フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

夜の区民館♪(^o^)

窓ガラスに
自分が映るので
鏡代わり!
 
 
細かいチェックに最適!
 
 
ヾ(^▽^)ノ

一瞬、の、光の世界。そのために。

衣裳と鬘をつけた
本舞台に立つということ。

多くの演目がだいたい15分から25分くらいか。
どんなに長い演目でも
1時間弱。


その、一瞬の、光の世界に
出ていくために
私の365日がある。


時々、ふと
何やってんだろ私、と思うこともある。
ちょっと、心身ともに疲れてる時など。


でもそんなのは一瞬のこと。
私はまた毎日
その一瞬のために生きるのだ。


その光の世界に出ていくための
準備は大変。


お稽古を重ねることは
時に苦しくとも
非常に幸せで楽しい作業だけど
仕事を沢山して
しっかりそれに対応できる
経済力を整えていかなくてはならないのが
・・・当たり前のことだけど
辛いな、と思うことはある。


コツコツと。
ほんとにコツコツと、だ。
コツコツと、必死に働く。
踊りのため
踊りのためと
心に呪文をかけながら。

でも神様は、
優しいなと感じる。


働く場所で出会う人々が
みなさん、とっても素敵な人々なのだ。
びっくりするほどに。

そして、
仕事を通じて
学び、鍛えられることが沢山あり
仕事によって
心が強くなっていると思う。


もし、日本舞踊で
舞台に立ち続けたい、と思わなければ
これらの仕事に出会ってない。
すてきなみなさんにも出会ってない。


これらの仕事をこんなに一生懸命
一切の手抜きをせず
真摯に取り組めるのは
日本舞踊のおかげ。


いい相乗効果。
神様、なんとも、ありがとうございます(^^)


たまに「日本舞踊」のことを
全然知らない人から
「ええ〜〜20分のために
そんなに何ヶ月もお稽古するの〜?」
と驚かれることがある。


一瞬の光の世界に出ていくことは
その手前で
どれだけ準備が必要か。


踊りを続けるみなさん
みんな大変だと思います。
できるだけ
その準備の大変さを
周囲のみなさんに理解していただいて
踊れる、働ける、そのことに
感謝して、
ひたすら頑張りましょう!


もう、いや〜〜とか
わかってよ〜とか、思うときほど
無理やり
感謝するとよいです(笑)


無理矢理の感謝でも
口にしたり
思い続けてると
無理やりじゃなくなったりします(笑)


一瞬の光の世界に、出て行く。
そのために。今日も。
歩き続けます。

2013年10月21日 (月)

ひさびさの千本ノック

ひさびさの 千本ノック!


いやもちろん数は 千本ではありませんが(^_^;)


…時々訪れる一つの振りの 修正の リフレイン。

船に乗るところで それは、きました。


「それじゃあー 普通に何かに乗ってるだけ。 それじゃあ、ちょっと。」


その一言から始まりました。


振りの流れがあるので その少し手前から 返します。


「んー?もうちょっと なんかないの?」


もう一度、返します。


「船は揺れてるわけだよ。 その揺れのタイミングをつかんで ちょうど岸に近づいた タイミングを狙って 一気に乗り込むんだよ。」


もう一度返します。


「その左足の動きじゃあ 船、どっかいっちゃうよ。 あんたひっくり返るよ」


もう一度…


「ううーん!わかんないかな」

師匠が一緒に立ってくださいます。 あー。魔法みたいな 動き。あー。


「こういうふうにして。 はいもう一度」


もう一度…


「うーん。もう一度」


…この「ノック」で 体がへばってしまい(T^T) 後半の踊りが ガタガタでした(T^T) 情けないわたくし。

それにしても …ありがたいノック…


「言いたいこと 伝えたいことは 全部言ったからね。 あとはなんとかしてきて」

なんとかしてきます。


まったくもー


へばって 踊りが乱れるなんて あーもー


悔しい!

2013年10月19日 (土)

こんな日こそ

どんよりしたら空のせいか
珍しく気持ちが
少し沈んでいる。
 
 
なんだか何もしたくない。
 
 
私にもそんな日は、ある。
 
 
何もしたくない
こんな日こそ
踊ろう。
稽古しよう。
 
尺のお稽古扇子も
だいぶくたびれてきました(T^T)
 
 
本番用のお扇子のことを
昨日師匠と相談。
 
 
時間は確実に流れています。
 
 
がんばろ。

2013年10月15日 (火)

市川團子・応援団

勝手に応援しております。
香川照之こと 市川中車丈の 長男、團子ちゃん。


今、国立劇場でやっている歌舞伎。
彼の胡蝶が見たくて それだけの目的で チケットを取りました。


…びっくりした…


短期間で…こんなに…!


しかも…


音にのる、ということを すでに知っています。 体も使えている。
高い身体能力は おもだか屋(ガラケーなので変換できず)の 血筋を感じます。


今回の團子・金太郎コンビ の胡蝶は 近年見た
「小さい子供の胡蝶」の中で 秀逸の出来でした。


胡蝶って 小さくて可愛ければ 多少ふにふにしてても OKOK!ってところがあります。

逆に 小さくてかわいくないと 上手でも …デカいな… という印象で終わったり…

今回の2人は 小さくて可愛くて しかも、
目一杯体を使って しっかり踊ってるので メチャメチャ感動してしまいました。

いやー見てよかった。

前半は苦手な演目で もう遠慮なく 睡眠時間になってしまいました。
となりの席のおばあちゃまは 豪快にいびきをかいていました。
普段なら ひとにらみしちゃうところ(笑)ですが 今日はわたくしも
気絶してる時間が長かったので 温かい気持ちに(笑)なれました


2013年10月12日 (土)

お礼参り

今年は踊りに関する
挑戦と夢がいっぱいあったので
近所の氏神様に
初詣した際に
絵馬にびっしりお願いごとを書いて
奉納しました。
 
 
絵馬に書いたこと…
 
 
 
全部実現した…(泣)
ありがとうございますありがとうございます。
 
 
んで
お礼参りするのを忘れておりました。
今、行って参りました。
 
 
 
また来年のお正月も
びっしり書かなくちゃならないし(笑)
 
 
氏神様
よろしくお願い致します! 
 
 
この中に私が納めた絵馬があります。
どれだ?(笑)

2013年10月 4日 (金)

「夢をかなえてくれてありがとう」

「夢を叶えてくれてありがとう」
→親友・花柳多智雛ちゃんのブログ・・


私たちは
どっか、根っこのところが似てるのかな、
と思う。
だから親友になったのかな。

-----------------------------------------

私の師匠は
入門すると
入門の記念に「最初のお扇子」を
プレゼントして下さいます。


新しいお弟子さんが入門し、
師匠が
扇子をお渡しになっている光景を
何度も何度も見てきました。


漠然と、
自分がいつか
「踊りの先生」になれる日がきたら
私も同じようにしよう、と思っていました。

そして先日、その日がきました。


「今日のお稽古から、
もう、使ってくださいね」と言いながら
「進呈 藤間絢也」という
のしをつけてもらった箱をお渡ししました。


嬉しそうに箱から、お扇子を取り出している
お弟子さんの笑顔を見ていたら
胸の奥が熱くなりました。

こんなこと、言っていいのか悪いのか
わからなかったけれど
たまらず、
自然に言ってしまいました。

「こうして、自分の名前を入れた
のしをつけたお扇子の箱を
自分のお弟子さんにお渡しして
そのお扇子でお稽古していただくのが
夢だったんです。

今日、今、私の夢がひとつかないました。

私の夢をかなえてくださって、ありがとうございます」

そうしたら
「そんなそんな。そんな風に
おっしゃっていただいたら
私も嬉しいです」という
笑顔の言葉が返ってきました。


楽しいお稽古になりますよう。
これからもがんばっていきます。

ひなちゃん。
お互いに・・・がんばろうね!!!

んんんん~~。しあわせ・・。

昨日はこれを楽しみ・・・!

「日本舞踊とオーケストラ」

そしてたった今はテレビでこれ!!

「NHK教育 にっぽんの芸能」=常磐津「蜘蛛絲梓弦」

あああ。師匠の踊りを満喫!

幸せです~~(T▽T)

テレビを見逃しちゃった方は
再放送 10月11日(金)12:00~12:58
だそうです♪


せんせい、かっこよすぎっ!

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »