フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

七五三(笑)

同門のミヤモンさんより。
 
 
「藤間絢也さんは
七歳ですよね?」
 
 
はい。
名取になってちょうど七年です。
 
 
 
「はい七五三♪」
 
 
 
七五三の
お祝いしていただきました(笑)
 
赤い袋には
千歳飴が入ってます(*^_^*)
うはは♪
ありがとうミヤモンさん!
 
 
 
楽しい方々ばかりの
楽しいお稽古場だなあもう♪。
 
 
そういえば
師匠も
概ねニコニコ笑っていらっしゃいます(^-^)
 
 
 
あ…
…私のお稽古の時以外は…(泣)

2012年10月29日 (月)

ひょっとこ研究

何年か前の
アナザーカンパニーの公演で
西川扇与一先生に突然
舞台に上がるよう呼ばれ
ひょっとこをさせられ(笑)
寿太一郎先生と撮った記念写真(笑)
 
 
 
 
三ツ面子守は
本日よりひょっとこです。
 
 
早速師匠より
ガッツリお言葉をいただきます…
 
 
「恵比寿さんと同じじゃ
つまんないよ
それじゃ同じだよ」
 
 
 
ううっ!
 
 
自分でも
なんか…同じだなとは
感じていたわけでして…
 
 
「ひょっとこの脚は…
なんというか
もっと中性的じゃないと…
…研究して…
頭あるんだから
考えてちょうだい」
 
 
 
(T^T)
 
 
 
さてさてどうしましょう。
 
 
 
大変だー
 
 
 
 
…た、楽しい…

2012年10月27日 (土)

すればするほど

 
絢雛会
自主稽古中。 
 
 
 
お稽古すればするほど
もっとお稽古しなくては
 
と駆り立てられる。
 
 
 
まだまだ足りない。
 
 
全然足りない。

2012年10月26日 (金)

あああ (笑)

新春で
ご担当していただく
地方さん方に
自分がお稽古で使っている
音をテープで送る、という
作業がありますが…
 
 
 
私…疲れていたんですね…
 
 
三味線方の
杵屋裕光先生に
テープを送るために
宛名を書いていた時。
一瞬、突然、
ぼーっと、したのです。
 
 
 
ほんの一瞬。
多分眠ってしまったんだと
思います…
 
 
 
そしてはっ!と
手元を見たら
ああああ。
 
 
 
いつの間にか
宛名に
師匠の弟様のお名前を
書いてました(T_T)
なんでー。
 
 
 
道端で寝そうなほど疲れていた
のは事実ですが…
とほほ。
 
 
 
毎日用事がいっぱい!
ひとつひとつ、ミッションを
クリアしていく日々。
 
そして仕事、お稽古!
もちろん家事も!
 
 
 
すんげー思い切り生きてる!
という実感満載で
よいのですが
早送りのテープみたいに
時間が流れていくのが
怖いです(^_^;)
 
 
 
次のなんとかしなくてはならない
ミッションは
鬘合わせまでに
美容院に行くこと!
いつ行けるんだ!
 
 
 
行かないと大変!
髪、伸び放題です!
やばい!

2012年10月22日 (月)

お笑いの、演歌のアテブリ

楽しくなって 調子に乗っておりました。


お面のところを ご機嫌ちゃん♪で踊っておりましたら…

「ちゃんと踊りを踊りなさいよ!」と ピシャリ!


?ふぇっ?おどり?

「あんたのは踊りじゃない! 昔、お笑いで 演歌の歌詞に動きをあててさ ♪みっかーおくれーの♪ 便りをのーせーて♪ …ってアテ振りをやる コントがあったけど あんたのはそれ。 振りを、あててるだけ。 踊りじゃないよ。」

あ、あ、あのでもその。 歌詞の間(ま)に に振りを合わせるって ことだとは思ってましたが…

師匠の目がギラッ!

「あのねーえ ! 歌詞にあてるだの 間にはめるだのはねえ! きちんと踊りが踊れる人の 話ねえ? あんたねえ、今そんな高尚なこと 言えないですよお? 踊りになってないのに そんなこと言うもんじゃありませんよ?


踊りを踊って下さい。

にほんぶよう、を踊って下さい。」


すみません!と謝る私!

「自分だけが楽しくなっちゃ だめね。」

…(T^T)


楽しいのは事実… だけど 楽しいのはいいこと… でも私…本当にばか…

嬉しくなって 好きにやってました…

というわけで ガッツリ叱られて テープが巻き戻され やりなおし…

ひたすら丁寧に 踊り、を 踊りました。


「…そうでしょ… …そういうふうに やんないと… さっきまでは 踊りじゃなかったからね…」


気をつけます(T^T) いくら嬉しくなっても ちゃんと踊ります(T^T)

自分だけが楽しくなっちゃった お笑いみたいな 踊りじゃない動きは もうしません(T^T)

夢の実現なんだから! もっと大切にしないと!

…すごい叱られたなー… (…でも幸せ…)

2012年10月21日 (日)

おいつめられられ

最近悪夢で目が覚めて その後しばらく眠れなくなったり 脚の筋がつりそうになって 目が覚めたりします。


ベッドに滞在する時間が 五時間としても 多分3時間くらいしか寝てない!


これが早寝しても 結局途中起きるので そんなに変わらない!

年のせいもあるかもしれないけど


…25歳くらいのころも
同じようなことがあり
五時過ぎから ゴソゴソ新聞を読み始めたり コーヒーをいれ始めたりするので
親が気持ち悪がっていたな(笑)


まあつまり。

簡単に言うと。

追いつめられてるんですね! わたし!(≧∀≦)

肌あれもひそかにひどい!

まあこの時期にきて おいつめられないほうが おかしいわけで ふつーのこと。

追いつめられることに対しての 耐性は強くなってるはずですが 眠りは、すなおです。

たくさん眠らないと ひざの疲れもとれないし。

うーん。もうちょい眠りたいなあ

2012年10月20日 (土)

そんなこんなでお稽古日記少し。

パソコンがMacになり、
快適にネットを見られておりますが、
XPでバックアップをとったものを
入れられないまま日々が過ぎています・・。
め、めんどくさ・・。

アドレス帳とか。
でもパソコンからメールすることが
すっかり減った昨今、
慌ててアドレス帳を移行しなくても
とりあえず十分暮らせます。

またゆっくり出来る日に(そんな日あるのか?)
やろ。。。

******************

さて。本日見た歌舞伎ですが。
全然贔屓目とかじゃなくて、ですね。
家元様(尾上松緑)が、
ひじょ〜にかっこよくて
それが見られて満足でした♪
主役の五郎蔵さんについては
ノーコメント。。。、
私の同門の皆様なら
これだけで全部察してくださることでしょう(笑)

それにしても、歌舞伎にありがちですが、
瀕死になってからが、
元気で、長い(笑)
切腹してから尺八を吹くって一体・・
・・ってやっぱり、思っちゃいますね。
しかも生首の前で・・
まあ、それもこれも
歌舞伎ゆえのワールドなんですが。

**************

お稽古日記。
「島の千歳」のお稽古。


師匠のおっしゃることは
ますます難しくなり、
難しすぎて、
時々、ぼーっとしてしまいます。
ショック、とか
どうしよう、と困惑するとか、
苦しいとか
そういうのも越えると
ぼーっとしてしまうのか。

もちろん、ちゃんと聞いていますし、
なんとかしようと思っているのですが
心の中が
ぼーっとするというか。

「見てるものに対する
遠近感や
広がりの表現が
単調だから、
見てて、苦しいよね。
例えば
遠くの富士山を見てるのはいいけど
富士山ばかり見てないで
富士山の周りの広がりを感じさせる
ような見方ができなかね。
富士山を見ながら、周りも見てよ。」


・・・踊りの師匠のこういう・・
・・・こういうご指導って・・・
「こうすればそうなります」っていう
法則があるものではないから、
難しいわけです。


「官女」をお稽古をしていた時に
花道の出のところで
「周りの空気を全部連れてくるように
歩いて来なさい」と言われて
「はあああ?!なんですかそれわあああ!」と
心のなかで絶叫しましたが、
そういう絶叫を超えると
なんとなく、ぼーっとします。

でも、やるのです。
何かをやるしかないので
やるのです。やります。

*****************

「三ツ面子守」のお稽古。

お面の下り。
おかめ→えびすさん→おかめ。
のところまで進みました。


6年前にお稽古した頃と
お稽古の質が全然違うので、
新鮮で、ときめきます。

「お稽古の三ツ面子守」ではなく
「本舞台にかける三ツ面子守」は
こうも違うのかと、
興奮します。


一番驚いたのは・・・。
えびすさんです。


私は「えびすさん」は
男で踊っていいもんだと
思い込んでいたのですが、
えびすさんのところでも
師匠が
「かわいく!もっとかわいく!
女の子だよ!」


??へ?えびすさんなのに?可愛く??


師匠:「あのね。あんた、それじゃ
    ホントの男だよ。
    ホントの男になっちゃだめだよ。
    おままごとで女の子が
    お父さんの役をやるでしょ?
    イメージとしてはそれね。
    あくまでも、女の子が
    お面をつけて、【えびすさんごっこ】を
    してるんだから、
    どのお面をつけても
    基本、可愛くなくちゃだめ。
    でも振りは男だから、足は開いてよ。」


うええええ!
そうだったのか!!


おかめはそもそも女の子だから
まだイメージしやすいですが
えびすさんを可愛く踊る、が
難しいのです。


そして、この踊り、
下半身の酷使は
やっぱり、相当なものです。
ますます
ストレッチが欠かせない!


それにしても
目一杯踊っても
ぜいぜいはあはあしなくなったなあ。
6年前は
息切れがひどかった・・。


今は、
汗の量はあの頃と同じだけど
息切れしたり
踊り終わったあとに
声も出ないほどはあはあすることが
ほとんどなくなりました。


体力もついたし、
きっとあの頃できなかったことの何かが
出来るようになって
それで、息が楽なのかもしれません。

・・・それにしても・・


た、楽しい!!!
踊るのが楽しい!
楽しいよう!

忙しい週末!

早起きして 怒涛の勢いで 掃除洗濯片付け等 すべての家事ミッションを しましたが 時間ギリギリなっちゃったので 洋服でお出かけです…。


洋服だと… また武器不携帯の丸腰気分。 ヒットポイントが低い… スライムにもやられそう… (ドラクエがわかるひと限定ネタ)


今日は 杉並舞踊連盟の 公演を、数番拝見し 新橋演舞場へ移動。


歌舞伎のチケットは いただきもの。 ただですヾ(^▽^)ノ 一階前から 九列目。すげー。


****************** 明日は バイトをいれており (ふえーん。休みにしとけば よかったあ!)

バイトの後は 師匠の弟君の 杵屋裕太郎先生と 東音荒川知子先生共催の 長唄三味線のお浚い会 つばめ会へ参ります。 踊りの同門が数人出演! 応援に参ります!


…で、つばめ会を拝見したら 大急ぎで戻って 地元の区民館で 自主稽古「絢雛会」…

むむむ。 体を休める時間がないな。 でもほとんど 踊り関係の用事で 忙しいんだから、 よいではないか!

お稽古日記は…


いろいろ…あるのですが…


…また…書きます(泣)

2012年10月15日 (月)

叱られて・・・し、幸せ・・

何度もすみません。
何度も同じ事を書いてる気がしますすみません。

「三ツ面子守」のお稽古が
楽しくて仕方ありません。
ううう。


えびすさんの
「まかりいでたるものは
えびすさぶろうともうすいろおとこにてそろさ〜」
まで進みました・・・。


お面の下りに入ってから
師匠が立ってくださらなくなりました(T△T)
・・・一応、「振り入れ」の段階のお稽古なので
お面の前までは立って下さっていたのですが・・。
(そこで目を皿のようにして
師匠の動きを焼き付けていたのです〜)


「できるでしょ?やってみなさいよ」


確かに・・・
どんだけ好きだったのか・・・
自分でも驚きますが
「三つ面子守」の振りは・・・
ほぼ全部覚えています(^^;)
振りノートはありません
(当時、ちゃんと書かなかった)
つまり、頭の中でほぼ全部覚えているのです。

わりと一度覚えた振りは忘れない方ですが
それにしても、「三ッ面子守」は
多分、特別によく覚えています・・・。
我ながらほんとーにおどろきます・・
すごいな・・恋のパワーか・・・

そう・・・「三つ面子守」は
長年片思いしてた想い人のようなものです・・
今、最高のデート中なわけです・・。


覚えてることはいいとして、
師匠が
立ってくださらなくなってしまったのは
ざ、残念・・・
お手本。。見たかった・・・


でも、最初から、前方からの指示や
直しをしていただき
非常に貴重な時間が増えるので
ありがたいのです。


そして
自分が6年前に教わった時と
お稽古の質が違うので
これがたまらないのです。

「もっとゆっくり踊りなさいよ」
「可愛くないよ」
「そんな強く踊らない」
「しゅっ、としなさい、しゅっと」


こんなお叱りのお言葉が
バンバン飛んできます。


そして、振りの一部が
お浚い会用の振りになり、
少し変わります。
お稽古だけのときと、
舞台に向けてのお稽古では
間も少々違います。

これが〜〜

たまらんのです〜〜

私・・・幸せです・・・


*************

ただし、やはり
下半身は
相当過酷です。

「三ツ面子守」。
下半身の酷使は半端ではありません。


ますます
ストレッチがかかせません。


膝、足首、命です!


2012年10月14日 (日)

いつの間にか七歳(笑)

長唄三味線方の
お友達が
「昨日名取記念日だった!」と
つぶやいていて
「お誕生日おめでとう!」と
メッセージを送った。


その直後
自分が、今年の
名取記念日=藤間絢也誕生日
をすっかり忘れていたことに
気がついた!
あああ!


達喜会直前で
それどころじゃなかったもんな…
でも忘れたのは
初めてだー(T▼T)…びっくりー


てなわけで
9月6日、
藤間絢也。七歳になりました!


おめでとう私(笑)
→遅い!(笑)(笑)

違うこと。違うこと。

「自分で稽古するとき。
毎回毎回、違うことをしなさいよ。

なんでもいいから。
毎回、違うふうに踊りなさい。
同じ事をしない。
それから、うまくやろうとしない。
まとめて、完成形を作ろうとしない。

そもそも、引き出しに入ってるものが
少ないんだから。
少ないものを使って、
なんとかよくしようとしたって
ならないからね。
同じ所をぐるぐる回ってるだけになるよ。

引き出しの中身を増やす。
そのためにはいろんなことを試す!

へんなことでも、なんでもいいから。
自分が普段やらないこと、
やっちゃいけないと思ってること、
そういうところに
ヒントが落ちてる。

自分のお稽古は
一人で踊ってるんでしょ?
もっといろいろやりなさい。」


いろいろ。いろいろやるって。


いろいろがわかんないよ!
そんなの思いつかない!
何をどうするといろいろになるの?
違うことってなに?
わかんない!わかんない!
せんせい!わかりません!
ぜんぜんわかんないいいい!!


・・・・と心のなかで
悲鳴を上げたのは
ないしょです・・(今、書いちゃったけど)

***********************

本日の自主稽古。

どう踊ろうか考えてる時間も
もったいないので
とにかく・・。

やってみました。


そして
通しで2回。
ビデオにとって見ました。


全然違う踊り方をして・・みました。


・・・・・むむむ〜〜!


・・・・・ちょっと発見したことが!!

いろいろ。
違うこと。違うこと。


見つかるかもしれない。


探してるものが見つかるかもしれない。

まだまだ先は長く
果てしないけれど、


違うことをし続けてみよう。
自分なりに!


引き出しの中身を増やしたい!


失敗を恐れず。


チャレンジチャレンジ!


*******************

パソコン。
友人が使わなくなったPCを
譲ってもらいました〜〜!!

MAC BOOKなので
使い慣れないのですが
ちまちまいじっております。
(ノートパソコンも初めて!)

ブログもMACから更新です(^^)

楽しいほうに逃げないー!

はっ!


軽く体を温めるくらいで 「三ツ面子守」をお稽古するつもりが!


気づいたら夢中! ガンガンやってしまった! アカン!


今、やるべきこともしっかりやらなきゃ! 「島の千歳」!

楽しいほうに逃げないー

厳しいほうに立ち向かえー! ばかー!

2012年10月13日 (土)

沢山の力

「踊らいぶ」 素晴らしかった!


行ってよかったー! 楽しかったー! 今日を見なかったら 一生後悔するところでした! あー幸せ!


***************

客席で真起子先生のご門弟の 皆様とバッタリ。


久しぶりにゆっくり言葉を交わし 楽しい時間。


藤間真葵さん、 真葵さんのお母様、 藤間真さ起さん…


温かいお言葉を 沢山頂いた。 力を頂く。 背中を強く押される。


そして「名取同期」の 真葵さんと 2月の挑戦を 一諸にさせて頂くので 「お互いにがんばろう!」と 手を握りあった。 「嬉しい!絢也さんと 一緒でよかった!」というお言葉。


真葵さんとは名取式も1日違いだし 何やら縁があるのだ♪ 力強く握りあった手。


幸せな気持ちになり 益々力をいただく。


***************

そして出番を終えられ 支度を整えられた 真起子先生とロビーで お会いできた! 嬉しい!


本当に本当に 真起子先生の踊り、 素晴らしかったのですー そして多分二度と見られない 可愛らしい衣裳で (袴姿で…たぬきさんの…お耳がー!)


10人ご出演の作品でしたが 主役でいらっしゃいました。


貫禄と可愛らしさと コミカルな味わいと 温かさと…


様々な真起子先生の踊りを 拝見してきましたが またまた新しい感動を 沢山させていただきました。


これが芸の深み!凄い! 本当に凄い! 見られてよかったー 本当によかったー!


…なーんて 勝手な感想をベラベラお伝えしたら お手伝いについてらした 憧れの大先輩、藤間明沙恵さんが 「私のここ(胸)の中に 入ってることを みんな言って下さって」 と笑顔。


楽しいなあ楽しいなあ。

*********************

そして 新春の出番の日にちのことや 下浚いのことなど いろいろお話した。


真起子先生が 私の目をまっすぐご覧になり 仰った。 「また頑張りましょうね」

ぐっときた。 ぐぐぐっときた。


私にとって ものすごい力となる お言葉。

また、真起子先生に お稽古をつけていただける。 それを思うと 武者震いするのだが 同時に ありがたくて泣きそうになる。


おいとまの ご挨拶をして 歩き出そうとした時


真起子先生のお声が 私の背中に。

「会えて嬉しかったわ」

…きゃー。


ヽ(≧▽≦)/


…恋に堕ちたように メロメロになってしまいました…


尊敬する憧れの先生に そんなお言葉を頂いたら もうなんでもします! って気になります…

****************

あああ。


真起子先生。 真起子先生の門下の方々。 …素晴らしい方々ばかり… お優しくて 楽しくて…


とても応援していただいている 。 とても力を頂いている。


同門の仲間の皆様にも 温かいパワーと 応援を 沢山いただいている。

師匠。 師匠、藤間達也先生。 達也先生は 私を強く導き 厳しく鍛えることで 最大の応援をして下さっている。


こんなに沢山の人々に …こんなに応援していただいて いいのだろうかと 時々幸せ過ぎて ありがた過ぎて 怖くなる。


こんなだめな私には そんな資格、 ないんじゃないかと 怖くなるし 何も恩返しできないことが もどかしい。


ふとこんなことを 思い出した。


「僕、まだ踊り うまくなりたいから。 頼むから伸びてくれよ」

師匠が笑いながら仰ったことがある。


弟子が伸びると 師匠が伸びる、 という図式があるらしいことは 以前とある舞踊家の 先生に聞いたことがある。

絢也:「…私が伸びないと…」

師匠:「そう。僕、まだ 踊り、うまくなりたいから。 あんた頼むよ」


先生すみませーん! てことで この時は わっはっはーと 笑ってお話が終わったのだか…

…それしかない。

つまりそれしかない。 出来る恩返しって それしかない。

幸せを噛みしめつつ。

さあ!

これから浅草

これから浅草 城東ブロックの 「踊らいぶ」に参ります!


藤間真起子先生ご出演です!


今日は 終演後に移動し 旧友からパソコンを もらい受けるので 洋服です…

着物を着てない自分は なんとなく 武器をもたない丸腰の気分…

劇場では気配を消して… あ、あまり知り合いに 見つからないようにしたい…

2012年10月 9日 (火)

がらくた( 笑)

紙袋の中です…
 
 
どーみてもガラクタ…
 
 
いえいえ!
お役立ちグッズなのだ!
 
 
 
くみちゃんが
「相模あま」(あま、の字、
携帯だと変換不可能!)
をお稽古中。
私が「相模あま」を
お稽古してた時に作った
「貝籠もどき」を持ってきた次第(笑)
 
 
「貝籠」のポイントは
取っ手の長さ。
妙に長いのです。
この長さに
慣れておくと
本物がきた時に
何の違和感もないのです♪
 
 
あとS井さんが
「官女」をお稽古中。
私が使いまくった
桶、魚、鉤(全部、もどき)
の三点セット!
 
 
 
どんなにヘンテコリンでも
それらしい形や
長さのもので
しっかりお稽古しておくと
本物の小道具が
すぐに体に馴染むので
「自作のもどき」は
本当に重要です。
 
 
 
しかし、もどき たちは
お役目を果たすと
明らかにガラクタ…
とはいうものの
愛着があって捨てられない…
 
 
我が家は
謎のガラクタだらけですが(笑)
時々こうして
また本来のお役目を果たせるので
嬉しいのです。
 
 
 
 
うちのお稽古場の皆さんの
「もどき」作成能力は
すごいですよー
 
 
 
私、完全に負けてます。

2012年10月 8日 (月)

さてお稽古お稽古♪

バイト終わった!
 
揚げたてのエビフィレオは
激ウマ!♪
 
 
これから八王子でお稽古♪
 
 
夜組の皆さんと
お会いするのは
達喜会以来。
 
嬉しいな。
 
 
風邪は完治したし
気候は涼しい。
 
 
なんだか気持ちが弾む。
 
 
 
そうそう
若柳流のお友達が
名取試験に合格なさって♪
 
 
そういう明るい知らせは
幸せになります!
踊り友達の幸せは 
私の幸せ(^-^)
 
 
さーてお腹いっぱい!
 
 
私もがんばりますよっ。

2012年10月 6日 (土)

パソコン瀕死につき…( 泣)

はうー。


一円たりとも 踊り関連以外のことに 使いたくないってのに!


日々、周囲に 笑いを含んだ憐れみを頂くほど つましい生活をしてるとゆーのに!


たまに買うスイーツ?が 62円のガリガリ君だったりする 私なのに!

あああ。 パソコンが 瀕死…

いやほぼすでに 死んでおります。


無理やり起動させて 凌いでいましたが 本日急に 起動もままならなくなりました。 セーブモードもだめ

あー!

あああー!


パソコンは必要! しかし 今買うのはキビシイー!


お古をもらい受ける話を 何とか進めております…


というわけで ブログは携帯からの更新で しのぎます。


はうー。

まけないぞー

2012年10月 5日 (金)

嬉し泣き

今日の「三ツ面子守」の お稽古がたった今終わった。

これを舞台にかけるために お稽古していただいている 事実が嬉しくて、


ご注意をいただき 踊りを直していただける ことが嬉しくて


今汗だくになりながら お稽古場の隅っこで、 なんだか幸せで 涙が出て仕方ない。

こういう嬉し泣きがあるのか。 自分で笑ってしまう。 泣き笑い。

この気持ちを いい意味で 自分への刺激にして 夜の「島の千歳」の お稽古に活かしたい。

幸せだから 風邪が吹っ飛んで行く ような気がする(笑)

2012年10月 4日 (木)

これからの半年

さて!!!


踊り人生の中でも
これからの半年は、
間違いなく、ある種の
「クライマックス」となること間違いなしです。


とにかく、やるしかありません!!
自分でやりたくて
やります!って言ったことだし、
師匠に
「私、大丈夫ですかね」と不安を口にしたら
「大丈夫でしょ」と
言っていただいたので
きっと大丈夫!


1月の本選の出番の日にちについて
ご連絡をいただきました。
※まだ、主催側が正式発表していないので
ブログ上に載せるのは
控えさせていただきます

かつらあわせや打ち合わせの日程など
書類も届き・・。
突然気持ちが、ぐぐっと焦ります(^^;)
焦っても仕方ない。
やるしか、やるしかないのですが。


4月28日の本舞台に向けての
お稽古もがんばらなくてはです。

あと、もうひとつ、挑戦することがあり、
それは多分来年2月・・・・。

うわ~~われながら
本当に、とんでもない・・・・
だけど、やる、やりたい、やらせてください!
って言ってやり始めたので
もうやるしかないのです。
大変だけどやるしかない!

「それ・・・・僕、全部あんたにつきあうんだよね」と
師匠が思わず一瞬、
苦笑いしたことがあります(笑)
「はい、すみません・・」と申しあげたら
「いや、いいんですよ、ちゃんと
しっかり教えますよ。
でも・・・一瞬・・・一瞬ね、
一瞬だけね。
ううわああああ~~って、思っちゃった(笑)」
・・・せんせい・・・(T▽T)・・・
そんなせんせいが大好きです・・・。

人生、無理できるうちが華!
無理するから、やりがいもあるってもんです
(ちょっと、かなり?
無理しすぎだと自覚しつつ・・)
そして、すべて挑戦させてくださる
師匠にひたすら感謝です。


さあああああ!
風邪を早く治さないと!


今回の風邪、かなり
しつこいです。
皆様もお気をつけ下さい。

喉から鼻に移動しました。
マンガみたいな声になってしまい
バイト先で
「キャラが違う」と笑われておりますとほほ。

2012年10月 2日 (火)

明日はとりあえず…

10月です。


明日は 裾引きのお稽古は まだ始まらないので


とりあえず 単衣でお稽古しよ!

しばし 浴衣のアイロンがけから解放!

2012年10月 1日 (月)

常磐津「三ツ面子守」

入門四年経った頃に
一生懸命お稽古した
常磐津「三ツ面子守」
 
 
大好きになって
いつか
いつか
舞台で踊りたい
という
激しい夢を持ちました。
 
 
 
しかし
師匠から
「舞台でやるのは、
あんたには勧められない」
と言われ
一生舞台で踊ることは
ないんだろうと
諦めていました。
 
 
 
しかし。
 
 
 
二年くらい前。
師匠に自分が
これから何を目指し
どうなりたいのか
お話していた時のこと。
 
 
師匠にふと
「私本当は。」
 
 
わたしほんとうは。
 
 
 
「三ツ面子守を
舞台で踊れるように
なりたいんです。
無理だってわかってるんですが
でも踊れるようになりたいんです。」
 
 
 
そう言葉にした瞬間
涙が両目からこぼれて
自分でびっくりしました。
 
 
 
ああそうなの。
私そんなにやりたいの。
 
 
涙をこぼす私に
師匠はおっしゃいました。
 
 
 
師匠:「いろんな目標の立て方が
あるけど。
特定の演目を踊れるようになりたい
って思うことは
とてもいいことですよ」
 
 
絢也:「でも私には無理ですよね」
 
師匠:「今はね」
 
 
 
そして師匠はおっしゃったのです。
 
 
師匠:「頑張ってお稽古して
いつか、何年かして
僕の口から
あんた今度三ツ面やるかい?
って言わせるように
なってくださいよ」
 
 
 
今年の春。
 
ある日。
 
 
何の予告もなく。
 
 
まるで
今日はいい天気だね
と言うような
普通の口調で
 
唐突に
師匠がおっしゃいました。
 
 
 
 
「あんた、来年
三ツ面、やるかい?」
 
 
 
……!
 
 
私は多分
目玉が飛び出んばかりの顔を
その瞬間、したはずです。
 
 
 
そしてそのまま
顔を覆って泣き出してしまいました。
 
 
 
師匠:「ちょっと待って!
僕にはその涙の意味がわからない!なに?どうしたの!
いやなの?」
 
 
 
絢也:「いやじゃない…です
…うっうっ…
一生そんな日はこないと…
だからびっくりして…うぐっぐっ
えっえつ…」
 
 
 
師匠:「大変だろうけどまあ、やってみましょうよ。」
 
 
 
来年、春。
4月28日
国立劇場にて。
 
 
私にとって
とてつもない
夢が実現することになりました。
 
 
 
今日から
「三ツ面子守」のお稽古が
始まりました。
 
 
これから先
「島の千歳」との
二段稽古になります。
 
 
 
この二つをお稽古していくことは
ものすごい
体力と、精神力が必要です。
 
 
 
 
どちらの演目も
私にとって
デッカい夢の実現となります。
 
 
今日
「三ツ面子守 」 のお稽古を
始めるまで
果たして私は
やり遂げられるだろうか
と不安でいっぱいでした。
 
 
 
ああだけど。
 
 
 
曲が鳴り
踊り出した瞬間
猛烈な幸福感に包まれました。
 
 
 
うわあ。
私。今。
舞台で
三ツ面を踊るための
お稽古をしてるよ!
 
 
 
お稽古が終わり
着替えながら
嬉しくて
涙がこみ上げて(よく泣くひと(笑))
鼻をすすっていました。
 
 
 
大丈夫!
 
 
 
きっときっと
頑張れる!
 
 
 
そんなこんなで
これからは
「島の千歳」と
「三ツ面子守」の
お稽古日記となってまいります。
 
 
頑張ります!
 
 
 
 
さあ!
早く風邪を治さなくては!
げほげほ!
 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »