フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

筋肉痛

踊り用の筋肉がすくすくと育ってくれたおかげで
数年前から、
どんなに長時間、激しく踊っても
「筋肉痛」というものにならなくなったのですが・・

ふっ。

ふふふっ。

やはり。




こいつはちがうぜっ!「連獅子」!!

がけに突き落とした仔獅子が
元気に駆け登ってきて
ともに再会を喜ぶところ。



ここがなかなかはげしい。
再会をよろこびあうところの動きはとにかく
動きっぱなしだし
再び落ちそうになる仔獅子の襟首をつかみ
引き寄せ
そこからがっと踏み出して
ぐわっと大きくなって

ばば〜〜んと上から見下ろすところは
まさに指先からつま先まで
エネルギー爆発させなくてはならない。
(でも、ここ、振りが超かっこいい(T-T))


今朝起きてびっくり。
腹筋が痛い。
腹筋運動なんぞしてません。
そうか。お腹の筋肉つかっているのか・・。
(・・そうか・・
ああ、あの振りだ。使うわ。使う使う)


そして二の腕と胸襟。


言葉で説明しにくい、
「連獅子」独特のポーズがあるのですが
その角度、手の置き方、置く場所
肘の貼り方、顔の角度、を
昨日、細かく直されまして・・・

これがですね。


・・・・痛い・・・・


かなり痛い。
腕も痛いし、親指の付け根が痛い・・・。


師匠:「そうそれ。それで踊ってよ。」


うう。止まってポーズしてるだけで
こんなに痛いのに
動きの中でこの位置に体が収まらなくてはならないのか!
うううう。これはなかなか大変だ。



そして今朝、案の定
二の腕と胸筋肉
それから背筋も筋肉痛です♪
ん?腹筋も痛いから
結構全身?ははっ。
他の踊りで絶対になりません。
はははは。やっぱりすごいなこの踊り!!



しかし、
数年前に、普通のお稽古として
「連獅子」を勉強させていただいた時には
こんなに細かく直されることはなかったわけです。

師匠:「本舞台の稽古だからね」


痛みに顔をしかめつつも
よろこびで胸は熱く・・・。



さて。


女性の踊りやご祝儀舞踊、
あるいは、やわらかめの男(椀久、都人)・・
のお勉強が続いていた私にとって
こんな「強い男」のお稽古は
久しぶりなわけです。
上記を踊ってる時によく言われたお言葉
「肘をはらない!」「肘!!」
「肘を下げて!!」


昨日雨あられのように飛んできたお言葉
「肘張って!!」「もっと肘を張る!もっと!」
「肘をあげて!!」

演目、演じるお役によって
体の使い方が違うのは当たり前だけれど・・
肘の使い方は
本当に難しいです。


そして今の時点で、
私の親獅子は
なんともなんとも、線が細い。


太い線で、この素晴らしい振りを
踊りきりたい。


太い線で踊る。


自分の中に生まれた、
現時点での、目標です。


踊りを太らせたい。
太い腕で
太い脚で
踊ってるような軌跡を生み出したい。


私達の「連獅子」は始まったばかり。
まだほんとに始まったばかり。


がんばろう。

2014年11月25日 (火)

前略。花柳多智雛様

前略。
花柳多智雛様。


私と出会って
友達になってくれて
本当にありがとう。


あなたという人と
巡り会っていなければ
私は
こんなに早く
いろんな夢を
実現できなかった。


あなたの姿を見て
私も頑張ろう!
って思えた。


あなたの姿がなかったら
私の夢は
「いつか師範になろう」
「いつかお弟子さんを持とう」
…と
文章の頭に
「いつか」を
つけたまま
実現に至らず
時間ばかり過ぎて行ったかもしれない。

ありがとう。

これからも
刺激的なひとでいてね。


公開御礼状(笑)

絢也

2014年11月15日 (土)

初・振り付け

小さな可愛いお弟子さんを
迎えるにあたり
 
 
師匠より
 
「自分で振りを作りなさい。
その子のタイプ
年齢にあわせて
臨機応変に」
 
 
…!
ということで
 
 
初の…
振り付けに挑戦しております…!
「難しくしちゃだめだよ」
 
 
 
盛り込みすぎないよう
気をつけつつ
お首を動かす
トントン踏む
お膝を曲げる
楽しく
できるよう
考えました。
 
 
 
まずは第一段が完成。
これをまた
アレンジするかもしれませんが
まずは完成!
 
 
 
実に幸せな作業です。
 
 
 
土曜日のお弟子さんの
お稽古も終了。
買い物して
家事をやっつけて
明日から
「河合亞美」さん
二泊三日の
泊まり仕事。
 
 
 
ハードな11月を
元気に過ごす!

2014年11月10日 (月)

さて小道具、どうしよう

頭 材質 張子
頭サイズ
 横 :18 cm
 奥行:17 cm
 高さ:11 cm
 耳から耳両端間:24 cm

 

布 材質 化繊
布部サイズ
 幅 : 38 cm
 長さ:160 cm

総重量540グラム・・

これがこの子の
一般的なサイズらしいです
13963130942903

手獅子。
買うととんでもないお値段のものです・・・。


民芸品の獅子頭をヤフオクで発見したので
買っちゃおうか。
それを作り替えて、
上記のサイズっぽく
なんとかできないかな。


ううむ。


お稽古場に一つだけ
遠い昔の大先輩が作ってくださった
手獅子があります。
やっぱりもう一個ほしいよね。
2人でお稽古するようになった時のために・・。


うーん。


しかし、あの民芸品で
機能するかな〜〜〜。


手が入るかが、問題。


ううむ。


ううううううーむ

ダンボール製の獅子頭。


いいんだけど。
どうやらでかすぎるみたい・・・。


ふうううう。どうしよう。

2014年11月 8日 (土)

長唄「連獅子」。お稽古スタートしました

長唄「連獅子」。
お稽古スタートしました。

お稽古用の、手獅子が1つありますので
最初からそれを使わせて頂くことに。
2008年、「連獅子」の仔獅子をお稽古して以来、

6年ぶりに再会する手獅子ちゃん(画像はまた今度・笑)
お相手役のちえさんが
「名前をつけましょう♪」っていって、
なんかつけてたけど、忘れた(笑)


「仔」はがっつりお稽古しましたが
「親」は、
仔獅子さんをお稽古していた同門の
「お稽古のためのお相手」として
「2人で踊るところだけ
ちょっとだけてきとうに」覚えただけ。
なので、一人で踊るところなどは
初めて覚えることになります。


初日。


いよいよの気持ちに胸がふるえました。



しかし2日目。


・・・こ。


こんなところでこんなに
バテてる場合ではない・・・!!!
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


6年前も
「連獅子独特の疲労ってあるよね」と
仔獅子の喜也さんと
よく笑ったものですが
それを体感として思い出しました。


まだ、さわりの部分なのに。


きつい!!


そのうち、体が慣れてくれば
ここまで苦しくはなくなると思いますが
こんな、まださわりの部分のお稽古で
汗まみれになっててどうすんだ私。


女性であっても
力強く踊りたい。


そのためには・・・・!


さあ。


とにもかくにも。
夢の実現の第一歩。


始まりました。

2014年11月 5日 (水)

汗拭きタオルを忘れた(>_< 。)

仕事が終わったらお稽古!
 
 
そして汗拭き用の
タオルを忘れたことに気づいた!
( ̄□ ̄;)!!
 
 
というか、
普通に手をふくハンカチも忘れた!
 
 
いつもお稽古カバンに
沢山入ってる
予備の手拭いも
なぜかみんなおいてきちゃった!
踊るための手拭いしかない
あああああ。
 
 
人として
ハンカチ類を一切持たず出てくるって
あかん(>_<。)
ばかばか。
 
 
家には
これでもか
という数の
いただきものの
ハンカチ、タオル、
手拭いがあるのに!
 
 
 
買う?!
買うしかない!
ぎゃー(ノ`△´)ノ!
くやしー
もったいなーい!
 
 
…せっかく買うなら
可愛いのにしよ…
とぼとぼ…
 
 
駅に早めについたので
駅ビルのファンシーショップに…
 
 
 
最近ハマってる
すみっこぐらし発見。
 
 
 
可愛い。
 
 
 
 
 
ふふ。ふふふふ。
 
 
 
…まあよかろう( ̄ー ̄)… 
よしとしよう…
 
 
 
今日も1日
仕事にお稽古に
がんばりまっしよヾ(^▽^)ノ

2014年11月 4日 (火)

帯板忘れた(>_< 。)

昨日。
 
バイト先で
帯板忘れたのに気づいた!( ̄□ ̄;)!!
 
 
私は
必ずお太鼓でお稽古するので
帯板がないと
ハムとかチャーシューになっちゃう!
( ̄□ ̄;)!!
 
 
 
…バイト先にあったお菓子の箱で
作りました(笑)
 
力作!ヾ(^▽^)ノ
 
 
ハロウィン柄(笑)
 
 
 
見事に機能してくれました!
あまりによくできてるので
捨てずに保管(笑)
 
 
 
今日は仕事が
終わって夜
お弟子さんのお稽古♪
 
 
 
ちゃんと帯板、もってきましたヾ(^▽^)ノ

2014年11月 2日 (日)

11月になりました〜来年の舞台のこと

11月になりました。
なんと月日の経つのは・・早いことでしょう。
あっという間に年末がきて、新年・・。
はああああ。

さて。
来年。

平成27年7月5日。
師匠のお母様と師匠が主催なさる
「藤曄会」が、国立劇場で開かれます。
この会に出演させていただく運びになりました。
この会で
踊らせていただく演目が
正式に決まりました。

長唄「連獅子」です。

狂言師右近 後に親獅子の精のお役を
つとめさせていただきます。

お相手の、
狂言師左近 後に仔獅子の精を
つとめてくださるのは
過日「達喜会」で踊った「二人椀久」で
お相手役の「松山」を勤めてくださった
ちえさんです。

実は、2人で「達喜会」で、
本当は、「連獅子」を素踊りで踊る予定でした。
もう、ほとんど決まっていました。
しかし・・・。昨年秋、
「達喜会」のお稽古が始まる直前に・・・
「本舞台で、本衣裳でやりたい」という情熱に
突如火がついてしまい、
ふたりとも
その火をどうにも消すことが出来ず
この大きな荒波に
船を漕ぎだす決意をしたのでした。


御存知の方もおいでと思いますが、
「連獅子」を本舞台で実現するためには
本当に本当に様々な、高いハードルがあります。
このハードルを、超えて
実現の運びに持っていけるか。
不安もありましたが
不安に勝る、情熱で
私達は進んできました。
達喜会の
「二人椀久」のお稽古を続ける中で
私達は常にお互いの熱い想いを確認し合い、
また、この厳しいお稽古の中で
「これを私達なりに、全力でやり遂げて
次に進もう」と手を握り合ってきました。
「二人椀久」を2人で作りあげたことは
とてもとても素晴らしい経験で、
踊りながら見つめ合い、愛しあうたびに
2人の踊りの絆が深まったような気がします。



11月から、「連獅子」のお稽古が始まります。
熱い、熱い日々。そして
本番は、文字通り「暑い」季節。
舞台の上で
毛を振り終えて、
最後のポーズ。そしてお客様の拍手をいただく。
その瞬間の2人の姿を目指し、
その姿の2人に会うために
これからの日々を
精進してまいります。


この、無謀とも言える挑戦の船を出航させた
私達2人を
どうかどうかお見守り下さい。


大きな大きな夢の実現に向けて。


頑張ります。
2010021616342309d
↑ 可愛い画像が落ちてたのでちょっと拝借♪

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »