フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 涙は、お湯です | トップページ | 紫紅会! »

2018年5月23日 (水)

日本舞踊のお稽古の一環として、 着付けを。

【日本舞踊のお弟子さんに、着付けをお教えします】
・・・と、断言しちゃうことにします・・。
時々、なんですが。
「着付けを教えてください」という
お申し込みをいただくことがあります。
「日本舞踊のお稽古」が大前提なら
喜んでお教えします。
その場合、着付けのお稽古は
日本舞踊のお稽古時間の中に
組み込まれます。
別途、何かいただくことはありません。
「着付けから始まって踊りに興味を持ってもらえたら」
という思いもあるのですが・・・
「着付け教室」と銘打ってお教室にするのは
少々難しいです。
現在、私のお弟子さんは
「日本舞踊が習いたくて」来てくれた方たちです。
そのプラスアルファで
「着物も着られるようになりたい♪」があります。
そこには喜んで「協力」します。
着付けお稽古希望者には時間をとって
お稽古いたします。
つまり「日本舞踊のお弟子さん」には
無料で着付けお稽古をしております(^^)
またそもそも着物が趣味で
「着物を着て習えるお稽古事がしたいので
踊りを習いたい♪」という
ことでお弟子さんになった方もいます。
いずれも
「日本舞踊のお稽古がしたい」が
まずはてっぺんにある方々です。
なので・・・。
当方では
日本舞踊のお稽古の一環として、
着付けを、お教えいたします。
なにとぞよろしくお願いいたします。
「浴衣着付けと日本舞踊体験」みたいな
ワークショップをしてみたら?と
言われたことがあり、
むむ・・と思ったこともあったのですが
よく考えたら、
私のお教室の「体験お稽古」の内容は
まさにそれでした(笑)

« 涙は、お湯です | トップページ | 紫紅会! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/73539152

この記事へのトラックバック一覧です: 日本舞踊のお稽古の一環として、 着付けを。:

« 涙は、お湯です | トップページ | 紫紅会! »