フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

うわあうわあうわあ(大感激!)

どうわっ!
わったったった!!

うわあうわあうわあ!!


頂いたコメントが目に入った瞬間
本当に部屋の中を一周しました(笑)


「堀越さんLove」

こちらの記事に・・・・。


なんと・・・。

ご本人様から
コメントをいただいてってってっしまひました!!!!!


うはああああああ!!

こんなことがあるなんてえええ!!


千与吉さあん!
てえへんだあああああ!

***************************************

堀越さんっ。
ありがとうございます!!
感激です。超嬉しいです。
うわ~~うわ~~(もう叫びっぱなし)


堀越さんの素晴らしい御声を耳に出来る日を
楽しみにしております!


あ。堀越さんがご自身のブログのURLを教えてくださったので
ここにはります♪


「樽屋の歌舞伎ばなし」

すごく面白くて
すごく勉強になるブログです!


皆さんもぜひぜひご覧下さいっ♪


***************************************************
先日の浅草歌舞伎・・・大向うさんが少なくて(T-T)・・・・。
たまにこういう日に当たると
ちょっと損した気分になります・・。


堀越さんがいらしてる日に
当たらないかな~~♪


あの
「なかむらやぁ!」が聞きたかったな~~♪

******************************************************
あ、堀越さん。
まだまだ聞きたい御声がいっぱいあります。
まだまだ聞きたい屋号がいっぱいあります。


また「ほぼにち」で連載してください♪

ほぼにちわぁ!(笑)

2010年1月25日 (月)

浅草歌舞伎!

浅草歌舞伎!


行ってきました!


うーん。 正札附の亀治郎が素晴らしかった! 大興奮!


元禄忠臣蔵は… 辛すぎた… 真山青果のセリフものは だめだー! どうしてもだめだー! 亀治郎に救われたけど やっぱり辛かった… 長すぎだし…


お目当ての 将門は…


簡単な感想は書けない感じです… もう心臓がドキドキしてしまって 冷静に見られませんでした。


勘太郎の光圀が ちよっと少年みたいに見えたのは 私だけかな。

でもこんなに若々しい将門なんて 滅多に見られない! 実に華やかで 楽しい舞台でした。


あのすごい衣裳で私も 目一杯体を使って踊りたい。 そして凰児郎さんと二人で 楽しい作品にしたい。 その想いが胸から溢れて洪水状態(笑)


細かい勉強を沢山したので これからに活かしたい。

またまた振りはほぼ一緒でした。 自分が踊っている振りを 歌舞伎役者が見せてくれる… 本当にありがたいなあ!

2010年1月24日 (日)

寝る前に一言・・。

お稽古日でした。

くたくたですが幸せです。


久々に「胡蝶」をがっつり踊りました~~。
まきちゃんの御相手じゃなくて
みづきちゃんの御相手です。


のんびりと「見る体勢」でくつろいでいたら
師匠が
「ほら。反対やって!」と(T▽T)


みづきちゃんの御相手をするとゆーことは
まきちゃんのパートを踊るということ。
いつもまきちゃんの御相手をしてたので
まきちゃんのパートを踊るのは初めて!
(ややこしい・笑)


私の「いんちき胡蝶」でしたが
なんとかお稽古の御手伝いはできたよーです。
途中、ちょいと間違えて、
ごめんようみづきちゃん。


非常に楽しかったのですが

死ぬかと思いました・・。
「胡蝶」・・・キツイ~~!!

自分の滝夜叉姫の番まで
少し間があったので
すこし休憩して
んで、自分のお稽古。
これまたがっつり!ふは~~。

おっと。一言のつもりがずいぶん書いてしまった。

書こうとした一言は。

今更の一言。


日本舞踊が大好きだ。
師匠が大好きだ。
同門の仲間たちが大好きだ。


なんか、しみじみそう思う一日だったのだ。


さ。御風呂にはいろ。

2010年1月22日 (金)

安物買い情報その2!

送料無料 東レシルック!
東レ バイアス 半衿 ★塩瀬タイプ★

うわ~~!!
なんとタイムリーなっ!!

再びぽちっ!です(T▽T)


東レのバイアス半襟は本当に素晴らしい!
これを発明した人はエライッ!

大体、普通のお店で買うと1500円くらいかな。


ああ。
こんなに御安いのが見つかるなんて・・・。
しかも送料無料。
素敵すぎます。

--------------------------------------------------------

御安いお店はネット上たくさんありますが、
「5000円以上」とか「一万円以上」で送料無料に・・。


「ちょっと腰紐が2,3本欲しいだけ・・」なんて時も
つい送料を無料にしたくなってしまい
その時大して必要じゃないものまで買ってしまって(^^;)
無理やり5000円にしちゃったりするものですね(^^;)

今、他に【必要なもの】は特になく、
(【欲しいもの】は一杯ありますが(T-T)・・・)
ホントにこの東レのバイアス半襟「だけ」が欲しいので
「送料がなあー」とぶつぶつ言いながら
検索かけたら、偶然見つかりました。

ここのお店も「5000円以上送料無料」なのに
この商品はなぜか「送料無料商品」だった~!
なんというラッキー♪


と・・・・ちまちまこのブログを打っていたら!


なななななんと!


今ならさらに20%引き!!
こんなに安くて送料無料なのに(何度も言う・笑)
さらに20%引き!!!


すご~~~~!!!

3枚で1600円チョイ?!
町の呉服屋さんで買う御値段の1枚分で
3枚買えたことに!!!


うわ~~~。


なんか幸せになってしまったぞ~~。

2010年1月21日 (木)

堀越さんLOVE(やばい・笑)

千与吉さーん(同門です)♪
昨日はお稽古場で盛り上がって楽しかった~~♪

早速今日の更新も見ちゃったよ~~。


【大向うの堀越さん】


この話題で夢中の私と千与吉さんです。
多分、今日からYさんも仲間になると思います♪


何度もブログに書いてすいません(笑)


昨日今日の更新は
もうインタビュー記事が面白い!
特に今日更新された内容はぞくぞくします。
まして自分が見たことのある演目の話題なので
よけいに
「ああああ!そうか!」とうなずきっぱなし!!
大興奮~~。

読んでてワクワクドキドキ(ときめいてる)heart01


バイトで使ってるPCにイヤホンをさして
お弁当を食べながら
記事を読んで
堀越さんの大向うを何度も聞く・・・。
昼休みの至福の時間・・・・・。
幸せって、ホントにどこに落ちてるかわからないものね・・。
間違いなく、私、今、幸せです(笑)

マジで歌舞伎座の3階で堀越さんを探してしまいそうだ。
でも、万が一見つけてしまったとき
どうしよう。声とかかけていいかな。
話しかけたりしたらだめかな・・・・。
かけ声だけ遠くから聞いてドキドキしてるほうがいいかな・・。

ああああ。完全にアイドルのファン状態(爆笑)
千与吉さん。私、キケンだ~~。
でも間違いなく千与吉さんもすでにキケンだ(笑)。

2010年1月19日 (火)

足袋。ぺらぺら・・・ではありますが十分(笑)

【安物買い情報♪】


品物到着(^^)対応も早い~♪


かつて大ブーム(?!)を巻き起こした
かの100円足袋と、ほぼ同じ品質です(笑)。
(ちなみに100円足袋は違うお店です)
でもお稽古には十分だし、
普段ばきにも十分です♪


私の足の形に限定して言うなら
この足袋、意外と変なシワが出ないのです♪
あの、たまにある
「足にあってない足袋特有の、
親指の辺りに発生するへんなシワ」が出ない。
言わなければ(あと触らなければ・笑)
ホント、わかりません。


しかし・・あれは100円・・
これは安いとはいえ400円か・・・・。
4倍・・って思うと
あの100円って・・奇跡の値段だったんだな・・・・
もちろん、400円だって、
笑っちゃうほど安いわけですが、
ほとんど品質が同じ、って思うと、ね(笑)

何はともあれ5足、新品があるという状態が
非常に心強くてヨロシイ(^^)

ちなみに私は
「ここぞ」というときのための足袋は
絶対、ここの足袋です。

【さが美】

和服のチェーン店です。
ここのオリジナル足袋がひじょ~~に私の足に合うのです。
なんいうか吸い付くような履き心地。
本当に気持ちがいい。


このサイトには小物の情報は出てないみたいだけど
ショップに行けば必ず置いてあります。


3000円~3500円くらいだっけ・・。
なんで「だっけ」になってしまうかというと
滅多に買わないから・・・・(^^;)
3000円台の足袋をお稽古でガンガン使うのは
あまりにもモッタイナイので(T▽T)


本舞台の時は100%ここの
「5枚コハゼ」です。
5枚コハゼは店頭には滅多に置いてないので
いつも予約して取り寄せてもらいます(^^)
履き心地、見た目ともに
私の中では最高の足袋です(^^)。

今年も・・♪と思っていたら
滝夜叉姫は、裸足だ~~。


「文売り」
「子守」
「三社祭」・・と裸足で舞台に立ちました。

今度で通算4度目の裸足・・・・。
浴衣浚い+本舞台合わせて
舞台で踊った演目の数が12。
3分の一が裸足!
確率的には多いのかな?

わわ。ごめんなさい(^^;)

【これは面白い!大向うの堀越さん】
という記事に貼っていたリンクが
ぜんぜん違うところにとんでました!


すみません!
直したので、ぜひ、
とんでください!


そして「なかむらやぁ!」を楽しんでください♪

2010年1月17日 (日)

安物買い情報♪

■商品名「コレがホントの福袋!お正月限定企画♪【送料無料2,010円!】一年の始まりはやっぱり新品の白足袋で心新たに!★4枚こはぜ白足袋の5足セット★」


以前・・「100円足袋」というのがあり
送料を無料にするために
それを御稽古場のみんなで共同購入しましたね・・・
懐かしい思い出(^-^)・・・。


あれから数年・・・
さすがに100円の足袋というのは姿を消していきました・・。
私はあの時大量買いした100円足袋で
かなりの時間凌いでまいりました・・・
(薄っぺら~いんだけど結構丈夫だったのだ!♪)


そしてついに「新品の在庫」が切れました(T▽T)
新品は常に、1つや2つはおさえておかないと
何かあった時に不便です。


あ~~買わなくちゃ~~と思っていたらこのセール。
もちろんぽちっ!!


送料無料が魅力的ですね(^^)
「5足もいらん!」ということなら
御稽古場の御友達同士で
共同購入もいいかもしれませんね(^^)

2010年1月16日 (土)

どこだあ?!

どこだあ?!

この数日この部分を忘れて浚っていた!


今、唐突に思い出したが


どこでここが入るんだっけ!?


どっか音が余るはずなのに 無理やりゆっくりやって はめ込んでしまったので 今思い出したところで 場所が不明(>_<)


どーこだあ!?

落ち着け落ち着いて思い出せー!


…実は今回のこの都鳥…

師匠…振り入れで 後半部分は全く立って下さらず 「腕組みしてひねりだしー」 とゆー感じで 口伝えで振りを入れて頂きました(^^;


なので普段なら お手本ガン見の 目で見た記憶で思い出せたりするのですが


今回の頼りは 師匠の声の記憶!

…ところが 「はいお袖たたいてーそれを、二回」 だけが断片的宙ぶらりん(x_x;)

つながり!つながりで思い出せ!


…あれーなんだっけ(TOT)

これは面白い!→【大向うの堀越さん】

同門のゆりこさんのブログ、そして
mixiの千与吉さんの日記に
まったく同じURLが貼ってあり
あまりに面白かったので
私も貼ります♪


「大向うの堀越さん」


この方の風情というのが
なんともいいですね・・・。
話し口調も実にいい。
内容も面白い。
平凡に見えて実は・・・・
この「実は・・」感を秘めたカンジが実にいいです。

おまけに最後に
この方のナマ声が収録されています・・・。

かなりゾクゾクしますワクワクします♪
こういう風に「なかむらやぁ!」って言えたら
か~~な~~りカッコイイですheart01
うーん。


もし・・・同じ会社に勤めてて・・
挨拶程度しかしない間柄で・・・
ある日突然彼のこういう一面を知り
この彼の「なかむらやぁ!」を聞いたら
私は彼のことを、好きになってしまうかもしれません(笑)
それほどに、一芸秀でてる男性って魅力的・・・heart01


--------------------------------------------------

3階で歌舞伎を見る機会が多いと
いろんな大向うさんに出会います・・・
例えば今までこんな方を見ました・・


★闘病生活からの復帰第一線というご年配の大向うさん★
「久しぶりだから、燃えるねえ~~♪」とおお張り切りで
御仲間と談笑していたその方。
幕が開き、松本幸四郎が登場した瞬間、

「こっこっこっこっこうらいや!」


・・・・・ブランクと気合の入りすぎで
激しくドモってしまったのでした・・。(T▽T)


★大先輩の大向うさんにロビーでずっと叱られてた大向うさん★
「早いんだよ!あの三味線のチンを聞いてから、
成田屋!なんだよ!
あと最後は高島屋!はいわなくていいんだよ!
あそこは成田屋!だけでいいんだよ!」

叱られてる大向うさんは「はい・・はい・・」と
頭を下げながらずっとメモを取ってました・・。


★暗い「音羽屋」★
それは女性の大向うさんでした・・・。しかも若い・・・。
若い女性の大向う・・・なんて珍しい・・。
勇気あるなあ・・・・。

だけど、恥ずかしいという感情が捨て切れてないご様子・・・。
ものすごい一本調子の
「おとわや。」(っとわやぁ~~!ではない)
「こうらいや。」(こぉ~らいやぁっ!ではない)

かなり暗い・・・ぶつ切りな声でした(T▽T)・・・・。


------------------------------------------

3階のうしろ~~のほうで
揚幕のじゃっ!っていう音がした瞬間に
「やまとやぁ!」。
3階の後ろでは花道はまったく見えない。
1階で何度も観た経験があるからこそ
出来ることだろう。


何度もその作品を見ていて
どこでどの役が出てきて
今月はその役を誰がやるのか
完璧に把握していなくてはできないおこないだ。

主役級の役ならまだしも
そうではない役でも
一般的にそんなに有名じゃない役者さんでも
見事にその屋号をその声にのせて
劇場いっぱいに届ける。

実にカッコイイ。
実に、実にカッコイイ趣味だ。
日本の文化を支える人々だ。


歌舞伎座の初日。
芝居はこなれてないし
プロンプターの声がしまくりで
まとまりがついてないせいか
無駄に長かったりすることがある(9時45分終演とか・笑)

それでも時々、
あえて初日に行きたいな~~と思うのは
実は大向うさんの数が一番多い日(だと思う)だからだ。
初日の大向うの掛け声の威勢のよさは
なんとも幸せな気持ちにしてくれる(^^)


大向うあっての歌舞伎。
この「大向うの堀越さん」の連載は
実に、実に注目だ(^^)


----------------------------------------------

私たちが舞台に立たせていただくと
必ず大向うさんが掛け声をかけてくれます。


そう。
日本舞踊の舞台も
大向うはかかります♪

初めて師匠の舞台を拝見した時、
「たつやぁ!」って声がかかってびっくりしました。
なんでびっくりしたかというと
歌舞伎もろくすっぽ観たことがなかった私は
「パフォーマンスの途中で観客が叫ぶ」という行為そのものに
かなりびっくりしてしまったのです(笑)


その直後のお稽古日。
「せんせい・・・なんか、名前を叫ぶ人がいるんですね・・」
と、ものすごい初々しい質問していた私がおりました(爆笑)

そして月日が流れ。


私の初舞台。「藤娘」。

暗転のまっくらな劇場に
ひびく鼓のポンよぉ~~!の後に
見事なタイミングで
「たっぷりと!!!!!!」という掛け声がかかりました。

あの「たっぷりと!」は嬉しかったな~~。
「うわー玉三郎みたいー♪」
と単純に思いましたです(笑)

「あみ!!!」
・・・・あみ・・は
どーも掛け声には向かない名前だなーと
思いましたです(笑)


そして名披露目の「文売り」。


花道で決まって首を振った瞬間
初めて掛け声で呼ばれた
「絢也!!」


嬉しかった~~(^^)♪
あれはなんともいえません♪

その次の舞台「松廼羽衣」。
「達也!絢也!」と
交互にかかる掛け声もたまりませんでした♪


昨年の「三社祭」。
私たちの演目から唐突に登場した大向うさん!
(師匠に、「サンジャから突然だったから
あんたが誰かに頼んだのかと思った(笑)」と
笑われました→頼んでません(笑))

※後で受付をなさってた方におききしたら
本当に突然「やってもいいですか?」と登場なさったそうです。
それがたまたま「三社祭」のタイミングだったのです。

まさか大向うさんがいると思わなかったので
「絢也!まき!」と声がかかったときには
踊りながらホントにびっくりしました(笑)
あの激しい踊りを踊りながら
「おお~~!?なんで掛け声が~~~?!」と(笑)
でもすっごい嬉しかったです(^^)♪


今年の5月、初めての本舞台を踏む仲間が沢山います♪
みんな~~楽しみだね~~♪
声、かかるよぉ~~♪
うふふふふ♪うひうひ♪


それから新名取になられるMさん♪
今からご自分の名取の御名前の掛け声を想像して
悶絶してください♪うひうひうひ♪

暗転から灯りが付いた瞬間が一発目かな~~♪
うふうふ。うひひひ♪

あ♪
Mさんの名披露目は「藤娘」なのです(^^)。
皆様お楽しみに~~♪

-----------------------------------

ああ・・・堀越さんの「なかむらやぁ!」・・・
何度も聞いちゃうんですけど(笑)
聞くたびに「はえ~~heart01」っとなってしまう・・
なんだかヤバイ(笑)

2010年1月13日 (水)

お稽古がお休みの日に(^^)♪

今週のいつもの御稽古日は
師匠の御仕事のご都合でお休みなので~~


たまには踊りのことをまったく考えないで
ちょっとのんびりしちゃお・・・


な~~んて!happy02
なあ~~んちゃって!happy02


出来っこないことを言ってみたりする(笑)
はっはっはっは。

そしてそんな中
私に届く宅配便・・・・


こ、これはっ・・・(歌舞伎風でどうぞ)


なななな、なんとっ(これも歌舞伎風で)

しえええええ~~!!(歌舞伎風→しつこい)

20100114002808


「将門」で光圀を踊られる凰児郎さんより
20年近く前にNHKで放送された
歌舞伎座収録の「将門」のDVDがっ!
御手紙つきで!

完全にサプライズプレゼントです!!
(T▽T)・・・・・ああああっ!
う、嬉しいっ!
凰児郎さん・・・・本当にありがとうございますっ・・!

教育番組だったのか
事前解説がとても丁寧・・・
「将門」という作品そのものの歴史も勉強になる・・・
(もう授業を受けてる生徒の状態・・)


そして。

テロップに
「振付:藤間藤子」の文字。

うううわあああああああ!!

私たちが教わっている振りは
藤間藤子先生の振りです!
同じ振りで見られる!!

ああああ。凰児郎さん。
何度も言っちゃいます!
ありがとうございます!

うわああああ!

本当に同じだっ!

詳しい感想を書くと夜が明けそうなので
今日は書きませんが・・・。


す、すごかった・・・。
素晴らしく素敵な「将門」でした・・・。


そして
振りの「意味」がすごくよくわかりました・・・。
いや、もちろん、この作品そのもののテーマは知っていたけど
まだまだ振りに追われていて
この人(滝夜叉姫)が
一振りごとに何を思ってるのか・・まで
とてもまだ考えられなかったので・・・・

如月から一瞬滝夜叉姫に戻って
すぐに如月に戻る瞬間が
いくつもあって
・・・・・・。
踊りでこんなことを表現できるって
一体・・・・!


滝夜叉姫は中村芝翫。
20年くらい前ですから
まだまだ身体がグイグイ動いて
ものすごいダイナミックで
ほんと~~に素敵!
あああ~~タイムマシンに乗って
この日の劇場に行きたい!


光圀は中村梅玉。
ものすご~~い若くてびっくり。
実に清々しい光圀、という印象。

・・・おっとっと・・・・。
まずいまずい(^^;)
これ以上書くと眠れなくなるので
この辺で・・・。

いや~~こんなものが見られて・・・
なんとありがたいことか・・・。
重ね重ね感謝感謝です。

---------------------------------------------------

あ~~寝る前にもう一度見たいけど
きりがない・・・明日にしよう・・・。(T▽T)


あ。「都鳥」。浚ってないや~~(T▽T)

2010年1月12日 (火)

うわったったっ!歌詞!

長唄「都鳥」がはいったカセットと
ウォークマンをかばんに入れて
出かけようとした朝。


歌詞を書いた紙を作ってない!ああっ!
ばか!ばかばか!!!


たま~~に
「日本舞踊曲集覧」一冊、
持って出ちゃって
バイトの休憩中に書き出したりするのだけど
今日は御弁当(昨夜のカレーの残り♪♪)を持って行くから
曲集覧を持っていくのは重くていやだあ!

こんな時はこの手を使うのだ!

携帯のカメラを接写モードにして~~♪
20100112091423


うむ・・・。「喜撰」の時もこの手を使ったけど
あの時はページがまたいでいたので
何度かに分けて撮らなくちゃいけなかった・・


しかし「都鳥」の歌詞は短くて大変よろしい!
一発で収まった!!♪


おおっと!
チコクしちゃう~~!!


・・・・・と家を飛び出し自転車ぶっ飛ばして駅から電車に(^^)


ああ。
曲を聴くときに
歌詞があるって素敵。
快適快適♪

しかし、携帯の画面をガン見しながら
ちょっと首を振ったりする私は明らかに危険(^^;)

しかも、ちょっと動いた拍子に
変なところに携帯が当たって
なにやらボタンを押したらしく
いつの間にか画面が
20100103204210

・・・・元旦の朝に作った御雑煮の写真になっていて
一人で笑ってしまった(^^;)

2010年1月11日 (月)

刺激的な人々

くみちゃんのブログ
「四季をあじわう」

「鞍馬獅子」を踊る達乃さんとくみちゃん
そして
「妹背山」のお三輪を踊るみきやんが
それぞれの踊りのゆかりの土地を訪れたことが
詳しくかかれている。
(ちょっと下にスクロールしてください♪)


そして・・・・・。
さらに喜也さんが
こんな記事を→「お兼の招きにあいて・・」

う~~むむむむ。

むむむむ~~~。

刺激、受けてしまった~~~。


で、今更だけど調べた~~!!

【東福寺の滝夜盛姫伝説 - つくば市
将門の娘の霊慰める尼寺の遺跡群】

そして
「将門の首塚」


うううううわあああ。
見つけちゃった見つけちゃった。


しかもみんなそんなに遠くない。
思い切り関東。
日帰り可能。

行かなくてはいけない、という気持ちに駆り立てられてる。
見てしまったら、知ってしまったら。
あああああ。

完全に、達乃・くみこ・みきやん・喜也(敬称略)4人の影響だっ。
くは~~。
4人め~~くそ~~やってくれたわね~(笑)


も~~!
うちの御稽古場は
こういう刺激的な人々が多くていやんなっちゃうっ♪
ぼ~っとしてられないんだもん!!
ああんもうっ♪


そして、すっごい感謝。
いつも刺激をありがとう。
びしびしっ。


--------------------------------------------------------

めでたいめでたい♪


昨日の日記に
l今年の新名取さんのことをちらりと書いたら、なんと!

なんというタイミング!


2月に名取になるMさんから
名取の御名前が決定したとのメールがっ!!

すっごい綺麗な御名前!
感激して涙が出ました。


おめでと~~ございますっ!


う~~御名前、ここに書きたいけど、
名取式が終わられるまで
ガマンガマンっ。


あー。嬉しいよ~~。

2010年1月10日 (日)

愉快な親友・感慨深いお稽古♪

20100110131150


本日、書道連盟の新年会で
長唄「鶴」を披露する多智雛ちゃん♪
美容院でセット中の図。
「ブログのネタにしてくれ~~(笑)」と
この写真を送ってきた。
わははははは。


なんだこの女性誌の数は!!!
全部読むのか読めるのか?!
注目記事はなんだったんだあ?!
それにしてもこんなに並べる美容院も面白いな!
はははははは(^0^)


愉快な親友は
その後、「おつかれ~~♪
立派に舞台を勤め上げたぞ~♪」と
電話をくれました(^^)。


おつかれさまっ!
女性誌でしっかり情報を入手し(笑)、
美しく髪を結い上げ
さぞや美しく舞ったのであろう♪
写真見せてね~~。


そーいや、「鶴」って一度も観たことがない・・・。
どんな踊りなんだろう・・・。
----------------------------------------------


今年の5月に開かれます「藤曄会」にて
喜也さんが「近江のお兼」を踊られます♪
楽しみ~~(^^)


その喜也さんのお稽古の際に
「今日から長い晒の布を使う」ということになったので
後見と「なんちゃってカラミ」の御手伝いをしようと
久々に後ろに立たせていただきました。


そして昨年の「達喜会」で
お兼を踊った達乃さんも後ろに♪


続いて大先輩
紅歌さんも後ろに♪


紅歌さんは、私が入門したばかりの年に
お兼を踊られた方です。
ちなみに私が人生で初めて観た
「近江のお兼」は紅歌さんのお兼。
とってもかっこよくて、
私の中で今だに忘れられない、思い出深いお兼です。

喜也さんの熱いお稽古の後ろで踊る3人。

所作台の上にいるのは合計4人。

あ。今、ここにいるの。

全員、達也先生取立名取だ~~happy02

そのことに気づいた時、
なんともいえない感慨深い想いが胸を熱くしました。


-----------------------------------------


達也先生の取立て名取第一号の大先輩、紅歌さん。
紅歌さんと初めてお会いした頃、
私は名取さんがなんだか、
いや、そもそも踊りの世界のことを
あまりにも何も知らない人間でした。


何も知らない状態で
やりたくもないのに義務でやりはじめた日本舞踊。
やっていくうちに、のめりこんで
いつからか、自然に名取になりたいと夢見るようになり
やがて、私も御名前を頂くことになりました。

何度かここに書いていますが
私は、当時、日本舞踊を続けることを
身近な家族に
まったく歓迎されていなかったので
名取になるという行為そのものには
たくさんの辛いことがその背景にありました。


それでも自分の情熱に正直、かつ貪欲に
道を貫こうと決意して
御名前をいただきました。


やがて、家族や周囲の人たちに
「あみちゃんは日本舞踊をやるひと」というのが定着し
今や、みんなが私を応援してくれるようになりました。
ものすごい時間がかかったけど
あそこであきらめないで
御名前を頂いた結果、今があるんだなと
しみじみ思います。
本当に嬉しいことです。

そして達乃さんが御名前を頂く運びになった時。


達乃さんはとても悩んでいました。
自分でなりたい、と思って進んできたのに、
名取になる、ということの意味を深く考えた時、
様々な疑問にぶちあたったのです。
真面目に取り組むからこそ、生まれる悩み。
それから「怖い」という気持ちも。
それは私にも経験があったことだったので
非常に理解できました。


ある日、彼女の想いを全部聞き、
そして、私は何もアドバイスはできないけれど
自分の経験談と、自分の想いを話しました。


さんざんいろんなことを話した後・・・。
「絢也さん。決めました。私、御名前を頂きます」と
決意を固めて
涙をこぼした彼女の顔を私は一生忘れません。
可愛くて、そして強い決意に輝いた眼をした顔でした。
私ももらい泣きして(笑)
二人で泣いた夜でした。

喜也さんは、御名前を頂く運びになった時、
静岡県から御稽古場に通っていました。


彼女は入門2年くらいの頃、
仕事先が静岡県になることが決定し
「あみさん。せっかく仲良くなれたのに・・・・。
私、お稽古をやめなくてはいけないことに・・」と
御稽古場の玄関で打明けられました。


「え~~!!!月に一度とかでも通えない?!」と言う私に
彼女は、
「自分はとことんやらないと気がすまない性格だから
やるからには月に一度とかだとかえって物足りなくて
続かなくなると思うから、無理です・・。」
とその時返事。


ところが。


「どう考えても踊りをやめることは出来ない!
静岡から毎週新幹線で通います!!」と大決心!!!
その上、その次の年の「藤曄会」で本舞台を踏む決意まで!


本当に本当に毎週通ってきて!
あの激しい情熱には、みんながものすごい
刺激を受けました。


それはここでは書ききれない
彼女の壮絶な戦いでした。
どんなに疲れててもどんなに体調が悪くても
新幹線に飛び乗ってきて
お稽古をして最終の新幹線で帰っていく・・・。
これを毎週、ずっと続けた彼女の根性は
他の誰も真似できないものです。

その情熱の先に訪れた
御名前を取るというお話。

その日の御稽古場には
たまたま喜也さんと私だけしかいませんでした。

シーンとした御稽古場。

私はついたての陰で
師匠と喜也さんが御名前を取ることについて
お話しているのを正座して、聞いてました。


私は感動してオイオイ泣いてました。
そして嬉しくて、本当にオイオイ泣いてました(笑)。


喜也さんがひょこっと
私の側に戻ってきた時、
あまりに私が泣いていたのでびっくりしたそうです(笑)。


私は喜也さんの小さな手を握り締めて
「おめでとう、おめでとう。
よかったね。ここまでがんばったからだよ。
遠くからがんばって通ってきて、よくここまで・・。」
と、またオイオイ泣きました。
(その場面を思い出して、これを書いてて涙が出てきた・・)


今度は喜也さんが私にもらい泣き(笑)。
これまた二人で泣いた夜だったのでした。

-------------------------------------------------------------

それぞれがそれぞれの情熱とドラマと涙を持って
御名前を頂き・・・。

名取第一号の大先輩と一緒にお稽古をしてる・・・。


はー・・・・・。

感慨深いな~~~。


その日の喜也さんの「近江のお兼」のお稽古。


しみじみ感慨深くて
そして嬉しくなりました。


また、達乃さんと二人で「なんちゃってカラミ(笑)」をやって
晒の布と桶を片付けながら
思わず顔を見合わせて
達乃:「・・・なんか楽しい♪」
絢也:「うん♪すごい楽しい♪」
とニコニコしたのでした(笑)。


後で聞いたら
やっぱり達乃さんもあのお稽古は感慨深かったと♪
そっかそっか~~(^0^)♪


御二人が名取さんになるにあたって
こんな日記を書いてました。
私、大喜びの大騒ぎだ(笑)
なんだか今読んでもジーンとするなあ~~。

「二人の名取さんが生まれます」
「名取さんのお名前♪♪」
「嬉しい写真」

---------------------------------------------------------


今年、また一人、新名取さんが誕生します(^^)
実は彼女が名取さんになる決意をするにいたっても
また涙のドラマがあったりします。
それを超えてのチャレンジ!
またまた応援してます!大応援です!!

★あ、喜也さん!
浅草歌舞伎の感想、いろいろ聞かせてくれてありがとうっ!
「ここで絢也さんが~~とか
思いながらものすごい一所懸命見ちゃった」という喜也さん・・
ホントに可愛いんだからもー(T▽T)

2010年1月 9日 (土)

踊り初めの演目決定

長唄「都鳥」になりました♪

そもそも決して長くない踊りを
さらにちょっと短くしてくださるとの事・・・。


師匠:「滝夜叉であんなにぴぃぴぃ言って
    お稽古してるんだから
    今回は難しいご祝儀とか覚えさせないであげるよ(笑)
    短くしてあげるし。」


はは・・・(^^;)・・・・
ぴぃぴぃという音は
決して出てないと思うのですが
師匠のフィルターを通すと
ぴぃぴぃしてるんですな・・私・・・・はは・・


短いものをさらに短くしていただける・・んですね・・
ありがたいけどちょっとだけクヤシイ(笑)

でも今回は・・・・・・。

はい・・・・・・
確かにぴぃぴぃ・・なので
そのようにさせていただきます・・・。

「短いバージョン都鳥」。
初日のお稽古で半分進みました。
あと一回で振り入れは終了予定。
がんばろー。

ダクダクに汗をかく踊りじゃないのは久々・・・。
曲も綺麗だし・・・。
振りも綺麗・・・。
楽しいな~~。
何より・・・・。

・・・・・・・・師匠に・・・・
全然しかられない~~(T▽T)


叱っていただいていつも感謝しております。
本当に宝物のように感謝しております。
しておりますしております。
本当にしております。
これからもさらに叱っていただきたいと思っております。
思っております。本当に本当に思っております。
もっともっと叱ってください。
お願いいたしますお願いいたします。


・・・・だけど、超久しぶりの
「叱られないお稽古」がちょこっと楽しかったのは・・事実・・。

「都鳥」のお稽古が終わって
思わず、
ニコニコして
「あはっ♪なんか、楽しいなっ♪」と
つぶやいてしまった私。

でも師匠もこう仰いました。
「たまにはこういうのもいいでしょう♪
これは楽に踊っていいよ(^^)」

「楽に踊る」のも大切な勉強。


明るく踊れるようになるための
いいきっかけになるといいな。

-------------------------------------------------------

数年前
大先輩の名取さんが滝夜叉姫をなさった。


踊り終わってしばらくして
その方が
「ああ・・・・なんだか身体の中に
滝夜叉が残ってて・・・」と
ほうっとため息をつかれた。


その時は全然意味がわからなかった。

今、その意味が少しわかる。

滝夜叉姫を踊り終わるとしばらく放心する。
体はくたくたなのに
熱い何かが心に残って
しばらく私は元の状態に戻れなくなる。


踊りでこんな経験は初めてだ。


もちろん、お稽古だから
直されたり、止まったり
間違えたり、
沢山してるのに。
それでも、だ。


ぴぃぴぃ言いながら踊ってるのに(苦笑)
それでも、だ。


日本舞踊は、こんな経験も出来るんだ。

すっごいなあああ。

2010年1月 8日 (金)

今日はこんなです

今日はこんなです

この帯は数年前に 親戚のお姉さまに頂いたもの。

柄は扇に紅梅と白梅。


…つまり…


1月と2月しか締められない!


なのに、毎年、 この帯の存在に気づくのが 秋の衣替えか 3月以降という、 …せっかく頂いたのに ひどい宝の持ち腐れでした…(T_T)

昨年の衣替えの時に、 意を決して この帯を、「上の箱」(笑)に収納しました。


実に締めやすい名古屋帯。 …数年、ひたすら箱に入れてた… もったいない!

2月まで ことあるごとに ヘビロテします(笑)

2010年1月 6日 (水)

さあ始動!

お稽古帰りの電車の中です。

太ももが破れそう! 疲れた!


午前中から国立小劇場。 今日は着物姿で 気配を消していなかったので(笑) 沢山の方々とお会いして ご挨拶合戦でした♪ …ちなみに昨日は帽子メガネで 完全に気配を消してました(笑)


「えっ昨日もいたんですか?」 ふふ…いたのだ…(笑)

刺激ガンガン受けて ロビーでお友達と 踊りについてガンガン話をして(Tさま!ありがとうございました!) 踊り魂ブルブルで お稽古場に!


師匠と同門の皆様に 新年のご挨拶(*^_^*)

わたしの鼻声と風邪顔に 皆様を驚かせてすいません。

さて。


お稽古はとにかく楽しすぎました!


愛しい滝夜叉姫と再会! しかも光圀さまとお稽古もできて!


うーん。 踊りは楽しい!


ビバ ! 日本舞踊!

ひとつだけ不満。 師匠がまだ 踊り初めの演目を 考えておいてくださいませんでした (T^T)


せんせえ−!

2010年1月 5日 (火)

一日中国立劇場

一日中国立劇場小劇場におりました・・。

御正月中、
燃えるようなのどの痛みが続いてました(T-T)
うがいとクスリで気合を入れて
のどの痛みを治したのもつかのま・・。


今日から急に鼻が・・鼻が・・。


客席で鼻から下を手ぬぐいで覆って
可能な限り音をおさえて
何度もくしゃみ(T-T)


劇場ってほこりがあるし
なにせ人がいっぱい・・・・。


おまけに昼の部と夜の部の間、
完璧に外に追い出されてしまいます・・。
再び入場できるまで30分きっかり外で待たされます・・・。
(歌舞伎みたいに通しで見る人は
そのまま中にいさせてほしかった・・)


この30分が寒かった・・・ホントに寒かった(T-T)
「将門」のテープを聞きながら
頭の中で踊って
なんとか耐え抜きました・・・。

昨日快方に向かってると思った風邪は
本日、国立劇場にて悪化し
今、私の鼻はほとんど息ができません(T▽T)
ずびずび。

だけど、行ってよかった。


正月ボケの脳みそにガツンと刺激をいただきました。
明日から御稽古始め。
この刺激を大切にしながら
明日のお稽古にのぞみたい。


--------------------------------------------------------------

本日の舞台がすべて終わって
劇場を出て、
耐え切れず、すぐ下関に電話。

実は合間合間にも
ちまちまと
感想をメールしていたのだが(笑)


話さずにいられない。


すげー熱く語ってしまった。
多智雛ちゃん。聞いてくれてありがとheart02

そして多智雛ちゃんの
今の「欲望」についてにも話が及び
駅まで10分足らずの道のりなのに
千鳥足状態で
30分かけて歩きながらしゃべってしまった(笑)


多智雛ちゃんとは
馬鹿話で盛り上がることも多いが
(ていうか最近ほとんどそれかも・・・笑)
踊りのことを語り合う時はまた至福なのだ♪
その至福に身を任せた30分は
すげー楽しくて充実したひとときだったのだが
楽しすぎて私は一瞬忘れていた。


そう、私は風邪を引いていたのだった・・・。

30分、寒風にさらされたら
鼻水がずるっずるに・・・。

ああ。馬鹿な私・・・・・。
家に帰ってから電話すればよかったじゃん・・・・
もしくは駅についてから・・・
暖かい場所を見つけて・・。


でもすぐしゃべりたかったんだもん(T▽T)・・・。


-----------------------------------------------------

んで。今。


ためしに滝夜叉姫のセリフを言ってみたのだが・・・

ぐははははははは!!
だめだこりゃ~~!

鼻から空気が抜けない状態だと
ど~~にもならない!!!
息が続かないし
いつもの高さが出ない!


「ミツクニ~」って言った瞬間
水のような鼻水がどば~~~~(T▽T)
(つまってるのですすれない・・)
うははははは。

ああ。どうしましょう。
このずびずび滝夜叉姫。

明日、薬局で
鼻にしゅ~っってするやつを買っていこう(T▽T)


★明日も国立に行ってからお稽古に行きます♪
ずずっ。

2010年1月 4日 (月)

多智雛ちゃんより

たった今下関から

今日稽古初め! 先生があやちゃんのてぬぐい使ってたheart01happy01


…という写真つきメールがきた♪


20100104131321


初稽古に私の…(T_T)じーん。

多佳広先生ありがとうございます!


私にとって とても縁起がいいよーな♪ 嬉しいです!


ひなちゃん。 実況報告ありがとう(*^_^*)


わーい(*^_^*)


※追記※
多智雛ちゃんの御師匠様、多佳広先生は、
「汐汲」のお稽古の際に
私の手ぬぐいを使ってくださったそうです♪

その記事

大好きな「汐汲」で・・・heart01
ますます嬉しい♪

今年はなんか、いい年になりそう♪♪

2010年1月 3日 (日)

切ない「連獅子」(T-T)

多くは語らない。
語れない。


1月2日。NHKで観た「連獅子」。


それはとても・・
とても切ない「連獅子」だった。


ストーリーが切ないのでも
親子の情愛が切ないのでもない。

こんな振り付けの「連獅子」は。
こんな演出の「連獅子」は。

切ない。
呆れるのを通り越して
切なかった。


どうしてもやりたかったのかな。


こんな風にしちゃっても、
やりかったったのかな。


「いやー美しかったですねえ」という
スタジオの感想が空虚に響いた。

mixiのボイスでS様が
私と同じ思いをつぶやいておられた。


なんとも。
やるせない。


「連獅子」という作品が大好きだからこそ。
切ない。

勘三郎と橋之助による
超豪華な「宗論」は、楽しかった。
華のある「宗論」はやっぱりいい♪


※ちなみに、
私が今まで観た中で、
日本一楽しい「宗論」は
わが師匠、藤間達也先生と
花柳寿太一郎先生の「宗論」。
この御二人の「宗論」は最高だ。
観客があんなに笑った「宗論」見たことない♪
私もおなかのそこから笑った。
そして、御二人が引っ込む時の
あの拍手の大きさ。
客席から沸き起こる「さすがうまいわねえー」という声に
心の中で「ふふふふん」と
満足した私だった。
また観たいな~~。

2010年1月 1日 (金)

今年もよろしくお願いいたします

朝起きて、
あまりの御天気のよさに洗濯。

食卓のテーブルの、私がいつも座る場所の
真正面に富士山がくっきり♪綺麗~~。

朝風呂に入って
御雑煮とおせちの支度をして。
年賀状を見て。

そんな感じでスタートしました。
あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いいたします。


-------------------------------------------------------

年末から、今日にかけて
とにかく、家の用事がどっさりで
お稽古納めだった25日以降、
元旦にいたるこの日々
テープさえ聞いてないというていたらく(T▽T)。

おまけにちょっと風邪気味でもありました・・。
しっかり休みたいところですが
年末年始って、
女にとっては全然休みにならない(笑)
「家」って所詮「仕事場」・・・・。


御稽古日は元気でいたいので
これ以上ひどくならないようにします。

テープ聞いてないし、踊ってもいないけど
頭の中では時々
「強迫観念」のように浚っております(笑)
っていうか、朝、眼が覚めると
布団の中で眼を閉じた状態で
大抵、自分が「苦手」って思ってるところを
浚ってたりする・・・・・。
その箇所は「ここを浚おう」ってんじゃなくて
いつも自然に決まってます(笑)
よっぽど苦手なんだな。

とにかく♪
今年も踊ります。

-------------------------------------------------------------

12月に入って、
ぼちぼち、師匠が、お稽古中
いろんな方々に
「踊り初めは、ここを踊ろうか」とか
「踊り初めは、○○さんと、これを踊ってね」とか
おっしゃるようになってきていた。

わが御稽古場の踊り初めは
毎年、1月の後半の日付になる。
門弟一同が数分ずつ、ちょこっと踊って
最後に師匠のご祝儀を拝見して
みんなで楽しく御食事と御酒をいただく♪
「新年会」をかねた、楽しいイベントだ♪

毎年、私の踊り初めのことは
たいてい私から「私は何を・・?」と質問しない限り
師匠に忘れられていることが多いので(T▽T)
(※冗談ヌキに!!ホントに! 苦笑)
いつもどーり、師匠は、何もおっしゃいません・・・・。

そんなあるとき、
師匠にコーヒーを入れて
テーブルにカップを置いたら
そこに小さい紙が。


師匠の字で
様々な演目と、歌詞の一節が書かれてる紙。


「手習子・・・「言わず語らぬ~」」
とかそういう感じ。


あ~~さっき、まきちゃんに
「踊り初めは【言わず語らぬ~】にするからね」って
おっしゃってたもんなー。
なるほど、踊り初めメモなんだ♪

そこに「官女」の文字がちらりと見えたので
「わー♪珍しい!もう私の踊るものが決まってる~。
今お稽古中のものができるなんて、よかった♪♪
私は何を踊るんですか?って訊かないでいいんだなー。
初めてだな~~♪」
とひそかに喜ぶ私(^^)

お稽古納めの日。
最後の最後に、
安心しきって師匠に
「私、踊り初め、官女なんですよねー♪」と言ったら


師匠:「あんたは違うよ。【官女】は○○さんだから。」


・・・・・・・がびーん・・・・・。


わ、私のことではなかったのか・・・(T▽T)・・・・。

大勘違いのぬか喜びでした・・・・・。


絢也:「え。じゃ、私は何を・・」(結局毎年する質問をすることに)


師匠:「決めてない(きっぱり)」


絢也:「えっ。決めてない?!」
(なんじゃそりゃああああ!と心で叫ぶ)


師匠:「これから考える(きっぱり)」


絢也:「これからあっ!?えっえっ。・・・・また何か覚えるのでしょーか?!」

師匠:「・・・・いやなの?(にやり)」

絢也:「いや、いやじゃないですけど、でも、あの、ええ~~?」


師匠:「・・・無理ですぅ~~って言うなら
    考えてやってもいいけどぉ~?(意地悪な笑顔)」

絢也:「え、あ、それはそのー。そんなことは言いませんがっ。
    でも~~ああああ~。」


・・・・・・・。

何を覚えるんだ~~!


こわいよー(T^T)。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »