フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

やることいっぱい

1月6日の
本番で
演奏をしていただく
地方さん、お囃子さんに
お稽古で使っている
音をお送りします。
 
ダビング完了。
 
あとは抜き差しを
書いたメモを添えて…
 
 
 
家事もどっさり(T_T)のこってます。
 
 
夕方は区民館で
自主稽古。
 
 
 
やることいっぱい!
 
 
 
ひー!

2013年11月27日 (水)

お扇子が出来ました

浅草、文扇堂さんより
お電話が入り
「ご注文の尺のお扇子
出来ました!」
 
 
(T_T)わーん。
こんなに早く…
ありがとうございます。
 
 
本日、仕事を終え
お稽古に行く前に
取りに参りました。
 
 
 
注文した日が一の酉で
取りに行く日が三の酉!
偶然とはいえ
なんだか縁起がいいヾ(^▽^)ノ
 
 
素敵なお扇子が出来ました。
感謝です。
 
 
 
文扇堂さんの女将さんが
新春舞踊大会のチラシを
お店に貼ってくださることに…(T_T)
…あたたかい応援…
 
 
 
嬉しい気持ちになったら
急にお腹がすいたので
奮発して天せいろ!
 
 
 
浅草に一人でくると
ほぼ必ず入る尾張屋さん!
お気に入りのお店です。
 
 
この時期
新蕎麦でげきうま!
海老天もげきうま!
 
 
思わず、「おいしー…幸せ…」とつぶやいてしまいました(笑)
 
 
心もお腹も満たされましたヾ(^▽^)ノ
 
さあ、お稽古に向かいます♪
 
今日も踊るぞ!

2013年11月26日 (火)

下関東京〜再会!

20131123193330


親友、花柳多智雛ちゃんの
お師匠様、多佳広先生が
常磐津「独楽」を踊られるというので、
これは見逃せない!と、
下関に駆けつけました!!


多智雛ちゃんに再会!
嬉しい!!
会いたかったよぉ!
(久々にあった瞬間
思わず抱き合った)


多佳広先生と、多智雛ちゃんにいろいろご配慮いただき
本番も満喫させていただきました。
本当に勉強になりました。
ありがとうございました。


多佳広先生の
常磐津「独楽」。
感動しました。
ただ、ただ、感動しました。
見に行ってよかった!
先生すばらしい舞台を
本当にありがとうございました。


多智雛ちゃん。
本当に楽しい時間だった。
またくるよ。
今度はおまえさんの舞台だ。
「鷺娘」
楽しみにしてる。


美味しいお店に連れてってくれて
ありがとう!
それにしても
2人で二晩、よく飲んだ・・・って
書いても・・・だ、大丈夫だよね(笑)


下関、東京、お稽古物語!ばんざいヽ(^o^)丿

2013年11月22日 (金)

美しい振り。

違う。
そうじゃない。もう一度。
。。。違うんだよな。
うーん。
わかんないかなあー。


師匠が「よっこいしょ」という感じでお立ちになった。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

左手で扇子をつきだして
やっとんとん。

言葉にすればそれだけの振り。


この部分がだめだということで
繰り返し何度も踊るが。


「違う」と言われる。


師匠がついに、立ってくださり
「こういうふうにやってほしいんだよ」


私のだめ、は、
振りが流れていること。
踏む前にぐっと
お腹が入った状態になってほしい・・
という師匠のご注意・・・


なのだが・・・


私は、多分、師匠が
「見てほしい」とおもっていらっしゃることと
違うことに目を奪われてしまった。


腰がぐっとキレた瞬間
腰から背中にかけて、
一瞬、柳の枝のようにしなったのだ。


惚れ惚れした。
叱られて、直すためにお手本して頂いてるのだが
その柳の枝のような切れ味に
一瞬で目を奪われた。


このわずかな振りは。


言葉にすれば
やっとんとん、のこの振りは。


こんなに美しい振りだったのか。


・・すぐ気づいた。
違う。今私が見るところは多分ここじゃない。
この、踏む前のぐっと
お腹を入れた状態の間(ま)。
それが、今私が身につけること。


だけど、あまりの師匠の美しい動きに
衝撃をうけた。
美しさに目を奪われてしまった。


衝撃を胸にしまいこみ
もう一度その部分を踊る。
必死に踊る。

「まあ、ぎりぎり・・・そういうことかな。
とにかく、流れないでよ。
そこでぐっと入れてよ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お稽古が終わり、
いろんなお言葉をいただき、
最後に
「せんせい。ひとつおききしていいでしょうか」と
質問した。


先ほどの、やっとんとんのところですが、
・・・先生の動きはまさに
柳の枝のようで・・・。
ああ、この振りは
実はこういう振りだったのかと
衝撃をうけました。
こんなに美しい振りだったのかと。
・・・私が注意をいただいていることとは
違うことを見ていることは
自分でもわかっていましたが
あまりに美しいので
目を奪われてしまいました。
私もそれを目指したい。そういう動きになりたいと
思いました。
でも、今の私が
先生のその動きを目指すことは
やはり、今の私には
まだ、してはいけないことになるのでしょうか。
・・してはいけないこと・・なんだと
なんとなくわかってます。
でも、こんなに美しい振りだと知ってしまい・・・。


と言ってるうちに
涙が出てしまい、泣き声になってしまった。
心がふるふるとふるえていた。

師匠が静かにおっしゃった。


「そんなふうに言ってもらって、
なんなんだけど・・・
僕はそこ、なんにも考えてやってないから
あなたが言ってることが
なんなのか、いまいちよくわかんないんだけどね。」

天才っていうのはそういうものだと
しみじみ思う。

「まあ、あなたが、こうなりたいと思うものを
目指してもらってかまわないんだけど。
でも、今は、
ぼくが こうして、って
ぼくが直して、ってことだけを
集中してやって。
他のことをなにかしようとすると
せっかくここまできて
踊りがおかしくなるから。
僕が直してほしいことだけ
して。」

心から、「はい」と返事をして、
ご挨拶をして
お稽古が終わった。


何に対して涙が出てしまったのか
よくわからない。
だけど、泣けてしまったのだ。
心がふるえてしまった。


涙を拭いながら
ひとつひとつの振りに
もっと愛情をもとう、と想った。


一瞬の振りが
こんなに美しいものだということを
師匠の、
ほんの一瞬のやっとんとんで
知ることができた。


私が教えていただいている
私が踊っている
「松島」の振りは
とても美しい。


ひとつひとつの振りを
もっともっと大事にしよう。

そして
この振りで「松島」を
もっともっと大切に踊ろう。


そのために
師匠に言われたことを
一生懸命、やろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑞巌寺のひんやりした空気。
松島海岸の海の色。


松島。


胸がきゅんきゅんするくらい
この踊りが大好きだ。
ほんとうに本当に好きだ。

2013年11月20日 (水)

お守り

瑞巌寺でいただいた
お守り。
 
 
もちろん本場当日
帯にはさんで踊るつもりだ。
 
 
 
稽古でも
挟もうかと
真剣に思っている。
 
 
 
とても苦しいところにきている。
ここからの
1ヶ月半が
本当に苦しい。
毎回のことで
わかっているけど。
 
 
 
力を
力を
 
 
力を下さい。
 
 
 
どうか。

2013年11月19日 (火)

追悼・・坂東三津之助丈

坂東三津之助丈が亡くなられたとのニュース。

まだ51歳。
なんという若さ。
あれだけの身体能力が高い方が
こんなに早く・・。


坂東三津之助、という名前を
私が初めて知ったのは
2009年秋。
歌舞伎座の舞台。
玉三郎丈主演、「蜘蛛の拍子舞」での・・


着ぐるみの「蜘蛛」で、でした。


これをご覧になった方は
みなさん、覚えておられると思います。

この蜘蛛はすごかった!!


着ぐるみが、もう、舞台を独り占め状態!
圧巻の「舞踊」だったのです。


この蜘蛛があって、の、
大迫力の作品で、
大興奮でした。


その後、同門のともみさんが
そのことをブログに書いたら
ご本人が
コメントを寄せてこられ、
ともみさんと大興奮したのも
よい思い出です。


そのときのブログ記事
「ボンのととまじり」〜みいつけた!〜


本来名題になったら
着ぐるみに入ることはない・・というところを
立師からの直々の指名で
演じることになった・・・
やるからには伝説に残すくらいのつもりで・・。

おっしゃるとおり、
間違いなく
伝説に残るものでした。
間違いなく。


また、
もう一度見たいけど
二度と見られない、というものが
増えてしまいました。

あの日の
蜘蛛の拍子舞。
絶叫しそうなほどの興奮を
一生忘れません。


心よりご冥福をお祈りいたします。

どうしたんだ。歌舞伎界。
歌舞伎の神様は
どうしたいんだろう。
どうして、いい役者さんを
どんどん、この世から去らせてしまう?
どうしたんだ。


2013年11月14日 (木)

自己管理は難しい!

神戸3日間出張(イベントの司会のお仕事で・・)があり
4日間連続で
「松島」を踊らない・・・という
事態になりました。
神戸での仕事もがっつりタイトなので
まったく踊りのことを
一切考える暇もなく・・・
(行き帰りの新幹線はほぼ気絶してるし・・)


・・・という状態で稽古日を迎えました。
うわー。4日も踊ってない・・・。
大丈夫か。私。うわー。
こわいよー。


そして
稽古中の体感。


なんだか、いつもより集中していたような・・・。


いつもより体が動いたような・・・。

なんだろこれ・・。

お稽古が終わって、
師匠が・・・・

「ちょっとあいだをあけると
緊張感が出るのはいいねえ。
動きが新鮮になるね。」


うっ・・・!


絢也:「まる4日間、まったく踊ってなかったので
   心配だったのですが・・・
   確かに・・」

師匠:「沢山稽古するのはいいんだけどね。
   でもね、ずっと同じ踊りを稽古してるとね。
   途中、どうしても、慣れてきちゃうわけですよ。
   そうすると、なんとなく自己流になっちゃったり、
   ”いつもの動きです〜”って感じになっちゃうわけ。
   何日か、まったく踊らなかったことで
   緊張感が戻る。
   そうすると振りの新鮮味が増すわけですよ。」


絢也:「今回は仕事という、なかば強制的に
    ”踊れない”という状況があったから
   4日間もあけられましたが・・
   普通だったら、怖くてあけられません。
   稽古をしてしまいます・・」


師匠:「あんたは、まったく猪突猛進というか・・
   ひたすら直球勝負でいっちゃうひとだからねえ。
   あのね。芸事をするには、緩急ってのがあってさ。
   稽古するのはもちろん大事。
   だけどあえて、少し、時間をおく、ってのも
   時には必要なんだよ。
   ちょっとあんたは稽古しすぎ。
   たまに、何日か、稽古しない日を作りなさいよ。」


絢也:「でもでも・・・。それって・・。
   お稽古しないと・・ってやっぱり思ってしまいます・・
   強制的な状況がないと・・」

師匠:「じゃあ強制的な状況を作んなさいよ。
   休むのも芸のうちってのは
   こういうことでもあるんだよ。」


もっとお稽古したい。
もっともっと・・。
でも。


コンディションを整え
可能な限り
本番当日に
自分の中の絶好調を持っていくように
稽古していく過程で・・・


緊張感と新鮮味の維持、いや
それを更に高めるために
時間をおくことも時に必要・・・
それが体を
上手に休めることにもなり・・・。


上手に休む・・・
それも大事な自己管理・・・・。
それも大事な稽古のうち・・・


ああだけど・・・
まだまだ身につけなくてはならないことが
沢山あって・・・。
もっともっと踊りこまなくちゃ・・・
ああでも・・・
そればかり続けていると
緊張感と新鮮味が・・・・

ぐるぐる、ぐるぐると
いま頭のなかで回っております・・・。


猪突猛進でお稽古しまくってりゃ
なにもかもいいってことではない。


上手に間をあけたり
休めたり。


そういう自己管理がきちんと
冷静にできるようになることも
大事なことだと
改めて実感しております・・・


しかし。


くー。難しい。
難しいな!

幸いなことに?!
今月は、
いろいろ盛りだくさんで
「強制的に自主稽古のひにちがとれない」事態が
またまたあるので
うまいこといけるかな・・。


しかし今後の課題だなあこれは・・。


自分で「ん?なんか最近カラダも
心も、変に慣れてきちゃってるから
ちょっと間をあけようかね」と
計算できるようになれたら
いいんだな。


・・・ううう。・・・・
言うは易し・・行うは・・・

むずかしい!!!!

2013年11月 9日 (土)

平成26年各流派合同新春舞踊大会・プログラム発表

「平成26年各流派合同新春舞踊大会」
プログラムが正式発表されました

1383757395_

1383757395__2

私、藤間絢也は
常磐津 「松島」で出演致します。

★出番
→1月6日 (金曜日)第二部(16時開演)の
7番目、です。
※下浚いが終わりませんと
正確な時間がわかりませんが
おそらく私の出番は18時以降になると思われます。

チケット等、お問い合せはこちらまでお願い致します。
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<日本舞踊協会HPより>
若手舞踊家を対象とする日本舞踊のコンクール公演です。
毎年9月の予選を経て、
本公演の成績優秀者には最優秀賞をはじめとし、
各賞が授与されます。
古典の日本舞踊を継承・発展させていく、
人材育成の場として注目されています。

■平成26年各流派合同新春舞踊大会日程
1月6日〜8日 3日間
(各、二部制)
第一部:11時開演
第二部:16時開演

■国立劇場(小劇場)

■助成:文化庁
(平成25年度 次代の文化を
創造する新進芸術家育成事業)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が申し上げるのも僭越ですが
とても素晴らしい大会です。
すべての日程に、
沢山の方にお運びいただき、
出演なさる、すべての舞踊家の皆様を
応援していただけたら
こんなうれしいことはございません。

よろしくお願いいたします!

お弟子さんのお稽古日でした♪

土曜日(あるいは日曜日)の
お稽古日は
いつもは
午後の時間なのですが
諸事情ありまして
本日は午前中でした(T-T)
申し訳ない・・・。


朝から元気にお弟子さんが
来て下さいました。
その笑顔を見ると
一気に元気が出ます♪(^^)


熱心にいろいろ質問してくださるので
こちらもやりがいがあります。
そしてとても勉強になります。


これからも楽しんでお稽古していただけるよう
頑張ります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


★このブログをご覧の方で
「日本舞踊のお稽古って、やったことないけど
楽しいのかな〜?」
「浴衣も着物も自分で着られないけど
お稽古始められるかな〜?」
「今は忙しくて月に2回くらいしか
通えないけど・・そういう状況でも
お稽古できるかな〜?」
という疑問や不安をお持ちの方。

下記ページをクリックしていただき
記載されているメールアドレスに
ぜひ、気楽にご相談ください!
【藤間絢也日本舞踊教室のご案内】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は
黒とグレーの万筋にしました。
一気に冬!って感じです。
20131109132436


お弟子さんが、旅行のお土産を
下さいました〜〜♪(^0^)♪

20131109122728

こ、このクッキーが!!
泣けるほどの美味しさ!!
超美味ですっ。


20131109122745
おや?これは・・?
わかるひとにはわかる!
完全に内輪受けでございますヽ(`▽´)/

達乃さんにも、わかる(笑)
「やっぱ、旅がらす、ですよ!」

2013年11月 6日 (水)

さあ!鬘あわせと打ち合わせ!

バイトを終えて、 お昼を食べて…


いざ月島へ!

本日、鬘あわせと 大道具、小道具、衣裳などの 舞台関係のひととおりの 打ち合わせです。

お浚い会ならば 師匠が全部して下さることを 自分でします。

初めての時は この打ち合わせで 緊張して どうかなりそうでした。 やっぱり今日も 少し緊張しています。

もちろん事前に 師匠と打ち合わせをし こう伝える こう説明する という文言は決まっています。


この打ち合わせで 覚えたことが沢山あります。 なにもかもが勉強です。

それが終わったら お稽古場へ! お稽古もがんばる。

2013年11月 3日 (日)

注文完了

本番用お扇子の
注文完了!ふう!
 
 
今日はお酉様!
仲見世は凄い人…
 
 
ちょっとのぞいて行こうかという
気持ちも失せました┓( ̄∇ ̄;)┏
 
 
用事が済んだから帰ろ…
すごすご…
 

2013年11月 2日 (土)

わすれものだらけ( 笑)

体がものすごーく
だるいのに
頑張って自主稽古の
区民館に来てみれば
足袋がない (>_<)
 
靴下で踊っちゃえと
着物を着終わったら
膝サポーターがない(>_<)
 
 
最近ハードワーク。
サポーターなしで無理すると
ろくなことがないので
今日は「吉野天人」をお浚いしよう…
 
 
ズボラもいいとこ!
 
歌詞を書きうつすのが
面倒で
歌詞本をガラケーで写メって
パソコンに送って
捨てる予定の
A4の裏紙にプリントアウト(エコですエコ!)した
爆笑歌詞カード!
でも便利!
 
 
 
歌詞が頭に入ってないので
振りがつながってない…
音を聞き込んで…と
張り切っていたら
 
 
数回目の
途中で
カセットの電池がしゅーりょー(TOT)
 
 
 
だめだこりゃ。
まあ無駄な時間ではなかったから
いいか
と我が身を慰めつつ
今日はこれで店じまいして
体を休めようー
 
 
ダメダメの日。
まあこんな日もある。
はっはっは!(T^T)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »