!
でもものの試しに参戦してみませんか?!
へんな品質ならみんなで笑いましょう!」


藤間達也先生の門弟・
激安足袋購入参戦者
(そのお店で足袋以外ものを購入した人を含む→他も激安)、
合計8名!


さあ~「得しちゃった~」と微笑むか~~?!
「なにこれ~あはははは」と笑うか~~?!


後は結果を見てのお楽しみ!


※同門参戦者の皆様※
おかげさまで送料無料になりましたぞ~~!!
めでたい!!


※新しいお弟子さんが入ったときのこと・・。
「買い物はどこでしたらいいでしょう?」と師匠に質問。

師匠、ほぼ必ず
「この人(絢也)に聞いて(笑)
とにかく、安いものをよく知ってるから(笑)」

(T▽T)・・・・・

歌舞伎の3階席の話題になると・・・
「この人(絢也)三階席の女王(笑)」

(T▽T)・・・・・


「安い」情報は・・・・常にワタクシ・・・・

それって一体・・・・・(T▽T)
うれしいやらカナシイヤラ・・・・・。


「この帯。ン十万ですのよ。
歌舞伎はいつも桟敷ですわ。
お~~ほほほほほほっ!」


言ってみたいさ~~~♪


でも安物探しも楽しいさ~~♪


ね?多智雛ちゃん!

2007年1月20日 (土)

オトコオンナな私(T^T) そして「ハラ」

男の踊りでご祝儀舞踊を踊ると
必ず師匠より、このご指摘をいただきます・・・


「男だよ!女にならないで!
そんな可愛くならないで!男だよ!男!
動きが華奢になってるよ!
自分の体がうんと太く、大きくなったと思って踊って!」


・・・・・・・・え~~。

今回「菊の栄」は、女の踊りのご祝儀舞踊なのですが・・


ショッキングなご指摘が飛んできました・・・

「女だよ!女ですよ~!
そんな強そうにならないで!
もっと優しく、柔らかく!
あんたの踊り、まるで、男のご祝儀だよ!」


(T^T)!!!!!


私は!


一体!


だれなんじゃ!!??

男を踊れば「弱っちい。へなちょこ」
女を踊れば「可愛くない。強そう」

ああらまあああまあああまああああ~~♪


私はだあれ~♪だれでしょね~~♪♪

・・・・てなわけで、最後まで行っております・・・。


最後のひとくさりは、まだちょっと覚えきれてませんが・・・
そこまでは、まあ・・・なんとか・・・・。

師匠:「まあ。そんな感じ。ハイ。」

絢也:「・・・・・・」

師匠:「なに。その顔。」

絢也:「なんというか・・・・・この踊り・・・・・
    私・・・夢の世界で踊ってるみたいで・・・」

師匠:「はっはっは(^0^)。いいじゃない。夢の世界で踊ってるみたいなんて
    なかなか言えないセリフですよ~~?あははは。」

絢也:「いや・・(T-T)そんなイイモノなんじゃなくて・・・あのその・・・・・
    ・・・つまり・・・なんというか・・・・」

師匠:「なんか、ピンとこないんでしょ?
    まあ、こういう踊りはそういうもんよ。」

絢也:「鏡の前で踊ったら・・・なんだか私、かっこ悪いんです・・」

師匠:「じゃあ、かっこよく踊ってください。」

絢也:「(T^T)!!!」

師匠:「きびきび踊るもんでもないしさあ。
    こういうのは、とにかく・・・綺麗に丁寧に、きちんと踊ってくれればいいんだよ。」

絢也:「はい・・・・・。
    ・・・あのう先生・・・多分、そういう踊りの中にも・・・
    キレや・・・緩急ってのがあると思うんですが・・・」

師匠:「あはは。そりゃあ、ありますよぉ。」

絢也:「ですよね・・?でも私の踊り・・そういうのがまったくないんです・・」

師匠:「こういう踊りの、緩急ってのは、動きのどうこうじゃなくて、
    【ハラ(腹)】だからね。
    いろんな踊りを経験してきた人が、
    【ハラ】で表現する・・・・・そういう踊りだからね。」

絢也:「え・・・いろんな踊りを経験してない私にはまだ無理な踊りってことで・・・!」

師匠:「今のあんたの、精一杯を踊ればいいんだから、
    それは、別にいいの。」


【ハラ】で表現するなんて・・・
・・・・・10年早かった・・・・・・・・・・・(T^T)

せめてオトコオンナにならないよう。

くすん。

2007年1月18日 (木)

春興鏡獅子

歌舞伎座、夜の部に行ってきました。

「金閣寺」で、
すやすや眠ってしまったところもありましたが
おおむね、楽しめる演目ばかりで
今月は当たりの月だと思います。


吉右衛門っていいなあ~~。
男の色気、って、ああいうのをいうんだよな~。
声もセリフもホントにすばらしい。

そして、弥十郎がいいかんじです。
ポスト左團次、って感じですね♪


さあ。さあさあさあ。

今日のイチの目的は・・・
勘三郎の「春興鏡獅子」!!

お正月に、テレビでやってるのを見てしまったけど・・

ちゃんとナマで見たい!!

というのは・・・・。


今、先輩の早寿華さんが「弥生」の踊りを
お稽古中なのです。
後ろに立たせていただき、
この難しい踊りを「体感」させていただいております。
(いつもありがとうございます)

後ろに立って、踊らせていただいてるうちに
私、この踊りが大大大好きになってしまって・・・。


いつもニコニコ顔になりそうになりながら
踊っています
(すっげ~~大変だけど!!)

早寿華さんがお稽古なさっている振りと
テレビの勘三郎が踊っていた振りは
ほぼ同じ。
同じ振りで、歌舞伎で踊ってくれるものを見るのは
やっぱり楽しいです。


てなわけで、勘三郎の春興鏡獅子、ナマで見ました。


テレビで見たのより、
数倍、よかった!!


勘三郎の「京鹿子娘道成寺」があまり好きじゃなかったので
どうかな・・・と思っていたのですが、
今日の勘三郎の踊りはホントによかった!!!


すごく・・すっきり踊ってて・・・。
弥生の初々しさがあらわれていて・・・
そして、丁寧で・・。


久々に心臓をつかまれました。

胡蝶の二人もとってもよかった!
テレビのときより、上手になってました!!
(子供の成長は早い!)

毛振りがすこ~~しいつもの勘三郎に比べると
重い感じだったけど、
別に、初めて見たのなら、気にならない程度の重さ。


いや~~。楽しかったです。


そして、つくづく、しみじみ。


日本舞踊をやっててよかった・・・・。


やっぱり、歌舞伎の楽しみ方は倍増する・・・・。


今年も歌舞伎ライフスタート!

来週は国立劇場の歌舞伎に行きます♪
家元と、菊五郎様を見てまいります♪

--------------------------------------------
【追記】

その1.着物姿の人々いっぱい・・・ツッコミどころ満載!!

口うるさいオバサンと、笑ってくれていいです(T^T)

ダメ。ダメです。もう。ダメ。

歌舞伎座に多発する「ツッコミどころ満載の着物姿」の人々に
苛立ち爆発寸前でした。


書かずにいられない・・・・。


☆若いお嬢さん。前板してないので、
 折角の2重太鼓の金の帯なのに、前がしわくちゃです。
 帯締めが帯に食い込んで、「糸でしばったお肉」みたいになってました(涙)
 折角可愛いのに・・・。

☆若いお嬢さん。
 お太鼓の下からおはしょりが丸見えです(T^T)。もこもこです。
 こうなっちゃってる人は意外と多い・・・。
 後姿が・・・だいなしに・・・。

☆若いお嬢さん。
 うん。モード、なんだね。モード。
 モードをねらったんだね?
 でも、着物に黒いブーツを合わせるのは、
 はかまをつけた「卒業式」のときだけにしたほうが
 いいじゃないかな?と思っちゃう私はだめかなあ?(T^T)

☆おばあさま。
 襟・・・・そ、そんなに抜いたら・・・・・・・・。
 しかも、地味な紬の小紋なのに、そんなに抜いたら・・・!
 ちょっと、いたずらして、「この中に何かモノを入れてみたい」という
 誘惑にかられるほど、抜いてました・・。
 背中のシミまで丸見えでした・・・・。

☆妙齢の女性
  羽織の襟が立ってます・・・。
  そういうファッションなのかもしれない?!


見ないように見ないように・・と思っても
目に飛び込んでくる
「ツッコミどころ」・・・・・。

うううう・・・。今後は・・・
見ない見ない・・・(無理)・・・。


--------------------------------------------

私、お得意の3階席だったのですが、
幕見席に、美しい女性が・・・・。

女優の二宮さよ子さん!!!

私、子供の頃から、この方が大好き!
時代劇でいろっぽい芸者なんかやると最高です。
芝居も上手いし、なにせ、
粋な色気があって、とってもとってもいいんです!

昨年、創作舞踊劇場の「吉原」で
新内を披露なさっており
幅広い芸をお持ちの方です。

最近テレビではあまり見ないけど、
すばらしい女優さんです。
※こういう女優さんがもっとテレビに出ないと!
だからテレビはダメなんだよっ!


ホントに綺麗・・・。

あまりに綺麗なので見とれてしまった・・
女の人に見とれたのは久しぶり・・・。


なんというか・・・。
「ずっと見ていて見飽きない美しさ」なんです。
いや、「ずっと見ていたい美しさ」。
私の目が喜んでる。
うん、ホントに綺麗。なんて綺麗なんだろう。


ものすごい長いこと、ジロジロみてしまいました(^^;)。
二宮さんごめんなさい。
あんなにぶしつけに見てしまって、ごめんなさい。


うん・・・あんなふうに年をとりたいな・・。
とっても艶やかだった・・・。
ため息が出るほど、綺麗だった・・。


そして、こんな美しい女優さんなのに・・・
幕見席で、鏡獅子だけ見て、去っていかれました。

鏡獅子の直前の幕間で、ちょっと一回外に出たのですが
その時の幕見席の行列はすごかった!
あの行列に、並んでいたなんて!?


素敵だなあ。


あれだけの著名な女優であり、
あの美しさで
幕見の行列にならんで・・・
楽しそうに幕見席に座っておられました。


素敵だ。


すっごい憧れちゃう。


絶対にいい人だと思う。


一度、お話してみたい・・!

2007年1月17日 (水)

BGMは脱出。しかし・・

聞きまくった甲斐あり。
心に浮かぶ最初の曲が
「菊の栄」になってくれました(^^;)
よかったよかった♪

「この三味線で首を振る」というのも
おおむねわかってきて・・・

BGMは脱出。ふ~~!苦労してしまったぜ!!
はひ~~!


しかあし。しかししかし。


間が取りにくいよぉ~~!(T^T)!!


師匠がこの演目をお稽古することはホントに少ないのだそうです。
その理由が
「間が取りにくいから」だそうです・・・(T^T)


・・その通りですわ・・・・師匠・・・・・・。

先輩の早寿華さんに、師匠が・・
「僕、これ、滅多に出さないもんね?」と笑いながらおっしゃったところ、
早寿華さんが
「ええ♪でも登寿三先生(師匠のお父様)はお好きでしたね♪」

師匠:「そうそう!父親は好きなんだよ~~」

お二人で楽しそうに笑っておられました(^^)。


今日進んだところは、覚えやすかった・・・。
ふう・・・。あとほんの少しだ・・・。


鏡の前で踊ってみたのだけど、
私のご祝儀舞踊って・・・・・・・
なんか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何というか・・・・・・・・・・・・・・

風情のカケラもないというか・・・・・

・・・・・・・なんか・・・・・・・


とっても・・・・・とっても・・・・


無機質な感じ!!!!!

かっちり踊るものではあるけど、
一応女の踊りだし、
ここまで無機質じゃアカンだろう?!

それもそうだけど、振り、早く自分のものにしないと!!


ええええええ~~ん!
時間がない!!


久々に、逃げ出したいような気分だ!!


踊り初めのために、こんなプレッシャーを与えられるとは
思わなかった~~!!


でも楽しい~~!


自分のへたっぴは、さておき、
ご祝儀舞踊は、やっぱり、楽しいのだ~!

2007年1月16日 (火)

やっと脱出?!BGM

とにかく、このBGM状態だけは
脱しなくてはどうにもならないので・・・

とにかくとにかく。

聞いてます。テープ。


道を歩きながら
電車の中で
バイトの休憩時間
野菜を刻みながら


ところが、そもそもの振りの入りが
いつもよりよくないせいか、
ヘンな現象が起きております。


これだけ聞いてればそろそろ
頭に浮かぶのは真っ先にこの曲になるはず・・・なのに。


まるで、逃避行動?!(^^;)


仕事中
歩いている時、
ご飯を食べながら


なぜか、頭に浮かび続けるのが
「菖蒲浴衣」!!!
なんでやねん?!


「菖蒲浴衣」は後ろに立って、散々踊ってきた演目だけど、
お稽古はしていただいていないよ?!
そりゃあ、振りはおおむね知っているし、
好きな曲だってのはあるけど!
今考えるのは「菖蒲浴衣」のことじゃないでしょ?!


それと「浅妻船」!!
振り鼓のところがなぜか頭でリフレイン!
ここんところはものすごい苦労したから振りも
結構よく覚えてて頭の中で踊ってしまうし!!


だあめえええだってばあああ!
「菊の栄」のことをかんがえなさああああい!!


と、自分を叱咤激励して
テープを聞きまくりました。


どうかなあ・・・・・。
前々回でお稽古したところは漸くなんとなくつながってきたかな・・・。
(間がアヤシイ。順序も逆かもしれないところが
いくつか・・・)


前回のお稽古のところは・・・・・
中間が・・・・(T^T)・・だめ・・・・つながってない・・・・

やっぱり、私の場合、「まず曲ありき」なんだということが
よーくわかりました。

曲を繰り返し聴いていると面白いことがおきます。


ふっ!と私の左斜め前に立っておられる師匠の姿が
断片ファイルみたいに出てきます。
で、その師匠を必死に見ている自分、っていうのが
記憶としてよみがえります。


その「断片ファイルの師匠」と、「曲」と、「自分」が、
急に「あっ!」と一致する瞬間があって、
「おお!ここはこの振りだ!」というのが思い出せて、
んで、そっから、「覚える」というのが始まるのです。
私の場合。


BGM状態は、脱出・・・・・・・・・かなあ・・・???

かなり追い詰められておりますので
(だって踊り初めまでに覚えなくちゃいけないんだもん!ああああ!)
電車の中で、またまた「アヤシイ人」になっております。


電車の中では、頭で浚うわけですが、
途中、音が余っておかしくなってしまったところがありました。


そして、急に、おすべりを抜かしたことに気づいた私。


思わず。


「おすべりが抜けてんじゃん!!」と声に出してしまいました(T0T)
※もちろん、とても小さい声、です


あああああ・・・・・。


そして、今朝、満員電車の中でやっちゃったやつ。


頭の中で途中まで順調に踊っていた・・・・のですが・・・
ある箇所で、まったく違う振りを踊ってしまったため
その後がめちゃめちゃになりました・・・・。


その瞬間


「バカ!違うよ!」


と・・これまた声に出してました・・・・(T▽T)~~♪
※もちろん小さい声ですが・・・・

ひー。
とにかくがんばらなくちゃ!


2007年1月12日 (金)

やっぱりとってもBGM(ヤバイ)

テープをダビングしていただき、
歌詞もコピーをとらせていただきました。
(日本舞踊曲集覧になぜか
「菊の栄」の歌詞がない!!WHY!?)


綺麗な曲・・。
常磐津ですが、お琴の演奏も入ってます・・・
ご祝儀舞踊だけあって、
やっぱりおめでたい感じ満載・・・・。
聞いてて気持ちいい・・・・・


気持ちいい・・・・


気持ちいい・・・のは・・いいんですけど・・・。


?????あれ?
なんで?
なんで、耳になじまない?
なんだか、曲の「イメージ」だけはあるのですが、
「曲そのもの」が、頭に入りません。


げっ。

やばい。

こんなことは滅多にない。


私は曲と歌詞を覚えないと
振りが覚えられない。
なので、曲が入ってこない、ってのは、ヤバイ。


私は振りを覚えるのが、比較的早いほう・・・・
踊りの上達は遅くとも、
振りを覚えるのだけは、早い・・・それが
ほんの少しの、私の自慢、なのに・・・・。


むむむむむむ。


お稽古。前回進んだところ。


私のお稽古においては
前回のところまで、
師匠は当然、お立ちにはなりません。


とはいえ、まだ一度しかお稽古していない部分ですので、
師匠は、「はい、お扇子握って・・」という
指示を出してくださいます。


2回前回のところを返していただき、
新しいところに進みます。


数回、新しいところを一緒に踊っていただき、
いつもどおり、最後の2回は、一人で踊ります。
もちろん、師匠のお声があるから、踊れるわけです。


こういうときの師匠はまさに
「ゲームのコントローラーを持ったひと」


私は師匠のお声どおりに動く
「コントロールされてる人。」

この師匠の「コントロール」があると、
進んだばかりの箇所も・・・・
なんだか、なんとなく、それなりに、振りがつながって、
踊れてしまう・・・・


これが。
これが、とても、キケン!!!

しかし、私は、「曲」を、聴けてない。
「曲を聴いて踊ってない」。
かかっている曲は、明らかに「BGM」


お稽古中、
「BGMはヤバイ!!先生の声も聞かなくちゃだけど、
音もきいてっ!」と
自分に指令を出しましたが、
天性の不器用さが露呈。
無理でした(T^T).


結局、必死に音も聞こうと、「努力」はしましたが
師匠のお声に頼って踊る結果に・・・。


ひえ~~~~。


そして、
お稽古後、一人で浚ってみたら・・・・


師匠の「コントロール」がない私は
ボロボロ!!!
振りと振りが全然つながっていかない!!!


いやあああああん!!!


はるかに手数が多くて、
はるかに動きが激しい
「三ツ面子守」は、すいすい覚えられたのに
なんでや~~?!


ううむ!
このユウウツ感は久々だわ!
なぜか、とっても覚えにくかった
「幻お七」以来かも???


そういえば、お七も、手数はそんなになかった・・・。


私がお稽古した演目を振り返ると
早間で、手数の多いものがとても多い。


そうか・・・。
今回、ゆったりしてて、手数が少ないから
覚えられない・・・・・のかな・・?

え?なんかヘンじゃないかあ???

・・・・・・手数が少ないほうが覚えられない私って・・・・・一体・・・・。


------------------------

まなちゃんが「浅妻船」のお稽古を開始しました♪

「浅妻船」は私にとって、
とても大切な演目です。

うしろで浚わせていただいて、
とってもウレシイ♪

・・・・・・・って
過去にお稽古した曲を、
浚って喜んでいる場合じゃないよな?!!
自分の踊りをナントカしなくちゃ!!!

そして、多智雛さんが、
今年5月に、「浅妻船」で舞台を踏みます♪
そのことにも想いを馳せつつ。
まなちゃんのうしろで浚わせていただきます♪

2007年1月11日 (木)

挑戦・・。

今月一杯の限定で
「菊の栄」をお稽古することになりました。

1月末のお稽古場の踊り初めで踊るのを目的に
「短期集中講座」という感じです。


久々に、お扇子をしっかり使うご祝儀舞踊。


・・・・・・・かなり楽しい・・・・!!

師匠が前に立って下さり、振りを入れてくださいます。
短期集中ということもあり、
一度に進む量がやはり・・・少なくは・・・ない・・
(つまり多い)

師匠と一緒に踊っていると・・
・・ついては・・いける・・・・

数回曲なしで、一緒に踊ってくださり、
曲をかけて2回ほど繰り返しました。


ん。んん。
音が取りにくい・・・。かな・・・・。
音楽が頭に入ってこない・・・。
久々のBGM状態。


師匠がくるりと振り返り、
師匠:「もう一人でできる?」


うっ!!

一瞬・・返事に詰まった私。


絢也:「はい。」

師匠:「できるの?できないの?どっち?」

「できる」とは返事できない・・・・

なので、

絢也:「はい、やります」とお返事。


師匠は文机のところに座られました。
そこから言葉で私を誘導してくださいます。


師匠:「はいとまって。左、右。おくび、ちょちょちょん。
    周ったら 扇子で差しながら左足引いてからあるいて右で止まって
    いちど左足を出して、ひいて
    扇子をどかすように広げて歩いて前まできて・・」


こういうふうに・・・ナビゲートしていただければ
・・・・・・なんとか・・・踊ることはできます・・・


うううううん。


しかし唄はとってもBGM。。。

実はこの踊り、
わがお稽古場ではほとんど「出ない」演目なんです。

つまり後ろに立たせていただたこともないし、
曲も耳になじんでいない・・!


本当に初めて状態!!


これを今月末までに
人様に見せていい状態にできるのかな???!!


ん。
折角、師匠も色々考えてくださったのだ。


今月末までに・・・・


覚えるぞ!


これも挑戦!!

2007年1月10日 (水)

快晴\(^O^)/

快晴\(^O^)/
バイト終わったあ!

最高に気持ちのよい青空!

お稽古だお稽古だお稽古だ!


嬉しくて 走り出してしまいそう!


おっと!足を大事にしなきゃ(^^;)

転ばないようにね(笑)

2007年1月 9日 (火)

さあああああ!いくよぉっ!

さああああああ!
いくよおおおおおお!!

明日!

今年のお稽古初めです!


一言、叫びます。すみません。


うれしいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!


ああ。ああ。踊れる!ああああ!


せんせい!今年もしごいていじめて泣かせてください!ってなもんだ!

異常(笑)


とはいうものの、この年末年始は
よく身体を休められました。
暴飲暴食もしなかったし、お酒も控えめだったし、
よく眠りました。


膝や腰の疲れが取れました。
たまに、体を休めることも必要ですね。


充電は十分。
お正月は、三津五郎の「京鹿子娘道成寺」
勘三郎の「鏡獅子」を見て、
目を楽しませ、踊りへの想いを馳せ・・・・


さあ、これから
明日のお稽古の準備だ!
アイロンがけアイロンがけ~~♪


果てしない夢に向けて。


精進の日々が始まります。


-------------------------------------


師匠:「お面は、もうもってこなくていいからね」


はい・・・・・・・。


というわけで、怒涛の「三ツ面子守」は
ひとまず、昨年で上がったこととなります。


最後の最後まで、改善できなかったところが
沢山あって、悔しさは残りますが、
これを次へ活かします。


どうやら、いきなり、今年の浴衣浚いの演目の
お稽古には・・ならないよう・・です・・・。
師匠もいろいろお考えがあるご様子・・・。


明日、私が次にお稽古するものが、決まります(^^;)。
なんだろう?とても楽しみです♪♪


----------------------------------------------------


師匠が制作担当をなさっていた
創作舞踊「火の鳥」。


一日だけ、お客様係のお手伝いに伺わせていただいた時のことです。


せっかくだから、とことんお役に立ちたい!と、
私は皆様とおそろいの「火の鳥」のTシャツを着て、
持ち前のトークスキルと、通る声で
「このプログラムを買うといかに得か!」ということを宣伝しまくり、
プログラムを売りまくっていました。


一緒にプログラムを売っていた舞踊家さんが
結構よく売れるので、
「すごいすごい、うまいうまい!」と笑い転げていました。

その時です。
ほっそりした、スーツ姿の、紳士が
私たちの売り場ブースに近づいてこられました。

紳士は微笑んで
「どうですか?よく売れていますか?」と
私に話しかけられました。


ん?なんとなく、きっとこの方は
タダモノじゃない感じがする・・・!!


何か、を、察知した私は
それまでの話し口調をガラリと替え、
丁寧かつ、明るい口調で、きわめておしとやかに
「はい、おかげさまで、みなさまにお買い求めいただいております」
と一礼しました。


すると紳士はさらに優しくにっこりと微笑まれ
「そうですか。それはよかった。
ご苦労様ですね。引き続き頑張って、たくさん売って下さいな」

「はい、ありがとうございます」と
私は深々とお辞儀をしました。


紳士はスタスタとその場を離れ、高い吹き抜けから
ロビーにおられる盛況なお客様たちを嬉しそうに眺めておられました。


周りの舞踊家さん方が、
「うほ~~~!」とため息をつかれました。


私はニコニコしながら
「あのお、今の方、どなたですか?(^^)」
と他の皆様におききしました。


「えっ!!河合さん!!
あなた、誰だかわからないで、話してたの?!」

「はい。でもなんとなく、エライ人なのかなっって思って♪(^-^)」


またまた皆様が
「うほほ~~!!!」


「え?今の、どなたなんですか?」

人間国宝の花柳寿楽先生だったのです。


私:「げえっ!!!ホントですかっ!」

舞踊家さん:「そうよ!急に丁寧な態度になったから、
        わかってお話してるんだと思った!」

私:「いえ・・・・何も知らず・・・・」

他の舞踊家さん:「すごい本能だよね(笑)河合さんの変貌、すごかったもん。
           この人は偉い、っていうのを、空気で読んだんだね!」

私:「私の態度、そんなに変わりましたか・・?」

舞踊家さん:「うん(笑)。おおっ!って思うほど、見事な応対だったよ!」


その場にいた方々がみんな爆笑した出来事でした。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20070108003.html

寿楽先生がご逝去されたという
ニュースを知りました。


私は、たった一度だけ、
寿楽先生と言葉を交わしただけです。


でもあの日の
スーツ姿の寿楽先生の微笑みは
とても印象的で、よく覚えています。


ご冥福を

心よりお祈り申しあげます。

2007年1月 5日 (金)

「たっちゃんのお弟子さんは来るの?」・・あはは・・

タイトルのご発言は
藤間香寿先生によるもの・・・・。


たっちゃん=達也先生=私の師匠・・・です。


私は実際に香寿先生にお会いしたことはありませんが
「たっちゃんのお弟子さん」という存在にて
認識していただいているそうです・・・・
あ、あはは・・あはは・・・・


と、申しますのも
友達(男性。名取としては先輩)が香寿先生のお弟子さんでして、
私の踊りを観にきてくれたりするたびに
どうやらいろいろお師匠様にお話してるようなんですね。


そのうちに、いつの間にか、そちらのお稽古場で
「たっちゃんのお弟子さん」という名前(?)で
登録(?)されている様子・・・(^^;)
なんだか照れくさいやらなにやら・・・・でございます。


で、なぜタイトルのご発言になったか、といいますと。


明日、1月6日、藤間香寿先生ご主催で
踊り初めの会が開かれるとのこと。
私のお稽古場の「踊り初め」は
お稽古場の中だけの内輪の会ですが、
こちらのお稽古場では
発表会形式で、お客様をお呼びして披露されるそうです。


※詳細、載せておきます

日時:1月6日〔土〕13時開演~16時半終演予定
場所:日本橋社会教育会館ホール(人形町・水天宮前より3分程度)
入場無料


私の友達は、「連獅子」で仔獅子を踊ります。


彼は、私の浴衣浚いも本舞台も観に来てくれてますし
私の師匠の踊りも観にいってくれますし、
私の名披露目の際にお配りした手ぬぐいの注文に際して
大変力になってくれたし、
これから美味しいものをご馳走してくれるそうだし(え?)
そりゃ~観にいきますとも。ええ。


本人は下浚いで撃沈した、というようなことを言ってますが
下浚いっていうのは撃沈するためにある、と私は思っています・・
下浚いで思い切り撃沈するからこそ
本番では気持ちよく踊れるものなのではないかなー・・なんて。
(と、ここで励ましておく)


そして、そんな中、香寿先生が、おっしゃったそうなんです。

「たっちゃんのお弟子さんは来るの?」


は、はい。参りますです!!!

明日、お天気サイアク・・・というウワサ・・・・・(^^;)
天気予報外れることを祈ります。
雨が降っても着物で行きたいなあ・・・・
やっぱり踊りの会はきちんとしていきたいもんねえ。
せっかくのお正月行事だから
色無地で行きたかったのに~~
雨だったら、洗える着物になっちゃうなあ~~

と・・・・・ぶつぶつ言いつつ・・・・

頑張れよぉっ!連獅子!!!

2007年1月 2日 (火)

あけましておめでとうございます

みなさま。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします!

今年も、踊りますよ~~(^0^)!!

さて・・年末年始・・・
お稽古は当然お休みなわけですが・・・。


お休み中であっても・・・
踊りのことを・・しばしば・・考えておりました・・・。


と、言っても、ちょっとへんてこりんでして・・・。


スキー場のリフトの上で
頭になり響くのは、自分のお稽古曲ではなく
なぜか同門のお弟子さん、ゆりかさんがお稽古中の
「官女」の踊り地のリズミカルなところ・・・。


滑りながら頭に鳴り響いているのは
まことくんがお稽古中の「越後獅子」の
最後の足拍子のところ・・・・・。


激しく転倒した瞬間、頭で叫んだ言葉は
「うわぁっ!せんせい!!!」
(くれぐれも怪我しないで帰ってくるように言われている)
痛みが消え、怪我をしてないことを確認した時
心でつぶやくのは
「せんせい!大丈夫です!」
(その後は転ばなかった・・笑)

リフト乗り場で行列待ちしてるとき・・手持ち無沙汰になって
ちょっと踏みたい・・・(スキー板があるので踏めません)

ふふん。わたしは異常~~異常なのぉ~♪

年末、フィギュアスケートの試合を見ながら、
師匠のお言葉を思い出しました。

「フィギュアスケートのさ、
すっごい上手い最終組でやる人たちと
その前の組でやる人たちを比べてご覧。
何が、違うのか、よ~く見てご覧。」


確かに・・違う・・・・。
多分、練習量や取り組み方は同じだと思う・・・・
そういうことにそれほど大きな差はないはず・・・
でも・・・・・・なんでこんなに差があるんだろう・・・?


「丁寧」の意味を考えました。
ああ・・・そうだ・・・
「丁寧さ」が歴然と違う・・・・・・。


同じ技術でも(三回転ジャンプとか)、
同じように、ちゃんとできていても(転ばずに飛べた)・・・・
違う・・・・・ということは・・・
余裕・・・?余裕というのは・・・では・・一体・・?


もちろん、才能、という、
抗えないものはつきまとうはず・・・
こればかりは、どうにもならない・・・・・。


あ。キレ。


そうか!


キレが違う。


そう。そうだ!そういえば!
私の踊りにキレがない、というお話のとき、
師匠がおっしゃったんだった!
「フィギュアスケートを、見ると、動きのキレの意味がわかるよ。」


ううううむ!!!確かに!!!!


上手く表現できないけど・・
確かに「キビキビ」「パキパキ」と動くことがキレじゃない!
動きのキレっていうのは、そういうんじゃなくて・・・・


なんていうのか・・・・


「その動きがしっかり自分のモノのになっている」っていうこと・・なのかな・・
もしかして・・・!


ということは、私の動きは
まだ、「借りてきた動き」ってことか!
体が「ちゃんとわかってない」ってことかも?!

ううむううむ!!!


その中で、解説の荒川静香が、誰かの演技にこんなコメントをした

「後半、スタミナ切れですね。
とても急いて(せいて)演技しているように見えました。
タメがなくなって、どんどん、急いでいるような感じでしたね」


おおおうわっ!
私が急いてしまう原因の一つに、コレがあるかもしれない!
確かに・・・こらえがきかなくなると
どんどん踊ってしまう癖が・・・・
もちろん、前半の、体力満点の時でも急いてしまうことがあるから
コレだけが原因じゃないけど、
コレも、確実にあるよなあ・・・!


体力、筋力・・・・それだけじゃない・・・
抜くことを覚えて・・ペース配分を上手にできるようにならないと・・・。

そんなこんなで・・・・。

踊りのことを、いろいろ考えながら・・・
スケートを見ておりました・・・・。

こんな、異常な私(^^;)でございますが、

なにとぞ今年もよろしくお付き合い下さい。


よろしくお願いいたします・・。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »