フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

7月26日(土)「達喜会」です

7月26日(土)
「達喜会」(藤間達也先生主催)
日本橋劇場
11時開演

・・でございます。プログラムが完成しましたので
取り急ぎUP致します!

Img_1_1


Img_0001_1_1

私は
長唄「吉野天人」(都人)
長唄「二人椀久」(椀久)

の2演目に出演いたします。

プログラムをお送りできますので
ご要望の方は
メールをくださいませ(^^)
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp

※件名は【達喜会プログラム】の文字を入れていただけますと助かります(^^)

2014年6月22日 (日)

自分と向き合う

昨日録画した
自分の踊り
 
見ながらいろいろ思案中の深夜
 
 
うーん。
 
 
 
うーんうーん!
 
 
 
この爽やかなまでの
サラサラ感はどうしたものか
 
 
踊りに重さが欲しいなあ。
 
 
うーん。

またこんな時間。ねよ・・。

刺激的な同門の仲間♪

同門の、
Nくん、ミヤモンさん、近也さんの
3人が、
自主稽古をしたいけれど、
場所をどうしよう・・と
悩んでおられました。


ミヤモンさんとNくんの
「賎機帯」
Nくんと近也さんの
「吉原雀」
どちらも見応え充分な素敵な作品です。
今度の「達喜会」で踊ります。

確かに3人が住んでいる場所も
それぞれ、ひじょ〜〜に離れているし
場所を考えるのは大変そう・・


ということで
3人それぞれのお住まいから、
決して近くはないですが、
平等に遠い(笑)ってことで
我が街までお越しいただいた次第。
私が愛用している区民館の
広い部屋を予約しておきました。


本日、そのお稽古。
私はチェックインと
お部屋の使い方をちょいとアドバイスして
早々に立ち去り、
お夕飯の買い物をして帰りました。


夜遅くになって
「非常に充実したお稽古が出来た!」と
よろこびのメールが!!

17時半入室で、21時半まで使えるのですが
「5分前には出てね」と言ったら
Nくん「えええー。そんな時間まで踊るのぉー」と
笑ってましたが
Nくんから「お稽古終わって、今出ました」
とメールがきたのが
21時半・・!
なんだい!
「そんな時間」まで、
おどったんじゃねえかっ!(笑)
素敵素敵ヽ(`▽´)/


頑張ってる人が好き〜〜。


私ももっとがんばらなくちゃっ
って刺激をいただきます。


本当に素敵な同門の仲間に恵まれて
あたしゃ幸せです。


足袋は消耗品〜お買い物情報

この手のものは
舞台では履けませんが
普段使い、お稽古には
十分です。

昔は100円足袋もあったんですが
最近はここらへんが最安値ですね〜〜。

これも何かとあって損はない品物


偶然見つけたのだけど
このお店も安いな。


肌着とか小物は
可能な限り安いものを手に入れていかないと!!はあはあ。


裾よけだけが買いたいのだけれど
なかなかいい品物がない・・。
裾にレースがついてるものは安いのだけど・・・。

もうちょっと探そう・・・。


必要なものを買う、っていうことばかり。
たまには
欲しいものを買う、というお買い物が
したいな(涙)

2014年6月20日 (金)

三人吉三〜コクーン歌舞伎

歌舞伎って素晴らしい!
 
前から数列目
平場席のど真ん中を
同門の先輩に取っていただいて
役者の汗や
息づかいが、じんじん
伝わる素晴らしい席で
素晴らしい舞台を拝見しました
 
 
友人の大向こうさん、
堀越さんに
観ないと一生後悔しますよ!
くらいの迫力で
勧められ
行きたいけどチケット完売だし…
ともやもやしてたところ
同門の先輩の
強力ルートにて
観劇がかないました(T^T)
もう…感謝です…
 
 
この舞台。
もし
二万円でも
高いと感じないでしょう!
それほどのクオリティ。
 
 
 
後半は泣きっぱなしで
目が腫れました…
 
 
 
あー!
 
 
もう!
 
 
三人とも最高!
 
 
 
すごかったあああ!

2014年6月18日 (水)

「達喜会」!速報!

トリの演目!
 
 
きゃーきゃーきゃー
 
 
皆様
お見逃しなく!

2014年6月14日 (土)

かっこよかった!関三奴!

師匠、
藤間達也先生の
「関三奴」!


かっこよかったー!


かっこいいもの観ると
目から
水が出てしまう体質なのですが
つまりまあ、
今日もそういうことですヾ(^▽^)ノ

んー
師匠の踊りが大好きだー(叫)


日本舞踊の見方の
解説もとても楽しく
勉強になりました。


解説をしてくださった
市山松扇先生のお話も
実演の交え方が巧みで
テンポ抜群。


同門五人で
ちょいと昼ビールを楽しみ
沢山笑い転げて
今帰路ですヾ(^▽^)ノ


あー幸せ。


師匠からたくさんの
幸せを頂いてます。
こんなに楽しくて
幸せな
日本舞踊の世界に
触れられて
何度も言うけど
幸せ!

師匠の舞台ヾ(^▽^)ノ

さあー
いい席とらなくちや!
 
と意気込んでたら
指定席だった( ̄∇ ̄;)
 
師匠・藤間達也先生の
「関三奴」!
 
 
国立劇場視聴室で
見られるビデオで
拝見したことがありますが
かっこいいんです!
 
 
ナマで拝見するのは
初めて!
わあああいヾ(^▽^)ノ
 
 
 
お天気よくてよかった!
 
 
単衣の着物は
暑いけど
あと二週間しか着られませんからね。
次は9月まで
お別れ(^_^)/~になってしまいます。
今のうち今のうち!
 
 
 
それに
可能な限り、どうしても
「踊り」や「歌舞伎」は
着物を着て拝見しないと
落ち着かないのです。
 
 
なので
今日晴れて嬉しい…
雨コートは暑いから
着たくなかったから
本当に嬉しい。
 
 
では楽しく拝見して
きまーす!

2014年6月13日 (金)

恒例の「遠足のしおり」

浴衣浚いが
近づいてきました
 
 
 
同門のみなさまにお配りする、
持ち物や、心得などを記載したもの…
いわゆる
「遠足のしおり」(笑)
 
 
毎年少しずつ修正を加えております。
今回もやっと完成…
 
 
ふうー!
もうひとつ作らなくちゃならない
書類があるけど
今日はいいや…
 
 
明日は師匠の舞台!
朝早く起きなくちゃー
 
寝よー!疲れた!頑張った!!

2014年6月12日 (木)

夏の帯枕

これは!!


ウォッシャブル本麻帯枕

1110_68527b_01

これはいいかもしれない!!


私は浴衣でもお太鼓なので
こういうのは
うれしい。


どうしようかな。
買っちゃおうかな。


(迷い中。)

2014年6月 8日 (日)

洗濯むげんじごく(涙)

むげんじごくって
「無間地獄」って書くんですね。
「無限」とは書かない・・。

で、ぐぐってみたら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
苦しみが連続していて
苦しみと苦しみの間が無いので
無間地獄と言います。
地獄の苦しみはとても
永いものですが無限ではありません。
いつかは地獄の苦しみから
抜け出すときが必ず来ます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

へえー・・・・。


・・というわけで。

毎日、家がこういうことになってます

20140608143221

他の空間にもいろいろ干してありますが
それはあまりにも壮絶な光景なので
ここには載せられません(ToT)


・・・・しかもこの雨で、お風呂場まで
ダイナミックにすごいことに・・
乾燥機も活躍してますが
乾燥機にかけられないものが
たくさんありますので・・・。


さて。まずは
私は7〜8年前の私に向かって
言いたい。
言って、一発頭をはたいてやりたい。

「あんた!そんなの甘いんだよ!!!」と!!


7〜8年前、
わたくしはよくつぶやいておりました。ええ。


「週2回、日本舞踊のお稽古をしてると
お洗濯がたいへ〜〜ん!!」

・・・。は。
ははははは!!!!!


なにいってるんでしょ。このひとわっ!!!


もう一度、過去の私に向かって叫びます!


「あんた!そんなの甘いんだよ!!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
現在のわたくし。
師匠のお稽古場でお稽古をしていただく回数。
週3日になってます。
うち、1日は、一日の中で
お稽古場2箇所におうかがいしてるので
浴衣、肌着ともに
2日分になります
(四ツ谷の稽古場でびしょびしょになったものは
さすがに移動先の浅草橋で
着るのはつらい・・・・(;_;))

はい、この段階で
4組の、浴衣肌着類一式〜〜。

そして、お弟子さんのお稽古が
ある週ですと更にもう一組。

週末、自分の自主稽古を
2日間。
2組・・・。


つまり。


一週間で、7枚の浴衣と
肌着一式、補正のタオルなどなどを
洗濯しなくてはならないわけです。


もちろん浴衣には
糊付けと、アイロンがけも!
それプラス、
夫、わたくしの日常の洗濯物。
夫も私も週5日働いています。
自分の服、夫のワイシャツ
(ワイシャツはクリーニングに出さず
私がアイロンかけております・・)
まして夫が
2日連続でゴルフに行こうものなら・・・・。


毎日、毎日
がんばってもがんばっても
洗濯物を入れておくカゴが満パン。
一瞬、空になっても
数時間後にはいっぱい。


干して取り込んで畳んでしまっても
すぐ次に干したものが
どっさり・・・。


日本舞踊は楽しい。
こんなに踊りにかかわる毎日で
幸せ・・・。


しかし、そういう光には
必ず影が・・・・。


その影こそ、
まさに・・・。


洗濯!!!!!!ぎゃああああ!!


おまけにちまちまと
縫い物も発生。
古い浴衣はあちらこちら
ほつれたり、破れたりしてきます。
見つけたらすぐ縫わないと、
やる気を失うので
さっさと縫います・・・。


もう、笑って頂いてかまわないのですが
実は2週間くらい前、
この
「洗濯」や「縫い物」が私を
本気で精神的に追い詰めてきて、
朝起きてまず考えるのが
洗濯のことになってしまい、
洗濯のことを考えるだけで
憂鬱で動けなくなってしまいそうになり
「洗濯ノイローゼ」になってました。


人間のストレスの原因ってのは
いろいろあるもんです。


「これ・・いつまで続くの・・?
また洗濯、また洗濯・・・・・
今日これ全部やっても
明日もまた同じことの繰り返し・・・
毎日、洗濯。
この先もずっとずっと
毎日洗濯・・・。」


かなりやばいくらいに
追い詰められておりました。
笑っちゃいますよね。
たかが洗濯です。
でも本人、本当に辛くて、
どうかなりそうでした(笑)


だけど、冷静に考えました。

落ち込んでも
もういや!!!って叫んでも
泣いても喚いても
だれも代わりはいないよ。
自分で望んでこれだけ
「踊る生活」になったんだから。
踊る回数を減らせば洗濯ものも減るよ?
でもそんなのいやだよね?
この家で、洗濯するひとは
私しかいないんだから。
もう、逃げられないんだから。


逃げられないものから逃げようとしても
結局逃げられない。
しかし、辛い。
どうしたものか。


辛いと思うから、
辛いのであって、
なんとか無理やり、これを
楽しい、と思うようにすればいいのか・・。


それも難しいな・・・。


ということで、
精神的決着点は見つかっていないのですが
とにかく
もう、諦めて
頑張るしか無いので
頑張ってます(T-T)

師匠にこの話をしましたら
師匠が笑いながらおっしゃったのです

「洗濯無間地獄か。
ははははは。
しかたないね。あんた
どこ(の稽古場)にでもいるし。
お弟子もできちゃったし。
かわいそうだね。ははははは。」


そう、
せんたくむげんじごく、
は師匠が名付け親です(笑)


これっぽっちも同情してくださらず(笑)
げらげら笑ってくださったので
なんだか、私も
大笑いしてしまい、
そこでなんだか楽になりました。


沢山踊って幸せなんだから。
ふう。しょーがない。
この無間地獄の苦行は
この幸せの代償。
今日もさて、がんばりますか・・・・。


地獄はさておき、
おおおい。
雨ふりすぎ〜〜!!
雨やんでくれ〜〜〜。( TДT)

2014年6月 3日 (火)

恩返し

おやすみせず 熱心に通ってくださる お弟子さんがいる、 ということは この上ない幸せなことだと 日々実感し かみしめている 新米先生の私です。

先日 「次回までの宿題ね」と だした宿題。

要返し。


今お稽古している演目は まだ振りの中に要返しは 出てきませんが 次にお稽古していただく演目は 何回も出てきます。


なので事前に仕組みと やり方を お教えし 宿題にしました。 要返しは 仕組みがわかったら あとは反復練習しかありません。


振りの流れの中で 要返しをするのは 簡単ではないので 先に要返し強化!をしておこうと 考えたわけです。


本日。 「ではまず、宿題の披露から いきましょうか」と 要返しをしていただいたら


出来てる!


「主人に、なにしてるの? と笑われました」と お弟子さん。 私にとって素敵なエピソードです(^o^)。


要返しができるようになったので 次の宿題は 「要返しをほどく」


仕組みとやり方をお伝えし これまた宿題!

新しいことを 笑いながら 楽しんで覚えていただけるのは 非常に幸せなことです。


そして本日は 体験お稽古がありました。

体験しにきたのは なんと


姉!

「体を動かしたいけど ジムとか行きたくない。 走るのもやだ」と こぼしてきた姉に 軽く お稽古でもしてみる?と 提案したら 体験してみたい!と 飛び込んできました。


ご存知の方も多いと思いますが 姉は金髪です(笑)


金髪で浴衣を着ている 丸顔の姉の風情は 当初まさに ギャルの花火大会!

座る、 お辞儀をする、 立つ、 という所作を美しく 行うところからスタート。

まっすぐ座る まっすぐ立つ という所作には ある程度の筋力が必要。 どうしても 少し前のめりになってしまい 「うわ。私、脚の筋力がないんだ」と 足腰を 鍛えることの必要性を 実感してくれて、 まずはよしよし。

汗をかいて すっきりしてもらおうと 「関の小万」を たっぷりと 45分。 身内ですんで 遠慮なく かなりガンガンやりました。

終わって、 姉の感想。

「すごい楽しい。 踊ってる間は 日常のなにもかも忘れて 無になれる。 これはすごいリフレッシュする。 非日常を味わえるんだね。 しかもこんなに汗がかけるなんて!」


それ。


それなんです!(>_<。)!

お稽古ごととしての 日本舞踊の醍醐味は まさにまさに!

私自身、 そうやって その楽しさにのめり込んだ結果 今があります。

大好きな日本舞踊。 楽しい日本舞踊。

こんなに楽しいものだということを ひとりでも 多くの方に 知ってほしい。 そのお手伝いをしていきたい。


日本舞踊から かけがえのない たくさんの幸せを味わい いろんないろんな勉強を させていただいています。


ほんのささやかな 私の存在ではあるけれど 踊りの楽しさを 伝えることは 小さな恩返しになるのでは と 強い気持ちになりました。

笑顔のお弟子さん。 笑顔の姉。

これからも 笑顔を生み出す 楽しい日本舞踊を 伝えるお手伝いをしていくためにも ますます 精進し 修行していこうと 決意を新たにしました。


そして今、 師範試験にむけての お稽古の日々を 思い出します。

あのお稽古で 師匠や大先生に叩き込まれたことは お弟子さんがいる 今になって 宝石の輝きと重みをもちます。


「試験に受かるためのお稽古じゃないから。 その先のためにするお稽古だから。 だからここまでやんなきゃ 意味がない」と これでもかと 細かく 厳しく、 叱られ、直された日々。

拍手をいただける 舞台にむけてのお稽古とは ガラリと違う 特殊な厳しさに 根をあげそうになったことが なかったとは 言えません。

そうか。 だから、師範試験、なんだ。と。 今やっと理解できました。

お弟子さんに お稽古をしていると あの時に 教わったことが 私の根っこにあるのを ビシビシ感じるのです。


小さすぎる私ですが この人生を 踊りに捧げていき すこしずつ 恩返ししていきたいと思います。

2014年6月 2日 (月)

素晴らしかった!6月歌舞伎夜

見応え十分!
エネルギッシュで
素晴らしい舞台!
家元様、
ほんとーにかっこよかった!
 
 
親子愛もたっぷり描かれ…
 
 
そして左近丈も
いいお芝居をしておられ…
 
 
 
きおいちょー!
という
大向こうが
たくさんかかって
嬉しくなり
口上は
胸が熱くなり
最後は涙があふれてしまいました。
 
 
 
藤間流で
踊りを勉強していることに
喜びを感じます。
幸せです。
 
 
 
そして
吉右衛門丈の
最後の演目も
すっばらしくてヾ(^▽^)ノ
 
 
吉右衛門丈、
ほんとーーに
芝居が上手い!
この方が主役だから
この作品、こんなに
深くなる。
 
 
 
ただの気のいい商人のときの
まあ可愛らしいこと。
こんなに可愛らしいからこそ
狂って刀を振り回す
殺人鬼に変わった時の
あの目がいきる。
すごい目でした。
 
 
6月、夜の部
オススメです!
見逃したら損です!
 
 
 
初日は
終わるのが遅いのが
またヨシ(^-^)でして(笑)
 
 
9時40分 終了。
お腹いっぱい楽しみましたヾ(^▽^)ノ
 
珍しく筋書きも買っちゃった♪
 
 
あ、蘭平物狂は
三階から観るからこその
楽しみポイントが
いくつかあります。
うふふ。
え?
決して、一等で見られない
ひがみじゃなくて(笑)
本当にヾ(^▽^)ノ!

2014年6月 1日 (日)

歌舞伎座へ!祝「尾上左近」襲名

6月歌舞伎は
あえて初日に!
 
 
家元様のご子息が
「尾上左近」を襲名なさいます。
 
 
 
 
大変な猛暑…
 
 
迷いましたが
やはりお祝いの気持ちを込めて
着物を着ました…
誰にお会いするわけでも
ありませんが(笑)
気持ちです気持ちヾ(^▽^)ノ
 
千鳥格子の単衣。
先日の紫紅会にお伺いした時と
同じコーディネート。
 
 
 
あまりに暑くて
考える能力がなくなり
ハンガーにかかっていた
着物と帯を
そのまま…(笑)
 
 
暑いけど
着物を着るとしゃっきっと
するから不思議♪
 
 
 
地下鉄は涼しいからちょうどいいです。
いってきまーす。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »