フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月25日 (木)

下浚いが無事終了いたしました!

第76回藤曄会

下浚いが終了いたしました!
ちょっと、予告編として写真を・・。
(みちよさんがいっぱい素敵な写真を撮ってくれました!
いつもありがとう)
Dsc02573
鬘をのせていただく瞬間。
緊張しております・・・。

ちょっとおもしろい写真も
Dsc02601
アキレス腱を伸ばす仔獅子
股関節を伸ばす親獅子


そしてこれはミヤモンさん撮影のひとこま(ありがとうございます!)
Img_9125

Img_0291_2
いろいろ、
まだまだ課題だらけ。
あと一週間ちょっと。いけるところまでお稽古します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様、本当にありがとうございました。
ものすごい人数の方が
私達が「踊る」というそのためだけに
プロフェッショナルなお仕事をしてくださることに
もう、もう・・・毎度感動です。
本番もよろしくお願い申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
そしてかかり時間がでました。
全演目を書いてしまうと大変なので(^^;)
目安として
「松」 11時
「藤娘」 12時39分
「幻お七」14時30分
「子守」16時22分
「連獅子」18時29分◎
「仲宵月水売」20時40分
終演予定21時
となっておりますが、
過去の経験上
開始時刻が早まる可能性があります。
可能性として濃厚・・!
なので、早めにお越しくださいませ!!
チケットのお手配はまだまだ可能です!
急に予定がなくなったから
観に行ってあげるぞ!という方がいらっしゃいましたら
どうぞメールを!!
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp  までメールをお願い致します。
※万が一迷惑メールなどに紛れ込んで「メールしたのにお返事がない!」という
方はこちらのコメント欄に非公開にいたしますので
ご連絡下さい。

2015年6月19日 (金)

チケット発送作業中

Image1

チケット発送作業中です。
勢いで作業しておりますので
落ち度がないか心配( TДT)

以前、「◯◯さんへのお手紙が私のところに入ってました(笑)」
という失態をやらかしており
また、おくったつもり満々でいたら
届いてなくて、「チケットが来なかったので見に行けませんでした」
なんてこともありました・・・

二度とそういうことがないように
気をつけておりますが、
なにせ生来がおっちょこちょいなので
自分で心配です。

順々に少しずつ発送しております。

まだお手元に届いてない方
しばし、しばしおまちください!!


これも、踊りをやってる中で
大切な作業!
お客様に観て頂いてこそ、の、舞台!!


まだまだ受付中です(^^)
7月5日(日)国立劇場に、
「観に行ってやるぞ!」という方
どうぞメールを下さい!
amiaya2010-renraku@yahoo.co.jp

題名に「第76回 藤曄会」といれていただけると
ありがたいです(^^)
どうぞよろしくお願い申し上げます!!

2015年6月17日 (水)

うええーと思う瞬間

皆様ご存知のとおり
わたくしは
踊りがだーいすき(≧∇≦)!なわけですが、
どんなに好きでも
体力的にキツイ踊りのときには
やっぱりうええーという瞬間があります( ̄◇ ̄;)

その1
藤娘の藤音頭の二番が始まった瞬間

その2
三社祭で
悪玉のお面をつけた瞬間

その3
三つ面子守でおかめのお面をつけた瞬間


どれも、
まだまだキツイところがこれからたっぷりあるぞおおお
うええー!
ということです(^◇^;)


その反面
上記には
嬉しい瞬間もあります。


藤娘
まつをうよなら〜が始まった瞬間

三社祭
うらやれやれやれ〜あたりに入った瞬間


三つ面子守
ひょっとこの後半にはいった瞬間


どれも、
あ、あと少しでゴールだあ!(≧∇≦)
という喜び(笑)


てなわけで
連獅子は

うええー
が、
毛をつけた瞬間


嬉しいのが
最後の毛振りに入った瞬間。


人間ですもの。

ゴール直前は
嬉しくなります(笑)



きちんと、幸せなゴールテープを切るために
うええー( ̄◇ ̄;)〜
の時間を精一杯、過ごすわけです。


あー。


そりゃ


しんどい(笑)


しんどくて


幸せ。

2015年6月14日 (日)

可愛い画伯たち(≧∇≦)

下関の花柳多智雛ちゃんの
可愛い御弟子さん、みゆちゃんが
描くドラえもんがシュールで(≧∇≦)
「みゆ画伯」としてその名を轟かせていますが(笑)
私の御弟子さんたちも
負けていません( ̄▽ ̄)!




S子画伯。9歳。
ヤンキーねずみ
だそうです(≧∇≦)
「来週はヤンキーねこを描きます(⌒▽⌒)」
と言い残して去っていきました。



Kみ画伯。7歳。
ドラえもんとねずみ(≧∇≦)
右上のは
「なんだかわからなくなった」そうです(笑)




Y画伯。5歳。
ドラえもん描いて、と頼んだのだが
途中でなぞの宇宙人に変更になったそうです(≧∇≦)


おまけ。
ふたりのパパのドラえもん。


上手い!(≧∇≦)


みんなみんな
暑いのに
がんばってお稽古して
沢山笑ってくれて
ありがとう。


みんな
7月5日、
見に来てくれるとのこと!
うわー。がんばらなくては!

------------------------

みなさま。
7月5日 国立劇場 藤曄会
連獅子
出番は18時過ぎ。
です。
チケット申し込み、お待ちしております!
お申し込みいただいているみなさま
発送作業にとりかかりましたので
しばしおまちくださいm(__)m

2015年6月 7日 (日)

かっこいいったらありゃしない!

本日、師匠が、
毛ぶりのお手本を見せてくださいました!♪───O(≧∇≦)O────♪


私がつけていた毛…汗まみれ( ̄◇ ̄;)

師匠:うわーなんか、やだなー

すみませんすみません、でもお願いします!

ブツブツ言いながら
つけて下さり!


振って下さった!











かっこいいーーーーーー!
なにそれ!
なんでーーーー!
ズルい!
先生!かっこいい!かっこいいいいい!
きゃーーーーー!


あーこんなかっこいいものを
真近で見られて
幸せ過ぎ。
はひー!


大変大変、勉強になりました!
同じには
できませんが(T ^ T)
弟子として、目指します。


もう一度叫ぶ。



達也先生…

かっこいいーーー!
♪───O(≧∇≦)O────♪

2015年6月 2日 (火)

演目の順番が出ました!7月5日!

Image

「連獅子」


かなり後半!
18時より前になることは
確実になさそう…な感じです。

他の皆様の演目も華やかなものが
いっぱい・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


あと1カ月!


皆様、熱いお稽古が続きます。

応援、よろしくお願いいたしますm(__)m

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »