フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« まあまあまあ私って。 | トップページ | 今思いついちゃって爆笑 »

2011年3月 7日 (月)

これぞ~まことの~えどのはなっ!!めざせ!脱・お侍!

「風流船揃」
作詞者不詳
作曲 二世杵屋勝三郎
安政三年二月発表
船の由来から説き起して
海原の船、河の船、隅田川の屋根舟の騒ぎなど、
船にちなむ景色を描いたもの。
作曲、企画が面白く、唄も派手に出来ています
(「日本舞踊曲集覧」(邦楽社)より)


ふむふむ。


解説を、改めて読んでみて
振りを思い出すと・・・


なるほどなああああ~!と思う。
今更ながら
なんというステキな振りだろう。

確かに海だよなあ。海。
海原だ。ざぶ~~~ん!だもん。うん。


そして、隅田川・・・
うんうん。川だ。川。

ストーリーが特にあるわけじゃないけど。
登場人物と情景は
江戸。江戸なんだよな~。

ココに出てくるオトコの人たちは
働き者で、女好きで(笑)
御酒好きで、陽気で、
そしてきっとちょっと
喧嘩っぱやかったりするんだろうな。

ふむふむ。
江戸、ってやつが大好きな私。
なんだか楽しくなってきた。

先日、御稽古場で
同門のあゆみちゃんが
「これぞ~まことのえどのはなっ!のところが
すっごく面白い!
あそこでいきなりびしっって
決まっちゃうんですね~」。


※あゆみちゃんは三味線も勉強していて
昨年の「つばめ会」で
この「風流船揃」を見事に弾いたのだ♪※


確かに。あそこは面白い。
師匠に
「えどのはな!で、びっ!って決まって!」と
初めて言われた時、
どのくらい、びっ!と決まるのか
わからなかったのだが
先日の、師匠と、寿太一郎先生のビデオを拝見したら
御2人とも
ものすごく、びっ!と決まってた!

て、ことで、
がんばって、
かっこよく、2人で、
ものすごく、びっ!と決まりたいと
思っておる次第♪
一瞬の振りだけど
最後のクライマックスのように感じてる私。

これぞまことのえどのはな!


まことの江戸の花。


うんうん。
いいフレーズだっ。

気に入ったぜっ(なんだそりゃ)。


******************************************

「夕月船頭」をお稽古した時。


バンと踏み出さない、
「強くないオトコ」を踊る難しさに
はらほろひれはらだった。
ただ、すたすた歩く、というのが
本当に難しくて。

そうそう。
オトコを踊る時、
バンと踏み出したり
がっと足を割ったりすると
なんとなく、とってもオトコを踊ってる気分になったりする。
(私だけか?)

「風流船揃」に出てくる男子(?)の皆さんも
決して強くない~。
スタスタ、粋なニイサンたち・・・。


どーしても
「強くないオトコ」を踊る時の私って

「御侍さん」みたい・・・。


「夕月船頭」の時も
「エライ御侍さんみたい」と言われ
「風流船揃」でも
ついに言われました(T▽T)
それじゃ侍だよ~~と(がびーん)


いや、自分でビデオを撮ってみて
納得しました。
侍っぽいところ、
いくつか見つけてます(涙)
確かに、「同心」みたいです。
(殿様ではない・笑)

いろいろ課題はありますが
「脱・お侍」も大きなテーマですなあ。

« まあまあまあ私って。 | トップページ | 今思いついちゃって爆笑 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/57666335

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ~まことの~えどのはなっ!!めざせ!脱・お侍!:

« まあまあまあ私って。 | トップページ | 今思いついちゃって爆笑 »