フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

下浚い、無事終了!

先生方、スタッフの皆様
ありがとうございました。
同門の皆様ありがとうございました!

無事下浚い終了。


こっから本番まで
更に仕上げの作業は続きます。


がんばりましょう!

****************************

下浚いのヒトコマ。
Img_0120

「二人三番叟」の喜也&絢也です。
息をあわせて、
オメデタく踊れますよう!


Img_0011
「水仙丹前」の美人妻3人組♪
いつもわたくしが作成した「メーテル」
お稽古していたのですが
晴れて、「本物の毛槍」を持つことが出来て
ご満悦の笑顔です♪


Img_0013
後見をしてくださる
先生方。いつもありがとうございます。


・・・・そうそう
毛槍といえば。

後見さんは御2人、
毛槍は3本。
3本を同時に手渡すために
もう一人後見が必要・・
ということで、
ななななんと、
師匠の指令で
わ、ワタクシがそのお役を
することになってしまいました・・!

責任重大です!
しえええ。


絢也:「寿太一郎先生・・後見の
    お作法を教えていただきたいのですが・・」

寿太一郎先生:「オレに付いてくればいいから。
          オレの動き、見て。」

絢也:「え。でも初めてで。」

寿太一郎先生:「お稽古で後見、やってないの?」

絢也:「いつもやってますが、
    私の動きなんて、テキトーで(^^;)」

寿太一郎先生:「お稽古でやってるなら、テキトーの
          丁寧版、って感じで大丈夫だから」

絢也:「は、はあ。」

寿太一郎先生:「とにかく、見て。見て、覚えて。
                まずは、まねすること!それだから。」


最後の御言葉がとても強い響きで、
心に響きました。


見る。見て覚える。
まずはまねすること!それだから!


何かを学ぶ上の基本ですよね。
改めて、新鮮な想いに包まれました。


「見て覚えて!」と仰った上で、
後見の出の際に
寿太一郎先生が小声で
「ここを隠して、こう持って。
あとは、ついてきて」と
教えてくださいました。
御優しい(T-T)・・・。


舞台のお邪魔にならず
立方さんが受け取りやすいよう
上手く渡せますよう。
本番もがんばります!

もちろん、自分の踊りも
益々がんばります!

2012年8月29日 (水)

でぃすいず藤間流

現在浴衣会の
下浚いの会場に向かう
地下鉄の中。
朝のラッシュ。辛い!
 
 
そんなラッシュの車内。
外を歩くには
少々勇気がいる
「でぃすいず藤間流!」の
松緑格子の浴衣!
きゃー!
 
 
わからないひとには
わかりませんが
わかるひとには
わかってしまう松緑格子!
 
 
「私、藤間流で
踊りをやってますが
それがなにか!?」と
大声で叫びながら
歩いてるようなものです(笑)
 
 
やっぱり下浚いは
パリッとした浴衣で望みたい…
今現在持っている浴衣で
一番パリッとしてるのが
これだったんだもん(T_T)
 
 
窓ガラスに映るわたくしの姿
…なんかへんな貫禄が…
絶対にこれから花火大会や
盆踊りにいくひとでは
ありません…ああ…
 
 
 
あー地下鉄。暑い。
座りたいー
私の前に座ってるひとー
オリテクダサーイ(笑)
 
 
さあ!1日長いよ!
まずは会場設営から!
 
がんばるぞ!
 
 
あ、座れたーヾ(^▽^)ノ

2012年8月27日 (月)

ついていた、と思おう(苦笑)

本日のお稽古。

お稽古カバンから一式取り出すと・・・。


ステテコを忘れたことに気づいた・・・(涙)
いやーん。ついてない!!


今日は「島の千歳」のお稽古なので
・・・女・・だから
ステテコがなくてもなんとかなるか・・。
と諦めかけた時、

既にお稽古を終えて
洋服に着替えた藤間美都也さんが!!!


絢也:「美都也さんっ。タスケテ~」

美都也:「なになに。どうしましたかっ」

絢也:「ステテコ忘れた~」

美都也:「あははっ。いいですよぉ。ちょっと
     汗かいてますけど」

絢也:「気にしない~」

わーい、私はついてる~!!(^^)


美都也さんのステテコ。
本番の舞台で使う、ベンベルグのいいやつ。

絢也:「あ、これは。いいやつだね~。
    破いたら弁償するからね~」

美都也:「あははは。その時は
      もっと安いのを2枚、ってのもいいな(笑)」

その時、横にいた、大先輩、藤間豊志甫さんが

豊志甫:「新しいのが欲しいから、是非破いてください!
      って感じだったりしてね(笑)」


わっはっは~~とみんなで笑って~~。

お稽古終わって~~。


脱いだら~~~。


・・・・・・(T▽T)・・・・破いてました・・・・・・。
途中から汗で張り付き始めて
ヤバイと思ったところで
膝替えをしたら、ぴっ・・ときた感触が・・。

冗談が本当になりました。
お借りしたものを破くなんて
本当に申し訳ないです!!


ご本人にはまだ告げておりませんが、
新しいものを贈らせていただき、
「みつや」と可愛くひらがなで書かれた
このステテコは、縫って私のものと致します・・・。


一瞬、「ううっ!ついてない!
なぜ、本当に破く!!」とショックを受けましたが・・・

いえいえ、・・・
トータルで、ついていたのです。
美都也さんからお借りできたからこそ
私は今日、快適にお稽古が出来たし、
(ステテコがないと踊りにくい!)
・・・美都也さんは
新品のステテコゲット♪になるのだ!!

ついていたのだ~!!
私はついていたのだああああああ。

*****************************************
キュートなヒトコマ。

今回の「達喜会」が
初舞台となるTくん。
まだ入門して1年たっていない
フレッシュボーイが舞台にのぞみます!
いろんなことが初めて、
ということで、初々しい♪
周りのみんなも、いろいろ、とても親切に
教えてあげています♪


先日は、
初めて袴を着けてのお稽古になるので、
ベテランのNくんが
袴をつけてあげていました。

20120826165639


Nくん、いい兄貴ぶりじゃねえかっ(笑)


無事に袴を着け終えて
Nくんは、帰宅・・・・。


その後正座してるTくんの
袴が大変な状態に・・・・・
(当然です。初めてなんですから、
座り方がわからなくて当然です)


絢也:「喜也さーん。Tくんにさ。
    座り方、教えてあげて~」

喜也:「あらあら。
    はい、じゃあ、一度立って。
    そしたらね、ここをポンってするの。
    あの、ほら、後見さんがよくやってるでしょ?
    後見さんがやるみたいに!」


・・・・・(T▽T)喜也さん・・・多分
Tくん、まだ後見さんの姿、
ほとんど見たことがないと思う(T▽T)


あとでそのことを喜也さんに言ったら
「あ、そうか!」と爆笑(笑)


お稽古を終えたTくんに
袴のたたみ方を
喜也さんと私とで、おし、おし、教えるつもりだったのですが・・・


最後のひもの処理のやり方を忘れており(涙)
おし、おし、教えるどころか
2人で
「ここをくぐらせてから、どっちいくんだっけ?」と
あーでもないこーでもない、になってしまい、
結局、ものすごいウソッコの
ひもの形で、仕舞っちゃいました(T▽T)
水曜日、Nくんに
「なんですか、このひもは」って
怒られそう~~ごめんよぉごめんよぉ~


てなわけで御稽古場はいつも
にぎやかで楽しいのです(^^)

2012年8月25日 (土)

「下浚い」に想う

Img_00112
Facebookのアルバムにのせたら
親友の多智雛ちゃんが
すっごく褒めてくれた写真。

新春舞踊大会初挑戦・長唄「官女」の
下浚いの支度中に
御手伝いにきてくれていた、
同門の藤間達乃さんが、
こっそり撮ってくれた一枚です。


多智雛ちゃんはこの顔を
「ほんとにいい顔。
戦ってきた、責任と、喜びと、すべてを感じてる顔!」
と表現してくれました。


張り詰めた緊張感の厳しい横顔。
自分はこういう顔をする瞬間があるのかと。
貴重な一枚です。


ずっと開いていなかったフォルダに
入っていた写真です。
今更ながら、達乃さん。
ナイスショットをありがとう♪

********************************

踊りをやっていて
一番緊張するのが
実は、この「下浚い」です。
私の場合。


※あ、日本舞踊をなさったことがない方のために・・。
「下浚い」とは、
本番さながらのリハーサル、いわば「ゲネプロ」、
「舞台稽古」のことです。


沢山のお客様の前に立つより、
狭い空間で、
わずかな人数に見守られるほうが
はるかに緊張します・・・なんでだろう・・・。

仕事でも
1000人以上のお客様の前で
喋ったり、演じたりしても、
なんでもありませんが
少ない人数の前でパフォーマンスする
オーディションが超苦手です・・。
手、震えます・・・(^^;)


まもなく、「達喜会」も下浚いです。
はうー。緊張するんだろうな~。


***************************
下浚いといえば
忘れられないのが
初舞台の「藤娘」の時。


衣裳、鬘、すべてが初めて。
地方演奏で踊るのも初めて。


ずらりと並んだ
【長唄連中】の皆様と
御囃子さんたち。
面食らって、気絶しそうな緊張に襲われ、
踊り終わって、
控え室で、わあわあ泣きました。
大先輩の名取さんたちに
「あらあ。感極まっちゃったの~?」って
笑われましたが
感極まったのではなく
緊張しすぎて、面食らって、びっくりして
爆発しちゃった、というのが正しいところでした。

そしてこのとき、
私は、面食らってびっくりしながらも
ものすごい感動しておりました。


日本舞踊において、
舞台に立つ時。


それはそれは、たくさんのプロフェッショナルたちが
立方(=踊る人)を支えてくれる。
そのことを体感して、
本当に感動したのです。


私、という一人の人間に
無事に「藤娘」を踊らせるために
後見さん、衣裳さん、鬘屋さん、床山さん
地方さん、御囃子さん、先生方
御手伝いしてくれる同門の皆様・・・・
とものすごい人数の人々が
一斉に動く。

そのひと時、
この、全ての人々が
「私の藤娘」のため、だけ、に
一斉に動くのです。


これはべらぼうに感動しました。
「うわあうわあ。すごい。
これを味わうために
稽古してきて、本当によかった!」って
心から思いました。

そう。日本舞踊には、そういう感動があります。
支えられている、実感。
守られている実感。
日常で、なかなか味わえない
強い実感です。

誰かに支えられている実感、
誰かに守られている実感は、
間違いなく「幸福感」につながります。


そして更に
本番の舞台の上では
【お客様】に、見ていただける。
あたたかい拍手をいただける。
更なる「幸福感」が待っているのです。


この幸福感を味わえるって、
本当にありがたいことです。


日本舞踊をやっててよかったな~と
しみじみ思います。

****************************

さあて!
下浚い直前なので
わが御稽古場も
アチチチ~~というくらい
みなさん、熱いです!


明日も
がんばりまっしょう!!!

おめでたく明るく朗らかに

義太夫「二人三番叟」
 
 
おめでたく明るく朗らかに
踊りたい!と
思っている
喜也と絢也です。
 
 
9月9日の本番まで
私の絢雛会(自主稽古)も熱い!
 
 
さあまずは
二人三番叟から行きましょう。
 
 
続いて「島の千歳」
 
 
 
おどれーおどれー!
私!
夏バテなんかしるかあ!
(思い切り夏バテ中・(笑))

2012年8月20日 (月)

エンジン

エンジンのかかりが悪い。
 
 
とゆーのも
ずいぶん長いこと
戦っている欠点です。
 
 
踊り出しの
まさに出のところが
「弱い」
 
 
 
師匠:「途中からエンジンかかってくるんだけど…
最初からエンジンかけてくれないと」
 
 
私の踊り。
次から次と
いろいろな
ダメダメが
よく出てくるなあ(泣)
 
 
 
今日は
沢山のダメダメを
言われながら
悔しいけど
なんだかとても嬉しかったのはなんだろうな。
 
 
 
師匠ノ素晴らしい舞台を拝見して
心が柔らかくなってるのかな。
 
 
だとしたら
いいものを見るって
やっぱり
素晴らしいことなんだなあ。
 
 
 
 
ビバ手作り小道具!
大先輩の
藤間蒔恵さんが
「汐汲」の桶を作っちゃいましたよっ!
 
 
私と
K村さんもお手伝いしました!
 
 
細い紐を
三人で三つ編みして
 
 
蒔恵さんが長さを調整!
 
 
いいかんじ!
 
おおー
 
 
おおー
 
 
中に錘代わりに
風呂敷や
手拭いをつめて
完成!
 
 
 
なんと材料費500円!
 
 
お稽古には十分な
機能をもってます!
 
 
 
ビバ手作り小道具!
 
 
もう大好き!

2012年8月19日 (日)

「達喜会~ゆかた浚い」のお知らせ

下記お知らせいたします(^^)


2012年9月9日(日曜日)
「達喜会~浴衣浚い」
(今回はテープ演奏の浴衣浚いです)
会主:藤間達也

開演:午前11時
会場:四谷区民ホール
    (東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅すぐそば)

Eyotsuya_photo01

チケット不要、入場無料の会です♪
気軽にふらりとお立ち寄りくださいませ!!


プログラム

トリの演目はまたまた
師匠、藤間達也先生と、花柳寿太一郎先生、
御2人の共演です♪(^^)


プログラムご希望の方は
メールにて御申し込みくださいませ!
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp
※件名は「達喜会プログラム」でお願いいたします


あまり舞台にかかることのない
珍しい演目もいくつかあります。
楽しみにっ。

あっという間の36分~「舌出し三番叟」

20120819110957

花形・名作舞踊鑑賞会・・
終わっちゃいました(T-T)
楽しみにしていたものが
期待通りの楽しさで終わった・・
満足感とともにちょっとさびしい・・・・。


師匠がご出演の
「舌出し三番叟」は、
あとからタイムスケジュールを見ると
36分もあったのです。
掛合で、フルコースだとこんなに長いんだ・・。
でも、あっという間でした。
本当にあっという間。
もっと見たかった~!って思うくらい。


弟子の私が
師匠の踊りの「感想」を、
偉そうに言える立場ではないのですが
すっごく感動したことがあるので、
書いてしまいます。


何か、とても、「伝わるもの」を感じていました。
師匠の全身から「伝わるもの」。
いつものように
「きゃーせんせいすてきかっこいー♪すきー♪」と
思うのと、同時に、私は何かを
とても感じていました。

その「感じ」が私の涙腺をびしびしと刺激してきます。
「ん?この朗らかな踊りで
なんで、泣きそうになってるんだ?私」
ひそかに、師匠の御姿が涙でぼやけそうになるのを
必死でこらえておりました。

幕が閉まってから、私は更に感動することになります。
私の涙腺が刺激された理由が
この後、はっきりします。


同じ列に座っていたくみちゃんが
プログラムを持ってました。

絢也:「それ、もらえんのー?」
くみちゃん:「買ったんです~400えん!」
絢也:「400えんかあ。ちょっと見てもいい?」
くみちゃん:「どうそどうぞ♪」


プログラムには演目の紹介、演者の紹介とともに
「今回の舞台にかける演者本人の意気込み」
をインタビューしたものが記載されていました。
それぞれ、「達也氏談」「寿太一郎氏談」・・・といったふうに
書かれています。


その「達也氏談」を読んで、私はついに
泣いてしまいました。


著作権?とか、その辺のことがよくわからないので
その「達也氏談」の文章は、ここには載せられませんが
師匠が、今回の「舌出し三番叟」の三番叟を
どのように踊りたいか、どう表現したいか、
という想いが書かれていました。


師匠の本番の「三番叟」は
その文章の、「そのまんま」だったんです。


「こう踊りたい」「こう表現したい」が
全部、まっすぐ伝わってきていたんです。


絢也:「ああすごい。すごいね。事前にこう言っていて、
    言ったとおり、そのままだったよね。
    すごい。ここに書いてあることが全部伝わってきた舞台だった。
    今日の先生の三番叟の感想を誰かにきかれたら
    こういう三番叟だった、って私が言うだろう感想が
    そのまんま、先生が、こうしたい、って想っていらしたことと
    全部一致するよ。
    すごいね。こう表現したいんです、ってことが
    見る人に全部伝わるってすごいことだよ。」


私はくみちゃんのプログラムを
見ながら涙をふきふきしながら
こんなことをまくし立てておりました(あーへんなひと)


で、当然のことながら、
プログラムを買いに走りました(笑)


ロビーで会った同門の何人かに
「プログラム、買ったほうがいいから!」と
興奮してつたえて、
「え?あ、絢也さんがそういうなら・・」と
4人くらいに、ほぼ強制的に
プログラムを買わせてしまいました(T▽T)
※決して私には何の営業成績もつきません(笑)
※主催者側からのご褒美もありません(笑)


師匠がよく私たちにおっしゃる言葉


「見ている人に、伝わる芸」


猛烈に伝わってきました。先生。


私の感想を簡単に一言で言うなら、
師匠の三番叟は
ご祝儀の御目出度さ満載。
朗らかで、明るくて、それでいて
品がよく、ものすごく丁寧で
しかも可愛くて、かつ
柔らかく、優しくて、
まあるい雰囲気の三番叟でした。

その後、夜の部まで
全部拝見しましたが
どの演目も見ごたえたっぷりで
演者の皆様の意気込みが
びしびし伝わる
素晴らしい公演でした。
いろんな舞踊会を拝見しますが
ここまでどの演目も
「うおー!」という舞踊会は
なかなかあるもんじゃありません。
本当に観にいってよかったし
こういう舞踊会が存在することに心から感謝です。


客席はお客様でびっしりでした。

**************************************

ああ。
日本舞踊。
こんな素晴らしい日本舞踊があるってことを
もっともっと世間のひとにわかってほしい!


日本舞踊は、
日本の舞踊、なのに
いまだに世間一般には
メジャーに知られておりません。
「特定の、好きな人だけが勝手に盛り上がっている
特殊で閉鎖的な世界」と
想われがちですし
いや・・・実際・・・そういう側面もあります・・・・。

私自身、このブログや
HPを作った時に
「日本舞踊を知らない人に日本舞踊の
素晴らしさを知っていただく
御手伝いをしたい!」
なあああんて、おこがましいことを想っておりましたが
最近「それはちょっと無理なんでは・・」などと
思ってきています・・・。


事実、このブログの読者のみなさまのほとんどが
ご自身も日本舞踊や邦楽をなさっている方です。


そして、日ごろ生きていて
知り合う人に「日本舞踊をやっています」と言っても
理解されにくく、
かつ誤解が多く。

当初は、がんばって
理解していただこう、誤解をとこう、と
必死に説明したりしていたのですが
ほぼ伝わらないので(涙)
最近は
「うーん。そういうんじゃないんだけどね。
日本舞踊ってのは・・・・・・
まあ、いいや(苦笑)」
と説明するのも面倒になってしまいました・・。


確かに
日本舞踊をやったことがない人が
いきなり日本舞踊を見ても
なかなか面白いと感じないかもしれない・・
という側面もあります。


そう、

あまりにも「やってみないとわからない」ことが
多い芸能ではあります。
自分自身がそれを体感しながら
ここまできたので。


あの衣裳の重さも
鬘の重さも、
地方演奏の醍醐味も
身体をこれでもかと使わないと踊れないことも。


やってみて初めてわかる面白さ、大変さ
やってる人しかわからない面白さ、大変さ、
更に
やってるからこそ
見て、楽しい。


もちろん、ご自身は踊らないけれど
踊りを見るのが好き♪という方も沢山いらっしゃるけれど・・。

ああとにかく、一般的に、広く、人々に
もっと日本舞踊に触れて欲しいな!!!!


みんな、日本国民の義務?!として
一度は「踊りを習ってみる」ってことを
やればいいではないか?!


中学校で「邦楽」や「柔道」などの武道を
必修にするのもいいけど、
「日本舞踊」も必修にしたらどうだ?!


歌舞伎も、もっと盛り上がるようになるぞ!


だれかー。
御役人さま~~~(T^T)

2012年8月18日 (土)

日本舞踊万歳

夜の部も感動。


日本舞踊をやっていなかったら こんなに感動しなかったんだろうな

日本舞踊という 素晴らしい芸能があること。


それを素晴らしい舞踊家の 先生方が 私たちに伝えて下さること。


その世界の端っこの 一番下のところで そのありがたさを かみ締められること。

感謝しかありません。

劇場で沢山の同門の皆様にお会いし 沢山の、私のブログを 応援して下さる方から お声をかけていただき。

はうー。

幸せだー。

今、同門のみなさんと 美味しいお酒をいただいて 帰り道。

日本舞踊万歳!

明日も頑張ろう!


もう一回。

日本舞踊万歳!

感動

感動のあまり
プログラムを買ってしまいました。
 
 
詳しい感想は後日!
今夜の部の幕間です

いざ国立劇場へ!

夏の着物で
今地下鉄。
永田町までもう少し!
国立劇場まで小走りだな!
 
 
区民館で
早朝稽古(朝練!(笑))してたら
外が嵐になってしまい
しばらく帰れなくなりました(>_<)
 
おかげで支度がギリギリだ!
 
でも間に合う!
 
 
 
師匠の踊りを
舞台で拝見する喜びは
格別です。
 
 
まして大好きな
舌出し三番叟。
しかも掛け合い。
清元の三味線は
わがはとこ殿、志寿造さんです。
 
 
行ってきまーす!
 

2012年8月17日 (金)

恐ろしい悪魔

例えば
中啓を拾う
わずかな一瞬。
 
 
なんでだ。
 
なんで
素に戻る?
 
 
本人(私)は
集中して踊っている、つもり、
はず。
 
 
何かを迷ったりしているつもりはない。
 
 
強いて言うなら
きれいに拾おうと
心がけている。
 
 
きれいに拾う心がけ、
そのものは
間違ってない、はず。
 
 
 
なのになんで
拾う瞬間の一秒。
隙だらけだ。
 
 
他にも
何かを持ち替えたりするとき
隙が見える。
 
 
たまらなく
許せない動きだ。
 
 
 
なんでだ。
なんでこんなに隙が出る。
 
 
 
なんでだ。
 
 
前後を台無しにするパワーが
この隙には、ある。
 
 
それまでの何分間を
どんなに丁寧に踊っても
中啓を拾う瞬間に
全部おしまいじゃないか。
 
 
 
これが私の隙の正体か。
 
 
何度も師匠に叱られ
隙があることは
わかっていたけど
実感として気づいていなかった。
 
 
 
あかん。これはあかん。
 
 
 
なんとかしなければ。
 
 
 
強烈な危機感におそわれている。
 
 
 
隙という
私が生み出す
この悪魔を
私自身が退治しなくては!
 
 
 
恐ろしい悪魔だ…!

いよいよ明日!

まってましたあ!

「花形・名作舞踊鑑賞会」

私、きっと
感動しまくって
泣いてしまいそう~。

2012年8月15日 (水)

8月後半

今日こそは 今日くらいは バイトを休んでも 神様はもしかしたら 許してくれるんでは!


二時半に寝て 7時におきるつもりだったのに 6時に目が覚めてしまい そのまま一時間近く葛藤し 6時50分から ストレッチを開始して 7時にベッドを出た。

8月後半。 毎年精神的にも 肉体的にも厳しい時期だ。


普段から短めの睡眠時間だが 若干不眠症になってる。

それプラス、 今年は浴衣さらい本番が 9月9日。 お稽古だけでなく いろんな用事が発生する。 これは、もうこの数年 お稽古場の先輩的な立場になっている以上 皆さんのために ありがたくさせていただく お役だ。

踊りのことで いっぱいだ。 バイト、休みたい。 でも 今月は下浚いもあり、休む日が いつもより多い。


収入を減らせない! すべては踊りのため!


…踊りのため踊りのため踊りのため

と頭でつぶやき続けて 今地下鉄。


無事間もなく 遅刻せず 到着できそうだ。

8月後半。 きつい。正念場。 負けない。

1ヶ月くらい踊っていないような気分(笑

師匠の舞台出演が近いので
お稽古日も変則となっております。

金曜日と月曜日のお稽古がなかったわけですが
・・・・・
ものすごい長い時間のような気がして・・
もう師匠と1ヶ月以上お会いしていないような気分。


金曜日から日曜日の3日間は
「絢雛会」(自主稽古)で踊って、
月曜日は全面休養。
火曜日は仕事・・・

2日連続で、踊っていないだけで
これまた、1ヶ月くらい踊ってないような
へんな感じでたまりません・・・


今日は、御稽古場の御稽古日。
・・・だよね?だよね?
間違ってないよね?
(何度も、師匠からのお稽古日連絡メルマガ
「たつや通信」を見直す私・・)


御稽古場にいける~~
うれしい~!
張り切っちゃいそうでこわい~
平常心平常心(笑)
ストレッチストレッチ!!


*********************************

身体を休めるのも大事なこと・・
ってことで休みの日を作ったわけですが・・

そうしたら・・・・・


自動で御掃除するルンバって機械、ありますよね?


これこれ・・この黒いタイプのルンバ。

これに、ひたすら追い掛け回される、という
恐怖の夢を見て
汗びっしょりで目が覚めました・・・。
なかなかのホラー映画でした・・・。


ヘンに休んで、睡眠時間を多めに取ると
わけのわからない悪夢を見ます・・
これってなんなのか・・

こわかった・・・
ルンバ・・・・
使ったことないけど・・・
ルンバ・・・怖い・・・・。

ちょっと長めに眠ると
悪夢を見るので
逆にすごい疲れて目がさめたりします。
6時間以上寝ると、必ず、です。
7時間寝たら、間違いなく、悪夢(笑)


平均睡眠時間は4~5時間(^^;)
寝不足はわかっているけれど
この時間だと、すっきり目が覚めて
夢の記憶ゼロ。


ぐったり疲れが残った体感で目が覚めるのは
6時間超えしちゃった時。
うーん。もっと寝たほうがいいと思いつつ。
どうすりゃいいのやら。


身体を使うことを続けている今現在、
体調管理が本当に難しいな!

***************************************
また安物買い情報。
Img59016304
★白色『絽』二部式襦袢・日本製品★

ちょっとしたお出かけや
お稽古用なら
十分・・・安いな~

************************************************

おまけ。


こんなでかいの、誰が買うか!
と思いつつ買った人のレビューを見たら
「買ってよかった」
「毎日癒される」
というコメントばかり!

うちにはすでに
大小あわせて6ぴきもいるんですから~!!


誘惑しないで~!


・・・最近、誘惑が多い・・・
お財布の紐をきゅっ!!!!!!

※先日、「欲しいけどかわないぞ~」ってことで
このブログに紹介した
羅の帯。ブログをアップして
しばらくしたら売り切れてました。
わははは。

2012年8月14日 (火)

ら、ら。羅の帯

夏帯なんて、
そんな、数は必要アリマセン・・

でも

でも

欲しい(おんなごころ)


先日、同門のさえさんと
「羅(ら)の帯は素敵だけど高いのよねー」と
いう話をしたばかり・・・。

見つけちゃったよー。


正絹の、格安の羅の帯~!!
悪魔のささやき!色も素敵!


びっくり御値段!
うわああああ。ほ、ほしい!!
しかも送料込みでこれ?!
ええええええ。ええええええええ。


でも買わない!買わないよっ!
オシャレ目的なものは買いません!
ないと困る必要品しか買いません!
絢也さん、買いませんよ!!!(泣)

2012年8月13日 (月)

お役立ちのご紹介

家でゆっくり休日を過ごしております。
なので、お役立ち品(つまり、安い!)のご紹介を少々

■着物丸洗い、おなおし、などはここ


私はここに丸洗いや
裄出し、八掛交換などを今までお願いしておりますが
御仕事が丁寧で、気に入っております!
どうしても取れない汚れの箇所も、全部図に書き出して、
取れなかった理由まで記載されているので納得がいきます。
(特殊染み抜きで取れそうなものは
事前にメールがきて、特殊染み抜きしますか?と
御伺いを立ててくれます。追加料金になりますが
これまた納得がいきます)
八掛交換は、持ち込みもOKなので
オークションで見つけた安い八掛で
小紋の八掛を交換しましたが大満足の仕上がり!
安く済んで大助かりでした。


・・・と書いたところで
このお店が、ネットショップを閉店するということになっていることを
知りました・・・大ショック・・
どうしよう・・今後・・・


■小物が、いつも安くて大助かり
腰紐が大分くたびれてきたので・・・


他もいろいろあって
このお店にはホントに御世話になっております。


またなんかあったらお知らせします♪

2012年8月12日 (日)

いろんな意味で反省・・・

夫が故郷の同窓会に出席するために帰省。
思いがけず、ゆっくり休みになった日曜日。

・・・オリンピックだのなんだの、
ぼけぼけ見ながら洗濯物を畳んだり
新しく洗ったものを干したり
いろいろしてたら、また身体がだるい。


体温計。案の定37・1度。もおおおお。
週末になると微熱が出るの
これ、なんとかならんのか。
気が抜けるからなのか。


今日も区民館の和室を予約してます。
また、葛藤。

葛藤したところで
答えはひとつ。寝込むほどじゃないから、行く。
踊ればまた元気になるさ!
はっはっは~~!!


しかし。


今日は・・・・

休む・・・べき・・・でした(T-T)


「島の千歳」を1回、通しただけで
珍しく、身体が疲労困憊。
踊ってて体感としてなんとなく、なんかが変だった。


ビデオを見たら、
これまた「案の定」、
最近見たことがないくらい
踊りに落ち着きがない.
ここんところ、
大分、以前より落ち着いてきたのに
元にもどっちゃってるじゃんかよ!!おい!


とかなんとか言ってるうちに
ぐったりしてきて
汗だくの浴衣のまま
畳に倒れこんで10分くらい眠ってしまった(なんだそりゃ)


はっ、と目覚め、
「ええい!なんてもったいないことをしているんだっ。
今、休んだから、
さっきのリベンジだリベンジ!」
と、
よせばいいのに、もう一度、
気合入れなおして通してしまった。


さっきより更に疲労困憊。


ビデオチェック。

やっぱり落ち着きがない・・・。
さっきのことがあるから
修正しようとしてるのはわかるけど
落ち着きは取り戻しきれていない・・・。
踊りが早いよ・・・?
微妙に、早い・・・・。

本当に私はおばかさんです・・・。

身体が辛いから
こらえきれてなくて・・・・。
だから、踊りが微妙に早いのです・・・。

いくらお稽古好きだからって
今日は休むべきでした・・・。


それでも
もう体調悪いのがわかってんだから
やめりゃいいのに
区民館和室の使用時間ギリギリまで
鏡の前で細かい修正とかしちゃって・・・
ついに、もうクラクラするくらい
疲労困憊の二乗になってきて・・・・。


帰宅して、御風呂に入って
軽くご飯食べて
ずっとごろごろしてました。
明日は、バイト先が御盆休みだし
お稽古場のお稽古もお休みなので、
明日も、ちょっと身体を休めようと思います・・・。


ここんところ、私が休みなく
動き続けてることをご存知の師匠から
いわれたばかりでした。
「うまく、身体を、ケアしてよ。
どこか痛いとか、だるいとか、
なにかの信号だからね。
休むのも芸のうち、ってのを忘れないでよ。
あんた、バカだから(苦笑)」


せんせい~。
今更ですがおっしゃるとおり
私、やっぱりバカでした~(泣)


色んな意味で大反省の一日です。


体調が悪い時ほど
音をよく聞いて、丁寧に踊らなくてはいけない
ってことを忘れたことも反省だし、
ココまで体調が悪い時は
そもそも休むべきだったってことに
気づかなかったのも反省。


ああああ。
修行がたんないなあ!


自分の身体と話し合うのが下手だ。
気合だけで乗り切れないものもあるんだから!


本当にバカだな!


ばかばかばか!

明日はたっぷり休むぞ!

2012年8月11日 (土)

絢喜会?!(^^)

9月9日 日曜日。
新宿御苑前駅からすぐの
「四谷区民ホール」にて
「達喜会」(浴衣浚い)が開かれます。
※通常地方演奏なのですが
今年はテープ演奏の会です。

私は同門の藤間喜也(ふじまゆきや)さんと
義太夫「二人三番叟」を踊ります。

もしお暇でしたら
足を御運びくださいませ。
入場無料の、気楽な、会でございます。
御気軽にふらりとお立ち寄りいただければ
うれしい限りです♪

門弟総勢40名の出演でございます。
プログラム詳細は後日またお知らせいたします。
「藤間達也先生門下一同」、
応援よろしくお願いいたします!

***********************************

そんなこんなで本番まで
1ヶ月をきりました。

もともとお稽古熱心な同門の仲間の皆さんですが
やはり、一気に
「お尻に火がつく」状態になってまいります。
熱いです。


組み物の演目が多数ありますが
それぞれの「チーム」で
自主稽古の場所や日程の打ち合わせを
している声が
そこ、ここ、に聞こえてきます。
熱いです。いい感じです。
踊りに熱いのは大好きです。


もちろん、
わが「チーム・二人三番叟」も
日にちをあわせて
自主稽古。
場所はいつも
私が自主稽古=「絢雛会」(区民館に登録している団体名)で
使っている区民館の会議室。


会議室の床は固いので
本当はいつも使ってる和室のほうが
脚にはいいのですが
ビデオ撮影するには狭くて・・・。
会議室にした次第。
(昨年、「風流船揃」の際、
達乃さんとお稽古した時と同じ場所です)

20120811153532
右側に、喜也さんが写ってます(笑)
床にばらばらと置かれている物たちは
散らかしてるのではなく、
場所の目印です。
真ん中、上手下手それぞれ
これをはみ出すとカメラのフレームから出てしまう範囲
などなど・・・・。


普段踊るスペースより
狭いのは仕方ない。

とにかく、
「ふたりで踊ってる姿がどうみえるのか。
どこかズレていたり、
2人の認識が違う箇所はないか」
のチェックが最優先課題なので
ビデオ撮影は必須です。

身長差約20センチ(^^;)の2人で
この演目をやろうっていうんですから・・・。
(師匠も面白いことを思いつかれたものです・・・)
「どうみえるんだろう?」という
不安はいつも
2人の胸にありました・・・・。

絢也と喜也のお稽古。
題して「絢喜会」(わはは)
はじまりはじまり~~!!


20120811234111


いろんな確認ができました。
反省点いろいろありますが、
ひとつ、嬉しかったのは
「想像していたより、
2人の動きが合っていた」こと!


もう、お稽古の日数も限られているけれど
もっとがんばれば
もっとよくなる予感が満載!
なにやら胸にぽっと灯が灯るのを感じました。

2人の認識のズレの調整や
あわせたほうが絶対にいい角度など
ああだこうだ相談しつつの
充実のお稽古時間でした♪
うーん!楽しかったデハナイカ!
絢喜会!!!(^^)


終わって
2人でファミレスで御茶しながら
(すみませんワタシはビールで・・・)
沢山おしゃべりして
ゲラゲラ笑って
楽しい時間が過ぎました。

喜也さんとは長い付き合いです。
私が入門して2年半くらいのころに
入門してきた喜也さん。
かれこれ8年の付き合いということになります。

彼女のお稽古への情熱や
御稽古場を大事に思う気持ち
師匠を敬愛する気持ちなどなど
全部知ってるつもりでしたが
今日、なんだかんだと話していて
しみじみ改めて
「あ~~御稽古場を大事に思っているんだな~」と
いうことがわかって
嬉しくなりました。

2人で組んで踊れることに
感謝して、
この作品を大切に踊りたいと思います。


******************************************
今日は、偶然、
「チーム水仙丹前」の3人組も
自主稽古をして、
同じようにビデオ撮影をしたとのこと!
だは~~。
この蒸し暑い中、
みんな熱いぜっ!

だいすきだよっ。


ひとががんばってる姿を見るのが大好き。
そしてひとの上達を見るのも大好き。
御稽古場は
大好きなものがたくさん見られる場所。
だから、御稽古場が大好き。
みんなが大好き。
大好きがいっぱいって、幸せだな♪

2012年8月10日 (金)

食べて、踊る!

大食いで
いつもお腹がすいたと騒ぐ
わたくしですが、
こともあろうことか
昨日から食欲がない!
しかも風邪気味!だるい!
喉が痛い!妙に眠い!

なんてこと!
あかん!あかんよ!


今年は、
1月の本番でやせて
2月に普段に戻り
3月から6月くらいまで
珍しく普段より体重が増えてました。
(ここ数年で見たことのない数字を記録・笑)


太るのもいかがなものかと思いつつ、
夏は、毎年、絶対痩せて
体力がもたなくなりがちなので
それに備えた
養分保存(笑)てことに
しておりました。
ほおのコケもなくなったし♪


と言ってるウチに
増えた体重は
8月になったらいつの間にか
ベスト体重の
前半の数字に戻っていました。
やっぱり夏は夏なんだな・・・。
体力的に、
これ以上は落としたくない・・・。
ここを維持したい・・。

その矢先に
見事に風邪をひいたということかっ。、
おーまいがっ!
喉が痛い。とにかくだるい!
眩暈もする!いかん!


食欲がないのが何よりいけません。

ってことで今日はバイトが終わってから
これを。

20120810132352

松屋のビビン丼・・
写真だとまずそうだな・・(笑)
でも、これは、相当食欲がなくても
イケる一品です。
美味しい!


見事完食し、帰宅して水羊羹を食べた!
食べる食べる!
食べるのだ!
踊るために、食べろ!


・・・・しかしだるい。どうにもだるい。


しばしソファーに倒れこみ・・・
・・・今日は師匠のご都合で御稽古場でのお稽古がお休みなので
区民館の予約を取ってた・・・。
うーん。だるい。身体が鉛みたいだ~。
ビビン丼。全部食べたのに。うう。


30分くらい、行くか行かないか、迷いに迷って、
結局浴衣に着替えて自転車に乗ってしまいました(T-T)

・・・・・・そしてよくあることですが・・・・・
お稽古したら・・・・
・・・・だるいのがなくなっちゃった・・・(^^;)・・・・・・
疲れたーってのと
だるいーってのは違う。
踊ってすごく疲れたけど、
だるいのは消えた・・・。

うーん。
われながら、
この身体の仕組みがよくわかりません(^^;)


食べて、踊る。


これが出来ればとにかく、元気にやれるってことか。


今日は少し早寝もしよう。
あ、お洗濯してからね(また深夜の家事(^^;)とほほほ。)

*******************************************
おまけ

先日の「ガチャピン、ムックの道成寺」。

「松竹歌舞伎屋本舗」~ガチャピン・ムック商品

松竹歌舞伎屋本舗


『菅原伝授手習鑑 車引』
もはやガチャピンでもムックでもなくなってる気が・・・

え?「第一弾」?


ということは・・!!第二弾が!!!????

2012年8月 8日 (水)

京鹿子娘道成寺

 
この配役…
気絶しそう…!
 
 
この方が主役。
 
 
この方は
分身の術。
 
 
 
もう。
もう。
 
 
このコラボを
思いついたひとに会いたい。
 
 
 
これを見つけてきた
同門のちえさんに
拍手を!

エナジーどりんく

「やる気、のせいで
疲れを感じなくなってるひとは
危険です」とテレビ。
 
 
疲れたー!という体感は
体を休めるための
大切な信号なんですって。
 
 
 
わたくし。
疲れてないはず
ないのですが。
 
 
 
なんだか最近
ギラギラしてて
ヤバいです。
 
 
 
休みたいはず。
でも止まれない。
 
 
疲れてないワケじゃない。
でも辛くない。
 
 
 
でも時々、
あれれ…歩くのもいや…
となることは
あります…
 
 
そんな時は
すかさずエナジーどりんく!
 
 
これ200円なんですが
かーなりききめあります!
 
 
シャキッと目が覚める。
何が入ってるんだ?
ふーん。
 
みなぎってくれー。
 
 
 
さあ今日もガッツリ仕事したぞ!
これからお稽古!
 
 
 
エナジーどりんく万歳。
がんばれわたしー!

2012年8月 5日 (日)

「着る」のも「着せる」のも楽しい

553629_10150946186385670_1345345803

先日、隅田川花火大会の際、
吉村流の吉村千乃さんのご招待で
素晴らしい場所で花火を楽しませていただきました!
(千乃さん、重ね重ね感謝です・・)


その際に、姉、姉の大学院のお友達お二人さん、
合計3名様に浴衣の着付けを致しました。
帰り際、4人で記念撮影した写真が上記。
(全員に許可を取ってないので
小さくしております・・・。私の顔が
あきらかに酔っ払いですし
姉もテカテカ(笑))


自画自賛します。


実に、うまく、着付けできました(^^)


写真後方は姉。
姉は、浴衣は自分で着られます。
普段着ていない人の割には上手です。
さすが、器用な人です。


しかしその姉が
「うわっ。全然違う!
こんなにピシッとして、
それでいて、楽なんだ?!
違う浴衣みたい!!」


うふん♪(^^)
スーパーウーマン(と、私は思っている。
姉は、子供の頃から憧れの存在)の姉が
私の「技術」(?)に感動してくれてる~!
ぐはぐは。
うれしいぞ~~。


右側の知善ちゃんの浴衣は
わたくしのマイ浴衣。
これが、また彼女に似合って♪
生まれて初めて着た、ということですが
そうは見えない着こなし!
「私、かわいい!似合ってる~」と
大喜びしてくれました!
カレシにプレゼントしてもらった
髪飾りと下駄で、ますます可愛くへんしーん。


左がわのクリスちゃん。
クリスちゃんのゆかたは、
小柄な彼女には大きすぎで、
これは少々大変でした。
「色が気に入ったので、
あまりサイズのことを考えず買ってしまった・・」
とのこと。
身丈はともかく
身幅がべらぼうに大きくて、
上前と下前のバランスを取るのに
苦労しましたが、
なんとか、無事、成功!!!
「うれしい!」とクリスちゃん。
はあはあ。これまた、私もうれしい!


一日遊んで、騒いでも
着崩れてなーい♪
みんなばくばくご飯食べてる!
「苦しくなくて、着崩れない着付け」
に成功した~わあい!
やったー!!

御稽古場に入門し、
しばらくしてから、
いつの間にか
「初心者のお弟子さんに
浴衣の着方をお教えする係」に
なりました。


やり方を教える、
崩れたところを直す、
は、出来るのですが
ゼロから着せる、というのは
実はそんなに経験が多いわけではなくて、
姉に「わたしと、友達の着付け、よろしく!」と
頼まれた時は
ちょっと自信がなかったのです(^^;)


でも自分が着てるイメージを持ちながら
着付けをすると、うまく行くんだなー。
着せながら、
自分の身体の記憶と話をするというか。
そうすると、苦しくならない。


着るのも、着せるのも、
着物は楽しいなあ!!!
また着せたい!
着せる経験を、積みたいな~(^^)

****************************
そこで気づいたのが
「美容院で着付けしてもらうと、大抵、苦しい」という
事実(^^;)

もちろん上手な人もいると思いますが・・・。


概ね、苦しくなりがち・・・です・・。


思ったのは、おそらく、
着付けの資格を持ってる美容師さんは、
技術はもっているけど
自分自身が毎日着ているわけじゃないから、
体感がともなわないんじゃないかな・・・・
だから、つい、
崩れないことを目的に、
ぎゅうぎゅうしめちゃうのではないかな・・・
ってこと。


あと、着付けの機会って
せいぜい 成人式のシーズンくらいで
あとはそんなに多くない・・・・
だから、あまり上達しない・・?のかも・・?

なーんて、生意気言っちゃったりして!
有頂天(笑)

それにしても
舞台の衣裳さんって、すごいよなあ・・・。
あれだけの重い衣裳を
見事に着つけて・・・
それで私達は不自由なく
踊れているのだから・・・。


浴衣を着せるのでも
そこそこ体力使うのに
衣裳の着付けって本当に大変だろうな。
力仕事!


滝夜叉姫の衣裳を
着付けしてくださった
御若い男性の衣裳さんの
すっごい力、忘れられません!

**************************
大事な
宣伝を忘れていました!
注目注目!

花形・名作舞踊鑑賞会
8月18日、国立劇場!
師匠、藤間達也先生ご出演です!

577144_3448436492918_1046420988_n
※上記画像は扇与一先生のところから
ちょいと泥棒してきました(^^;)
ちゃんと許可とります・・・・。

扇与一先生は夜の部「かさね」にご出演です♪
(ちゃんと扇与一先生の宣伝も
忘れてません!(^^))


その後扇与一先生より
「おうよ!しっかり宣伝してくんねぇな」
という御返事を賜り(^^)
公認となりました♪泥棒ではアリマセン(笑)

2012年8月 4日 (土)

自分に怒鳴りまくるひと

「だから~!違うでしょうっ!」
「なんで足、引くの!引いちゃダメ!!」
「おいおい!なになってんだよぉ!!」
「ばかじゃないの!?いい加減にしてよ!もう!」
「小さくなんなさいよ!ここで小さく!」
「いどころ~!いどころでしょ~!」
「ここで袖をとらなあああい!!」
「ちょっともう!なんでよ!あたまわるすぎ!」


自分に怒鳴りまくる人=私(T▽T)


自主稽古・絢雛会中に
「つきかげーながれもるなーる」の
一節んところ。
この短いくだりが、超苦手。
先日、もんのすごい直された箇所です・・・。

繰り返し、繰り返し。


ここのくだりの振りで、
技術的に、
絶対にやっちゃいけない欠点がありまして、
それを克服すべく、の稽古です。


3回目に、なんとなく、出来た・・。
「ふむ。このカンジか。」


なんだ、できるじゃんと、
高をくくって、もう一度やったら
すぐ悪いくせに戻った・・・・!
くっ・・!簡単じゃないっ・・!
さっきのはまぐれだ!


いつも、それが当たり前、っていう動きに
しなくては!
「やってます!私、こういうふうにやってますっ」
てんじゃなくて、
さらにこなれた動きにならなければ!

それから数度、間はおかしくなるわ、
よろけるわ。

んで、怒鳴りまくるわたくし(き、きちが・・・(以下略))

ほぼここばかり30分以上、踊っておりました・・・。

ほか
「どこを切っても金太郎」(師匠より)
「気のきいたすし屋の太巻き」(師匠より)
のような踊りにしなくてはなりませぬ・・
これもがんばらねば・・ってことでいろいろ・・・。
(師匠の表現って・・ホントに素敵すぎます・・)

今日は通しで踊らず、
ひさびさに小返ししながらのお稽古。

こういうほうが
通して踊るより体力的にしんどい・・。
今日は最後、へれっへれ~でした。


その分、夕飯で飲んだビールの美味かったこと・・・heart


**********************************
オリンピックの
日本の男子柔道に対して。

マスコミの取り上げ方が
ひどくないか・・?

「惨敗」「無残」「無為無策」
新聞に踊るこの文字に
哀しみを感じる。


みんながんばってきたんだよ?
みんな勝つためにすべてを犠牲にして。


記事を書いてる人に何がわかる?

勝負だもん。負けることだってあるよ。


どんだけがんばってきたか、
知りもしないで。
そんな言い方、しないでほしい。


あの場所に出るために
どんだけのプレッシャーと
戦ってきたか。


記事を書いている記者のみなさん。
あなた方は
そんだけのプレッシャーと戦って、
精進を重ねてきた人なんですか?


記者のひとも
同じこと、やってみなよ。
絶対にできないよ。
あの舞台に立つことが
どれだけ大変なことか。
立つだけで、どれだけ大変か。


どうして、温かい言葉を
かけられない?
ねぎらおうよ。
日の丸背負ってがんばった彼らに
「おつかれさま」の拍手を送ろうよ。


叱咤激励、っていう記事ならわかるけど、
ちょっと違うんだもの・
ひどい貶めた表現なんだもの。


柔道やるひと、
いなくなっちゃうよ。

分野違えど
「挑戦」をするものとして、
とても傷つく。
男子柔道に対する記事を読むたびに
私が、とても、傷つく。

踊り用ステテコ情報(Lサイズのみ。メール便対応!素敵!)

舞台に出る際に
「おとうさんすててこ」ってわけにはいきません・・

私達、「踊り子」(?)にとって
ベンベルグ(キュプラ)のステテコは
必須アイテムです・・・

これが!

「高くて、すぐやぶれる!」という
大変コストパフォーマンスの悪い商品でして・・
特に「男」を踊ると
あっというまにびりびりになります・・・(涙)

本舞台に出る際の
赤いステテコは
お稽古で使わないので
長持ち??しますが
白いステテコは本当に長くもたない・・・。


浴衣浚いや、自前の着物で踊る際の
必須アイテム。白のベンベルグのステテコ~。

「白いベンベルグのステテコ、買わなくちゃ~」という
背の高い方に朗報!



これは、私が知る限りで最安値!
しかもメール便対応あり!
すてき!

ただし要注意、Lサイズだけです。
残念ながら、この値段はLサイズだけのようです。
(売れ残り??)

Lサイズはかなり長いです。
私の身長(168.5)でちょうどいい。
しかも、ウエストも太い・・
なので私はいつも、Lサイズを買って
ウエストを縫って、詰めています。


165センチ以上の背の方なら
ばっちりだと思いますんで。


ごさんこうまでにっ!!

高いやつを買っても
安いやつを買っても
劣化スピードも結末も同じ・・・。
・・・・ベンベルグのステテコってやつぁ
そういうやつです(涙)


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »