フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

よくやりました(^ω^)






ご親戚の結婚式披露宴で
お祝いに、踊りを披露したお弟子さん二人の
可愛い支度写真(^ω^)

無事に、間違えずに、
立派に踊り終えたそうです\(^o^)/


よくやりました!


ほっとしました!


さあ、またお稽古がんばろうね(^ω^)

2016年11月28日 (月)

断捨離できなーい!

【断捨離、の難しさ】
踊りをやっているみなさん、
あるある、だと思うのですが。

へんなものが、
捨てられない、ですよね?!(>人<;)

なぞの、木の棒の切れ端、
あまり布、
へんな箱……

普通見たらゴミ?!みたいなものが
捨てられない、ですよね?!

お稽古用小道具の材料になるかもしれない!と思うと!

実際、捨てて構わないけど
なんとなくとっておいた木の棒が
現在活躍中です。

なぞの手作り小道具は
どんどん増えて、
ガラクタ市の様相。
ああ。すっきりしたい!でも!

5年使ってないものは
捨てるべき、の法則も
なかなか難しい。
いつ、その小道具が必要になるか
わからない!

今、これ、どないしよ、という
手作り小道具の一位が
「滝夜叉姫の、相馬錦の御旗」
ラストシーン?!で、
投げて、肩にかけて、
キマる、ってだけのために
作りました。

おそらくもう二度と
滝夜叉姫をやることはないし、
大物で、
なかなかでない演目なので、
貸す機会もない。

でも。

捨てられなーい!!!

いつ誰がまたやるかわからない!

そして、とっておいてよかったシリーズの一位は
「ゴルフ練習用、クラブケース」
練習場に行くときに
数本入れられて、肩にかけられるアレです。

ゴルフをやめて10年以上経ちますので、
いつ捨ててもよかったのですが
なんとなくとっておいた……

で、いま、この子は
傘や、長い棒などの小道具の持ち運びに
大活躍!!(=゚ω゚)ノ
肩からたすき掛けできるし
もう、便利なんてもんじゃない!

やれやれ。こんななので
すっぱり捨てて
すっきり、は、なかなか
できそうにありません。
とほほ。

2016年11月23日 (水)

がんばってこーい!

【ミニ下浚い】

6歳8歳姉妹。

15078849_903281599808537_8276566653




週末に、ご親戚の結婚式で
踊りを披露します。
新婦様からのたっての願いとのこと。

二人で、長唄「関の小萬」を連舞したいと
申し出てきました。



急に決まったので、
お稽古2回で挑戦!!

でも、そのやる気を
応援しようじゃないですか!


先生の容赦ないスパルタに、
よく耐えました!(>人<;)
いやーがんばったね!


さあ、なにをきをつけるのかな?

おひざをしっかりまげる!
手をきれいにする!
心を合わせる!
間違えても、顔に出さない!
間違えても止まらない!
最後まで
元気よく踊る!

と、二人の口から出た言葉。

それでいい!
よーし行ってこい!と
送り出しました。

100人も入る大きな場所での
披露。

頑張ってらっしゃい!!!
いっぱい拍手をもらっておいで!

せんせいは一緒に行けないからヽ(;▽;)ノ
ただただ、祈るばかり。
親御さんに、
注意点など全部託しました。

あと!絶対、忘れ物だけはしないようにー!!
何度もチェックだぞー!!

おめでとうございますの気持ちと
見ていただく、という気持ちも忘れずにね。

2016年11月21日 (月)

【道成寺お稽古日記】振袖振袖!



以前も書きましたが、
振りが通ったところで、
自前の、お稽古用振袖でお稽古をしております。

袖の扱いが苦手…とも書きましたが、
はい、
コンクールの審査員講評で、
とある方から
「袖の扱いが上手くない」とはっきり書いて頂いたことがあるのです。
ズバッと切ってくださったそのお言葉に
感謝です。
上手くないと、言われてしまったなら
やることは一つ、上手くなればいいのだ!!(=゚ω゚)ノ
という決意のもと、
今回の「京鹿子娘道成寺」に挑むにあたり
振袖のお稽古を
自主的に、早めにスタートしました。


洗える振袖…ありがとう(T ^ T)
その存在に感謝……


ああ。玉三郎丈の魔法ような袖の扱い!
あれは一体どうなってるんだろう?!
あの方の、袖と、裾の扱いは
まさに魔法。
どういう仕組みで、
どういう力加減で、
ああなってるのか、
私にとって今世紀最大の謎……


そんな神技ができるのはあり得ないとしても
とにもかくにも、
可能な限り、
鮮やかに使いたいと、願っています。
へたっぴな私だけど、お稽古を重ねて
どこまで、やれるか!
とにかく、やれるだけ、やる!
自分の限界まで、やってみよう!


そろそろ
もう少し、重い装備でお稽古したいな…
振袖二枚重ね着しようかな。
道成寺は、体力勝負でもあります。
踊りの体力は踊りでつけるしか
方法がないので、
そろそろ「鍛え」初めてもいいかもしれません…
……よし…


そうなると、
二枚しか振袖がないので、
ヘビロテすぎるな(^_^;)
……もう二枚買う?…
いやーそんなに振袖ばっかり持っててもー
いくら安いからって(9000円くらい(^_^;))
……収納も困るし…

すぐ乾くから
マメに洗濯してしのぐ…か!( ̄▽ ̄)


そうそう.
道成寺は、
「反る」振りが満載です。
柔らかく反れるよう、
これまた、いつもより入念な柔軟体操必須。


お稽古前の私は
完全に運動前のアスリートです(^_^;)……





2016年11月18日 (金)

【道成寺お稽古日記】や…やす……(T_T)

【道成寺 お稽古日記】
振りが通って、かなり日々が過ぎました。

踊ってる途中で、
ところどころでテープが止まり
もっとこうして、とか、
それ、やらない、とか、
そういう、ご注意をいただきながら
最後まで踊り、
「はい、じゃ、おしまい」
という日々が続いてました。


そして。

ついに。

きました!!!きたー!!!
あああああー!

ここからが、また新しいスタートです!



最後、鐘の上できまって、
音が止まり、
座ってご挨拶…
いつものようにはい、おしまい、
と、なるかと思いきや。


「恋の手習いが」

はい。

「もう、安っぽい」


(>人<;)うはっ……


「ぐらぐらと煮え立つような
思い、それはいい、
持ってて構わないし
なくちゃ困る。
あんたも、いろいろ見てきて、
表現を考えてきてるのもわかりますよ。

でもね。」

はい。

「もう、出し過ぎ。
全部出し過ぎなんだよ。
わたし、こんなに、ぐらぐらと
沸騰中です!って
もうわかりやすすぎてさ。
ここは、
それじゃあだめなんだよ。
その沸騰は
中にぐっとおさえて、
おさえておさえて、抑えた中で、
溢れてくる、みたいな。
そういう表現じゃないとさ。」

あああっ。
あああああっ。
自分の、自主稽古の動画を撮ってみて
「なんだこの恋の手習いは」と
なんとも言えない気持ちになったのは
これか。これだ。こういうことなんだ。


「恋の手習いが、ぐっと抑えた表現になると
後半の派手なところが生きるんだよね」

うう。ううう。


「表現するなとは言わない。
表現は、しなきゃだめ。
ただ、抑えた表現ってのを
目指していかないと」

はい。

「ぐらぐらと煮えてるものは
お腹にしまって、
体の中に入れたまま、出さない。
出さないけど、
じわりと出るような。」


はい。


「安っぽいよ」

はい……

「本当に、あんたの恋の手習いは
安っぽい。」


はい…(思わず目を閉じる)


「安っぽいね」


はい……

「これからは抑える、ってことを、考えてみようか」

はい……


「本当、安っぽいからね」



…………すごい数の
安っぽい、を
いただきました。


ひとつずつ、
お返しできますよう。


今日のわたしのお稽古かばんが
帰り道、
やや重く感じたのは
「安っぽい」がいっぱいだったからかも
しれません(T_T)


はう!!!

2016年11月 6日 (日)

道成寺お稽古日記(^ω^)

京鹿子娘道成寺。

わたくしの振り入れ、
無事完了し
師匠の声がなくてもとりあえず、
一人で間違えずに踊れるようになりました。

自分の踊りを動画に撮る…という自主稽古も開始。
毎度のことですが
さてさて、こいつをどうしてやろうかしゃー!(NHKのLifeをご存知の方向けネタ(≧∇≦))
という感じです。

初めて撮った日は
気合入りすぎて、
顔が芝居しまくってしまい(^_^;)
もう、恋の手習いが、ほぼ泣き顔になってて
おいおい、いくら切ない女心ったって
こりゃあかんでしょ!と大反省!

それを踏まえて
以降、師匠のお稽古の時にも
顔が変にならないよう気をつけました(^_^;)

昨日、二度目。
顔は、修正できてました(笑
踊りは……どうしてやろうかしゃー!(=゚ω゚)ノ


そして、私のお弟子さんたちの
お坊さんのお稽古も始まりました。
あやめかきつばたー、
の傘の踊りに3人でてくれます。
ありがたい(T ^ T)
3人とも
「やったことのない動きの連続!」と
現時点では面食らってますが
楽しそうなので(^^)この調子で頑張りましょう\(^o^)/

見ればーのところは
6歳8歳姉妹が踊ってくれます。
流石姉妹、息はぴったり!
これ また楽しそう(^^)
その調子でがんばりましょう!


とにかく
みんな踊り好きで、
感謝感謝です(T ^ T)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »