フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 3人娘、浅草橋に! | トップページ | 字( ̄◇ ̄;) »

2016年6月29日 (水)

「わたくし」がなくなる、幸せ

組み物を踊るとき、
わたくし、が、なくなるのが、
とても好きで
心地よい。

自分が上手くやりたいとか、
自分が目立ちたいとか、
自分が褒められたいとか、
そういう気持ちが一切、
生まれることなく
「お相手の方(方々)といっしょに
この演目を、いい演目にしたい」
その想いだけに染まれる。

私と組み物を踊ってくださるお仲間の皆様は
踊っているあいだ、
間違いなく
地球上でもっとも私に愛されているひと(^ω^)
踊りながら、「この世にこの人しかいない」と
本気で思う。自然に、思う。

わたくし、に、とらわれないというのは
快感だ。
純粋で澄んだ快感。

そして、自分のお弟子さんに
真正面から向かい合って
お稽古するときも、
わたくし、は、なくなる。

お弟子さんへの
愛情。それしかない。それだけに染まる。

わたくし、を捨てられるって、

なんて幸せなことだろう。

ただ、愛する。
無償の愛に近い。

ただ愛する。

それって本当に、幸せだ。


日本舞踊に出会わなかったら
一生、わからなかったかもしれない愛。

わたくし、が、ない愛

日本舞踊に出会ったことにあらためて感謝している。

----------------------------------------------

追記。

私がわずか入門6年で
常磐津「松廼羽衣」にて、
師匠・藤間達也先生と共演させていただくことになった時。

余りに畏れ多く。

こんなに力に差がある二人が踊って
私はとんでもない恥をかくのではないかとか。
うじうじしている時期があった。

苦しい気持ちになっていたときに
師匠がおっしゃった忘れられないお言葉がある

「僕は、舞台の上では、
弟子と踊ってるなんて思いません。
僕は、僕の精いっぱいを一生懸命踊ります。

そしてなにも心配しなくていい。
一生懸命お稽古してるんですから。
あんたが恥をかくなんてことは、ないんです。

二人で、いい作品にしましょう」


この最後の一行。


「二人で、いい作品にしましょう」


いい作品にしましょう。


今思い出しても、涙が出てきそうになる。


今、改めてこのお言葉の意味をかみしめる。


そういうこと。

そう。


組んで踊るって、そういうことだ。

Photo 懐かしい写真発見。
本番当日。花道で、立ち位置を一緒に確認してくださる師匠。
私はまだショートヘアでした(^^)
カセットテープを持ったまま(笑)

« 3人娘、浅草橋に! | トップページ | 字( ̄◇ ̄;) »

コメント

ひなちゃんありがとう!
長い付き合いになったねー。
これからもよろしくね(=゚ω゚)ノ

一生思い出しては泣ける!宝物の言葉だね~
「二人で」っていうのもグッとくる。。。

絢也ちゃんのショートも懐かしいけど、達也先生もお若い!(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/66259988

この記事へのトラックバック一覧です: 「わたくし」がなくなる、幸せ:

« 3人娘、浅草橋に! | トップページ | 字( ̄◇ ̄;) »