フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« ずしっ・・。 | トップページ | 踊れない。 »

2011年3月12日 (土)

みなさまご無事でしょうか。私は無事です

昨日は大変なことになってしまいました。


みなさまご無事でしょうか。
私は無事です。


昨日は美容院に行き、
その後浅草の文扇堂で中啓を買ってから
お稽古に行く予定でした。


池袋の美容院が終わって
サブウェイでサンドイッチを食べ、
化粧室に入ったところで
グラリ。
眩暈がしたのかと思ったら
ミシミシいっている。

化粧室を出たら
店全体がものすごい揺れて
店員さんが緊迫の声で
「外に出ましょう!」

外に出たら
町中が揺れて
電柱や街灯がぐらぐら揺れている。

「外のほうがあぶない!戻りましょう!」
また店員さんの声で
サブウェイに戻り
テーブルの下に入りました。

若い女の子が涙を浮かべて
「まさか今日大地震がくると思わなかった」
というので
「ホントだね」と。

そして彼女の手を思わず握り締めました。
人って本当に怖い時
見知らぬもの同士でも
通い合うんですね。


揺れはものすごく長くて
本当に怖くて。
あまりに怖くて
「私、今、美容院の帰りなんだけど
パーマのロッド巻いてる最中じゃなくてよかった」と
言ったら
店員さんも女の子も
「へんな髪にならなくてよかったですね」と
一緒に笑って。


あまりに怖くて
笑いを求めてしまうって、あるのだなあ。


これ上記、文にすると長いですが
すべて思い切り揺れてる時の出来事です。

********************************

ゆれがおさまったら
池袋の町は
わりとすぐ普通に戻りました。


ドキドキがおさまらないので
西武デパートに入ったら
なんとデパートの中は
普通に営業しているし
物も落ちてない。


サブウェイにいた、私たちが
大げさだったのかなと
思うくらい、そこは普通の世界でした。


ここがあまりに普通だったことが
その後の私の大変な一日のきっかけとなります。
西武デパートはものすごく丈夫に作られた建物だった、
ということなのですが・・・。


ことを、甘くみてしまったのです。


携帯サイトも繋がらないので
情報難民となっていた私。

******************************

まあ、電車や地下鉄は1,2時間動かないだろうなあ、とは
思いました。


案の定駅に行ったら人が溢れてる。

それでも、1,2時間と読んでました。
これが甘かった。


そんな時に目に入った
「浅草行」のバス。
「バスで行けるんだ。
じゃあ、浅草まで行って
そこでまだ地下鉄が動いてなければ
蔵前の御稽古場まで歩いていけばいいや。」


さすがに疲れてしまいそうなので
文扇堂の御買い物は
後日にしよう。


バス停は行列だったけど
それでも並び始めてから
2台目でバスに乗れてしまった。

この段階で私は家に帰る方法を探すべきだったのに
家とはまったく逆の方向→
御稽古場に向かっていってしまったのです。
まさか、その後、交通が完全にマヒすると
想像もせず。

バスに乗ってしばらくして
車内放送が流れた時に
初めてコトの重大さを知りました。

都内の電車地下鉄がすべて止まって
本日中の復旧が難しいことを放送された時は愕然としました。

だけど、もう、引き返せない。
とにかく御稽古場に行くしかない。

浅草まで、2時間半かかりました。

そこから20分くらい歩いて
御稽古場に到着。
御稽古場のエレベーターは止まっていて
上階に住んでいらっしゃる
真起子先生のご実家のご家族に
非常階段のドアを開けていただき
御稽古場に入りました。

箪笥から落ちたものが
ご実家の方々の手で並べられていましたが
どういう順番に箪笥に置いてあったのか
わからないので、
そのままにして、
食器棚を見たら
お皿が散乱していたので
並べなおしました(割れてなくてよかった!)

こんな状況なので
テレビをつけさせていただいたら・・・。


もうびっくり。


本当にびっくり。


そして、私、どうしよう。

ここで一人でどうしよう。
間違いなく、誰もこない。

でも師匠は車で移動なさってるから、
師匠はいらっしゃるだろう。


電気ポットの御湯をわかし、
何度も何度も師匠に電話するも
携帯は用をなさない。


メールも数回に一度しか作動しない。


御稽古場の電話機から電話をしてみようとしたら
御稽古場周辺地域のNTTの電話が完全に不通!

おまけに携帯の電池がもう残りわずか。

それに加えて時折余震があり
私は御稽古場で
誰とも連絡を取ることが出来ず
膝を抱えて丸くなっていました。
怖くて、淋しくて。

そうしたら
上階に住んでおられる師匠のおじ様が
様子を見にきてくださいました。
「大変なことになっちゃいましたね。
何かあったら内線ですぐ連絡してくださいね」
優しい微笑が
真起子先生によく似ていらして
なんだか泣きそうになりました。


おじ様に携帯の充電器をお借りし
師匠に何度も何度も電話。


師匠からも何度も留守番電話サービスに着信を
いただいているのですが
(留守電がはいるとメールがくるので
わかります。メールだけは
時々なんとか動いてました)
私の電話は留守番電話も聞くことが出来ない。

師匠の電話は通話が出来る状況らしいのですが
私のメールは間違いなく見ていらっしゃらない
(電話は無理です、というメールを
その段階で何度も送っていた)
どうやら私の状況と逆で
師匠の携帯はメールがダメな様子。

緊急事態において
携帯電話というのは
万能でないことを知りました。

私は御稽古場のカギを一旦しめて
外に飛び出し、
公衆電話から師匠に連絡を入れることを決意。

やっと師匠と電話ができました。

大渋滞に巻き込まれている師匠は
もう御稽古場にたどりつくのはご無理と判断され
御家に向かっておられました。
当然のことです。

「交通が回復するまで
御稽古場にいていいから。」
ということで
私は独り、
御稽古場に泊まることになってしまったのです。

本当に本当に馬鹿な私。
誰もこない御稽古場。
どうして世の中がこんなことになってるのに
私だけここにきちゃったんだろう。
いくら踊りが好きだからって本当に馬鹿だ。
そこまでのヒドイ渋滞になってるとも知らず
どんなに遅くなっても師匠がお見えになると信じ
お稽古するつもりだったことも
馬鹿すぎます。

あの時、浅草行きのバス、を見なかったら・・と
思っても後の祭り。

とぼとぼと歩いて
コンビニに入ったら
食料が全くなくなっていました・・・・。

緊急事態になると
コンビニも万能ではないんだ・・。


唯一、たった一つだけ残っていた
カップラーメンを買って
御稽古場に戻り・・・・。

なんだか悲しくて淋しくて
自分が情けなくて仕方なくて。

折角ここにいるんだから
踊ってやる~!と思い
(こんな状況でも踊ろうとするところが
そもそもおかしい)
足袋とステテコを履いたところで
余震が・・!

怖くて踊ることもできない(T-T).


余震が起きるたび
ストーブを消し、
寒いお稽古場で
コートを着て丸くなってました。

カップラーメンをススっていた時に
テレビから「○○線が再開」という情報が入ってきました。
心配してメールをくれた
多智雛ちゃんからも「○○線は再開してるよ」と連絡が・・!


○○線を使って、なんとか帰ろうと思いました。


これが失敗だった・・・。
この判断は決して正しくなかった・・・!!!
朝まで御稽古場にいるべきでした。
「運転再開」というマスコミ情報に飛びつくのは
ホントにキケンだと実感することになります。
(多智雛ちゃんのせいじゃないよ~~!
感謝してるよ~~!ありがとぉ!
私の判断が甘かったのだ~!!)


○○線は・・・・。


途中駅から
破滅的な混雑となり。


混雑のまま
動かなくなり。
ぎゅうぎゅうの電車の中に
長時間閉じ込められることになってしまいました。


途中の乗り換え駅の混雑は更に破滅的で。


御稽古場を出てから
家に着くまで
5時間もかかってしまうという結末となりました・・・・。


5時間かけて
あんなに怖い思いするなら
安全な御稽古場で
電車の状況が
落ち着くまで待機すべきだった・・・・。


そして。

家に入ったら。


キッチンの食器棚が~~~!!!


見るも無残に
飛び散りまくったガラスの破片で
いっぱいでした・・・。

それを片付けて
寝たのは朝6時近く・・・。


私はそんな一日でした。

それでも、怪我もしなかったし
本当によかった。


家族もみんな無事でした。


********************************
孤独な御稽古場にあって
メールをくれた
多智雛ちゃん、まきちゃん
くみちゃん、喜也さんありがとう。

まきちゃん、留守電は
やっと今朝聞けたよ~!
ありがと~!!!

********************************


会社に泊まった方や
もっと長時間歩いて帰った方
渋滞に巻き込まれた方
皆様御見舞い申しあげます。

震源地近くの被害の大きな地域の方。
本当に本当に御見舞い申しあげます。


平和で
災害のない世界。


それを願ってやみません。

« ずしっ・・。 | トップページ | 踊れない。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/57666320

この記事へのトラックバック一覧です: みなさまご無事でしょうか。私は無事です:

« ずしっ・・。 | トップページ | 踊れない。 »