フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

踊り初めその3









師匠にお年賀を(^ ^)

そして、お屠蘇。
お屠蘇係は新名取さんが出た年は新名取さんが。
いないときは、名取連中で
交代交代で務めます。
私は4歳ガールのマネージャーだったので
皆様におまかせちゃいました。
みなさまありがとうございました。

ということで、美都也さんからお屠蘇をいただきました(^ ^)






(笑)(笑)

もう少し続きます(^ ^)

2018年1月29日 (月)

踊り初めその2

4歳の同門のお弟子さん。
Aちゃんのマネージャーをつとめました(^ ^)

髪はお母様が可愛く結ってくださり
私が着物を着つけし
「あやさんあやさん」と
その後もずっと側に。
かーわいい!!

「あやさんだいすきー」あああメロメロ(笑)







師匠もメロメロ(笑)



このサイズ感(≧∀≦)

まだまだ続きます(^ ^)

踊り初め、でしたー!

師匠のお稽古場の
踊り初めでした(^ ^)

まずは、美容院へ。
もちろん神楽坂のヒデさんへ…



ほぼすっぴんで向かいます…
いたたまれない時間(笑)



メイクして、さあ逆毛!!



そして完成!



帯は大切な方からの贈り物。
おニューです。



会場で
みんなでぱち。

まだまだ続きます(^ ^)

何に勝ちたいのか

【自分に勝ちたい】
何に勝ちたいか。

結局。

自分に。今の、自分に勝ちたいのだと。

しかし、そうなると、
「勝った喜び」とは
永遠に無縁になるのでは。
だって、「今の自分」は
常に現在進行形だから。

うーん。しんどいのう。

でも、それしかない。
結局、それしかない気がする。

刺激は大切

【刺激】
昨年12月に入門したばかりの2年生のM子ちゃん。
昨日、四年生二年生の姉妹と初対面。
三人でお名前を言い合って、手をついて
「よろしくお願いします」とお辞儀。
いいねいいね。日本舞踊のお稽古場ならではの光景!!(^0^)

姉妹の反応が、とてもかわいい。
「わたしたちのほうが先輩だから
しっかりしなくちゃ」の
オーラが出ています。

いい。実にいい。
こういう刺激は、悪くないです。

M子ちゃんが見ているお稽古。
二人とも気合い十分。
難しい組みものを踊る二人を見るM子ちゃんの目はきらきら。
わたしもいつかこういうのをやってみたい、
という思いが透けて見えます。

そして、さらに何がいいって、
姉妹も、M子ちゃんのお稽古を
ものすごい強い輝きをもった目で見ていました。
大人のお稽古だとこんなに一生懸命な目になりません。

同年代の、新しい存在に、
おそらく、様々な思いを巡らせていたのでしょう。

競うこと。負けられないと思う気持ち。
新しいお友達に、嬉しいきもち。
人を見て、そして、
自分はどうだろうかと振り返る思い。

いい。とてもとてもいい。
子供でも。
こういう刺激は必ず 人を伸ばす。


とてもとてもさわやかな気持ちになりました

それにしても、みんな可愛いです。
つい、何度も言っちゃいますが
この世に生んで育てて
私の元に預けてくださった
ご両親へ、感謝の気持ちが溢れます。

今現在、門下には
5人の子供たち。
私の、宝物です。

※姉妹のお父様が私に下さったおみやげ。素敵過ぎ(笑)
26731574_1200651070071587_717780162

2018年1月 4日 (木)

HPを更新しました!!

わたくしのHPも開設して15年!!
ふる〜いソフトで作っているので

相変わらずの雰囲気ですが(笑)
これからも、発信を続けてまいります。

初心者の頃にかいたコンテンツもあえて残しております。
初心者の方に結構参考になることもあるらしく・・・。


お稽古場情報、
特に、「趣味・楽しみとしての日本舞踊」
更新しました。

もしよろしければご覧くださいませ(^^)

2018年1月 2日 (火)

素晴らしい言葉

Facebookで
楽しく繋がらせていただいている方から
ご紹介いただいた素晴らしい言葉。

ズキュン!ときました。

皆様にも、お裾分けです。

時代を動かす力をもつ人間の言葉は
国境も人種も超えて
人の心を突き動かしますね。

内なる光は
誰にでもある!!!

…………………………


「我々が最も恐れているもの、
それは自分が無力だということではない。
我々が最も恐れているもの、
それは、自分には計り知れない力がある、ということだ。

我々が最も恐れるもの、
それは我々の光であって、闇ではない。

我々は自分に問いかける。
自分ごときが賢く、美しく、才能にあふれた
素晴らしい人物であろうはずがないではないか?

だがそうあってはなぜいけない?
あなたは神の子である。
あなたが遠慮をしても世界の役には立たない。

周りの人が気後れしないようにと
あなたが身を縮めることは何の美徳でもない。
我々は、自らの内にある神の栄光を現すために生まれてきたのだ。

そしてそれは限られた人々のものではなく、
すべての人の内にある!

我々が自らの内にある光を輝かせるとき、
無意識のうちに他者に対しても同様のことを許している。

我々が自分の持つ恐れから自らを解放するとき、
我々の存在は同時に他者も開放する。」

ネルソン・マンデラさんの言葉

2018年1月 1日 (月)

平成30年あけましておめでとうございます

みなさま。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくよろしくお願い致します。

昨年は、
1月に「外記猿」




5月に「京鹿子娘道成寺」



と、二度の国立劇場(小劇場)


そして、9月に城西舞踊会にて「今様 古事記」
で、国立劇場(大劇場)



三度も大きな舞台で踊ることができました。

3つとも、
大きな夢の実現となりました。

今年の目標は
まず!
9月2日(日)「達喜会」(日本橋劇場)!です!


私は、まったくニンではないお役、
「武蔵坊弁慶」に挑戦いたします。
どうなることやら、想像もできませんが、
少しでも太い強さを表現したいと
思っております。
(演目は、橋弁慶か、五条橋。
最終決定は、まもなく!)


そして、この会にて、
「田舎巫女」
「新鹿の子」
「元禄花見踊」
「松の緑」
の4番に、私のお弟子さんの
出演をお許しいただきました。

全員にとって、
楽しい経験になるよう、
そして、
お客様の前で、
自分の踊りを見ていただく素晴らしさ、
拍手をいただくありがたさ、
を、味わってもらえるよう、
師匠としての自分の力を
精一杯注ぐ所存です。


また。

なんとか。

来年。

私のお稽古場の
お弟子さんたちが
お稽古の成果を発表できる、
小さな、勉強会の舞台を、
私の主催で
開きたいと、強く思っております。


その準備期間となる今年。
考えることや、
やらなくてはならないことが
満載です。


私のもとで
「踊りのお稽古が楽しい」
「日本舞踊からパワーをもらう」
と言ってくれる人々に出会った、
幸運と幸福と、そして、「責任」


私自身をもっともっと、
鍛えなければという
情熱に燃えています。


いろんな勉強をして、
いろんな刺激をいただきながら、
突き進んで参ります。


まさかこのような
夢の実現に向かって行動できるようになれるとは
まさに、夢のよう。


そして、とてつもなく
「大変!」なことです。
ぞっとするほど、大変、です。


多くの方の応援と支えが
必要になること、必至です。
どうかどうか、
よろしくお願い致します!!


「早く、自分で、会を開けるようになんなさい。
小さくていいから」
師匠は、この何年か、
何度もおっしゃってくださり
実は、
その度に、「無理です無理です!」と
答えていました。
絶対無理だと思っていました。



無理……なんて
躊躇っていられない!
人生一回きり!
「そこ」に向かって、歩き出そう!
という決意をしました。


いつごろどんな形で
どういう場所で、
開けるか、まだ、具体的なことは
まったく決まっておりませんが、
兎に角、「そこ」に向かって
歩き出そうと思います。


一年の計は元旦にあり!!
言葉にしてしまいました!!


さあ!もう、行くしかない!!


藤間絢也。日本舞踊に人生を捧げ
これからも精進してまいります。


改めて!今年もよろしくお願いいたします。




« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)