フォト

本舞台の歴史★上に向かって新しいものになります★写真をクリックするとアルバムに飛びます★

  • 長唄「京鹿子娘道成寺」(白拍子花子)国立劇場
  • 長唄「外記猿」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「汐汲」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「連獅子」(親獅子の精)国立劇場
  • 常磐津「松島」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「三ツ面子守」国立劇場
  • 長唄「島の千歳」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 長唄「浅妻船」(新春舞踊大会)
  • 長唄「官女」(新春舞踊大会)国立劇場
  • 常磐津「将門」(滝夜叉姫)国立劇場

本舞台の歴史(師匠と初共演!)

  • 常磐津「松廼羽衣」国立劇場

本舞台の歴史(名披露目)

  • 清元「文売り」(国立劇場)★名披露目★

本舞台の歴史(初舞台)

  • 長唄「藤娘」(国立劇場)★初舞台★

リンクいろいろ

  • 河合亞美のWEBPAGE
    私が運営しておりますHP・・2003年から!!大した更新はしておりませんが、このページを通じて素敵な出会いがたくさんありました。そして今も・・。大切な場所です。URLが2015年3月1日よりURLが変更になっておりますので変更をお願い致しますm(_ _)m
  • 多智雛ちゃんのブログ
    下関でお稽古をし、下関でお師匠さんをしている、親友・花柳多智雛ちゃんのブログです。
  • 日本舞踊協会
    お世話になっております、公益社団法人日本舞踊協会のHPです
  • 藤間達也 WEB PAGE
    私の師匠・藤間達也先生のHPです♪

お知らせ

  • 教室・スクール検索『趣味なび』
  • ご注意
    このブログにはアクセス解析がついており、 ブログの管理者は訪問者の IPアドレスなどを見ることができます。 また、当ブログには、 高度なコメント、トラックバックの判断機能をおいております。 当ブログの内容にあまりにかけ離れた内容のコメントや、 宣伝ばかりの内容のコメント、 管理人が禁止している言葉の使用、 誹謗中傷などを含むコメントなどは、スパムと判定され 自動的に削除されてしまいます。 ※※投稿したときに「問題が発生しました...」と出た場合は スパムと判定された証です。ほぼ100%、サーバー上で 自動的に消えており、私の目に触れることはありません※※ コメントしたのに掲載されない、反映されない、という場合は 上記にあてはまると思われますので、ご了承ください。 (問題がまったくない投稿でも、 スパムと判定されてしまうことがあります。 その場合は、日をおいてチャレンジしてみてください! 申し訳ありません!)
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月10日 (日)

「絢和会を振り返るその2」

【絢和会を振り返るその2】


自分の「賎機帯」を振り返ります。


「表現が強いものが得意だと思われて、そういうのしか踊れないと思われたら悔しいじゃない?

全然違うタイプの、こういうものも、できます、ってところを見せないと。」

「賎機帯」。


お稽古を重ねるうち、とてもとても、やり甲斐を感じ、大変多くのことを勉強させていただきました。


きちがいはきちがいでも、「お夏」とは違うきちがい。

「お夏のきちがいは、強くていい。でも、このきちがいは、子供を失った母親だから。違うんだよ。きちがいの表現が違うんだよ」


それじゃお夏だよ!!お夏にならないで!」


そして、何度も言われたのがこれ。

特に鞨鼓のところ。

「それじゃ道成寺だよ!!道成寺にならないで!」


「あー、いつもの、絢也さんねって言われて終わっちゃうよ?」


とてもとても……厳しいお稽古でした。


まだ動画を見ていないので、きちんと自己分析できてないのですが、

少しでも、ほんの少しでも「今までとは違う藤間絢也の踊り」になっていたらと、自分に願うばかりです。

ほんのほんの、少しでも。1ミリでも。2ミリでも。

00742b384fbc47a9b8491d6df7fc4b66Ae50cd3e8e3d4873b7c30e6cefb867188ebe2231bcfd4707b1251dab7b173cfeCfd740f4aa0345baad9504f92b752e23E4f5da266bb74a6c9b495eae037f3de06571235609f94388a8d3dec6e04b06dd676f749adff94d26aaa8dac946aa2ee55995084acee24e40b92cd12d5eecee62


師匠にご指導いただき、一緒に踊らせていただき……感謝感謝です。自分の会で師匠と一緒に踊らせていただく日が来るなんて……なんだか、今更、ひとごとのようです💦


2019年11月 5日 (火)

【絢和会を振り返るその1】

【絢和会を振り返る その1】

「世界で最も美しい光景」の一つに認定してもよいと思う光景がありました。


MちゃんとYちゃんは学校は違うけれど同級生。

ともに、「お夏狂乱」で、里の子を演じて以来、仲良しになりました。


Mちゃんの「羽根の禿」の出番待ち。Yちゃんは、Mちゃんの

小道具を持ち、付き人さんをしており

「大丈夫だよ。Mちゃん」と

緊張するMちゃんをずっとはげましていました。


日本舞踊の舞台に立つ「立ち方」さんには、付き人さんが必要。

Yちゃんは、数々の舞台の経験を経て、私のそばにいつも付き人さんがいてくれるのを見て、自然に、そのことを学んでいたのでしょう。

着物姿の小さな付き人さん。

身のこなしが、それっぽくて、

この写真を見てると涙が出ます。

A3f4966f82884544aca285e494b005a8

そして、「手習子」Yちゃんの出番待ち。

今度は、Mちゃんが、Yちゃんの付き人をしています。

緊張してため息ばかりついているYちゃんの肩に手をのせ、

「大丈夫だよ!」とはげまして。

Cf2222a4ef39436f84d71b526693df80


なんだこれ。どういうこと。

こんな美しい2人。この世にいるだろうか。


お互いが踊ってる間もお互いに、拳を握って、

がんばれ!がんばれ!と応援し、一緒に首を振ったりしてました。


なんて純粋なの。

書いてて泣けてきた。


日本舞踊。素晴らしいお稽古事。

自然に、こんな成長をしてくれているふたり。


そして、Yちゃんは、とても立派に踊ったのだけど、

小さな間違いをしてしまったことが自分で許せなくて、「悔しい!」と、大泣き。(泣くほど真剣だったということ!それでいい!)

おいおい泣くYちゃんの背中をずっとさすっているMちゃん。

9614ee89a0b54ddaa842724b516ba414


この美しい光景を私は一生忘れません。あなた達。素晴らしくいい子だよ。


ますますお稽古、楽しくがんばろうね。先生はあなたたちが大好きです

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

私の師匠

  • 私の師匠 藤間達也先生です(写真をクリックすると師匠のHPに飛びます)