フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場
  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場
  • 清元「文売り」(名披露目)国立劇場
  • 長唄「藤娘」(初舞台)国立劇場

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・今年で12年!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 夢を叶えるお手伝い | トップページ | 簡単なことほど丁寧に。 »

2018年11月 4日 (日)

来年の舞台!!

【来年の舞台】
そもそも、なぜこれをやりたいと思ったか。

「わたしのお弟子の、
子供達を、国立の板の上で踊らせてやりたい」

その想いだけ、それだけで
まずは始まりました。

師匠にやりたいと告げたのは、
昨年「京鹿子娘道成寺」の本番が終わった直後。
「今から2年後のことを言われても
、だと、思うのですが」と
俯く私に師匠は
「いや、実は僕も、同じことを考えていたのでね」

そうして、
昨年の春、
もう、これをやることに
ほぼ決まっていたのでした。

子供達の
親御さん方に、想いをお伝えして
「ぜひよろしくお願いします」というお言葉を正式にいただいた時は
本当に安堵いたしました。

いよいよスタートです。

まずは、里の子の振りを
私が覚えねばなりません。
先日より、わたくしの「里の子」のお稽古が
始まりましたが
……なかなか大変!
汗だくです( ̄▽ ̄;)

途中入れ替わったりするので( ̄▽ ̄;)

……とりあえず、私の里の子のお稽古は
お夏が出てきて、
再び後ろから出てきて
踊り出すところまで進みました。

昨日、
たまたま3人がお稽古場に
集まったので
試しに、触りだけ、「こんなことをやるよ」
と、やってみました。
45427197_1437684889701536_604440216
セリフがあることを理解して欲しかったので
「みんなみいみい、いつもの笠の
き○○○が、あれむこうから」「来をるー来をるー」
だけ、大きな声で言ってもらい。

3人の食いつきが想像以上で、
もう、大張り切り!
セリフが楽しいらしく(笑)
普通のお稽古が始まっても後ろで言い続けてるので
流石に「こら!静かに!」と
叱らねばならぬ始末(笑)

叱りながらも嬉しいわたくし……

……自分のお弟子さんに里の子をやってもらうって……

超幸せで、超大変( ̄▽ ̄;)……

子供達にしっかり教えられるよう
私自身、しっかりお稽古します。

先週は大先生の
ビデオも見せていただき……
あまりの素晴らしさに胸がふるえました。
目指したい!!

というわけで。

またまたとんでもない背伸びの、
難しいお役に挑戦する運びとなりました。

来年6月15日(土曜日)
国立劇場「藤曄会」にて
常磐津「お夏狂乱」の
お夏を演じさせていただきます。
里の子は私の可愛い子供のお弟子さんたち
馬子は師匠がお引き受けくださいました。

師匠と、私と、私のお弟子さんで
舞台に立てる日が来るなんて、
夢のようです。

大きな感謝の気持ちに満たされながら
この幸せな試練に向かってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします!!



« 夢を叶えるお手伝い | トップページ | 簡単なことほど丁寧に。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2072903/74532006

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の舞台!!:

« 夢を叶えるお手伝い | トップページ | 簡単なことほど丁寧に。 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)