フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月25日 (水)

一人ずつの一歩を!!!

日本舞踊のお稽古における、
世間の偏見と誤解を
日本舞踊をやってるひとみんなで
なくす運動を草の根でしていかんと、
と、強く思う昨今です。

最近も、出会った方に、
「大人になってから
始めても無理ですもんね」と言われ、
そんなことありませんよ、の
説明に必死になりました。

そして、子供も。
子供のうちから日本舞踊を習う子は全員
そういうおうちに生まれた
選ばれし御曹子たちか
お金持ちのおうちの子
と、思い込んでる方がたくさん。

そんなことありません。
全然ありません。

誤解をとくのに疲れて、
誤解されてても
まあそんなところですははははと
スルーしてしまうほうが楽で、
私も、若干、そうなりつつありましたが、
やはりそれではあかん!!!

1人の一歩が大切。

みなさま。
日本舞踊を愛するみなさま!!
頑張りましょう!

2016年5月15日 (日)

10歳の、初着物!

お弟子さんの
s子ちゃんの
おばあちゃまが
着物を送ってきてくださったとのこと。


ある週、
お弟子さんがみんな火曜日にきて、
土曜日は全員来ない日になってしまい(笑)
お稽古場の予約はしてあり
使わないともったいないので(^◇^;)
(自主稽古するにも長すぎ(笑))
滅多にないタイミングなので
お稽古抜きで、s子ちゃんに
着付けをしてあげることにしました!
今着ないと、季節、変わっちゃうし。


ちょうど、熊本に単身赴任中で
お仕事が大変なお父様が
帰京しているので、
家族3人で駆けつけてくれて!

着付け、ヘア、そして、撮影会となりました\(^o^)/

写真を送れば、
おばあちゃまがよろこびますね。
お父様も大変なご勤務の中
オアシスのひと時だったようです。


10歳でもこんなに
綺麗になっちゃう。
着物ってすごい。


肩あげしてない大人の仕立てになっているので
帯も大人の雰囲気でお太鼓にしました。


髪もうまく結えました(≧∇≦)
私自身、
ひとに着物を着せる、よい練習になりました。
いやー、楽しかった!!
誰かを可愛く、綺麗にするって楽しい作業です。

本人、照れながらも
ご満悦。
何よりご両親が喜んでくださり、
幸せな光景に
私も嬉しくなりました(≧∇≦)


写真ちょこっと。
私は思い切り、稽古用浴衣(笑)









最後には、
「私が自分でたたむ!」
と着物も綺麗にたたみました。
こういう成長が嬉しいです。


いい時間になりました。

…………………………

世の中の
子供達に、
こどものうちに
着物に触れてほしいな。


着物を、着る、
美しく装うこと。

品良く「装う」感性。

男の子でも
女の子でも
子供のころから触れることで、
「いい」と思うもの、が、
品のよいものになり、
清潔な方向にいくような気がします。


私のお弟子さんの子供達3人娘は
この先の人生、
たとえば、
成人式や、
夏祭の時に
ええっ!(T ^ T)!ってものを
選ぶことは、まず、ないだろうと、
これだけは
自信があります!!!




2016年5月14日 (土)

日本舞踊漫画がほしい。。。

この漫画が
子供の頃のバイブル。
「アラベスク」

13178910_792097844260247_1022244289

私は4歳でクラシックバレエを習い始めた。

この漫画の主人公、ノンナは
師匠、ユーリの厳しい稽古に必死でついていく。

そんな中
ノンナは、ある時踊っているとつま先に激痛が走り、
トウシューズに血が滲んでるのを発見する。

「血が……」
「そのくらいなんだ!立て!」
ユーリの厳しさにノンナは涙する……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学校一年生の時。
踊っていたら急につま先に激痛が走った。
もしや……これは?!

我慢して踊り続け、
終わってロッカールームで
トウシューズを脱いだら
豆がつぶれて
タイツのつま先と
トウシューズの中が血まみれだった。

おおお!!私!ノンナだわ!!
かっこいい!!(≧∇≦)と
大喜びした(笑)

こういう、いわゆる、
芸事のマゾを作り上げる
「アラベスク」のような
日本舞踊漫画があったらいいなあと心底思う( ̄▽ ̄)

「アラベスク」は、バレエの中で
最も登場する振り、ポーズの名前……
日本舞踊ならなんだろう…?
よく出てくる振りの名前…か…

「おすべり」

題名として
かっこよくないな( ̄▽ ̄)……

2016年5月13日 (金)

教わる、喜び。

【教わる喜び】

最近、
師匠にお稽古をつけていただく時間が、
幸せで仕方ない。

元々幸せなのだけど、
より一層、
なんというか、
しみこむような、深い幸せ感。

「教わる」
とは
なんと素晴らしいことかと
改めて実感している。

自分が非力ながらも
ひとにものを「教える」ようになったからか。
教わる時間が、
以前より輝きを増している。

素晴らしい師匠から
教えをいただく。

なんて素敵なことだろう。

導いてくれる存在。
目指す星。

「師匠」を持っているって
素晴らしい。
「私は、この方の弟子なんです」と
言える自分が嬉しい。

ああ、そうだ。
今更思い出す。
私は藤間達也先生の弟子なんです!という
印籠をいつも身につけていたい!
そんな想いで
名取になろうと決意したのだったなあ。

師匠がいる人生。
教わるよろこび。

幸せだなあとしみじみ思う。

あー。

成長したいな。


※師匠の、正札付の五郎!
かっこいいー!
パソコンの横に飾ってます\(^o^)/

2016年5月 8日 (日)

5月5月。もう5月

時間が経つのが早すぎて・・・
こうしてまた、1年怒涛のように過ぎていくのでしょうか・・・。

大変なこと、ちょっとつらいこと、
嬉しいこと、楽しいこと、まぜまぜで毎日出入りが激しい・・・
いろんなことにチャレンジしてるからこそ
起きることも、感じることも多様。
肉体的に疲労が溜まっている部分の解消方法、
また、心の疲労をとる「気分転換」の方法を
見つけるのが生活の課題です。
どうしても疲れてくると、小さいことでクヨクヨしがちになるので
(すぐ立ち直るのですが・笑)
そうならないほうがいいわけです。ふう。5月だ5月。

そんな中での、
この5月、楽しかったり、嬉しかったりした写真を少々(^^)

13165913_787888684681163_5631054770 8歳のお弟子さん、Kちゃんが
手作りのキーホルダーをプレゼントしてくれました。
13177796_787888678014497_4405015859 小さい四角いつぶつぶをひとつずつはめ込んで
作られています・・・
「指が痛くなっちゃった〜」とKちゃん、笑顔。
妹のYちゃんが「おねえちゃんが絢也先生のために一生懸命作ってるのを
私は見ていたー!」と証言(?!)(^0^)♪
ありがとう。大事にするね。お稽古がんばろうね!

13103467_788420271294671_7109680599 5月5日は「紫紅会」
一日中、国立大劇場!
序幕の大先生(藤間真起子先生)の踊り(すてきだった〜〜♪)から
始まり、最後の会主先生の踊りまで
満喫しました(^^)
すばらしい会でした。


13177446_788420281294670_6271407606 国立劇場のおにぎり弁当。
値上がりしてる〜〜と思ったら中身が
グレードアップしてました(^^)

13164380_788522807951084_1939339281 長唄三味線でご活躍中のゆこさんが
手作りのクッキーを♪かわいい〜〜。ありがと〜〜です。


13124826_788510014619030_1752741099
尊敬申し上げる憧れの先生との2ショットが実現!!
わーい!!!!(^0^)
「門外不出」をお約束したので
自分のところだけ切り取って・・・。
うれしや〜〜〜〜〜。
(緊張で顔がちょっと固まってます・笑)
そして、写真はありませんが、ここでいろいろ御礼・・

Mくん、いろいろありがとう。王子様(^^)のお迎え、嬉しかったです(笑)
須賀さん、お願いごとを聞いてくださってありがとうございました。
助かりました〜!!

帰路、飲んでいたお店でばったり会ったHさん、
笑わせていただきありがとうございました(笑)
はい、いて座は4位だったんですね(笑)

劇場でおこえかけて下さったみなさま、ありがとうございました。


素敵な出会いがいっぱいある事に感謝して、
これからも、踊り人生まっしぐら。進んでいきます!

2016年5月 4日 (水)

藤間絢也日本舞踊教室のページをまたまた更新

【藤間絢也 日本舞踊教室のご案内】
の中に

【子供のお稽古事】としての日本舞踊
をUPしてみました(^^)

あくまで、現時点での私の、想いです。
多くのお子様たちに
日本舞踊に触れてほしいという情熱をこめて
書いてみました!

2016年5月 1日 (日)

藤間絢也日本舞踊教室のページを更新しました(^^)

HPにUPしている
「藤間絢也日本舞踊教室」のページを
更新しました(^^)

【藤間絢也 日本舞踊教室のご案内】

その中に
ひさびさにコラムを書きました。

3つのうちのひとつが完成しております。

【男優・女優の必須科目としての日本舞踊】
これは、恥をしのんで、
過去の自分への戒めとともに
私の経験が、これからの方に活きるよう、
その願いをこめて書きました。



あとの二つも・・がんばって書きます!


日本舞踊へのかかわり方はいろいろです。
それぞれのスタンスで、自由なかかわりで、
踊りを楽しんでもらえたら・・・踊りを楽しむ人が増えたら・・・
そんな想いが今強くなっております。


踊りはとにかく楽しいものなので!


多くの人に触れてほしい。
まずは触れて、ほしい。


その願いをいっぱいこめて、私は、この世界のすみっこで
修行し、精進してまいります。


おお。今日は、
師匠、藤間達也先生のお誕生日当日♪
おめでとうございます。先生!


達也先生にはただただひたすら感謝感謝。
もう書ききれないほどの感謝です。
感謝を1000回書いたって足りない!

これからも私たち弟子をお導きください(^^)!

そしてとびきり かっこいい踊りをみせてくださいっ!!!

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »