フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

誘惑に負けて

いつも
お稽古ちゅうに飲むお茶や
ジュースは
節約のため
味より
安さで…の私ですが
「おーいお茶」を
コンビニで買ってしまいました…
 
 
だっておまけが…
 
 
おまけがあああ!
 
 
誘惑に勝てなかった!
 
うう。
 
 
 かわいい…
 
 
 
( ´∀`)はうー
 
あー。
 
 
 
誘惑に負けたわたくしー♪
後悔しないー♪

2013年6月27日 (木)

離れていても、共に歩く。

FACEBOOKに書いた日記、そのままこちらにも・・。
558162_238284126308291_2071610447_n

こんな写真が携帯に残っていました。
これを恵里ちゃん=多智雛ちゃんに送って
「いよいよ、いくよ!」と告げたのでした。

写真を貼り、受験の動機を文章でしっかり書きます。
何を書いたか正確に思い出せませんが(^^;)
愛する藤間流の日本舞踊を、人に伝えていきたい。。。
というようなことを書いたような・・。

入門した日、名取免状を取得した日、
取立師匠のお名前・・など、緊張しながら書きました。

多智雛ちゃんが、専門部(花柳流の師範)を受験し、
見事に合格したのは、もう4年前??
そして彼女が「教える」立場になり「多智雛先生」と
呼ばれている姿は、非常に刺激的でした。

多智雛ちゃんが、専門部をとっていなかったら
私も、こんなに早く、教授免許をとろうと
思わなかったかもしれません。

こんな刺激的な親友をもっていることを
思い切り自慢します。

彼女が前を歩き、私は追いかけています。

ありがとう。

これからも、よろしく頼むよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・てなわけで・・
おぬしも「くま」が好きなんだと
思うぜよ(笑)
それにしても
リラックマ・・・とどまるところしらずだよな・・

多智雛ちゃんのブログ→「くま」

2013年6月23日 (日)

踊ろう

座布団の上にあるのは
ビデオカメラ。
 
 
いろいろ
工夫してるが
なんとも
変わり映えしない自分と
ひたすら向き合うのが
しんどくて
考え込んでしまったが。
 
 
 
考えるのも大事だけど
考えても
どーにもならん気がしてきた。
 
 
 
よし。
もう一回踊ろう。

2013年6月22日 (土)

この帯枕、いいかも♪

寝る前にふらりとパソコンつけて
ちょいと呉服屋さんの
サイトを覗いたら、発見。


見るからに涼しげだし
何より軽そう!
この形の帯枕は
お太鼓の形がきれいに決まるし、
ううっ!
ほしい。買っちゃおうか!


私は基本的に、
お稽古の際、
帯はお太鼓にするので、
(たま~~に半幅帯)
夏場は特に
帯枕の内側が、かなり
汗でしめってしまいます(涙)


なので、お稽古用の帯枕と
普通に着物を着るときの帯枕を
使い分けておりますが
まあまあ、お稽古用の帯枕ったら
見た目、もう、なんというか、
あまり、人様に見られたくないといいますか
(T-T)
(今使ってる帯枕、
ガーゼと一体化してるので
ガーゼがはずせないので余計に・・・)
そろそろなんとかしたいと
思っていたところでした。


ううむ。そんな中、
この帯枕。
素材がへちま、ってところが
また、天然素材で
呼吸してくれそうだし、
まず通気性がばっちりだと思われます。
おお。ガーゼもはずせる。
ガーゼ、洗える♪


か。買っちゃおうかな・・・。

よし。買う~~~(^^)♪

と・・・・つらつらもうチョイ見てたら・・・

か、かわいい・・・
これはちょっと今のお財布事情では
手がでないけど・・・・・
かわいいな・・・・。
ん?私の年齢では可愛すぎか・・・(苦笑)

うわ。これもかわいい。
(同じく手が出ないけど・・)

やばい!こんな時間になってしまった!
しかも、可愛い帯の誘惑に負けそう・・!
寝よう!寝る!
逃げろ~~(笑)

さあ!浴衣洗濯!

さあ晴れた!
 
洗濯洗濯!
 
 
今週頑張った浴衣たち…
糊付け済み!
 
この子たちは
風通しのよい室内に干します。
 
六階の我が家は
風通しが良すぎるくらいなので
うっかりすると
室内で吹き飛んでたりするので
気をつけなくちゃ!(笑)
 
 
 
そうそう。
今年は
二着浴衣を仕立て中です。
 
 
浴衣は消耗品…
今活躍中のこの子たちも
だいぶバテてきてます(T^T)
去年は作らなかったので
今年は作っとかないと…
 
 
舞台にでる際の下浚い、
本番用に
パリっ !とした
流派の浴衣を
最低でも二着は確保しとかないと
いけません。
 
 
そしてお稽古場で着るにも
ちょっともうアカンだろ〜
というほどくたびれたやつがあり
(自主稽古用になってます…)
 
 
ちょっと外に着ていける浴衣もないと…
(流派丸出しじゃないやつ…)
 
 
てなわけで
ヤフオクで5000円で落とした反物と
手にはいった某流派の反物
(出来上がればバレる(笑))
を現在仕立てに出してます。
 
 
 
浴衣の仕立ては
いつも親友の
多智雛ちゃん御用達の
下関の仕立て屋さんに
お願いしてます。
オール手縫い!ミシン縫いなしで
柔らかい着心地が
素晴らしいのです♪
(ひなちゃんいつも
仲介役をありがとよ!)
 
 
出来上がりが楽しみだあ!
 
 
 
アイロンがけはいやだけど
気軽に
反物を選んで
自分サイズに仕立てられる
浴衣ライフは
確かに楽しいっちゃ楽しい♪
 
 
 
…アイロンがけは嫌だけどね
(どんだけ嫌いなんだ(笑))

2013年6月16日 (日)

全編・勘三郎(眠りの中の夢の話)/ お稽古日記(夢をかなえるための現の話)

【眠りの中で】
目が覚めて、ぐったりしてしまいました・・。

昨夜、なが〜〜い夢をみました。
全編・中村勘三郎丈が出演・・・。

しかも、歌舞伎じゃないんです。

夢の中の勘三郎丈は
歌舞伎俳優の勘三郎丈には間違いないのですが
趣味で料理屋を経営しており、
そのお店で、包丁を奮っていました。
こだわりの素材をそろえ、
美味しい料理を出す店で
そのお店を経営することを心から
楽しんでいる様子でした。

「先がわかってるからさあ。
でも命あるうちに
やりたいこと、やっておきたいんだよね。
芝居はもちろん。
こっち(店)もね、
ちゃんと、きちんとやっときたいわけ。」


それから、時々、体調がすぐれず
お店をやすんだり、
突然満面の笑顔で
「こんなの、手に入っちゃったよ」
と最高の素材を手にしてきたり。

そんな繰り返しが
ひたすら続く夢。
特に私と話をするでも
私と勘三郎丈に何か特別な関係が
あるわけでもなく。
淡々とそんな姿を見ている、という夢。

なぜか、役者としての姿は
一度も出て来ませんでした。

だけど、とても楽しくて、
ずっとずっと見ていたい、
本当に楽しい夢でした。


だから、目が覚めた時、
「あ。そうだ。もうこの世にいないんだ」と
気づいて、
ぐったりしてしまった次第です。

なんで、そんな夢を見たのか
分析はまったくできないのですが・・。


あー。切ない。
なんとも。切ない。


いつでも観られると思って、
見逃してしまった
沢山の舞台が
いまさら
悔やまれて悔やまれてならないのです。
滅多に「後悔」ということをしないのですが
これは、心底「後悔」しています。

080109_img_01


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【現の中で】

さて。話変わって、
私のお稽古ですが・・。


素踊りの難しさに
完全に「やられて」おります。


空間の広がり。


空間を「表現する」ということの
難しさ。


そして今更、
「扇子」という
最も基本的な小道具の
扱いの、難しさ。


ほんの少しの軌道の違い、
ほんの少しの持ち方の違いで
なにもかも変わってしまう。


お扇子の扱い方が
まだまだ全然、「なってない」ことを
ガツンとつきつけられ
心がひりひりします


「芝居しないでよ。
わかってると思うけど。
芝居じゃないからね。
踊りで表現するのと
芝居は違う」


踊りで表現する、ということが
まだまだわかってない。
体が、わかってない。
当然、
気持ちはあるのだけど
その気持ちが強くなると
無意識で
芝居に走る。


芝居に走っていると
すぐさまバレる。
「踊りが安っぽい」
と師匠。
きつい。
返事もできなくなるくらい
きつい。


実は、
「素踊りをきちんと踊れるようになる」
のは
いくつもある、
私の「でっかい夢」の中の
一つだ。


今、私は
その夢に挑戦しているのだ。


夢を持つことは素敵なことだと人は言う。
しかし、夢を実現しようとすることは
いつだって、
間違いなく、きつい。


きつくて当然なのだ。

だって、夢、を実現するためなんだから
きつくて当然。


しゅん、と、凹むな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とびきり素晴らしい素踊りを踊られる師匠。
初めて師匠を舞台で見たのは
まさに、紋付袴姿の素踊りだった。
その時から
強烈に憧れている。


師匠の素踊りは
私ごときが
ここで大声で言わなくとも
周知のことだけれど
本当に本当に「すごい」のだ。
踊りの技術そのものもさることながら
とにかく空間使いがすごい。
まわりの空気が一緒に動く。
この、周りの空気が動く様は
圧巻で、
しかもその空気には
なんともいえない温度があるのだ。
どんな踊りを踊られても、
その空気が動くのだが
背景も、衣裳もない
素踊りではそれがより一層、際立って見える。
魔法みたいだ。

この「空気使い」の魔術師(と私は思っている)から
直接ご指導を受けているのだから
それは、厳しいのは当たり前だ。


ああ。
師匠の魔法がすぐ使えるような
呪文はないものだろうか・・・と
思ってしまう私は
あまりに弱虫だ(^^;)。
そんな呪文は、ない。


ぴろりろ〜〜んと呪文を唱えると
すぐに
「あみまる(昔ドラクエをやっていた時の勇者の名前・笑)は
すおどりをおぼえた!」
なんてことは、ありえないのだ(T▽T)
(こうして
書いてみて、
あらためて
ホントにあればいいなと思うが・苦笑)


「精進」「稽古」
この2文字熟語しかない。

これしか、ない。


ぴろりろ〜ん、は、ない(T^T)

2013年6月13日 (木)

清元。堪能

 
堪能しました…
 
清元って…
 
 
すてき…はう…
 
 
 
仕事で
疲れた心も
体も清められました。
 
 
 
踊りのない演奏会も
いいもんです!
また行きたい。
次も楽しみに♪

2013年6月10日 (月)

再従兄どの、お勧めなので、宣伝!

「清元美寿太夫・清元美治郎 二人会

国立劇場(小劇場)
2013年6月13日(木)
開演時間 午後6時30分
全席自由席
5,000円


私の再従兄(はとこ)であります
清元志寿造さんより
情報を頂きました!
かなりのお勧め~♪(^^)ということです。

興味のあるかたはぜひ!

-----------------------------------------

敬愛する再従兄どのでございますが
先日は「嵐にしやがれ!」という番組に
出演していたとか・・
お稽古場のまきちゃんが発見して
連絡してくれました♪
(うぁったったっ!
これを書いたら怒られるか?!
私は見てないのですが
「見なくてよろしい!」と言われております・・(^^;))


何度かこのブログに書いておりますが
彼のおばあちゃまと
私の祖父が
姉弟です。
高身長は確実に同じDNAです(笑)


血がつながった親戚でありますが、
初めてちゃんと会った場所が
劇場で、
ともに着物姿。

その後、洋服を着ている姿を
お互いに見たことがなく、
っていうか
劇場と下浚いの会場以外で
会ったことがないのです(^^:)
(彼のお父様とは親戚の集まりで
しょっちゅうお会いしてるのですが・・)


そんななので、
実は、
お互いの呼び名も
「しずぞうさん」
「あやさん」なのです。


親戚内では
「えいちゃん」
「あみちゃん」なのですが
とてもお互いに
そのように呼ぶ事は不可能で(笑)
この先一生、
「しずぞうさん」
「あやさん」なのでしょう。

なんか、面白いなあ。

2013年6月 9日 (日)

てーらー・あや( 泣)

夫のスーツの裏地が
ほつれると…
 
 
昔は
すぐ洋服屋さんに
修理に出していたのに…
 
 
 
いやいやながら
襟をつけたり
着物や浴衣の
破れたところを
繕っているうちに
能力があがってしまい
 
 
ある時私が
夫のスーツを
見事に直してしまい
(やらなきゃよかった!
ばかばか!)
 
 
「日本舞踊も
役に立つんだな!
洋服屋にだしたら
3000円くらいかかるぞ!」
 
 
と喜ばれ
 
 
 
…以来わたくしの仕事になってしまいました…
 
 
 
え?
 
 
3000円はもらえません(泣)
 
 
 
本日
三着分…
 
 
 
今発狂しそう!
 
 
 
自分の着物の縫い物も
嫌いなのに!
 
 
 
 
ぎゃー!
 
 
 
 
…家庭円満維持も
芸のうち…
と言い聞かせ
がんばります…
 
ほい!一着完成!
はあー。
あと二着!
 
 
 
ちえさーん。
みちよさーん。
えりさーん。
(お稽古場でお裁縫上手三人組)
 
 
だずげてー(>_<)

気分あげあげ(^-^)

お扇子きたー!
(・∀・)
 
 
わくわく(・∀・)
 
うはー(・∀・)
 
 
きゃーヽ(≧▽≦)/
かっこええ!
 
 
さっそく
絢雛会(自主稽古)で
つかうー♪
 
 
今から踊るぞ!
気分あげあげ。
 
 
 
張り切りすぎないように
要注意(笑) 

2013年6月 8日 (土)

お扇子を新調

「松島」。
お扇子で踊る演目です。
お扇子、がんがん使います。

おまけに最近、
まきちゃんの「鏡獅子」のお稽古の
後ろに立たせていただいて
二枚扇で投げたり
ぐるぐる回したりしていたら
急激にお稽古用お扇子が劣化して・・・

もう限界・・・。
お扇子を新しくしないと・・・と
言い続けてはや2週間(涙)


いつも買いに行く文扇堂(浅草)に
行くひまがない
本当にない・・・
どうしたらいいんだ・・・。


ってところで、
「京扇堂」(人形町)
オンラインショップがあるので
見てみた・・・


今回、「尺寸」を買うつもり・・


シンプルで素敵なのを発見。


そして思い出す。


日本舞踊協会の会員は
京扇堂さんでは
2割引きでお買い物ができる特典が!!


お電話。


柔らかい語り口の
すてきなご主人が対応してくださり、
無事、電話で注文ができました。
2割引きで、
送料入れても、
定価よりお安くなりました(T▽T)
人形町までの交通費を考えたら
お店に出向くのと
まったく同じくらい・・・いや
むしろ送料のほうが
交通費より低いかも!!


明日にはもう届きます。


うー。やる気が出るな。
新しいお扇子。
一気に燃える!

2013年6月 1日 (土)

おおむこう。その素晴らしさ。

大向うの堀越さんから
嬉しいFB友達リクエストを頂き
本日からFB上でお友達になりました。
ありがとうございます。
本当に嬉しい。

不思議な御縁で・・・
「ほぼ日」の記事を読んで
大興奮し、
私が一方的に大ファンになったのですが
いろんなタイミングが
とても素敵に重なって、
お会いしてお話をすることができ、
そして、私の舞台を
応援していただいております。

前回の「将門」に続いて
今回の
「三ツ面子守」も。


歌舞伎座の千秋楽のあと、
国立劇場にかけつけてくださり
素晴らしい大向うをかけていただきました。


踊りながら、
もちろん聞こえておりましたが
改めて、今日
そういえば、
どこで、どう、
かけてくださったのだろうと
ふと思い、
堀越さんのお声を聞きたくて
DVDを見てみました。


常磐津さんの後ろから
飛び出してきて
丁度舞台の真ん中に
さしかかったあたりで
「絢也!!」
しゃりーん!と鈴が鳴り響いたような
爽やかなお声。
お囃子さんのにぎやかな音や
付け打の
バタバタバタの音に
負けることなく
スコーンと抜けて聞こえてきます。


そして花道の七三で転んで
顔をあげた瞬間


「まってましたぁ!」


まってましたぁ!がかかったのは
知っていたのですが
改めて今日、聞いて
感動して
思わず涙がこぼれてしまいました。

※追記※
最後に決まって、首を振った時の
お声。よく聞いたら
「おおあたり!」でした(T▽T).
・・・また涙・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
亡くなった勘三郎丈が
「あんたの大向うはすごいよ!」と絶賛した、
最高級の大向うをなさる方です。
歌舞伎座で、
この方の大向うは一発でわかります。
最高のタイミングで
かつ、素晴らしい響きなのです。
この方がいらっしゃる日に当たった日に
観劇している人は
間違いなく、ラッキーです。
いらっしゃらない日と、いらっしゃる日と
芝居の楽しさが間違いなく違います。


ここ2,3日少々
本来の明るさではない
私でございました。
日々の生活に追われているうちに
5月が過ぎていき、
体が疲れているのか
珍しく心も少し疲れ気味でした。


しかし、今日
堀越さんが私にかけてくださった
お声を改めて聞いて
自分の幸せを噛み締めました。


こんな素敵な御縁に恵まれていること
そのものに、
その御縁に導いてくれた
すべての出来事に
(日本舞踊を続けていること
そのもの、も含めて)
感謝の気持ちがあふれました。


舞台の上で、当然
沢山のちからをいただきました。
さらに舞台を終えた今、
またちからをいただいてしまった。


「絢也!」
「まったましたぁ!」


大向うの力。


日本の伝統文化の中で
「歌舞伎の大向う」という
一つの分野が
脈々と受け継がれ
そして、息づいている・・


役者にエネルギーを与え
観客の想いを鼓舞する。


すごいな。


だから、
こんなに私も元気にしていただいたのだな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

FBに
中村屋さんとの
楽しい楽しいエピソードがいっぱいの
温かい、素晴らしい文章をお書きになっていて
さっきから
泣けて泣けてしかたがありません。

先日、NHKでこけら落としの
「お祭り」を見て

そこに勘三郎丈がいない、という事実を
目で見て、改めて
「この世に勘三郎丈がいない」という
ことを突付けられたような
気持ちになって、
三津五郎丈を始め、
役者さんが明るく元気な舞台を
繰り広げているのですが
泣きながら見ていました。

私は、イチファンでしかありませんが
半年がすぎ
それでもこんなに悲しいのですから
親しかった方の悲しみはいかばかりかと
想像もできません。


ああ。見たいな。
客席から。
見たいなあ。
中村勘三郎。

パソコンのモニタを変えたので♪

Windows7機のモニタが
DELLのXP機の時のやつを
つかいまわしていたので
画面が小さくて・・・。
(PCを買い換えた時、
OS導入済みの本体のみ購入したので・・
格安です(^^;))

「まあ、使えるからいいや」と
そのまま使っておりましたら。

仲良しのお友達が
「モニタがひとついらなくなったから。
まだまだ使えるものだから
あげるよ」と
た、た、ただでくれました(T▽T)


愛用中のMACBOOKも
「新しいのを買ったから、古いのをあげるよ」と・・
頂いてしまったものだし・・。


ああ・・・・。
こうして戴き物に支えられてながら
わたくしのパソコン環境が
整って参ります・・・。
ありがたいことです・・・・・
本当に本当に
みなさんっ!
いつもありがとうっ!!!


モニタの付け替えが終わったので、
記念?!に(笑)
本邦初公開!
ワタクシのデスクトップPC〜〜♪


20130601120015

こうして見ると・・・
師匠のファンクラブ状態・・・。


実はこの写真の上部の
壁にも師匠の写真が・・・・

ふ、ふふふ・・。



結構、周りで
「達也先生の写真を飾ってる♪」ひとが
多いことが判明(笑)
うははは〜(^0^)
みんな、「せんせい大好き♪」なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
★おまけ★
昨日お稽古場で話題になった「いなりらっくま」。
これこれ。みんなこれだよ〜。
268801_276589745811062_143323061_n

誰か作ってきて〜(笑)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »