フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 「松島が守ってくれた」(YOMIURI ONLINEより) | トップページ | なんだこの荷物 »

2011年3月24日 (木)

「東北ガンバリます」。思わず涙。


洗いに出していた
訪問着
色無地
御稽古場の御そろい帯
絽の夏帯
・・計4点が
私の元に帰って来ました。


写真は
その箱にマジックで書かれていた
走り書き。


クロネコさんから
箱を受け取った時
思わず涙がこみあげました。

カタカナの「ガンバリ」という響きに
力を感じて。


お店の方々が無事でよかった。
そのことを心から喜びました。

「ご迷惑」なんて
全然。全然そんなこと!
そんなこと、ないです!


**************************************************

実は
この着物と帯たちのことは
心配でたまりませんでした。

私が持っているものの中でも
もっとも大切にしているものたち。
生まれて初めて作った訪問着・・・
藤間の紋が入った色無地・・・。
藤の花の染が美しい
同門で作った御そろい帯
とっても気に入っている夏の帯も
藤の花が・・・。


決して高級品ではない・・・
むしろ、着物の世界では
安物に入る部類でしょう。


でも、
コツコツお金を貯めて
自分の力の範囲で
「必死」の想いで手に入れたものたち。
特別な想いいれがあります。
本当に大事で大好きなものたち。
私の宝物です。

いつも洗いに出しているお店は
福島県。
約一ヶ月前に出しているので
そろそろ帰ってくるなーと思っていた時に
地震が起きて・・・。


地震から数日して
「あ。私の着物。」と
急に心配になり。


「こんな時に着物のことを心配するなんて
私はなんて不謹慎なんだろう」と
着物への心配と
自己嫌悪で
苦しんでしまった時間がありました。


だけど
そのことを知る
同門の仲間たちや
御友達たちから
温かく、力強い言葉を頂きました。


おかげで、
不必要な自己嫌悪を
収めることが出来
強い気持ちをもち
そして、純粋な気持ちで
お店の方々の無事を祈りつつ
ひたすら、静かに待つ、
覚悟ができました。

お店から
お店の方々と、着物の無事を知らせる
メールが届いた時
思わず
「はあああああ」っとしゃがみこんでしまいました。


これからもこのお店に
御世話になっていくつもりです。

いつも。
ありがとうございます!
これからもじゃんじゃん
注文しますよ!
御買い物もさせてもらいます!
お店の繁盛に貢献しますよ!


大変な中、
私の着物を守って下さって
本当に本当に
ありがとうございました!

*******************************


ガンバって!

ガンバって!
ガンバって!


心からの
心からの
エールを!!

« 「松島が守ってくれた」(YOMIURI ONLINEより) | トップページ | なんだこの荷物 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/57666307

この記事へのトラックバック一覧です: 「東北ガンバリます」。思わず涙。:

« 「松島が守ってくれた」(YOMIURI ONLINEより) | トップページ | なんだこの荷物 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)