フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 「橋弁慶」。。が、頑張っております・・ | トップページ | 涙は、お湯です »

2018年5月20日 (日)

5月のいろいろ。

【弁慶になるために】
木刀のなぎなた(へんな言い方だな、つまり木で出来たなぎなた)を
お借りして持ち帰ることを師匠に許されました。
これから本番まで
稽古のたびに持ち歩きます。

「持ち慣れてる感じが欲しい。」
と、先日師匠に言われたわけです。

日頃、自分のお弟子にも言っているセリフです。
「苦手な小道具には、
名前でもつけて、仲良しになるといいよ」と。

なぎなたと、仲良しになる作戦です。

「汐汲」の桶と三蓋傘
「道成寺」のあらゆる小道具…
みんな、仲良くなりたくて
祈るような気持ちで持ち歩いていました、
今回もそれと、同じことをすればいい……

もちろん、一番の目的は、
自主稽古を、これでやりたいから。
棒だと刃の向きがつかめない。

雨の日はどうしよう。
自転車が大変!とか
懸念事項は多々あります。
汐汲の桶は折りたたみ式を開発したし(笑)
先輩からお借りした三蓋傘は途中で二つに分解できるタイプでした。

今回はひたすら、重くて、何より、
長い!!

持っている自分の姿がもはや怪しい。







職務質問されないようにしないと……(>人<;)

お扇子だけ持ち歩く日々が終わってしまいました。
あ!バイトもこれ持って行くんだ!
ははは!どこに置こう?!(笑)(≧∀≦)
なんとかなるか!(≧∀≦)

【コクーン歌舞伎 切られの与三】
私の魂が揺さぶられる作品になっていた。




今回、串田和美氏は、脚本に
木ノ下裕一氏を参加させて、
新しい化学反応をさせていた。
串田和美ワールドと、木ノ下歌舞伎の融合に胸が震えた。それは想像を超えた仕上がりになっていた。
すごい。
才能と才能がこういうぶつかり方をして溶け合うとこうなるのかと、
その感動がとまらない。

木ノ下歌舞伎を、観たことがある私でよかった。
観たことがあるからこその
感じ方だったのは事実。


七之助は、新境地。
亡き父
勘三郎の魂が、何度も見えた。
乗り移っているかのような輝き。


いろんな角度からの涙だった。
最後はほとんどしゃくりあげてしまい
拍手もできないくらい打たれてしまった。
強いエネルギーに魂が震えて泣くということがあるのだ。

劇場においてあった
来年の木ノ下歌舞伎のチラシ。





来年必ず見に行く
ああ。芸事の世界は果てしなくて、
あまりにも素敵だ。


【五月の歌舞伎座】


團菊祭🎶

どの演目も満喫しました\(^o^)/
やっぱり歌舞伎はいいなー。

« 「橋弁慶」。。が、頑張っております・・ | トップページ | 涙は、お湯です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/73523958

この記事へのトラックバック一覧です: 5月のいろいろ。:

« 「橋弁慶」。。が、頑張っております・・ | トップページ | 涙は、お湯です »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)